ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

旅行

スウェーデン観光するならここは外せない!【穴場スポット多数】

投稿日:

絵本の世界が飛び出したような国スウェーデン

adobestock_89155212
輝く雪景色、歴史を感じさせる豪華な建築物、カラフルでおしゃれな街並み、そして石畳の小道。ふらっと散歩をしているだけで絵本の世界に迷い込んだような気分になれる国「スウェーデン」。今回はそんなスウェーデンの数多くある観光名所から、とくにおすすめのスポットを厳選してご紹介致します。これからスウェーデン観光の計画を立てられるという方はぜひ当記事を参考にしてください^^

宮殿を見に行こう!

ストックホルム王宮

スウェーデンの首都ストックホルムにある「ストックホルム王宮」。この王宮は、ガムラ・スタンの北に位置するフランスのロココ様式とイタリアのバロック様式を組み合わせた建築物です。

 

その歴史は古く、なんとさかのぼること13世紀に建設され、以降王室の居城として代々受け継がれてきたストックホルムのシンボルです。

 

迎賓の間や晩餐会の広間など、内部の一部が一般公開されているので、一目見ようと世界中からこのストックホルム王宮に訪れる観光客で後を絶ちません。圧倒的な存在感を放つ巨大シャンデリア、美しい模様の描かれたペルシャ絨毯、その他銀器などあらゆるコレクションを堪能することができます。

 

また、「宝物の間と国家の間」では歴代の女王や国王の剣や王冠といったものを鑑賞することができます。外観、内部ともに美しく、スウェーデンに訪れたらまずは足を延ばしたいスポットです。

 

そんなストックホルム王宮へのアクセス方法は、地下鉄ガムラ・スタン(Gamla stan)駅より徒歩約5分となっています。住所はSlottsbacken 1, Gamla stan, Stockholmです。
料金は大人がSEK150.00、子ども(7~18歳がSEK75.00です。営業時間は月によって異なるので事前にチェックしておいてください。

ドロットニングホルム宮殿

直訳すると「王妃の小鳥」という意味の「ドロットニングホルム宮殿」。こちらも歴史のある宮殿で、建設されたのは16世紀です。国王ヨハン3世の命によって王妃が夏に過ごすための離宮が急遽必要となったことで建設されたと言われています。後にフランスのバロック様式の庭が新しく出来る等、より豪華で美しい宮殿になりました。

 

18世紀、ロヴィーサ王妃が宮殿の主になってからは有名な彫刻家や画家たちの作品がたくさんコレクションされるようになりました。

 

なんといってもその外観が美しく、何よりバロック様式の庭園がすごく綺麗で北欧のヴェルサイユ宮殿と呼ばれているだけあります。また、水平にあるので遠くから見ると水の上に浮いているように見えるというのも面白いポイントですね。

 

そんなドロットニングホルム宮殿へのアクセス方法は、地下鉄ブロマプラン(Buromapuran)駅→【バス】301番~323番、176番、177番に乗車。所要時間40分となっています。住所はDrottningholm, Stockholmです。
料金は大人がSEK100.00、子ども(7~18歳)がSEK50.00です。営業時間は月によって異なるので事前にチェックしておいてください。

この2か所はイチオシ!

adobestock_55534818

ストックホルム市庁舎

毎年ノーベル賞の授賞式が行われることで有名な「ストックホルム市庁舎」。1911~1923年に著名なスウェーデンの建築家ラグナル・オストベリによって建設されました。事前に予約することで、館内を見学できるツアーに参加できるのですが、なんとノーベル賞の授賞式会場となる大広間も見ることができるんです。

 

こんな貴重な体験はなかなかできないので、ストックホルムに行かれる場合はぜひツアー予約されておくことをおすすめします。

 

また見どころはそれだけではありません。1900万枚もの金箔が使用されている壁画「黄金の部屋」では、そのあまりのスケールの大きさに度肝を抜かれるでしょう。タワーからの眺めも最高なので、ぜひ訪れてみてください。

