ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

旅行

タイ観光を最大限楽しもう♪【素敵な景色、貴重な体験目白押し!】

投稿日:

首都バンコクを中心に観光地が目白押しのタイ

adobestock_110248459
古き良き文化と近代的な雰囲気がどことなくマッチした魅力的な国「タイ」。東南アジアならではの活気あふれる屋台や、王朝の盛衰に伴って残された古代遺跡、由緒正しき歴史的建造物と楽しみどころ満載です。
そこで今回は、タイの数多くある観光名所の中からとくにおすすめのスポットを厳選してご紹介します。タイ旅行を最大限満喫したい!という方はぜひ当記事を参考にしてください。

タイの美しい建築物を堪能しよう!

ワット・プラケオ

「生涯に一度は拝んでおきたいスポット」としても世界的に名高い名所「ワット・プラケオ」。数多くある寺院があるタイ王国ですが、中でも最高峰の寺院がこのワット・プラケオです。海外の観光客はもちろん、タイの人々もこの寺院を一目見ようとこの地にたくさん訪れられます。

 

なんといってもその外観。金色に輝く美しくも迫力満点の外観は、一度見ると虜になってしまいます。本当に美しいです。

 

またこの寺院は、王室専用に建立されたものなので、僧侶がいない寺院としても非常に珍しいものです。当然ながら庫裏や宿坊もありません。

 

さて、そんなワット・プラケオへのアクセス方法は、MRTフアランポーン駅からタクシーで12分となっています。住所はThanon Naa Phalaan khween Pra-Barom Mahaa-Rachawang, Khet Phranakhornです。
拝観時間は、8:30 ~15:30までで、料金は大人500バーツ、身長120cm以下のお子さんは無料となっています。

ワット・アルン(暁の寺)

色とりどりの5基の仏塔の姿でお馴染みの寺院「ワット・アルン」。チャオプラヤ川をこえた先に見える仏塔です。創建の詳細は未だに不明となっていますが、ペートラーチャー王時代の地図にワット・アルンが記されていることから、1700年以前から存在していると推測されています。

 

そんなワット・アルンは、三島由紀夫さんの作品「暁の寺」の舞台にもなっているのでご存知の方も多いかと思います。また、10バーツ硬貨に描かれているのもこの寺院です。バンコクに訪れたらぜひワット・アルンへ足を延ばしてみてください。

 

そんなワット・アルンへのアクセス方法は、ワットポーの近くのティアン船着場から渡し舟で約5分「ワットアルン」船着場を降りたすぐとなっています。住所は、4 Arunamarin Rd., WatArun, BangkokYai, Bangkok, 10600です。料金は50バーツとなっています。

ココは外せない!タイの穴場スポット

adobestock_90796176

スコータイ歴史公園

スコータイに行ったらぜひ訪れてみて欲しいスポット、「スコータイ歴史公園」。さかのぼること13世紀、タイ王族によってはじめて作られた王朝がこのスコータイにありました。

 

今となってはその王朝は廃墟化していますが、当時の繁栄の様子をここスコータイ歴史公園の遺跡から垣間見ることができます。歴史好きの方にとってはたまらないスポットなのではないでしょうか。

 

歴史公園と言っても敷地は非常に広大で、約70平方キロメートルほどの面積があります。タイではこういった巨大歴史公園がいくつかあり、カムペーンペット歴史公園やシーサッチャナーライ歴史公園らとともに世界遺産にも登録されています。広い敷地にあらゆる古代遺跡があるので全てをじっくり見ようとすると半日あっても足りません。

 

そんなスコータイ歴史公園へのアクセス方法は、スコータイ市内プラルアン橋近くに15分おきにソンテウが出ているのでそちらを利用してください。住所はMuangkao, Amphur Muang, Sukhothai 64210となっています。
遺跡は北側、中央部、西側の3つに分かれており、各遺跡ひとり100バーツとなります。なのですべてを回る場合は300バーツ必要です。

カオサンロード

バンコクのプラナコーン区バンランプーにある通りで、タイ国内で一番外国人が集まる場所として有名な「カオサンロード」。バックパッカーの聖地とも呼ばれています。

 

ここでは、サブウェイやケンターッキーといった日本でも有名な飲食店が多数あります。日本のものとどう違うのか、試しに食べてみるというのも楽しいですね。他にも、欧米人観光客を意識したお店が多数あるので、ふらっと散歩をしているだけでも楽しいですよ♪

 

そんなカオサンロードへのアクセス方法は、プラ・アーティット・ピアー港から徒歩約5分となっています。住所は、Khaosan Rd., Banglumphu, Bangkok Thailandです。営業時間は各店ごとによって異なります。

タイ観光をもっと満喫しよう♪

adobestock_79164395

ダムヌンサドゥアック水上マーケットを見に行こう!

船にありったけの商品を乗せて商売をする「水上マーケット」。タイでは昔ながらのマーケットスタイルとして知られていて、観光客はこれを一目見ようとこの地に訪れます。

 

バンコク近辺には大きく分けて3つの水上マーケットがあるんですが、中でも旅行会社のオプショナルツアーがある「ダムヌンサドゥアック水上マーケット」がおすすめです。

 

ここが最も外国人がたくさんいて親しみやすい水上マーケットです。
また、このダムヌンサドゥアック水上マーケットはとくに歴史が古く、なんと1967年から観光スポットとしてゆるぎない人気を誇っています。

 

そんなダムヌンサドゥアック水上マーケットへのアクセス方法は、サイアム(Siam)駅からタクシーで30分~1時間、またはツアーに申し込まれると確実です。住所は24 Chakphra Rd. Talingchanとなっています。

サムプランリバーサイドでゾウに乗ってみよう!

タイの伝統文化に触れたり、ゾウに乗る体験ができる観光スポット「サムプランリバーサイド」。世界中から観光客が集まる超人気スポットなんですが、やはり皆さんお目当てはゾウに乗せてもらえる「タイ伝統文化体験」です。

 

このタイ伝統文化体験は毎朝10時から12時に開催されているんですが、この間にゾウに乗ることができます。ぜひ記念にゾウの上に乗っかって写真を撮ってみてください。素敵な思い出になること間違いなしです♪

 

また、伝統文化に触れられる「カルチャーショー」は、毎日13時と14時45分の1日2回公演となっています。その他にも、お菓子つくりやフルーツカービングといった楽しい体験ができますよ。お子さんにも楽しんでもらえること間違いなしなので、ファミリーの方はぜひサムプランリバーサイドへ遊びに行ってみてください^^

 

そんなサムプランリバーサイドへのアクセス方法は、バンコク新南ターミナルからナコンパトム行き旧道経由のバスで約1時間となっています。住所はKm.32 Pet Kasem Rd., Sampran, Nakorn Pathom 73110です。
営業時間は8:00~18:00で、料金は大人が400バーツで、120㎝以下のお子さんは無料となっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?以上がタイに訪れたら絶対に行っておきたいおすすめスポットです。タイは美しい宮殿や史跡が見れたり、大きな歴史公園があたり、ゾウにのれたり水上マーケットがあったり…楽しみどころが満載です!
行く前にちょっとタイの歴史をかじっておくとより楽しい観光になるかと思います。素敵な景色、貴重な体験が待ってるのでぜひこれらのスポットに足を延ばしてみてください^^

The following two tabs change content below.
編集部:まちゃみ

編集部:まちゃみ

インターネットでの情報配信に興味を持ち始めてから、自分の知識を活かした様々な美容情報を投稿し続けています。私の記事がみんなにお役に立てれば幸いです。

-旅行
-, , , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.