ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

スポーツ

捻挫を繰り返す人必見!捻挫を治すのに重要な2つのポイントとは

更新日:

なぜ捻挫を繰り返すのか

捻挫の経験について聞くと軽くであったりひどいものであったり、大なり小なり足を挫いたことがあるという人がほとんどでしょう。足の捻挫が最も多いですが、手首や手の指などにも起こりやすいです。そんな捻挫ですが、足の捻挫など何回も繰り返してしまっている人は少なくないのではないでしょうか。治ったと思っていたらそんなに経たないうちにまた挫いてしまったり、スポーツをしている人では癖のように繰り返している人もいると思います。捻挫とはどのようなものなのかその病態や治療を、そして捻挫を繰り返さないために治療で重要な2つのポイントを紹介していきます。

 

捻挫とは

捻挫とは、関節の許容範囲を越えた運動が強要されたときに起こる損傷とされています。少なからず靭帯や関節包の損傷を伴い、炎症の症状である腫脹や熱感などが起こります。損傷したと思われる靭帯部には圧痛があります。ひどい場合はかなり腫れあがり、骨折との鑑別が重要なほどです。

靭帯の損傷は重症度によって分けられ、靭帯が伸びた程度のものを1度損傷、靭帯が部分的に断裂したものを2度損傷、靭帯が完全に断裂してしまったものを3度損傷としています。断裂の程度によって関節が不安定になり、完全断裂では容易に骨が動くようになります。

足首の捻挫で多いのは内反捻挫と言われる捻挫です。足を内返しするような動きが強制されることにより損傷が起こり、腓骨という下腿の骨とその下にある距骨そして踵の骨である踵骨についている靭帯や関節包が損傷されやすいです。具体的には、距骨と腓骨をつなぎとめている前距腓靭帯や踵骨と腓骨をつなぎとめている踵腓靭帯などが挙がります。損傷によっては下腿の骨である脛骨と腓骨をつなぎとめている前下脛腓靭帯という靭帯も損傷します。多くはありませんが内反捻挫により内側の部分が痛くなることもあります。

 

 

捻挫の治療

捻挫をしてしまったら、まずは応急処置を行いましょう。スポーツ現場ではトレーナーなどがいれば必ず応急処置を行います。応急処置の基本はRICE処置とされ、Rest(安静)・Icing(冷却)・Compression(圧迫)・Elevation(挙上)が行われます。冷却や圧迫によって炎症の拡がりを抑え、挙上や安静で循環を確保しつつ負担をかけないようにします。この初期処置が適切に行われることでその後の経過も良好になります。有名なのでご存じの方も多いと思いますが、この頭文字を覚えておきましょう。

応急処置が終わったら、受診する必要があるかなどの判断が重要になります。歩けないほどであったり、顔面の蒼白や吐き気などがあれば骨折の可能性もあるので必ず受診するようにしましょう。また骨折の腫れと捻挫の腫れは判断が難しいので困った場合も念のため受診すると良いでしょう。ただし骨折はレントゲンをとれば100%わかるということはなく、何年か経って超音波検査などをしたときに骨折していたことがわかるということも多いようです。

治療としてはそれ以上の負担をかけないようにして組織の回復を図ることが一番なので、多くの場合は固定処置が行われます。テーピングやギプスなどです。他に電気治療や超音波治療などで回復を促す方法もあります。固定を行って痛みがとれてきたら治療が終了という場合もありますが、リハビリとして足の機能を訓練したり身体(足)に負担のかかる動きなどを矯正したりといったことも重要です。詳しくは次の段で述べますが、再発の防止にはこういった面からもアプローチしていかないといけません。

固定期間が短すぎたり長すぎたりすると不安定感を残したり、関節が動きにくくなるといった弊害も起こります。固定期間に関してはやはり専門家に委ねる方が良いでしょう。

 

