ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ライフスタイル

掃除をする時に心がけたいこととは?おすすめのコツをご紹介!

投稿日:

掃除は、家の中をきれいにキープするためには必ずしなくてはいけないものです。毎日こまめに掃除していれば楽ですが、そうではないとどこから手をつければ良いのか分からないということもありますよね。

 

特に、年末の大掃除となると普段手をつけないところまで掃除をすることが多いと思います。慣れない掃除だと、なかなか進まず気づいたら夜中に…なんてこともあるのではないでしょうか。

 

今回は、掃除をする時のコツや心がけたいことなどについて詳しくご紹介していきたいと思います!

 

まずはやる気を出す!

毎日の日課になっている人でもない限り、掃除は面倒でなかなかやる気が出ないものだと思います。「やらなきゃ」と思ってはいるものの、なかなか腰が上がらないんですよね。

 

そこで、掃除に取り掛かる前にまず、掃除をするためのやる気を出す方法をご紹介します。

 

好きな音楽をかける

元気な音楽は心も元気にしてくれますし、同時にやる気もみなぎってきます。ゆったりした音楽だとリラックス効果が高く逆にやる気が削がれてしまう可能性があるので、激しいアップテンポな曲をチョイスすると良いでしょう。

 

音楽を聴きながらであれば、普段は避けているような面倒な作業も楽しく感じるかもしれません。いっそのこと、曲と一緒に歌いながら掃除をするのも良いかもしれませんね。

 

現状の汚さを実感する

家具の隙間や手が届きにくいところなどを、よく見てみてください。パッと目につくところ以外でも、よく見ると汚れているところがたくさんあったりしませんか?

 

現状の汚さは、掃除のモチベーションアップにも繋がります。「こんなに汚かったんだ…」と実感することで、きれいになった部屋を想像しやる気がみなぎってきますよ。

 

また、すぐに掃除をすべきかそうでないかは「今現在の部屋に他人を呼んでも恥ずかしくないか?」を考えることで判断することができます。「汚いし今はちょっと…」と思うのであれば、それは掃除をすべきであるというサインです! きれいにしなきゃ、という焦りとやる気が出てくるはずですよ。

 

目標を立てる

掃除の仕方は、人によって多種多様だと思います。見えるところだけきれいならそれでいい、という人もいるでしょうし、全部完璧にきれいじゃないと気が済まない、という人もいるでしょう。

 

どちらにも当てはまることですが、掃除を始める前にはまず、どこまで掃除するかの目標を立てるようにしましょう。どの程度まできれいになればOKなのか、どの部分に手をつけるのかをあらかじめ決めておくことで、効率よく掃除をすることができます。

 

例えば、キッチンとリビングを掃除しようと決めていたにも関わらず、キッチンの換気扇や排水溝掃除に手間取ってリビングに手がつけられなかった、となってしまってはせっかく立てていた予定も台無しですよね。

 

同じ場所を定期的にサッと掃除するのか、1か所を1回の掃除で完璧にきれいにするのかでその日の動きは大きく変わるはずです。

 

初めに立てた目標は絶対に守ることを意識して掃除に取り組むようにしてみましょう。

 

「捨てる」ことも大事

どうしても物が捨てられない、という人はきっと多いですよね。でも「もったいない」「まだ使えるかも」と言ってどんどん物をため込んでしまうと、部屋が散らかりやすくなるだけでなく運気も下がると言われています。

 

一時期“断捨離”のブームがあったように、物を捨てるということは時には必須となることなのです。

 

徹底的に掃除をするのであれば、少しでも「いらないかも?」と思ったものは有無を言わさず捨てましょう。もしも本当は必要だったのであれば、また買えば済むことです。現状で全く使っておらず、たんすやクローゼットの肥やしになってしまっているようなものはほとんどがいらないものではないでしょうか。

 

物を捨てると、当然その分のスペースが増えますよね。そうすると、物の配置を変えたり模様替えをしたりといった選択肢も増えます。また単純に、ごちゃごちゃとした見た目が解消されます。

