肝臓

肝臓病に効くサプリ【肝パワーEプラス】脂肪肝・肝硬変・肝臓にいい成分配合

更新日:

このページでは、よくお酒を飲む方におすすめな肝臓病サプリメントをご紹介いたします。そのほか肝臓病とはどんなのがあるの?原因は?そのほか、肝臓にいい食事などもご紹介いたします。肝臓の健康が気になる人のためにまとめています。ぜひ参考にしてください。

肝パワーは肝臓に効くサプリメント?

肝臓に効くサプリメントとは、年をとるごとに衰える肝機能をサポートしたり、肝臓病などの症状を改善するはたらきを持ったサプリメントで、タウリン、オルニチン、ウコンなどの肝臓に効果の高い成分をたっぷり含んだサプリメントを厳選してご紹介しています。健康な毎日のためにぜひお役に立ててください。

肝パワーEプラス タウリンが効果絶大!

thumb_t_felmat_net

タウリンが豊富に入っている広島県産の牡蠣(かき)をたっぷり使い、長野県産のニンニクの配合量は国内一を誇り、さらに身体を癒やす効果の高いクエン酸・アミノ酸を充分に含んだ和歌山県紀州産の南高梅を豊富に配合したサプリメントです。

このサプリの効果を一度知ってしまったら、もう手放せなくなると評判です。成分の吸収力も高く、一般的なサプリメントと比べて約4倍もの吸収率になっています。

肝臓に効果があり、身体をリラックスさせてくれて、全身から力がみなぎってきます。公式ホームページから注文することができ、全額返金保証制度があるので安心して注文できるでしょう。

肝パワーEプラスとは、広島県産の牡蠣(かき)、長野県産のニンニク、和歌山県紀州産の南高梅を配合した上質のサプリメントです。

今までに20万人以上の方が効果を実感していて、購入者の95%は次回もリピート購入したいと返答した大変人気のある商品です。肝臓に効く成分がたくさん含まれているのでお勧めです。

22年間愛され続ける理由とは

肝パワーEプラスは、肝臓に効くサプリメントとして22年間もの間ロングセラーを続けている商品です。主成分は、肝臓にとても効果的なタウリンを豊富に含む牡蠣です。

タウリンは、脂肪肝などの肝臓の疾患にも効く成分として有名です。配合している原料にはこだわりがあり、広島県産の上質な牡蠣をタップリと使っていて、ニンニクの含有量も100ミリグラムで国内では最も多くなっています。ニンニクも選りすぐりの質の良い長野県産です。

さらには、身体へのヒーリング効果の高いクエン酸やアミノ酸を豊富に含んだ、質の良い和歌山県紀州産の南高梅もタップリと配合しています。これらの成分は、吸収力が高まるように加工されていて、通常のサプリメントと比べて吸収率が約4倍にもなっています。

健康診断などで肝臓の数値が気になっている人や、高血圧で悩んでいる人、身体のだるさで困っている人などにとくにお勧めの商品です。高血圧サプリはこちら(【ガッツリ効く!】高血圧を下げるサプリメント口コミランキングBEST7)に詳しくかいていますので参考にどうぞ。

肝パワーEプラスのお値段は、今なら送料無料で、定期購入すれば10%OFFの8,100円で購入できます。サプリメントとしてはお値段が高めですが、15日間の全額返金保証制度もありますから、安心して申し込めます。

肝パワーEプラスの効果の秘密

肝パワーEプラスを実際に愛用している方の声をまとめてみました。
・毎回何か指摘されていた健康診断、今は何も引っかからなくなった
・目覚めが良く、朝スッキリして起きられる
・翌日まで引きずる疲れが引きずらなくなった
・睡眠時間があまりとれない日でも、スッキリと過ごすことができる
・二日酔いがなくなった
他にもたくさんの効果が報告されています。
特に疲れ知らずで忙しかった翌日も引きずることなく過ごすことができるというものがとても多いです。

肝パワーEプラスに含まれている成分

広島県産の牡蠣にはタウリンが豊富

肝臓の働きに良い成分と言うと、真っ先に上げられるのがタウリンです。
タウリンは魚介類に多く含まれているのですが、特に広島県産の牡蠣には良質なタウリンが豊富に含まれていると言われています。
肝機能を整えるのにとても適している成分です。

長野県産のにんにくは健康の素

にんにくというと、健康維持食品として良く知られていますよね。
疲れがたまっている時、元気がない時はにんにくを積極的に食べる人も多いと思います。
肝パワーEプラスには、にんにくが約100mg含まれています。
食事でにんにくを食べるとニオイが気になりますが、サプリメントであればニオイも気になりません。

