ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

睡眠

甘く見ていると大変なことに! 迷惑で心配ないびきへの対策とは?

更新日:

ご主人や彼のいびきに悩まされている方、いるんじゃないでしょうか。女性でもいびきをかく人は少なくありません。まさか自分が、と思っている人でも、お友達と旅行へ行くときなど、迷惑をかけてしまっていることがないとも限りません。
[br num="1"]
それにいびきは、放っておくと自分自身の健康を侵し、重大な事態を招いてしまうことさえあるのです。
[br num="1"]
ご自身や周りの人にいびきをかく人がいるなら、ぜひこの記事を読んで、対策を練ってください。

 

いびきをかくのはなぜ?

「起きているときは静かなのにねぇ・・・。」なんていわれたことはないですか?自分でもいびきをかくとわかっている人でも、「まさかそんなに大きな音を出しているとは知らなかった。」そう語る人が多いのです。
[br num="1"]
いびきというと男性のものと考えがちです。確かに男性の方が多いのですが、女性でも10人にひとりはいびきをかくという統計があります。しかもいびきをかく人の数は、このところ増加傾向にあるといいます。
[br num="1"]
いびきは、就寝時に気道が狭くなってしまうために起こります。気道が狭まると、空気の通る勢いで狭まっている部分の粘膜が激しく振動し、音が出ます。
[br num="1"]
気道を狭めるものには、大別して3種類があります。

 

いびきの原因その1 鼻詰まり

まずひとつ目は、鼻の孔。鼻詰まりの場合がこれに当たります。蓄膿症やアレルギー性鼻炎、鼻ポリープなど、鼻詰まりを起こす病気をもつ人はいびきをかきやすいです。鼻詰まりの人は、就寝時、口呼吸になっています。口呼吸をすると、鼻呼吸の時よりも気道は狭くなってしまい、いびきが起きます。

 

いびきの原因その2 のど

ふたつ目はのど。首の気道が狭まっていたり、扁桃腺や口蓋垂(のどちんこ)が大きかったりする場合です。扁桃腺や口蓋垂(のどちんこ)がもともと大きい人や炎症で腫れている人、肥満や首周りの脂肪が原因でのどが狭められている人に起こります。いびきの原因の中で、最も多いのは肥満とされています。

 

いびきの原因3 舌

3つ目は舌の付け根、舌根です。舌の付け根部分がのどの奥に落ち込んで気道を狭めます。舌根が落ち込んでしまう原因は様々です。例えば、以下のようなケースが考えられます。

  • 飲酒や睡眠薬の摂取によって全身の筋肉が弛緩し、舌を支える筋肉(オトガイ筋)が緩むために舌が落ち込む。アルコールや睡眠薬の成分には、筋弛緩作用があります。オトガイ筋も緩むので、舌根がのどの奥へ落ち込んでしまいます。
  • もともと顎が小さい、顎の筋肉が少ないなどのため、睡眠時に舌を支える筋肉(オトガイ筋)が舌を支えきれず、舌が落ち込む。
  • 女性ホルモンの減少により、舌を支える筋肉(オトガイ筋)の機能が低下する。女性ホルモンには、オトガイ筋の機能を高める働きがありますが、更年期になり女性ホルモンの分泌が減ると、いびきをかきやすくなります。

 

いびきが健康を脅かす

いびきは気道が狭まることで起きるので、いびきをかいているときは呼吸で摂取する酸素量が減少しています。
[br num="1"]
さらに、気道を狭めている要因が大きくなると、気道が閉塞し、呼吸が止まってしまう時間帯が生じます。このような無呼吸状態が頻繁に起きる場合は睡眠時無呼吸症候群です。そこまではいかない場合でも、呼吸が制限される状態なら睡眠時低呼吸症です。
[br num="1"]
睡眠時無呼吸症候群になると、眠りが極端に浅くなり、睡眠不足となって昼間激しい眠気に襲われたり、疲れが取れなくなったりするなど、昼間の活動に障害が生じてしまいます。運転時に睡魔に襲われれば生命の危機に直結します。
[br num="1"]
また、つねに大きないびきをかく人の中には、心臓病などの疾患がその原因である場合があります。
[br num="1"]
いびきの頻度や音の程度、無呼吸状態の有無はなかなか自分では気づくことができません。同居している人が知らせ、ひどい場合には病院で診断してみることをお勧めします。

 

