タバコを吸っていると、どうしても気になってくるのが歯の黄ばみ。毎日磨いていても、なかなか取れないのがタバコのヤニです。真っ白な歯と比べると、黄ばんだ歯は不衛生な印象を与えてしまいます。人と会って話す時にも歯の黄ばみが気になってしまう、歯を見せて笑えないという悩みを抱えている人はいませんか?ヤニ取りができる歯磨き粉を使えば、自宅でも簡単にヤニ取りをすることができますよ。自宅のヤニ取りケアで、喫煙中でも白くて綺麗な歯で過ごせるようにしましょう。

どうして歯に色が付くの?

タバコを吸うだけで、どうして歯の白さが失われてしまうのでしょうか?

ステイン

歯の一番外側にある層はエナメル質でできています。エナメル質は、唾液によって作られるペリクルという膜で覆われており、このペリクルは歯をコーティングすることで虫歯の菌から歯を守る役割があります。しかし、タバコを吸うと、タバコに含まれているヤニがペリクルと結合してステイン(着色汚れ)となってしまいます。

時間が経つと落ちにくくなる

タバコを吸った後にすぐに歯磨きをすれば、ステインは落ちてくれますが、時間が経つとエナメル質にステインがこびりつき、どんどん落ちにくくなってしまうのです。特に、ヤニには粘着性があり、ヤニと結びついたペリクルは非常に落ちにくいステインになります。歯磨きをしても落ちなかったステインの上に、更にステインが重なり、更に頑固な汚れとなります。

ヤニは口臭の原因にもなる

ヤニ取りの目的は歯を白くすることですが、実はヤニ取りは口臭予防にも繋がります。ヤニは他の汚れを吸着する作用があるため、様々な汚れとくっつき合い、口臭を酷くしてしまうのです。ヤニ取りをすることで、歯に付く汚れが減り、口臭を改善することができます。

色が付くのはヤニだけではない!

歯の着色汚れを引き起こすのはタバコのヤニだけではありません。コーヒーや紅茶に含まれるタンニンやカテキンなども、歯の着色汚れを引き起こします。ポリフェノールが含まれているぶどう、赤ワイン、チョコレートや、調味料に着色料を含んでいるカレーやケチャップ、ソースなども歯を黄色くしてしまいます。ヤニ取りをして歯を綺麗にした後でも、これらの食品を食べた後はすぐに歯を磨くなど気をつけるようにしましょう。

ヤニ取りに効果のある歯磨き粉の選び方

ヤニ取り効果のある歯磨き粉を使って歯を磨くことで、自宅でも簡単にヤニ取りをすることができます。では、どのような点に注意してヤニ取り用の歯磨き粉を選べば良いでしょうか?

研磨剤に注目して選ぼう

研磨剤が配合してある歯磨き粉を使えば、歯の表面に付いているヤニを削り取ることができますが、同時に歯にも傷がついてしまうことがあります。エナメル質の表面に傷が沢山付いてしまうと、今度はその傷になった部分にヤニなどの汚れが溜まってしまいます。

研磨剤によって歯に傷がつく

研磨剤でエナメル質が薄くなってしまうと、エナメル質の下にある象牙質の色が目立つようになります。象牙質は真っ白ではなく、人によって黄色っぽい色をしていることがありますので、ヤニが付着していない状態でも、歯の黄ばみが目立つようになってしまうのです。歯に傷を付けないように、研磨剤の配合量が少ないものや、研磨剤以外でヤニを取る歯磨き粉を選ぶことが大切です。

歯の再石灰化をしてくれる歯磨き粉を選ぼう

歯磨きで歯の表面に傷がついた状態にしておくと、逆に汚れが付きやすくなってしまいます。歯の再石灰化を促してくれる成分が配合されている歯磨き粉を使えば、歯磨きで生じた傷を再石灰化で綺麗に治してくれますよ。再石灰化で歯の傷が埋まり、表面がツルツルになれば、ヤニなど着色汚れが付着しにくくなります。しっかり汚れを落としつつ、再石灰化で歯を守ってヤニ汚れを予防することが大切です。

重曹磨きはヤニ取りに効果アリ?