和歌山県産の南高梅はクエン酸とアミノ酸の宝庫

クエン酸とアミノ酸が大量に含まれている梅は、疲労回復と滋養強壮に効果があると言われています。
中でも高級で最高峰の梅と呼ばれている和歌山県の南高梅が含まれています。
疲労物質を効果的に排出してくれます。

肝パワーEプラスのキャンペーン

定期コースでのお申込みであれば2箱セットが10%offの8,505円で購入できます。送料無料でお届けのため、お得に購入したい方であればこちらのコースがお勧めです。
また、実際に効果があるのか試してみたいという方には1箱のご購入であれば返金制度の対象になります。まずは単体で購入し、続けてみようと思ったら定期コースに切り替えるのが一番お得な購入方法です。

肝パワーEプラスのレビュー

何だかんだと毎日お酒を飲んでいるので、さすがに肝臓の数値が気になってきました。毎日身体がだるい日々が続いていましたが、肝パワーEプラスを飲み始めてからは、朝起きるのが辛くなくなってきたのです。この間の健康診断でもとくに問題はありませんでした。これも肝パワーEプラスのおかげです。これからも愛用し続けようと思っています。

肝臓病についての話

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれます。そのわけは、もくもくとはたらいて、何か不具合があっても自覚症状を感じにくいからです。

 

この肝臓に具合の悪い箇所ができると、肝臓病へとつながっていきます。肝臓は先ほど述べたように、病気になってもすぐには症状が出ません。なので、病気と診断されるのが遅くなる傾向があり、症状に気付いたときにはかなり病が進行した状態になっていることが多いのです。とてもはたらき者の臓器だけに、注意したいところです。

 

肝臓は、人間が健康に過ごすために、とても多くの仕事をこなしているので、肝臓病が進行すると身体のあちこちに症状が出現します。そのまま放置してしまうと、命の危険を伴うことになりますから、健康診断を定期的に受診するなど、肝臓の数値に気を配ることが重要です。

 

肝臓病の種類には、肝炎・脂肪肝・肝硬変・肝がんなどがあります。それぞれ疾患の症状は違いますが、肝臓が悪いときは一様に身体が黄色みを帯びた「黄疸(おうだん)」の症状が出ます。黄疸の症状がひどいほど、病状も進んでいることになりますから、少しでも気になったらすぐに医療機関を受診してください。

 

肝臓病は、症状が出てしまってからでは手遅れというケースも良くあり、慢性化してしまうことも多いです。ですから、日頃から肝臓をいたわることが大切になってきます。過度の飲酒は控えて、食べ過ぎ飲み過ぎを止め、栄養バランスの整った食事をすることが肝心です。肝臓病は知らないうちに進行してしまうことを肝に銘じておきましょう。

肝炎

肝臓の細胞が炎症を起こし、肝臓の細胞が破壊される病気を肝炎と言います。

 

肝炎はウイルス感染が原因で生じたり、飲酒、薬物、自己免疫なども原因の一つになります。また、肝炎の種類も様々です。日本国内の肝炎は殆どがB型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスが感染することで発症してしまいます。

 

肝炎を患ってしまうと、倦怠感、皮膚に黄疸が生じる、発熱や吐き気などの症状が見られるようになります。ただの風邪だと勘違いし放置していると症状が悪化し、肝硬変や肝臓ガンなどになってしまうこともあります。

 

また、肝炎の一種である劇症肝炎は、いきなり肝細胞が墓石、肝機能が弱まっていき、最悪のケースになると命を落とすこともあるとても怖い肝炎があります。気にしていないかたも多いかと思いますが、非常に重い病気なので、なんだかおかしいと思ったら早いうちに検査をしてもらいましょう。

 

ウイルス性の肝炎は、A型、B型、C型、D型、E型などで分けられます。それとは別に、飲酒をしたことで発症した肝炎はアルコール性肝炎といい、脂肪肝が長期に渡って続くことによって生じます。アルコール性肝炎は、普段飲酒に対して意識している方ならば防止することは簡単です。

 

自分は大丈夫と思っていても、知らぬ間に病に侵されているケースもあるので、病院で肝炎ウイルス検査をしてみてもいいでしょう。検査についても有料だったり無料だったりと病院によりばらつきがあるので、探してみましょう。

肝硬変

肝硬変という名前は多くの方が耳にしたことがあるのではないでしょうか。肝硬変を患ったことで死亡してしまったというニュースを見ることもあります。しかし、肝硬変は肝臓に関係する病気なのかなとなんとなくわかっていても、その詳細は知らない方が多く居ます。自分は肝硬変は関係ないからと思っているならば、そうだと言い切れません。

