白血病は血液のがんだとよく言われます。白血病とは正常な白血球が作られなくなってしまう状態で、白血球のもととなる芽球のときにがん化がおこり白血球に似ているが白血球の機能は十分果たせないという未熟な白血球が異常に増えてしまう疾患です。