ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

健康

白砂糖についてカロリーや害となることを知っておこう!

投稿日:

砂糖について理解しよう

adobestock_54349133

糖質制限やグルテンフリーなど、炭水化物や糖質に対する情報が多くなっている近年ですが、みなさんは砂糖について詳しく知っていますか?糖質制限を行う際には血糖値の上がりやすさを示すグリセミックインデックス(GI)を参考にすると思いますが、GI値の基準となっているのは砂糖です。砂糖を100とした数値が示されているということですね。

 

そんな砂糖ですが、血糖値の問題や生活習慣病などの他に、特に白砂糖の弊害についてもよく知られるようになってきました。健康に関連する情報を発信している人や、ドクターなどの中でもその弊害について指摘している人が増え、それらの情報を目にした人もいると思います。白砂糖には、どのような弊害があるのでしょうか。

 

今回は、砂糖についてその概要や、白砂糖がなぜ身体に弊害をもたらすのかについて紹介していきます。

 

砂糖とは

adobestock_38750533

砂糖は何からできているのでしょうか。多くの人がサトウキビと答えると思います。砂糖はサトウキビが原料となっています。

 

しかしもう一つ、てん菜も砂糖の原料となっています。てん菜はビートとも呼ばれ、日本ではサトウダイコンとも呼ばれています。この2つが砂糖の原料となる2大植物とされています。

 

光合成によって糖質を蓄えることが植物はできますが、この2つは砂糖として生成しやすいショ糖という形で蓄えているため原材料になるようです。つまり砂糖は原材料で言えば植物100%とされています。では、なぜ白砂糖に弊害が起こるのでしょうか。

 

白砂糖の弊害と並んで指摘されているのは、精製の方法です。砂糖は本来白くはないとされ、白くしていく精製方法によって作られているとされています。この精製の方法によってビタミンやミネラルなどは失われ、ほとんど糖質のみということになるようです。

 

砂糖のカロリーは100g当たりでは386kcalとされています。ダイエットをしたことのある人などはわかると思いますが、これだけのカロリーを消費するのは簡単ではないですね。

 

 

白砂糖がなぜ身体に悪いのか

adobestock_17346832

では、白砂糖がなぜ身体に悪いのかについてみていきましょう。主に指摘されていることを順に挙げていきます。

 

糖摂取の悪循環

白砂糖の身体への弊害についてまず挙げられるのは、糖質摂取の悪循環に陥りやすいということです。砂糖の摂取によって血糖値が急上昇すると、身体は血糖値を一定に保つために急いで下げようとします。このときにはたらくのがインスリンです。

 

インスリンは血糖値の上昇によって分泌されますが、その上昇が急激であればあるほど大量に分泌されると言われています。急上昇した血糖値を下げるために大量のインスリンが分泌されることで、今度は急激に血糖値が低下します。そうなると今度はまた血糖値を上昇させる必要があります。

 

このときには甘いものが欲しくなるようです。つまり、甘いものを食べて血糖値が急激に上昇した状態から身体の中では上記のはたらきが起こり、結果として再び甘いものが欲しくなるという悪循環に陥ってしまうということですね。食べものだけではなく、飲み物でも起こります。

 

ペットボトル症候群という言葉を聞いたことがあるでしょうか。スポーツドリンクや清涼飲料水の飲みすぎでより欲するようになり、急性に糖尿病のような症状を呈するというものです。暑い夏場には特に注意が必要とされており、ニュースなどでみたことがある人もいると思います。

 

また、インスリンのはたらきによって急激に下がった血糖値を上げるために、身体の中ではアドレナリンが放出されます。アドレナリンというと興奮というように結びつくかと思います。このアドレナリンが過度に放出されることで感情が昂ぶりやすくなってキレやすくなったり、集中力の持続が困難になって思考力が低下したりするようです。

 

低血糖状態になる

白砂糖の身体への弊害について次に挙げるのは、上記の悪循環と関連して低血糖の状態になるということです。急激に上がった血糖値を下げるためにインスリンがはたらき、今度は下がりすぎてしまうと上述しました。この低血糖の状態がめまいや冷えなどをもたらすとされています。

 

現在では、白砂糖はいろいろな部分で使われています。お菓子だけではなく、パンや調味料、コンビニでは弁当などにも使われています。これらの摂取を続けていると気付かないうちに低血糖の状態になっているということです。人工甘味料として摂っている場合もあるとされています。

 

また、アドレナリンが出ると上述したように興奮が繰り返し起こることで自律神経のバランスも崩れやすく、それによって様々な症状を呈するようになるとされています。体調不良の原因がわからなかったり、気分の浮き沈みが激しいという場合には、一度食事など口にしているものを見直してみると良いかもしれません。

 

 

悪玉菌のエサとなる

白砂糖の身体への弊害について挙げられる点としては、悪玉菌のエサとなることも指摘されています。ショ糖から砂糖を生成しやすいと述べましたが、このショ糖は消化されにくく、腸内では悪玉菌やウィルスなどのエサとなると言われています。

 

悪玉菌が増えることで腸内環境は悪くなるので、免疫機能の低下など身体の不調につながるということです。また、悪玉菌が増えすぎると白血球によって攻撃されますが、悪玉菌を排除したあとの白血球の残骸などから活性酸素が大量に生じるとされています。

 

活性酸素は少量であれば細菌と戦ったりがん細胞を攻撃してくれる良いものですが、大量になると私たちの身体の細胞を傷つけてしまいます。

 

酸化イコール身体の老化ということを聞いたことがあるでしょう。アンチエイジングの分野では活性酸素の除去がとても注目されていますね。

 

 

がんのエサとなる

白砂糖の身体への弊害としては、悪玉菌だけでなくがんのエサとなることが指摘されています。ブドウ糖は身体の中で細胞に取り込まれてエネルギーとして使われますが、がん細胞はこのブドウ糖を取り込む力が強いとされています。つまり、血糖値が上がっている状態というのは、がん細胞のエサがたくさんある状態と同じことということです。

 

また、インスリンは血糖値を下げるために細胞にブドウ糖を取り込ませるはたらきをします。このインスリンによってがん細胞にもブドウ糖が供給され、増殖するということです。

 

がん細胞自体がブドウ糖を取り込む力が強いこと、そして血糖値が高いとインスリンの分泌が増えてしまい結果としてがんにブドウ糖を供給する形になってしまうという2つの点でがんを増殖させる原因となるのですね。がんの検査で行われるPET検査(陽電子放射断層撮影法)はがん細胞がブドウ糖を多く取り込むという特徴を利用して行われているようです。

 

ちなみに糖質制限はダイエットだけでなく、がんの治療にも使われています。

 

正しい理解で知識を得ること

adobestock_44346097

砂糖についてその概要や、白砂糖がなぜ身体に弊害をもたらすのかについて紹介してきました。砂糖の弊害について知ると早速糖質制限や砂糖断ちをしたいと思う人もいるかもしれませんが、糖質制限は曖昧な知識で行うのは危険です。正しい理解をして行っていきましょう。

 

白砂糖とその弊害についてや、糖質制限については様々なドクターが情報を発信しています。腸研究の第一人者とされる藤田絋一郎先生や胃腸内視鏡分野の権威とされる新谷弘実先生、糖質制限では江部康二先生がよく知られています。これらの先生のブログや著作などを読んでみるのもオススメです。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-健康
-

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.