 

肝臓が肝炎になったことなどから炎症が生じ、肝細胞が破壊されて壊死、リタイアしてしまいます。しかし肝臓は再生能力がとても高く、リタイアしてしまったところにも新しい肝細胞が作られます。ですが、炎症が慢性的になると細胞の再生が衰え、硬い再生結節という繊維組織により炎症からリタイアした箇所を補っていきます。そうすることでフレッシュな肝細胞ではなくて難い肝細胞となり、これが肝臓の全体までいきわたることで肝硬変になります。

 

肝硬変を患ってしまうと、肝臓が小さく硬くなり、正しく機能することが出来る細胞の数が減少していることから、肝臓は正しく働けません。すると肝臓ガンになりやすくなってしまうので、非常に危険です。肝硬変もその他の肝臓の病と同様に、発症してしばらくは自覚症状がわかりにくいです。

 

検診などでの検査の際に肝機能の働きを調べる数値などを気にして、いつもと違うような数値などが出たら医師に申し出ましょう。肝硬変が進むと、尿が濃い色になったり、体にむくみが生じやすくなったり、腹水などの症状が出てきます。

脂肪肝

最近は30~40代を中心に増えつつある「脂肪肝」。脂肪肝は簡単に説明すると、脂肪が肝臓に溜まって、肝臓が肥満の状態になってしまうことです。中でも過食や過剰な飲酒が原因と考えられています。

 

近年は成人男性の約10%、女性については3%の割合で脂肪肝になるという調査結果があり、子供についても脂肪肝が増えているそうです。

 

脂肪肝はそのままにしていると肝硬変やウイルス性肝炎などにかかる可能性が出てきます。進行すると生命に関係してくることから、早期発見、早期治療が重要です。
しかし脂肪肝もその他の病気と同じで、自覚症状が出にくい病です。

 

病が進行すると疲れやすくなり、倦怠感や食欲減退などといった症状があらわれますが、これだけあらわれたとしても一概に脂肪肝とは言えません。そのため、健康診断などをしっかり受け、肝硬変や肝炎などの病を発症してから見つかることもあります。すると治療も大変なものになるため、定期的な検査をきちんと受けて、脂肪肝が見つかったらすぐさま治療を始めましょう。

 

脂肪肝の治療には、投薬での治療もありますが、まずは食生活の改善、適度な運動も治療法としては大事になってきます。また、普段から脂肪肝にならないために、油分や糖分が多いものは出来るだけ控え、なるべく毎日簡単な運動を行いましょう。飲酒も脂肪肝を患う原因の一つでもあるので、飲酒が頻繁な方は気をつけましょう。

脂肪肝の症状

脂肪肝は自覚症状がほとんどないことから、定期的に検査を受けなければなりません。

なぜ脂肪肝になるのか

脂肪肝になる原因として、肥満やアルコールの過剰摂取、糖尿病がよくある原因です。

NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)

もしもアルコールを飲まないとしても、脂肪肝から肝炎や肝硬変、肝臓ガンに病状が悪化するケースがあります。それを非アルコール性脂肪性肝炎(Non-alcoholic steatohepatitis、通称NASH)と言います。

 

非アルコール性脂肪性肝炎を患う原因の一つに、無理をして行ったダイエットとリバウンドを何度も繰り返したことで肝臓にダメージが与えられるということがあります。ダイエットしたことで痩せた方でも、栄養バランスが乱れて脂肪肝になってしまうと、非アルコール性脂肪性肝炎となる可能性もあります。

 

バランスが取れていない食事でのダイエットとリバウンドを何度も繰り返していることで、肝臓に大きなダメージとなり、病気を患う可能性があるので注意しましょう。

肝機能障害

健康診断などでは、肝臓の数値を調べることがあります。肝臓がどのくらいはたらいているかをみますが、具体的には、AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GPT(ガンマGTP)という酵素の値を測定します。これらの数値から、「肝機能障害」と診断されることがあります。

 

俗に「沈黙の臓器」とも呼ばれる肝臓は、不具合が起きていてもなかなか症状として表に現れにくく自分でも気付かないので、検査の数値からはじめて肝臓が悪かったことに気付くケースが多いです。

 

肝機能障害とは、肝臓に何らかの不具合が生じていて、正常なときのように機能していない状態を指しています。肝機能障害を判断するために行う検査項目のAST、ALT、γ-GTPとは、肝細胞中のタンパク質の一種です。肝細胞の中では酵素の役割を果たしていますが、一般的には肝細胞中に存在していて、血液中にはほんのわずかしかないのです。

 

