ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

腰痛

腰痛の原因がすべり症の場合はすぐに手術が必要?治療や対策とは

投稿日:

腰痛の原因として挙げられる疾患には、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症などが挙げられます。これらの名前を聞くと、腰椎に問題があることはイメージされやすいかと思いますが、腰椎すべり症はあまりなじみがないのではないでしょうか。また、これらの疾患で根本から治すには手術しかないと思っている方も多いようです。そんな腰痛に関連する疾患の中で、すべり症は本当に手術が必要なのか、腰椎すべり症の病態や治療法などとともに紹介していきます。

腰椎のすべり症とは

まずは、腰椎のすべり症がどのようなものなのか、その病態についてみていきましょう。原因や種類などについて挙げていきます。

腰椎の部分でズレが起こる

腰椎すべり症とは、腰椎の部分で背骨がズレてしまっている状態です。腰椎の部分でのズレということで、腰痛はほとんどの場合で主訴となりますが、症状の強さとズレの程度にはあまり関連がないとされています。

 

この点はヘルニアなどと同様ですね。ヘルニアもとび出しの具合などと症状の強さには関連がないとされています。

 

腰痛の他には、脊髄から枝分かれしたところで神経に触れていると足へのしびれや痛みが、脊髄のおおもとで圧迫などが起こっていると排尿の障害や会陰部のしびれなどが起こります。会陰部とは自転車に乗ったときに肛門より前のサドルが当たる部分をイメージしてもらえればわかりやすいでしょう。

 

腰部脊柱管狭窄症と同様で、脊髄のおおもとで障害が起こると少しの距離でも休憩しながらでないと歩けなくなってしまう間欠性跛行もみられます。

分離すべり症

すべり症にも、大きく分けて2つの種類があります。1つは分離すべり症と呼ばれるもので、腰椎分離症が進行して起こります。腰椎分離症とは文字通り腰椎が分離してしまう状態で、青少年のスポーツ活動などで起こりやすいことが知られていますね。

 

脊椎は主に背骨の指示を担っている椎体と、中に脊髄を通して脊柱管を構成している椎弓とに分けられます。この椎弓部分で分離が起こってしまうのが腰椎分離症で、進行して完全に分離してしまうとすべり症も起こすということです。分離した後でズレが起こるということですね。

 

上述したようにスポーツ活動などで起こりやすく、身体を反らしたときにピンポイントで痛い場合などは腰椎分離症やすべり症が疑われるということです。第5腰椎に起こりやすいとされています。

変性すべり症

もう1つは、腰椎変性すべり症です。加齢によって腰椎が変性してしまい、すべり症が起こるということですね。女性は閉経後に骨粗しょう症になりやすく、腰椎圧迫骨折などを起こしやすいということで知られていますが、同じように腰椎の変性も女性の方が起こりやすいようです。

 

変性が起こって支えきれなくなるとすべりが起こるというイメージをもってもらうとわかりやすいでしょう。上記の腰椎分離症と違って脊柱管の構造がある程度保たれたままズレるので、腰部脊柱管狭窄症と同じような症状を呈しやすいとされています。分離した状態よりもつながったままの方が剪断力がはたらきやすいということですね。

 

もちろん変性の具合によっても症状は変わるので一概に同じとは言えませんが、起こりやすいということは覚えておくと良いでしょう。変性すべり症の場合は第4腰椎に起こりやすいとされています。

すべり症の治療と対策

すべり症の原因や種類など病態についてみてきたところで、次は治療や対策についてみていきましょう。結論から言ってしまうと、すべり症の場合も腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症と同じくすぐに手術ということはありません。なぜ保存療法なのかといったことや、経過観察において自身でできる対策について挙げていきます。

基本は保存療法

先にも述べましたが、腰椎のすべり症の場合もヘルニアなどと同じように症状と変形の度合いには関連があまりみられません。レントゲン上それほどひどくないものでも痛みが強い場合や、その逆もあるということです。

 

基本的には他の腰痛と同様で、痛みに対しての理学療法や薬物療法などがとられます。これらの保存療法で症状がなかなか改善しない場合や、神経の障害による症状がひどい場合に手術が選択されるということです。

 

特に分離すべり症は、青少年で急性期であれば専用のコルセット着用で骨折と同じように骨癒合が期待できるとされています。このコルセットは型をとって作り、およそ半年ほどと長い期間つけることが必要ですが、先のことを考えると骨癒合できるならさせておいた方が良いでしょう。

体幹を安定させて負担を減らす

経過観察においては、リハビリに通うように指示されることもありますが、体幹を安定させるということが負担の軽減において重要です。背骨は積み重なるようにして形成されており、それらのバランスやコントロールをしているのは筋肉なので、筋肉がしっかりとはたらくようにする必要があります。

 

背骨のバランスやコントロールを担っているのはいわゆるインナーマッスルと呼ばれるもので、腹圧を維持するということも同様です。何か動作をするときは体幹がしっかり安定している必要がありますが、体幹が安定するには腹圧が必要で、その腹圧をしっかりと保持するためにインナーマッスルがはたらいているということですね。

 

いわゆる腹筋運動ではなく、ドローインやスタビライゼーショントレーニングなどが有効です。ドローインであれば姿勢の制限もなく、無理のない範囲で行うことができるので、導入としても良いでしょう。しっかり呼吸に合わせてお腹を動かしていきましょう。

すべり症の手術

基本的には保存療法がとられると述べましたが、必要な場合はやはり手術になります。すべり症の手術の方法にもいくつか種類があるので、主な2つの方法を紹介していきます。

脊椎固定術

分離すべり症などでズレが大きく、不安定な状態になってしまっている場合には脊椎同士を固定する脊椎固定術が行われます。脊椎のズレを戻して固定する後方固定術や、すべった椎骨と下の椎骨の間をつなぐ前方固定術とがあります。

 

分離すべり症の場合も変性すべり症の場合も、手術を行う場合には脊椎固定術が多いようです。分離すべり症の場合ではズレが小さいものは経過観察のことが多く、ズレが大きくなってから手術になる場合が多いためとされています。

神経除圧術

ズレがそれほど大きくなく、それでいて神経や脊髄への圧迫が大きい場合には神経除圧術が行われます。上述したように変性すべり症では脊柱管の管腔構造自体はある程度保たれているケースもあり、神経への障害が問題となっている場合に圧迫部分の椎弓を一部または全部取り除くという方法がとられるということです。

 

安定性が保たれているケースで選択される方法ですが、脊椎固定術と併用される場合もあるようです。切除範囲にもよりますが、脊椎固定術と違って内視鏡で行うことができる場合もあり、負担が減らせるという点はメリットとされています。負担は少ないに越したことはないですね。

まとめ

腰椎すべり症の病態や治療法などとともに、すべり症の手術に関して紹介してきましたがいかがでしたか?すべりの度合いと脊柱の安定性がポイントとなることは理解してもらえたかと思います。安定性を維持したり高めるという点では、やはり体幹周りの筋肉をトレーニングすることが重要でしょう。

 

インナーマッスルをトレーニングして腹圧や脊椎のコントロールを改善することで体幹を安定させることが期待できますが、これはそのまま他の腰痛の場合でも同様のことが期待できます。ヘルニアや脊柱管狭窄症などの疾患の場合も同様ですし、これらの疾患以外の非特異的腰痛と呼ばれるものであっても同様です。

 

リハビリとしてや、慢性的な痛みに対する運動の効果はとても高いとされているので、積極的に取り組むことで自身でも改善のためにできることをしていきたいですね。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。

-腰痛
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.