ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ダイエット

さつまいもで痩せる!美容効果も高いさつまいもダイエットとは

投稿日:

秋の美味しい味覚であるさつまいもは、ダイエットにも効果的な野菜です。食物繊維のおかげで便秘を解消し、美容にも良い効果があります。身近なさつまいもを取り入れたダイエットを、ぜひ試してみてくださいね。

 

ダイエットと美容に良いさつまいも

秋から冬にかけて美味しいさつまいも。お菓子作りやさつまいもごはんなど、さまざまなメニューで食べることができます。そんなさつまいもには、豊富な栄養が含まれており、ダイエットにも効果的なのです。さつまいもの食物繊維でスッキリと便秘は解消され、美容成分で潤いのある若々しい肌を保つことができます。効果的に痩せるためには、正しいさつまいもダイエットの方法を知っておくことが大切です。

 

さつまいもの栄養素

adobestock_95300095

食物繊維たっぷり

さつまいもに含まれている成分といえば、たっぷりの食物繊維です。さつまいもに含まれているのは、水溶性食物繊維と言って、コレステロール値を下げる働きを持っています。体内に吸収される塩分をコントロールする働きもあるので、血圧を下げてくれる効果も期待できます。毎日の便通をしっかりと促してくれるので、ぽっこりお腹もスッキリ解消され、毎日快調になるでしょう。

ビタミン豊富

さつまいもには、たくさんの種類のビタミンが含まれています。美容に効果的なビタミンCが、抗酸化作用を発揮して、老化を防止してくれます。ビタミンB群も豊富に含んでおり、糖質や脂質の分解を助けてくれる効果があるのです。また、美肌に欠かせないビタミンEも含んでいるので、肌荒れやくすみ、たるみなどの肌の悩みに効果的です。

ヤラピンの効果

adobestock_126349714

さつまいもに含まれている成分「ヤラピン」の効果は、実はとても優秀です。ヤラピンはさつまいもだけに含まれている成分であり、胃の粘膜を保護する役割があるのです。胃に優しいだけでなく、腸のぜん動を促してくれる効果もあるので、便通を良くし、毎朝スッキリ快調に導いてくれるのです。

カリウムでむくみ防止

さつまいもには、カリウムがたっぷりと含まれています。このカリウムの効果によって、体の中に溜まった余分な老廃物を外へと排出してくれる働きがあるのです。むくみは体が重くなり、放っておくとセルライトの原因となってしまいます。そのため、むくんだ際にはなるべく早く解消することが必要なのです。さつまいもを食べることで、むくみをスッキリ解消できるのはありがたいですね。

カロリー低め

さつまいもはカロリーが高いと思っている人もいるかもしれませんが、実はさつまいものカロリーは低めです。ごはん1杯が168kcalだとすると、さつまいもは132kcalと低くなっています。そのため、ごはんを食べるよりもヘルシーなのです。そのわりに、さつまいもは満腹感が高いので、ダイエットにはとても効果的なのですね。

 

さつまいもダイエットとは

adobestock_65984470

さつまいもダイエットは、その名の通りさつまいもを食べるだけです。さつまいもはヘルシーな野菜なので、そのままの甘みを楽しみながら食べることで、ダイエット効果があるのです。

さつまいも置き換えダイエット

さつまいもダイエットでは、1日のうち1食をさつまいもに置き換えることで効果が出ます。ごはんよりもカロリーが低いさつまいもですが、他のダイエット食材と違って食べ応えが十分で、お腹がいっぱいになります。そのためダイエットとはいえ空腹感と戦うことがないので、ストレスなく続けることができるのです。エネルギーとして必要なタンパク質も含んでいるので、健康的にダイエットすることが可能なのです。

皮ごと食べる

さつまいもダイエットでは、皮ごと食べることが大切です。さつまいもの栄養素は、皮のすぐ下により多く含まれているので、皮をむいてしまうと、その栄養素をとることができなくなってしまいます。皮に土がついている場合は、たわしなどでこすって落とすと良いでしょう。

蒸すか茹でるのがおすすめ!

