メイクでなかなか隠せないシミ。シミがあるせいで、自分の顔に自信が持てないと感じている人もいるのではないでしょうか。シミを薄くしたいなら、美白作用のある美容液を使ってみませんか?美白美容液には、シミの元であるメラニン色素を作らせないようにする成分や、できてしまった色素を肌の外へ出す作用を持つ成分が配合されています。できるだけ早くシミの悩みを解決するためにも、美白美容液でシミを薄くさせましょう!

シミができる原因は何?

いつの間にか現れるシミ。どうして肌にシミができてしまうのでしょうか?

紫外線

シミができる原因の多くは、太陽光に含まれる紫外線によるものです。紫外線は、波長によってUVAとUVB 、UVCの3種類に分類されます。地表へと降り注いで、肌に影響を与えるのはUVAとUVBで、UVAはメラニン色素を酸化させて肌を黒くさせ、UVBはメラニン色素を作り出すメラノサイトの働きを活性化させてしまいます。

肌への刺激やホルモンバランスの崩れ

洗顔後にタオルでゴシゴシと肌を擦ったり、顔を強くマッサージするなどの物理的な刺激は、場合によってはメラニン色素の生成を促進させてしまうことがあります。

肝斑はホルモンバランスが原因

また、シミの一種で両頬あたりに左右対称に現れる肝斑は、女性ホルモンのバランスが崩れることが原因と言われています。ホルモンバランスは、ストレスや妊娠などが原因で大きく変動します。

ターンオーバーの乱れ

私達の肌を作っている細胞は、ずっと同じではありません。ある一定の周期で、常に新しい細胞に生まれ変わっているのです。皮膚の表面を覆っているのは、古い細胞で、新しい細胞は肌の奥で作られています。この肌細胞の代謝のことを、ターンオーバーと呼びます。ターンオーバーの乱れがシミやくすみの原因となるのです。

ターンオーバーの重要性

実は、シミの原因となるメラニン色素は、肌の奥で作られた細胞がだんだんと皮膚の表面へと移動する時に、一緒に持ち上げられていきます。そして、皮膚の一番外側へ移動した細胞は、メラニン色素と共に垢となって剥がれ落ちていくのです。つまり、肌の生まれ変わりが遅くなってターンオーバーの周期が乱れると、メラニン色素が肌の外へと排出されなくなるため、シミが消えなかったり、濃くなったりしてしまうのです。

メラニン色素を減らすにはどうしたらいいの?

メラニン色素を減らすには、「過剰に作らせない」「色素を蓄積させない」ことが大切です。

メラニン色素の役割とは

メラニン色素は、実は身体を守るために必要な色素です。メラニン色素が無ければ、私達の肌は紫外線のダメージを大きく受けてしまいます。紫外線は、皮膚細胞の核にあるDNAを傷つけて細胞を破壊したり、皮膚癌の発生率を高めたりしてしまいます。メラニン色素が肌にあることで、紫外線が与える肌ダメージを減らし、健康を保ってくれるのです。

メラニン色素を減らす方法はコレ!

皮膚を紫外線から守るメラニン色素ですが、過剰に作られてしまうとシミの原因となります。紫外線をできるだけ浴びないようにすること、メラニン色素を作り出すメラノサイトの働きを抑制することで、色素が過剰に作られるのを防ぐことができます。

メラニンを蓄積させないようにするには?

また、出来てしまったメラニン色素が肌の中で蓄積してしまうと、シミが濃くなったり、数が増えて目立つようになってしまいます。色素を蓄積させないためには、肌のターンオーバーを促し、どんどん色素を肌の外へと排出させることが必要です。

美白効果のある成分、そして美白効果を助ける成分とは?

