ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

旅行

スイス観光するならここは外せない!【自然スポットの宝庫!】

投稿日:

緑豊かな高原や、雄大なアルプス山脈でお馴染みのスイス。比較的治安も良く、観光大国として年中多くの旅行者が世界中から詰めかける国です。さて、今回はそんなスイスを観光するならぜっちに訪れておきたいスポットを紹介します。数えきれないほどの名所があるスイスですが、中でも選りすぐりのスポットを厳選してご紹介致しますので、今現在スイスへの旅行を計画中という方はぜひ参考にしてください^^

スイスに訪れたら絶対に行きたい名所

AdobeStock_65113011

ゴルナーグラート展望台

マッターホルンを一望することができる展望台、「ゴルナーグラート展望台」。マッターホルンを眺めながら鉄道でゆったり40分ほどかけて登っていくのですが、これが非常に素晴らしい景色です。展望台にたどり着くと、ゴルナー氷河の姿を360度の大パノラマで一望することができるほか、モンテローザを筆頭に標高4,000m超の峰々の絶景をこれでもかと堪能することができます。スイスに訪れたらぜひ行っておきたいスポットです。

そんなゴルナーグラート展望台のアクセス方法は、ツェルマット~ゴルナーグラート駅から約40分、住所はGornergrat Zermatt,スイスとなっています。

モンブラン

ヨーロッパアルプスの最高峰でイタリアとフランスの国境にまたがる山脈。モンブランというと、フランスのシャモニーから行くものと思われている方が多いですが、スイスのジュネーブからも定期便のバスが出ているんです。実はそちらから行く方が便利なんですよね。

直訳すると、「白い山」ということになるモンブランですが、その名のごとく年中真っ白の雪に覆われています。なんといってもこの雪が美しい情景を作り出しています。あまりの美しさに、「女性を連想させる白い山」と呼ばれることも多いですが、イタリア側から見るとその表情は峻険そのもので、「魔の山」と呼ばれるほどです。

サン・ピエール大聖堂

ジュネーブの象徴ともいえるスポット「サン・ピエール大聖堂」。もともとはカトリック教会だったサン・ピエール大聖堂ですが、その後プロテスタントに変わりゴシックやロマネスクといったあらゆる様式が混在する外観となっています。

まるでギリシャ神殿のような雄大な外観なので、建物好きの方なんかは非常に楽しめるのではないでしょうか。一方で堂内は非常に落ち着いた空間となっており、とくにスタンドグラスが見とれてしまうほど美しいです。

何れも有料となりますが、地下には考古学博物館があったり、大聖堂の塔の上に上ればジュネーブ湖や美しい街並みを一望することができたり見どころは多いです。

そんなサン・ピエール大聖堂のアクセス方法は、コルナヴァン(Cornavin)駅から徒歩約17分程となっています。住所はPlace du Bourg-de-Four 24, 1204 Geneve, スイスです。営業時間は月によって異なるのでホームページから事前にチェックしておいてください。

シーニゲプラッテ

ユングフラウ、メンヒ、アイガーのユングフラウ三山を真正面から拝むことができるたった一つのスポット「シーニゲプラッテ」。頂上までの標高差約1,400mの距離登山列車を使ってをゆっくりと上っていくんですが、この電車がレトロでものすごく可愛いんですよね。車内も和気藹々としていてにぎやかで、まるで映画の中の世界を体験しているような錯覚に陥ります。

列車の旅とともに、ベルーナアルプス、ユングフラウ三山の絶景を堪能してください♪シーニゲプラッテ山頂には、ホテルやレストラン、かわいい花々が咲き誇る高山植物園等もあります。

そんなシーニゲプラッテへのアクセス方法は、ヴィルダースヴィル駅からシーニゲプラッテ鉄道に乗って約50分となります。住所はSchynige Platte, 3800 Interlaken, スイスです、

もっとスイス観光を満喫するなら♪

AdobeStock_93571052

ライオン記念碑を見に行こう!

スイスを代表する観光名所「ライオン記念碑」。デンマークの彫刻家トルバルセンによって砂岩の岩壁に刻まれた大きなライオンは、「嘆きのライオン」や「瀕死のライオン」といった呼び名で親しまれています。

このライオンが刻まれた経緯は、1792年にパリのチュイルリー宮殿に殺到した革命軍に対しルイ16世一家を護衛したスイス兵の壮絶な話を聞いた彫刻家トルバルセンが、感銘を受けるがあまりにそのスイス兵らを称賛する意味を込めて掘ったと言われています。歴史的にも有名なスポットなのでぜひ記念に訪れてみてください。

そんなライオン記念碑へのアクセス方法はルツェルン中央(Luzern HB)駅から徒歩約20分。またはバス1のレーヴェン広場「LOEWENPLATZ」停留所下車徒歩2分となっています。住所はDenkmalstrasse 4, 6004 Luzern,スイスです。

クライネシャイデックでお散歩しよう♪

「クライネシャイデック」はユングフラウ鉄道への乗り換え地点で、アイガー北壁の麓にある峠です。ここから、ユングフラウの三山であるユングフラウ、メンヒ、アイガーを近距離で見ることができます。その迫力は言葉では言い表せないほど圧倒的で、ただ眺めているだけでビリビリと圧力を感じるような感覚になります。

またクライネシャイデックは、高原を登山鉄道が走る珍しい光景を見られるスポットとしても人気です。その他にもゆったりおしゃべりを楽しみながら散歩ができるようなハイキングコースも多数あり、つかの間の癒しになること間違いなしです。ぜひユングフラウ、メンヒ、アイガーを眺めながら大自然の中をお散歩してみてください♪

そんなクライネシャイデックへのアクセス方法は、グリンデルワルト(Grindelwald)駅からヴェンゲンアルプ鉄道で32分となっています。住所はKleine Scheidegg Rostizzeria GmbH 3801 Kleine Scheidegg,スイスです。

氷河博物館へ行こう!

ライオン記念碑へ行ったらあわせて近くにある氷河博物館にもぜひ訪れてみてください。ここは、ルツェルンがまだ氷河期だった頃の姿を見ることができるミュージアムです。
氷河博物館では、昔のルツェルンの模型をはじめ、はるか遠くから運ばれながら磨かれた丸い石や、氷河が溶け出したことによって発生した水が小石を巻き込んで渦を巻いて作った穴「ポットホール」等が、氷河期当時のままの状態で保管されています。

他にも、90枚の鏡が張り巡らされてできた異空間、鏡のラビリンスこと「アルハンブラ」も併設されています。見どころたっぷりです。

そんな氷河博物館へのアクセス方法は、ルツェルン中央(Luzern HB)駅から徒歩約15分となっています。住所はDenkmalstrasse 4, Luzern,スイスです。ちなみに、日本語版パンフレットがあるのでまったく知識が無いという方でも楽しめますよ♪

まとめ

AdobeStock_17368724
いかがでしたでしょうか?スイスに訪れたら絶対に行っておきたいスポットを厳選してご紹介いたしました。目を見張る自然の絶景がたくさんあるスイス。今回ご紹介した箇所以外にも、ピラトゥス山やミシャベル連峰等有名な自然スポットはたくさんありますが、中でもおすすめのスポットを抜粋しました。とくにゴルナーグラート展望台、クライネシャイデックはおすすめです。当記事がスイス観光のご参考になればなと思います^^

The following two tabs change content below.
編集部:まちゃみ

編集部:まちゃみ

インターネットでの情報配信に興味を持ち始めてから、自分の知識を活かした様々な美容情報を投稿し続けています。私の記事がみんなにお役に立てれば幸いです。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-旅行
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.