捻挫で重要なこと

捻挫を起こしてしまった場合でその後の経過に際して重要なポイントが2つあります。1つ目のポイントは、靭帯組織の回復が完全に終わるのにはかなり長時間かかるということです。1年ほどかけて戻るという研究もあります。そして重要なのは、完全に終わるという表現がされていますが、修復されても元通りの靭帯には戻らないということです。靭帯を構成している組織に損傷が起こると、傷がついたり断裂したりします。その修復が行われるに当たって、純粋な靭帯の組織ではない少し弱い組織もできるのです。初期には損傷部には炎症細胞が残っていたり損傷した組織や修復された組織などが混在しています。強い組織と弱い組織が混在して徐々に靭帯の修復は進んでくということですが、修復に時間がかかることや弱い組織が混ざっているというところが繰り返しの原因につながります。捻挫の場合は痛み自体は比較的早く治まることも多いでしょう。しかし組織の修復はまだまだ時間を要するので、治ったと勘違いしてこれまで通りに戻っていると思ってしまう場合に再び捻挫するという結果を起こすのです。繰り返しになりますが、靭帯という組織の回復には時間がかかることと完全に元の強度には戻らないということを覚えておきましょう。

捻挫を起こしてしまった場合のその後の経過で重要なポイントとしての2つ目のポイント、靭帯の強度の回復をどれだけできるかということです。上述したように、靭帯組織が修復される過程では強い組織と弱い組織が混在します。損傷部には純粋な靭帯の組織と不純物が混ざっているイメージとするとわかりやすいでしょうか。不純物が多いほど強度は下がるということです。強度が低いということはもう一度捻挫をしたときに断裂が起こりやすいということです。この不純物をどのようにしてつくらないかということですが、固定されてそのまま動かさないでいるとこれらが混ざったままの修復靭帯が出来上がります。しかし靭帯の組織の中にも収縮できる成分があることがわかっており、適切な負荷を加えることで不純物が少なくできるという効果があるとされているのです。テーピングであれば剥がしたときに、ギプスも着脱できる形で処方されることが多いでしょうから固定を外したときに、上述のアイシングを行いながら靭帯の長軸の走行に合わせて関節の運動を行うことが推奨されています。もちろん痛みのない範囲で行いましょう。もしギプスが完全固定の場合は外れてから行いましょう。この軽い負荷で靭帯の収縮成分に刺激が入るとともに、不純物ではなく強度の高い組織に置き換わりやすくなるということです。もちろん100%元通りにはなりませんが、少しでも強度の高い靭帯に修復されることは重要なことです。繰り返しの捻挫は日常生活に支障が出る場合もありますし、スポーツをしていればパフォーマンスに影響します。少しでも強度の高い靭帯を取り戻しましょう。

 

捻挫はしっかり治すことが重要

捻挫について、その病態や治療をみてきたあとでその後の経過に重要な2つのポイントを紹介してきました。おさらいですが、靭帯の修復には長い時間がかかり、なおかつ元通りの強度には戻らないということとどれだけ強度の高い靭帯を取り戻せるかということが重要です。

捻挫を繰り返しているという人はこの点を意識すると対処ができると思います。痛みさえなければ多少関節が不安定でも構わないという声もたまに聞きますが、将来の関節の変形につながることもあります。そのための靭帯でもあるので、なくても大丈夫ということはありません。捻挫をしてしまった場合はこの2つのポイントを意識してしっかり治しましょう。

よく読まれてる人気記事

ミトコア300mg、不妊症サプリメントの効果は?口コミを分析

不妊症に悩む方に評判の高いサプリメントミトコア300mgには、ミトコンドリアを元気してくれる成分の「イースタティックミネ ...

【スリミングジェル効果ランキング】口コミで人気・効果の高いものを集めました

スリミングジェルは、自分で気になる部分に塗ってマッサージすることで部分的に痩せられるジェル。スリミングジェルは、エステに ...

レジーナクリニック体験レポと申込前の注意点やネットの口コミまとめ

このページでは、最近の脱毛業界でもっとも注目されている医療永久脱毛のレジーナクリニックについてまとめたページです。 &n ...

ナットウキナーゼの効果は嘘?その効果についてのまとめ

納豆が健康に良い食品だということは有名です。
納豆は人によって好き嫌いがある食べ物ですが、納豆のもつ健康促進効果について次々に解明されています。
ナットウキナーゼは、納豆に含まれているネバネバした成分で、タンパク質分解酵素のことです。
大豆を発酵させるときにできる健康成分です。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-スポーツ
-

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.