つらい便秘に悩んでいる人は、生薬の力を借りてみませんか?タケダ漢方便秘薬は40年以上の歴史がある便秘薬です。タケダ漢方便秘薬の成分や便秘に効くメカニズム、そして効果的な飲み方などを徹底的にチェックしてみましょう。これを読めば、タケダ漢方便秘薬の効果を試してみたくなること請け合いですよ。

タケダ漢方便秘薬の成分と価格は?

タケダ漢方便秘薬が発売されたのは1973年のこと。それ以来40年以上に渡って多くの人々の便秘を解消してきました。タケダ漢方便秘薬は生薬の力で便秘を解消してくれる便秘薬です。どのような成分が含まれているのかを見ていきましょう。

信州大黄

信州大黄とは「大黄(ダイオウ)」という植物の品種名です。大黄は「蓼食う虫も好き好き」ということわざで有名な「タデ科」の植物で、乾燥させた根が漢方薬として使われています。中国や日本に生息しており、便秘だけでなく腹痛、生理不順、結腸炎・直腸炎、黄疸や高血圧にも効果があると言われています。

タケダが独自に開発した「信州大黄」

かつては中国からの輸入された大黄を用いていましたが、安定した品質の大黄を入手するため、タケダは自社で大黄の開発・品種改良に取り掛かりました。30年以上かけて開発した品種「信州大黄」です。これは大黄の栽培が高冷地に適しているため品種改良を長野県で行ったことが名前の由来です。なお栽培・生産は現在は北海道で行われています。

甘草

甘草(カンゾウ)はマメ科の植物で、根を乾燥させたものを漢方薬として用います。緊張を緩和させる働きを持つため、鎮痛や鎮咳といった効果があるほか、解毒作用もあります。その名の通り甘みがあるために甘味料としても用いられています。

タケダ漢方便秘薬の有効成分含有量は

タケダ漢方便秘薬の成分の含有量は以下のようになります。

成分 含有量
大黄甘草湯エキス散 800㎎

 

※ダイオウ1,067㎎、カンゾウ267㎎より抽出

タケダ漢方便秘薬の価格は

タケダ漢方便秘薬はドラッグストアなどで購入することが出来ます。

容量・包装 希望小売価格(税抜き)
分包品・12錠 400円(1錠あたり約33円)
ビン入り・65錠 1,380円(1錠あたり約21円)
ビン入り・120錠 2,380円(1錠あたり約20円)
ビン入り・180錠 3,280円(1錠あたり約18円)

タケダ漢方便秘薬が便秘に効くメカニズム

タケダ漢方便秘薬はどのような効果で便秘に効くのでしょうか。大黄と甘草のそれぞれの効果を見ていきましょう。

大黄が腸の働きを活発にする

大黄には、「寒(熱を冷ます)」「瀉(排出効果)」「降(停滞しているものを下方へ動かす)」という効果があります。その中でも便秘薬として効果が期待できるのは「瀉」という効果です。大黄には腸を刺激し、腸の動きを活発にする効果があります。それによって強い瀉下作用(便を体外に排出する作用)があるのです。大黄の有効成分は「アントラキノン」といい、大腸の蠕動運動を促します。大黄は非常に強い効果をもつ漢方薬ですので、長期に渡って継続して服用すると耐性がついてしまう恐れがあります。

甘草が下痢や腹痛を抑える

甘草に痙攣や痛みを抑えるなどの効果があります。大黄の強い効果で腹痛や下痢といった症状がでてしまうおそれがあるため、それを抑える効果があるのです。

タケダ漢方便秘薬の効果的な飲み方は?

タケダ漢方便秘薬は、ただ飲むだけではなく、より効果的な飲み方があります。どのように飲めば効果が高いのかをまとめて確認しましょう。

服用する分量は?

服用する分量は便秘の状態によって異なります。15歳以上の場合、2〜3日程度の軽い便秘ならば1錠から3錠、4日以上の頑固な症状の場合は2錠から4錠のむと良いでしょう。錠剤は半分に割ることが出来るため、少なめの分量から様子を見つつ半錠ずつ、あるいは1錠ずつ増やすようにしましょう。

年齢 軽い便秘 頑固な便秘
15歳以上 1〜3錠 2〜4錠
5〜14歳 1/2錠〜1錠半 1〜2錠

※5歳未満は服用しないようにしてください。

服用するタイミングは?