美白美容液には、メラニン色素の生成を抑えたり、排出を促してくれる成分が配合されています。

ビタミンC

ビタミンCは、メラニン色素を作り出すチロシナーゼという酵素の働きを抑えて、メラニン色素の生成を抑えます。また、ビタミンCの持つ強い還元作用により、できてしまったメラニン色素に直接作用して還元させ、黒い色素の色を薄くさせる効果もあります。

ハイドロキノン

強い還元作用を持つハイドロキノンは、「肌の漂白剤」と呼ばれるほどに強力な美白作用があります。ハイドロキノンは、メラニン色素を作る酵素の働きを抑えるだけではなく、色素を作り出す細胞に直接働きかけることでメラニン色素を減らします。メラニン色素は、酸化すると色が黒くなるという性質がありますが、ハイドロキノンはメラニン色素を還元させて色を薄くさせ、目立ちにくくさせます。

ハトムギ

イネ科の植物であるハトムギは、古くから生薬として使われてきました。ハトムギには、身体の免疫力向上や胃の調子を整える作用の他に、肌のターンオーバーを促進させる作用があります。代謝を促進させて新しい細胞を沢山作らせることで、肌の中にあるメラニン色素を排出させ、美白作用を発揮します。また、ハトムギの持つデトックス作用により、ニキビなどの肌トラブルを抑制する効果も期待できます。

アラントイン

牛の羊膜の分泌液から発見されたアラントインは、肌を刺激から守ったり、組織の修復を促す作用があります。また、肌細胞の生まれ変わりを促進させ、メラニン色素の蓄積を防ぐ効果もあります。抗炎症作用もあるため、ニキビ跡に色素が沈着することも防いでくれます。

美白効果をもっと高める為には?

美容液の持つ美白作用をより高めるために、日々の生活でできることとは何でしょうか?

紫外線対策をしっかりしよう

せっかく美容液でメラニン色素の生成を抑えていても、紫外線をたっぷりと浴びてしまっていては意味がありません。紫外線は、メラニン色素を作らせるだけではなく、活性酸素を作り出し、肌の老化を招きます。また、肌への炎症を引き起こし、赤みなどの肌トラブルや、シワやたるみの原因を作り出します。

日よけをしっかりと

適度な紫外線は健康維持の為に必要ですが、美白を目指すのであれば、日焼け止めや日傘などを利用して、過度に日光を浴びないように注意しましょう。

食べ物でビタミンCを摂取しよう

数ある栄養素の中でも、ビタミンCは食事で摂取しやすいビタミンと言えます。ビタミンCは水溶性であるため、過剰摂取による副作用を心配する必要がありません。レモンやみかんなどの柑橘類だけではなく、キャベツやじゃがいもなどの野菜にも豊富に含まれています。

イモ類のビタミンCは加熱しても壊れにくい

ビタミンCは加熱により壊れやすいという特徴がありますが、さつまいもやじゃがいもなどのイモ類に含まれるビタミンCは安定性が高く、加熱調理をしても比較的壊れにくいとされています。調理時は、ビタミンCが溶け出したスープもしっかり飲むなどの工夫をして、効率よくビタミンCを摂取するようにしましょう。

サプリメントを活用するのも良い

忙しくて食事内容の改善が難しいのであれば、サプリメントを利用して手軽にビタミンCを摂取してみましょう。

ターンオーバーを整えよう

ターンオーバーの周期を整えることで、肌の生まれ変わりを促進させ、作られてしまったメラニン色素の排出を促すことができます。ターンオーバーを整えるためには、規則正しい生活を送り、きちんと睡眠をとることが大切です。身体の疲れや精神的なストレスは、ターンオーバーの周期を遅くさせてしまいます。

ピーリングも効果的

肌の表面にある角質が固くなっている場合は、ピーリングで古い角質を取り除いてみましょう。そうすることで、下から持ち上げられた古い細胞が剥がれやすくなります。また、適度に身体を動かしたり、湯船でゆっくり身体を温めることで肌の血行を促進させることも、ターンオーバーの周期を正常に保つことに繋がります

美容液で悩み解決!美白美容液でシミの無いお肌になろう!

できてしまったシミを薄くさせ、新たなシミを作らせないためには、「メラニン色素を過剰に作らせない」「メラニン色素を蓄積させない」ことが大切です。シミのないお肌にするためには、美白美容液を毎日使って、美白成分を肌の奥までしっかりと浸透させましょう。毎日のお手入れの積み重ねが、お肌の美しさを生み出しますよ。

 

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。