ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

病気

梅毒感染が増加中!梅毒の検査や治療とは

更新日:

若年者に梅毒が増加している

AdobeStock_84770039

梅毒は性行為などによってうつる性感染症の1つとしてよく知られている疾患です。性感染症と言えば症状が重くなるものから軽いものまで、具体的にはエイズ梅毒淋病クラミジアヘルペスなど様々あります。

あまり人には言えないけど、これって性感染症かもと悩んだことがある人も少なくないのではないでしょうか。

性感染症自体についてはその疾患についての知識の普及や、感染拡大の防止への取り組みなどが叫ばれていることから減少しているとされています。しかし、そんな性感染症の中でも近年数が増加しているとされているのがクラミジアと梅毒です。梅毒が世界的に流行していた時期や日本国内で流行していた時期に比べれば数は少ないですが、2013年以降で年々増加傾向にあるということで注意が必要とされている疾患になっているのです。

この2つの疾患に共通しているのは症状に気付かないうちにうつしてしまうということです。クラミジアは症状が軽く気付かないことが多いため、梅毒にはその病態として無症状の時期があるためとされています。

そんな梅毒ですが、どのような症状に注意すればよいのでしょうか。また、症状だけでなく検査の方法や治療がどのようになっているのかも気になると思います。梅毒の原因や症状、そして検査や治療の方法について紹介していきます。

 

梅毒の原因と症状

まずは、梅毒の原因や症状についてみてきましょう。

梅毒の原因となるのは、梅毒トレポネーマという細菌です。らせん状に細長い糸のよう形をしているとされています。

この梅毒が低酸素の状態でしか生き延びることができないとされ、感染経路としては粘膜の接触が挙げられています。まれなケースとして皮膚の傷口に梅毒トレポネーマに汚染された物質が触れると感染するともされています。輸血など血液を介しての感染は現在では研究が進んでいることからほとんどおこらないようです。

これ以外には母体から胎児に感染する先天梅毒があります。

出生時には症状はなく、身体的な所見に以上がない新生児が3分の2程度とされています。生後3ヶ月くらいまでに発症し、水泡ができたり盛り上がったりする皮膚の発疹や全身のリンパ節の腫脹、肝臓や脾臓の腫脹、骨軟骨炎などが起こるようです。

 

一方で、後天性の梅毒は4つの病期に分けられています。潜伏期間は1~13週とされており、個人差があるようです。それぞれの時期の症状を挙げていきます。

・第1期  感染後3週から3ヶ月程度の時期です。陰部や口腔など梅毒トレポネーマが侵入した部位にしこりができるとされています。痛みはなく膿を出すしこりで、硬性下疳(こうせいかかん)と言います。まれにこのしこりが潰瘍化することもあるようです。鼠径部のリンパ節が腫れることもあるとされています。

・第2期  感染後3ヶ月から3年程度の時期です。全身のリンパ節が腫れ、発熱やだるさ、関節の痛みなどが起こるとされています。赤く目立つ発疹が全身にでき、バラ疹と呼ばれます。これらの症状は治療をしなくても1ヶ月程度で消えるとのことです。

・第3期  感染後3~10年程度の時期です。皮膚や筋肉、骨にゴムのような腫瘍ができ、ゴム腫と呼ばれています。

・第4期  感染後10年以上の時期です。多くの臓器に腫瘍が発生します。また脳や脊髄といった中枢神経が病変に侵され、死に至ることがあるとされています。

ここに挙げた症状、特に第1期と第2期の症状は消失したり再発したりを繰り返すこともあり、無症状の時期があるとされています。症状が出ていても消えてしまった場合には感染したままで放置されることになり、その間に感染が拡大することが多いようです。

では次は、梅毒の検査方法についてみていきましょう。

 

梅毒の検査方法

AdobeStock_102623801

梅毒の診断はドクターによる診察血液検査によって行われます。直接的に梅毒を検出する方法は現在のところ難しく、梅毒に対して身体が反応した際に多くなる物質などを検知しているようです。症状が出ている時期の場合にはしこりなどの病変部位から検出を試みることもあるとされています。

ただし潜伏期間中や第1期の初期には検出されないので、感染が疑われた日から3週間程度の期間をおいて検査を受けることが重要です。初期に検査を受けて陰性と判断されても信憑性が低いということです。

検査の結果を正確に判断してもらうためにも、感染が疑われた場合の日時や状況などをしっかりとドクターに伝えましょう。また、もし感染が判明した場合にはパートナーなど感染の可能性がある人も検査を受けるようにしましょう。

自治体によっては保健所などで梅毒の検査が無料で受けられるということです。また匿名で受けられるので保険証などもいりません。近所の病院などでは受けづらいと思いますので、これらの制度を活用しましょう。

では次は、梅毒の治療の方法についてみていきましょう。

 

梅毒の治療方法

梅毒の治療としては、基本的には抗生物質の内服によるものが挙げられます。ペニシリンという名前を聞いたことがある人もいるでしょう。このペニシリンが治療に使われるようになるまでは梅毒は世界中で広く起こっていましたが、ペニシリンによる治療が行われるようになって以降は激減したということです。

上述したようにその後は数回の流行を繰り返しながら減少していたものが、近年増加傾向にあるとされています。

ペニシリン系の抗生物質の他には、セフェム系の抗生物質が有効とされています。

ペニシリンは最初に発見された抗生物質で、細菌の増殖を抑えるはたらきをします。

セフェム系の抗生物質もペニシリン同様古くからある抗生物質で、はたらきとしては同じです。細菌の増殖を抑えるはたらきをし、現在では第5世代まで開発されています。

これらの抗生物質を服用していくことになりますが、病期によって服用期間が変わるとされています。第1期では2~4週間、第2期では4~8週間服用することが多いようです。第3期以降で中枢神経系に症状がみられる場合には2週間程度の点滴による投薬が行われるとされています。

治療効果の判定としては、概ね3~6ヶ月後に再度血液検査を実施するようです。ドクターの指示にきちんと従い、治療期間中は処方された薬をしっかり飲むとともに感染拡大の防止に努めましょう。

予防としては、やはり粘膜同士の接触を避けることが重要です。感染がわかっている場合にはリスクとなる行為は止めましょう。

性感染症全般においてコンドームの使用が推奨されており、その効果は高いですが、100%ではないことも覚えておきましょう。何らかの症状がみられる場合には性的な接触は避けるようにし、早期に検査をうけましょう。

 

梅毒やエイズは匿名かつ無料で検査できる自治体も

AdobeStock_69436524

梅毒の原因や症状、そして検査や治療の方法について紹介してきましたがいかがでしたか?性感染症は正しい知識をもって適切に対処することが重要です。もし気になる症状があればできるだけ早期に受診する方が良いでしょう。

恥ずかしさなどから受診できないというケースも多い性感染症ですが、早いうちに治療することで身体の負担が減るだけでなく感染拡大も防げます。上述したように自治体によってはエイズや梅毒の検査を匿名で、そして無料で受けることができるのでそれらを活用するのも良いでしょう。ただし、性感染症の検査を受ける際はそれぞれの疾患の潜伏期間について理解しておくことも重要です。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。

-病気
-

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.