亜鉛は新陳代謝やホルモンの分泌など、様々な体の働きに関与していますので、その効果も体の様々なところに影響があります。 しかし、亜鉛の摂取を邪魔する、相性の悪い成分もあるので、量だけでなく摂り方にも注意しなければなりません。