しかし、肝機能障害になって肝細胞に不具合が起きている度合いに応じて、肝細胞から血液中にこれらの酵素がしみ出してくるのです。これらの酵素の値と比例して、肝臓に大きな障害が起きていることになります。

 

肝臓に不具合を起こしてしまう原因としては、慢性肝炎や脂肪肝、飲酒などが挙げられます。常日頃からお酒を飲む習慣がある人は、医師から肝機能障害といわれたらすぐにお酒の量を減らすか断酒しましょう。

 

肝機能障害では、幾ばくかの病気を抱えているケースがあります。肝臓のはたらきが少々悪いと分かっているのにそのまま放置していれば、肝臓がんや肝硬変、肝炎などに移行してしまうこともあるので、医療機関などで定期的に検査して肝臓の数値を測ってもらうのが良いでしょう。

肝臓の健康には、運動がおすすめ

健康な肝臓の状態を保つには、食事のバランスも大切ですが、適度な運動も非常に重要です。脂肪肝と診断された人も、運動療法は大変効果的ですから、常日頃からちょっとでも良いので運動をする習慣を身に付けましょう。

 

肝臓に効く運動としては、水泳やウォーキングなどの有酸素運動があります。運動といっても、腕立て伏せや重量挙げのような無酸素運動はあまり効果的ではありません。

 

筋力トレーニングのような無酸素運動を行うと、かえって身体に負荷を与えてしまう結果となることもありますし、状態が悪化する可能性もあるので注意が必要です。有酸素運動をする場合には、短い時間やっただけでは効果が薄いため、30分から40分程度は続けて行うようにしてください。

 

手軽に行える有酸素運動としては、水泳やウォーキングのほかにも、ストレッチやジョギングなどがあります。なかでも水泳はエネルギー消費量が大きく、水中だと身体に負担がかかりにくいので、膝や脚などが弱い方にも無理せず続けることができます。水泳は30分前後を目標に行ってください。

ウォーキングやジョギングは、1日に2キロから3キロメートル行うのがベストです。息が上がってしまうほど無理しなくて構いませんから、マイペースに心と身体に余裕がある程度で行ってください。

 

そのほかにも、ラジオ体操やエアロビクスなどは家にいながらできますし、外に出なくても簡単にできるので毎日継続して行ってみましょう。

 

そうはいってもなかなか運動をする時間が取れないのであれば、エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使う習慣をつけたり、早起きして通勤で一駅分歩いたり、車でなくて自転車を使うなど、日常の生活の中に運動を組み込むようにしてください。生活の中で運動することを意識しているだけで、かなり違ってきます。

肝臓に良い食べ物

肝臓は、人間が生きていく上で必要不可欠なたくさんの仕事をこなしています。肝臓が障害を受けると、自分でも知らないうちに少しずつ病状が悪化して、病気だと分かったときにはすでに手遅れの状態になっていたというケースも多いのです。

 

黙々と仕事をこなしてくれている肝臓をいたわり、普段から肝臓を大切にするよう心掛けてください。肝臓に良いといわれる食べ物を摂取することも大切ですね。肝臓に良い食べ物の代表は、牡蠣(かき)、ウコン、しじみ、ニンニク、ゴマ、大豆、牛乳などです。そのなかでも牡蠣やしじみはタウリンが大量に入っているので、肝臓にとても良い効果を与えます。

 

タウリンは、血液中のコレステロール値を低下させるはたらきを持つ胆汁酸の分泌を促進します。胆汁酸が多く分泌されることによって、血液中のコレステロール値が低下するしくみです。タウリンには酵素の働きを助ける効果もあるので、アルコール分解を早め、飲酒時の肝臓への負担軽減につながります。タウリンが二日酔いに効果的といわれているのは、アルコール分解酵素のはたらきをサポートしてくれるからです。

 

そのほかにも、タウリンは肝臓や腎臓にたまった毒素を身体の外へ排出させるはたらきを助けてくれ、肝臓にたまった中性脂肪を身体の外へ排出させるはたらきも持っています。これらのことから、タウリンは肝臓にさまざまな良い効果をもたらしてくれるので、タウリンをたっぷり含んだ牡蠣やしじみを日頃から食べるようにしましょう。

 

肝臓に良い食べ物を摂取する以外にも、肝臓にかかる負担を軽くするためには、暴飲暴食を避けるようにし、農薬や食品添加物をなるべく排除した食品を食べるように注意しましょう。お酒を飲む機会もなるべく少なくして、肝臓をねぎらうようにしてあてください。