ホワイトニング効果もあると言われている重曹を使って、ヤニ取りができるというのは本当でしょうか?重曹歯磨きの方法や注意点について見てみましょう。

重曹にはこんな作用が!

弱アルカリ性の重曹は、油汚れを取り除く作用に優れています。研磨作用もあるので、歯の表面にこびりついたステインを除去して、歯を綺麗にすることができます。また、酸性になっている口の中を中和してくれるので、虫歯菌の繁殖予防や口臭の予防効果もあります。

重曹歯磨きの注意点

重曹入りの歯磨き粉が手に入らない場合は、家にある重曹を使って歯磨きをすることができます。その際は、必ず食用の重曹を使用するようにしましょう。歯磨きといえど、口の中に入れるものですから、体内に入っても問題のない食用重曹を使うことがポイントです。重曹には強い研磨作用があるので、磨く時は力を入れず、優しく小刻みに歯ブラシを動かすようにしましょう。

重曹歯磨きの方法

重曹に少量の水を加え、ペースト状にします。ペースト状にした重曹を少量指に取り、ヤニ取りをしたい歯にこすりつけましょう。5分ほどそのまま放置した後、歯ブラシで優しく磨いてください。

歯磨き前に重曹うがいも効果的

また、重曹水でうがいをした後で歯磨きをする方法もあります。500mlの水に小さじ1の重曹を加えてよく溶かし、重曹水を作ります。重曹水を口に含み、口の中全体に重曹水が行き渡るようにしながらうがいをしましょう。その後、通常通りに歯磨きを行ってください。

歯磨き粉以外にも歯を白くしてくれるのはコレ!

歯を綺麗にしてくれるのは歯磨き粉だけではありません。ヤニ取り用の歯磨き粉と併用すれば、もっと歯を白くすることができます。

電動歯ブラシ

通常の手で行う歯磨きでは、ヤニはなかなか取ることができませんが、電動歯ブラシを使うことで、ヤニ取りがスムーズになります。電動歯ブラシを選ぶ際には、ヤニ取り用のブラシを使うものや、ヤニ取り機能を持っている電動歯ブラシを選ぶようにしましょう。

電動歯ブラシのメリット

電動歯ブラシだと歯に傷が付いてしまうのではないかと心配する人もいるかもしれませんが、手で力を入れてゴシゴシと擦るよりも、歯に余計な力を入れずに汚れだけを落としてくれるので安心です。音波や水流を使って、ヤニを綺麗に剥がしてくれる電動歯ブラシもあります。また、3D丸型回転搭載の電動歯ブラシは、歯を優しくブラッシングしつつ、上下左右の動きで汚れを掻き出してくれます。

歯間ブラシ

歯ブラシではどうしても取り切れないのが、歯と歯の隙間の汚れです。歯間ブラシを使って、歯の隙間のヤニ汚れや食べかすなどをしっかり掻き出しておきましょう。何もしないでおくと、どんどん隙間にヤニ汚れが蓄積してしまいます。歯間ブラシを使って、歯の隙間もしっかり掃除することは虫歯予防にもなりますし、口臭予防にもなります。

フッ素で仕上げてヤニ予防

フッ素には、歯の再石灰化を助けて歯を強くする効果があります。初期の虫歯を直したり、虫歯の予防効果もあります。歯磨きをした後、フッ素のコーティングをしておけば、歯磨きで付いた歯の表面の傷を綺麗に治すことができます。歯の表面が綺麗になれば、ヤニなどの汚れがつきにくくなり、歯の状態を白く保つことができますよ。

自宅でのヤニ取りはこれで完璧!白い歯で気持ち良く過ごそう!

清潔感のある白い歯は、話す相手に良い印象を与えます。自分自身にとっても、鏡や写真に写った白い歯を見るのは気持ちが良いですよね。ヤニは粘着性があるので、歯に付着したままにするとなかなか除去することが難しく、厄介です。歯医者に通ってクリーニングしてもらう方法もありますが、お金も時間もかけずにヤニ取りをしたいですよね。ヤニ取り効果のある歯磨き粉を使って、白くて綺麗な歯になりましょう!

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。