さつまいもの調理方法は、皮ごと蒸すか、茹でるのがおすすめです。さつまいもの天ぷらやスイーツは美味しいので、ついそうしたくなりますが、そこはダイエットなので我慢です。茹でたり蒸すことで、さつまいもの栄養はそのまま凝縮され、効果的に取り入れることができます。電子レンジでチンすることで、さつまいもは簡単に蒸すことができます。

おすすめの味付け

さつまいもダイエットでは、さつまいもそのままの味を楽しむのが基本です。バターをたっぷりと塗ったり、砂糖をかけて食べてしまってはダイエットになりません。さつまいもというのは、そのままでも十分美味しく、自然の甘みも感じられる野菜です。濃い味付けが好きな人はちょっと物足りないかもしれませんが、慣れてくるととても美味しくいただくことができます。おすすめなのは、塩をちょっぴりかけて食べることです。スイカの塩と同じ原理で、さつまいもの甘みがアップして感じられます。また、さつまいもの種類によってはどうしても甘みが足りないという場合もあるでしょう。そんな時は砂糖よりも、はちみつや黒糖をかけるのがおすすめです。天然の甘みで美容にも良いのです。

 

さつまいもダイエットで気をつけること

adobestock_47110872

手軽にできるさつまいもダイエットですが、気をつけることが3つあります。これさえ守れば、ストレスなくダイエットすることができます。

食べ過ぎない!

さつまいもはヘルシーな食べ物とはいえ、野菜の中ではカロリーがしっかりある方です。美味しいからといって食べ過ぎてしまっては、太る原因となってしまいます。炭水化物がしっかりと含まれているので、ごはんと同じように、食べても燃焼しなければ脂肪となってしまうのです。適量を食べることが一番なので、食べ過ぎには気を付けましょう。

さつまいもでスイーツを作らない

さつまいものスイーツはとても美味しく、作りたくなってしまいますよね。けれど、スイートポテトなどのお菓子には、たくさんの砂糖や生クリームが含まれています。生のままのさつまいもとは全く違う食べ物なので、スイーツでダイエットはできません。スイーツを作りたくなったり、食べたくなっても、そこは我慢が必要ですね。どうしてもスイーツが作りたい!という時には、砂糖を控えめにするなど、自分で工夫して作ってみましょう。

温かいうちに食べる

さつまいもを茹でるか蒸すかして調理した後は、なるべく温かい出来立てを食べるようにしましょう。さつまいもの栄養素を効率良く吸収するためには、冷えて酸化する前に食べるのが効果的なのです。酸化すると栄養素は劣化してしまうので、取り入れられる栄養素も落ちてしまいます。レンジで調理すると簡単なので、食べる直前に調理するのが良いですね。

 

よく噛むことでさらにダイエット効果アップ

adobestock_96722104

さつまいもダイエットでは、1日のうち1食をさつまいもに置き換えることをおすすめしていますが、他の食事と一緒に取り入れても大丈夫です。味噌汁に入れたり、おかずとして食べるのも良いでしょう。さつまいもは、よく噛むことでさらに消化がよくなり、ダイエット効果もアップするので、必ずよく噛んで食べるようにしましょう。噛むことによって脳の満腹中枢が刺激され、消化酵素も増えるのです。

 

最後に

いかがでしたか?さつまいもダイエットをすることで、食べるのを我慢せずに痩せることができそうですね。さつまいもが美味しい季節には、ぜひ試してみてほしいと思います。ダイエットにありがちなつらい空腹感や、肌荒れなどのトラブルとも無縁です。さつまいもをスーパーで見かけたら、ぜひチャレンジしてみると良いでしょう。

 

 

The following two tabs change content below.
編集部:チカりん

編集部:チカりん

5年ほど前から自分のブログで美容関連記事を配信していました。脱毛やサプリメントに関する記事が得意です。美容以外も書いているので是非読んでみてください。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-ダイエット
-,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.