タウリン

肝臓に効果的な成分として有名なタウリンですが、タウリンは牡蠣やしじみなどの貝類や、タコやイカなどの魚介類にたくさん含まれています。タウリンの作用はいろいろありますが、中でも脂肪肝には効果的です。それは、タウリンが肝臓にたまった中性脂肪を取り除き、身体の外へ排出させてくれるからです。

 

タウリンはアルコールの分解を早めてくれるので、肝臓が本来持っているアルコール分解能を助けてくれて、肝臓にかかる負担が少なくなります。これがタウリンが二日酔いにも効くといわれている由縁です。

 

それだけでなく、タウリンの効果はさまざまで、肝細胞が再生するのをサポートしてくれたり、脂肪膜を安定させて胆汁酸の分泌を早めることで、血液中のコレステロール値を下げてくれるはたらきもあります。インスリンの分泌も促進してくれますし、動悸・息切れ、むくみなどの解消にも役立ち、血圧を下げる作用を持っているので、現代病にも効果的なのです。

 

タウリンは身体の中でも作られますが、その生成量は身体が必要とする量よりも少ないのです。なので、身体の外からサプリメントなどで補給してあげることで、身体にとってたくさんの良い効果を期待できるのです。

 

元気ではつらつとした健康を維持するために、肝臓をいたわり、タウリンを豊富に含んだ食べ物を日頃から摂取するようにしてください。しかし、タウリンを摂取したから大丈夫と考えて、飲み過ぎては意味はありませんから、間違った認識は持たないようにしましょう。

オルニチン

人体の中にはたくさんのアミノ酸がありますが、そのアミノ酸の仲間のひとつに「オルニチン」があります。オルニチンは肝臓の機能を保つために肝臓の中ではたらき、身体の疲れを回復させます。オルニチンの肝臓へのはたらきを詳しくみていきましょう。

 

オルニチンは肝臓の「オルニチンサイクル(尿素回路)」ではたらきます。オルニチンサイクルでは、人体に有害なアンモニアの分解を行っていて、アンモニアを解毒して尿素に変換します。オルニチンはこのサイクルのはたらきを助けるため、オルニチンが体内に多く存在するほど、効率的にアンモニアが分解させるようになるのです。

 

したがって、オルニチンが多いほど肝臓の負担が減り、肝臓に良いはたらきをするのです。そのほかにも実験で検証されたことは、オルニチンはアルコール性疲労を回復させることです。オルニチンは体内でも生産されるアミノ酸の一種ですが、その量は人体が必要とする量には達しません。ごくわずかしか作られないのです。

 

オルニチンの健康効果を期待するのであれば、食べ物やサプリメントなど人体の外から補給してあげることが大切です。オルニチンを豊富に含む食材の代表はしじみです。含有量はしじみがダントツで、ほかにはヒラメやキハダマグロ、パンやチーズなどにも入っています。

 

お酒のおつまみとしてしじみが出てくることがありますが、オルニチンの効果を期待しているのかもしれません。昔ながらの生活の知恵だったのでしょうか。ただ、毎日しじみを食べるのはなかなか難しいですから、サプリメントなどで補給するのが賢い方法です。

ウコン

最近では、お酒を飲む人の間でウコンドリンクが流行していますね。飲酒前にウコンを摂取すると、二日酔いしにくくなるといわれています。今回は、ウコンについてのお話です。

 

ウコンは多年草で、ショウガ科に属しています。ショウガの仲間ですから当然同じような形をしていて、国内の主な栽培地は、沖縄・石垣島・竹の島・屋久島・種子島・奄美大島・鹿児島などです。なかでも沖縄は国内で一番生産量が多いです。

 

ウコンには約1,000種類の栄養素が詰まっているそうですが、クルクミンが主成分です。クルクミンは肝臓のはたらきを助け、胆汁の分泌を促したり、アルコール分解をサポートしたりします。クルクミンなどにより、ウコンが二日酔いを防ぎ、酔い止めに効果的だといわれているのです。

 

ウコンは1種類あるだけではなくて、世界中には50種類以上もあるのです。国内で話題に上っているウコンは、「紫ウコン」「春ウコン」「秋ウコン」などです。ウコンドリンクの味は、カレーによく似ていますが、その理由はカレー粉にもウコンが使われているからです。漬け物のタクアンの黄色い着色料としてもウコンは使用されています。

 

昔から健康食品として愛用されてきましたが、今やウコンはとても身近な存在になりました。ウコンは胃や十二指腸の殺菌や抗潰瘍作用を持ち、心臓病や脳梗塞の予防、がん予防、動脈硬化を予防するはたらきなどがあるといわれています。

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-肝臓
-, , , ,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2019 All Rights Reserved.