 

そんなストックホルム市庁舎へのアクセス方法は、地下鉄ラドヒューセット(Rad Hugh set)駅より徒歩約5分、ストックホルム中央(Stockholm Central)駅より徒歩約15分となっています。住所はRagnar Ostbergs plan 1, Stockholm, Swedenです。
営業時間は月によって異なるので事前にチェックしておいてください。

ヴァーサ号博物館

最大幅11.7m、マスト最上部50m、全長62m、そしてかつて乗組員437人を誇っていた超巨大軍艦ヴァーサ号。そのヴァーサ号を間近で見ることができるのが「ヴァーサ号博物館」。その圧倒的な存在感に思わず言葉を失います。おそらく、ぱっとイメージされたサイズをはるかに凌駕するサイズだと思います。

 

黄金に塗られた船尾と細かいレリーフが彫りこまれた船体は何時間見ていても飽きることがありません。船好きの方はもちろん、そうでない方もぜひ巨大軍艦ヴァーサ号を見に行ってみてください。

 

そんなヴァーサ号博物館へのアクセス方法は、トラム ノルディスカ ミュージィエット(Nordiska Museet)駅より約徒歩3分となっています。住所はGalarvarvsvagen 14, Stockholm, Swedenです。
料金は大人 SEK110.00、子ども(18歳以下)無料となっています。営業時間は月によって異なるので事前にチェックしておいてください。

スウェーデン観光をもっと楽しもう!

adobestock_86262707

ヒョートリエットで買い物しよう♪

セルゲルガータン通りの突き当たりにある広場なんですが、道の両側にあらゆるお店が立ち並ぶショッピングエリアです。瑞々しい野菜やフルーツ、色鮮やかな花々、とりたてのキノコ等日本では見られないような珍しい食材や花を見ることができます。いろんな商品を眺めながら散歩をしているだけでも楽しいです♪

 

広場内は、あちらこちらから客引きの声がこだましていて、活気にあふれています。そこでしか味わえないようなフルーツや野菜といったものを食べるというのも、観光の醍醐味なのではないでしょうか。

 

そんなヒョートリエットへのアクセス方法は、地下鉄ヒョートリエット(Hotorget)駅から徒歩すぐとなっています。住所はHotorget 8, 111 57 Stockholmです。

王立オペラ劇場でオペラを観よう!

クラシックからモダンまで、ありとあらゆるジャンルのバレエやオペラを鑑賞することができる「王立オペラ劇場」。世界的にも知名度の高い劇場です。さかのぼること18世紀、グスタフ3世により建築され、1898年には建築家アンデルベリによってバロック様式の建築物へと変貌しました。その外観は非常に美しく一見の価値ありです。

 

劇場内も繊細かつ豪華なデザインで統一されており高貴な雰囲気を醸し出しています。ぜひ、ストックホルムに訪れたら王立オペラ劇場でバレエやオペラを鑑賞してみてください。室内のコンサートも最高ですが、屋外の広場で行われるコンサートも素敵ですよ♪

 

そんな王立オペラ劇場へのアクセス方法は、地下鉄クングストレドゴーデン(Kungstraedgaarden)駅より徒歩約2分となっています。住所はGustav Adolfstorg, Stockholmです。料金は公園によって異なりますが、おおよそ大人SEK100~850、子どもSEK50~425、シニアSEK100~850程となります。

まとめ

以上がスウェーデンに訪れたら絶対に行っておきたいスポット選でした。ちょっとでも気になるな~という場所があったらぜひ実際に足を延ばしてみてください。どれも素敵な思い出の一つになること間違いなしです^^

The following two tabs change content below.
編集部:まちゃみ

編集部:まちゃみ

インターネットでの情報配信に興味を持ち始めてから、自分の知識を活かした様々な美容情報を投稿し続けています。私の記事がみんなにお役に立てれば幸いです。

-旅行
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.