 

掃除中は掃除以外をしない

「掃除中に出てきた昔のアルバムや本に見入ってしまって、掃除が全然進まなかった…」というのはよく聞く話ですよね。

 

いくら掃除に集中していたとしても、それ以上に興味を引くものがあらわれると意識がそちらへ向かってしまいます。

 

「掃除をする」というミッションを達成するためにも、掃除中には掃除以外をしないように心がけましょう。

 

例えば、テレビを付けっぱなしにしておかないこと。BGM代わりに、と思っていても、気になる情報や好きな芸能人が出てきたりすればその時点でテレビに釘付けになり、掃除どころではなくなってしまいます。

 

それから、SNSなどで誰かとやりとりをしながら掃除をするのもおすすめできません。1回のやりとりにかかる時間は少ないかもしれませんが、その都度作業が途切れることになるため、掃除に対する集中力ややる気も途切れてしまいます。

 

何かをしたい、という欲求が出てきたとしても、初めに立てた目標を達成するまでは他のことには一切手をつけないようにしましょう。掃除が終わったあとのごほうびと思って、我慢です。

 

掃除用具をうまく使い分ける

掃除は、雑巾1枚で済むものでも、掃除機1台で済むものでもありません。場所に合った掃除用具を使用することで、効率化させることができます。便利なお掃除グッズもたくさんあるので、興味があればそのような物を使ってみるのも良いでしょう。

 

おすすめなのは、家中に使える掃除用具を用意することです。例えば、掃除機。横長のヘッドがついているものがオーソドックスですが、ヘッドを取り外してハンディクリーナーとして使用することができる掃除機もあります。このようなタイプであれば、埃のたまりやすいサッシや狭いところなどで重宝しますよね。

 

また、埃のたまりやすいところの付近にはあらかじめモップなどの掃除用具を置いておくようにすると良いですよ。掃除が面倒に感じるのは準備が面倒なこともあると思いますが、手元にあれば気づいた時にサッとすぐに掃除することができます。

 

高いところから掃除する

ごみや埃は当然ながら、重力に従って下に落ちていきます。そのため、下から掃除をすると上のものに手をつけたときに汚れが下に落ち、また下を掃除しなければいけない…と二度手間になってしまいます。

 

カーテンレールの上やエアコン付近などは忘れがちなので、気を付けてくださいね。

 

目についたところを高さに関係なくランダムに掃除するよりも、高いところから順に掃除すれば終わったところが分かりやすいので、おすすめですよ。

 

毎日の習慣にも気を付けよう

頻繁に大掃除をする必要がないようにするためにも、毎日の習慣でなるべく部屋をきれいに保つよう心がけましょう。

 

まず一番気を付けたいのは、「使ったものは元に戻す」ことです。簡単なことですが「後でやればいいや」「また使うかもしれないからそのままにしておこう」などとそのままにしておくと、それが積み重なって部屋がどんどん汚くなってしまいます。

 

物が乱雑に置かれているとそれだけでも部屋が汚く見えてしまうので、出したものをそのまま出しっぱなしにしないようにすることが大切です。

 

それから、なるべく毎日少しでも掃除をする習慣をつけることです。5分でも10分でも構いません。習慣にすれば、部屋が汚くなるのを少なからず予防することができます。

 

最後に

掃除は多くの人が苦手としているものだと思いますが、気の持ち方、やり方次第で苦痛に感じることもなくなるかもしれません。

 

掃除をはかどらせるためには、まずは好きな音楽などでやる気を奮い立たせ、掃除をすることだけに集中しましょう。また、どこまでやるかという目標を設定することで確実にきれいにしていくことができますよ。

The following two tabs change content below.
編集部:犬ドック

編集部:犬ドック

ふざけたペンネームですが、記事内容はいたって真面目です(笑)誰にでもわかりやすく、また参考になるような内容を心掛けて日々記事を投稿しています。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

続きを見る

-ライフスタイル
-

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.