タケダ漢方便秘薬は7時間から12時間後に効果が出るように成っています。そのため、就寝前に飲むのが効果的です。寝る前に飲めば起きる頃か、午前中〜正午の間くらいに便通が期待できます。

タケダ漢方便秘薬を飲む際のポイント

よりよい効果にするため、タケダ漢方便秘薬を飲む際のポイントをチェックしておきましょう。

服用を避けたほうが良い場合

タケダ漢方便秘薬は服用を避けたほうが良いという場合があります。以下の点に注意しましょう。

妊婦

妊娠している女性はタケダ漢方便秘薬は避けた方が良いでしょう。有効成分である大黄は子宮の収縮を促す効果があるため、早産・流産の危険性があるためです。妊婦が便秘になるということはよくあることですが、その場合には医師に相談をした上で妊婦でも服用が出来る便秘薬を処方してもらうと良いでしょう。

授乳中の女性

授乳中の女性もタケダ漢方便秘薬は避けておいた方が良いでしょう。大黄の成分が母乳に移行し、母乳を通じて赤ちゃんが飲んでしまうためです。タケダ漢方便秘薬は5歳未満は服用しないように注意書されているように、効果の強い薬です。そのため、乳児が成分を摂取してしまうと下痢を引き起こしてしまいます。授乳中の場合には医師に相談をして安全な便秘薬を処方してもらうようにしましょう。

甘草の過剰摂取の可能性

甘草は過剰に摂取することで高血圧症や低カリウム血症を引き起こすほか、以下のような症状が現れる場合があります。

  • 手足の脱力、しびれ、むくみ
  • 喉の渇き
  • 動悸
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 尿量が増え、赤褐色の尿になる

甘草は醤油や清涼飲料水などの甘味料としても用いられているため、知らず知らずのうちに摂取しているという場合があります。通常であれば過剰摂取にはなる恐れはありませんが、1日あたり5g(5000㎎)以上の摂取は過剰摂取となりますので気をつけましょう。タケダ漢方便秘薬に含まれるカンゾウの量は267㎎未満ですので、規定の用量を服用するのであれば問題はありません。

便秘の症状によっては逆効果になることも

便秘の症状には種類があり、タケダ漢方便秘薬が効果が出る場合もあれば、逆効果になるという場合もあります。腸の蠕動運動が弱まっている「弛緩性便秘」であれば十分な効果が期待できます。

便秘には種類がある

便秘には腸の働きが弱まる「弛緩性便秘」の他に、腸の蠕動運動が激しすぎて起こる「痙攣性便秘」や直腸まで便が到達しているのに便意を催さなくなっている「直腸性便秘」があります。痙攣性便秘や直腸性便秘の場合には腸の蠕動運動を活発にするタケダ漢方便秘薬は効果がないどころか、下痢や腹痛などが起こる場合があります。

長期にわたる服用は勧めない

タケダ漢方便秘薬は効果の強い薬です。長期に渡って服用した場合、耐性がついてしまったり、薬を服用しないと排便できないなどの症状が起こることがあります。生活習慣や食習慣の改善によって、便の出やすい環境にしていくことも忘れないようにしましょう。

食生活の改善

腸内環境を整えるため、ヨーグルトなどの乳製品や善玉菌のエサになるオリゴ糖を摂るようにすると良いでしょう。また、腸の掃除をしてくれる食物繊維を摂ることも大切ですし、水分量を増やすようにすることも便秘解消に役立ちます。

体を冷やさないようにする

体が冷えると自律神経が乱れたり、体の器官の動きが鈍くなってしまったりします。冷房で設定温度を上げたり、お腹や足元を温めるなどの工夫をしましょう。温かい飲み物を飲むというのも良いですね。

ストレスや疲労を貯めない

ストレスによって自律神経が乱れることも便秘の原因になります。仕事や人間関係でのストレスや疲労は早めに解消するようにしましょう。また、適度な運動も効果ありですよ。

タケダ漢方便秘薬を効果的に使ってつらーい便秘を解消しよう!

タケダ漢方胃腸薬は40年以上の歴史を持ち、多くの人に愛用されてきた便秘薬です。効果も高いため、あなたの便秘をきっと解消してくれるはず!すっきり快便で気持ちのよい毎日を送りましょう。

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。