ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

自己啓発

物事を習慣化するためのコツ【これであなたも脱三日坊主!】

投稿日:

日々の忙しい生活の中で、何かを習慣化するということはなかなか難しいですよね。はじめは気合いを入れて計画を経てて始めるものの、一週間や数日ほどで挫折してしまうなんて方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、面倒な物事を習慣化させるためのコツをご紹介いたします。考え方をちょっと考えるだけで驚くほど習慣化ができるようになるので、ぜひ実践してみてください。これで脱三日坊主を目指しましょう!

まずは習慣にしたいものを一つだけ絞る

adobestock_81462186
いろんなことを習得したいが故に、資格勉強やらダイエットやら読書やらといろんなことを一度に習慣化しようとすると失敗してしまいます。なぜなら、それだけ集中力が分散してしまうからです。

 

まずは、自分が今現在本当に習慣化してしまいたいと思う物事を一つだけ選択し、そのたった一つの物事を習得することだけに集中してください。

 

例えば、運動を習慣化したいのであれば、一日30分のウォーキング「だけ」をする。読書を習慣化したいのであれば、今読もうとしているこの本を読みきること「だけ」に集中するといったかたちです。

 

基本的に、物事は3ヶ月継続されると習慣化されると言われています。なので、まずは3ヶ月間ひとつのテーマに絞って実践してみましょう。「たった一つだけじゃ物足りない…」という方もいるかもしれませんが、年間に4つも一生モノの習慣が身に着くと考えるとわくわくしてきませんか?

「特別な日」をつくらない

習慣化が途切れてしまう瞬間というのはふいに訪れます。それは、「今日は特別にいっか!」と思ってしまった瞬間です。どれだけ頑張っていても、誰しも「今日はちょっとしんどいな…」とか「仕事でがんばったし今日くらいは…」といった気分の日が唐突に訪れるものです。

 

ですが、そこで万が一やらないという選択をしてしまった場合、その後特別な日がどんんどん続いていき、最終的にはまったくやらなくなってしまうものです。まずは3ヶ月間毎日欠かさず実践してみてください。

どうしてもできなかった日は…?

そうはいっても、急用が入ったり体調を崩してしまったりしてどうしてもできないという日はあるかと思います。基本的に、しばらく続けている習慣が一日や二日途切れた程度であれば習慣が途絶えてしまうということはありません。

 

ただし、たった一つの条件を除いては。

 

それは何かというと、「自分を絶対に責めないこと」です。

 

たとえば、毎日書き続けていた日記が、お正月の三が日に途絶えてしまうとします。三日間の出来事を振り返ってなんとか日記につけようとするものの、なかなか当時の出来事や感じたことが思い出せません。

 

そんなときに、「ああせっかく続けていた日記が途絶えてしまった、やっぱり私はダメだなあ…」と自分を卑下してしまった瞬間、何年間も続いていた日記がある日突然終わってしまうということがあります。

 

万が一習慣が途切れてしまったとしても、「まあ明日から再開すれば良いか!」と開き直ってください。その前向きな心持ちこそが習慣化で最も大事なマインドとなります。

時間や場所を固定してしまう

adobestock_85106946
習慣化したい物事は、取り組む時間を固定してしまいましょう。たとえば、出勤前の朝7時にウォーキングをする、就寝前の夜10時から1時間勉強をする等といったように、時間と物事をリンクさせます。

 

そうすることで、その時間になるとその物事をやらないと逆に落ち着か無いといった状態になっていきます。そうなればもうこっちのものです!

習慣と習慣をくっつける

また、毎日当たり前のように行っている習慣にそれらを付随させるというのも非常に効果的です。たとえば、朝起きればまず顔を洗いますよね。夜になれば晩御飯を食べますよね。これらも立派な習慣です。こういった日常生活を送る上で無意識に行っている習慣に、新しく習慣づけたい物事をくっつけます。

 

朝起きて顔を洗ったらそのままウォーキングへ行く、夜ご飯を食べた後30分間は参考書を開くなどといったようにどんどん日常生活に落とし込んでいきましょう。

場所ごとで習慣をくぎる

この場所では〇〇をする。この場所では△△をする。といったように、場所と習慣を固定してしまうというのも大きなポイントです。たとえば、勉強はリビング等では行わず、絶対に自分の部屋の勉強机で行う、ストレッチは絶対にこのヨガマットの上で行う、筋トレは絶対にこの鏡の前で行うといった感じですね。

 

そうすることで、ただその場に行くだけでそれらの行動を起こしたくなるようになります。やる気が起こらないときでも、決まった鏡の前に立てば筋トレがしたくなったり、勉強机に座れば参考書を開きたくなったりといった状態に持っていくことができます。

 

塾やジムなんかをイメージするとわかりやすいですね。結局その場に行けば「やらなきゃ!」という気持ちが奮い立ってくるものです。

周囲の人に目標を公言する

adobestock_30532717
心理学用語で「パブリックコミットメント」という言葉があるのをご存知でしょうか?これはどういったことかというと、自分が習慣化して習得したい物事を、事前に周囲の人たちに公言して、自ら背に腹は代えられないという状況を作り出すという方法です。

 

たとえば、「3ヶ月後には私5㎏痩せてるから!」「ギターが弾けるようなるように毎日練習しているよ!」といったように、身の回りの人に言ってしまいます。そうすることで自分にプレッシャーをかけるんですね。

 

ぜひ、習慣化する前に会社の同僚や上司、家族や同居人などに公言してみてください。ふとしたときに、「どう?ダイエットはうまくいってる?」「ギターどれぐらい弾けるようになった?」等と言われると、是が非でも「やらなくちゃ!」という気持ちになります。

自分を褒める

adobestock_125911358
自分をいかに褒めることができるかというのも習慣化する上でとっても大きなポイントです。たとえば、「本来なら面倒でなかなかできないはずのウォーキングや筋トレが今日はできた」とまずは褒めてください。次の日も、そのまた次の日も、同じように褒めてあげましょう。

 

そうすることで、だんだん自分に自信がついていき、やったあとの達成感に味をしめて気が付けば、面倒だったはずのウォーキングや筋トレが「やらずにはいられない行為」へと変わっていきます。習慣化している自分を楽しむというのが習慣化するためのコツです!

記録をつけていく

毎日記録を付けていくというのも大切です。こと細かく記録する必要はありません。端的に、今日はやったことを記録づけしていってください。そうすることで、「記録帳をとだえさせたくないから続けないと」という気持ちがモチベーションに変わり、より習慣化しやすくなります。

 

カレンダーを用意して、実践できた日は丸をつけていくというのも良いですね。自分がどれだけ継続してきたか目で見てわかるので、より達成感も味わえます。

最後に

以上が、物事を習慣化する上で重要なポイントです。最後に、その物事を習慣化することによって、自分にどんな良いことがあるのか。そして目標を達成したらどうなるのか、これらを明確にイメージしてから習慣を始めるようにしてみてください。
明確な目標設定があることで、軸がぶれにくくなるので習慣化しやすくなります。ダイエットで例えた場合、理想の体型のモデルや有名人の写真をいつも見えるところに貼っておくといったこが非常に効果的です。「目標達成ができた姿」を常にイメージしながら日々の生活を楽しんでください。

The following two tabs change content below.
編集部:まちゃみ

編集部:まちゃみ

インターネットでの情報配信に興味を持ち始めてから、自分の知識を活かした様々な美容情報を投稿し続けています。私の記事がみんなにお役に立てれば幸いです。

-自己啓発
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.