自分でできるいびき対策

先に述べた通り、いびきの原因は様々です。いびきをかかないようにするためには、その原因に適った対策が必要です。原因別に、ふさわしい対策を見ていきましょう。

 

鼻づまりが原因のいびきは病院に相談

鼻づまりでいびきをかく人の場合は、鼻詰まりの根治を目指すしかありません。
[br num="1"]
軽度の場合にはいびき防止グッズでいびきを抑えることが可能ですが、重度の人は病院に相談するしかないでしょう。
[br num="1"]
耳鼻咽喉科では、高周波ラジオ治療器を使った簡単な手術を受けることができます。これで鼻詰まりを改善し、いびきを解消することができるでしょう。入院の必要はなく、費用も低額です。

 

肥満が原因のいびきはダイエットしかない!

まず、最も多いと考えられる原因、肥満やのどの過剰な脂肪の場合です。脂肪によって気道が内側に押され、気道が狭くなっているためにいびきが起きます。また、肥満や脂肪の付きすぎの人は、舌にも脂肪が多いため、就寝時は舌がのどの奥に落ち込みやすく、さらにいびきが起きやすくなっています。
[br num="1"]
このケースで根本的にいびきをなくす対策は、ダイエットに尽きます。
[br num="1"]
舌がのどへ落ち込むのを防ぐには、横向き寝が効果的ですが、肥満の場合には完全にいびきをなくすことは困難です。

 

扁桃腺が原因のいびきは外科手術のみ

風邪などで扁桃腺が腫れている場合、風邪が治れば扁桃腺は元に戻ります。しかし、もともと扁桃腺が大きい人の場合、小さくなることはありません。
[br num="1"]
どうしてもいびきを解消したいなら、外科手術で切除するしか手はありません。
[br num="1"]
手術には7~10日の入院が必要で、費用も10万円を超えます。まず、耳鼻咽喉科にで相談し、診断してもらいましょう。

 

舌が落ち込むことが原因のいびきは横向き寝で解消

アルコールや睡眠薬が原因で舌がのどの奥へ落ち込み、いびきが出る場合、当然飲酒や睡眠薬の摂取をやめればいびきが出なくなります。
[br num="1"]
また、仰向けで就寝している際に舌が重みで気道を狭めているわけですから、仰向け寝以外の姿勢で寝ればいびきは大幅に改善されます。お勧めの就寝姿勢は横向き寝です。舌がのどをふさがないので気道が確保され、いびきはほぼ出ません。
[br num="1"]
また、顎が小さい人、顎の筋力が弱い人は、固い食べ物をよく噛んで食べたり、顎や首回りを鍛えるエクササイズをしたりすることで、舌を支える筋肉(オトガイ筋)を強くするよう努めてください。

 

本当に効くの? いびき対策グッズ

日本では現在、たくさんの種類のいびき対策器具、薬剤などが販売されています。いびきの原因に応じたグッズを使用すればいびきを抑えることができる一方、原因と無関係なグッズを選んでしまうと全く効果は得られません。また、中には効果が疑問視されるグッズもあるので、購入の際は十分注意してください。

 

最も種類が多いのは、鼻の通りを促す器具・薬剤です。以下のようなグッズが販売されています。

 

・鼻の穴に挟む、1か所が切れたリング

鼻孔を拡張すると説明されていますが、効果は定かではありません。

 

・鼻に貼り、鼻孔を引っ張って拡げるテープ

軽度の鼻づまりなら、ある程度の効果は期待できます。

 

・鼻から挿入しのどまで通すチューブ

鼻呼吸を確保することはできますが、装着に慣れないと使いにくいです。

 

・鼻から空気を送り気道を拡げる鼻マスク(CPAP)

医師の診断が必要です。月額5,000円ほどで病院からレンタルできます。

 

・鼻の通りをよくする滴下薬

軽度の鼻づまり用です。効果は人によるようです。

 

のどの気道が狭まって起きるいびき対策グッズとしてはコエンザイムなどの気道を拡張するサプリメントが各社から販売されています。これも効果は人それぞれです。
[br num="1"]
舌の落ち込みで起きるいびき対策には、マウスピースが効果的です。マウスピースには、舌を前に引き出すタイプのものと、顎を前に引き出すタイプのものがあります。ドラッグストアなどで販売する安価なものから、歯科で作ってもらう高価なものまでがあります。

 

また、最近人気が上昇しているのが、いびきの音を自動録音するスマホアプリです。なかなか自分では知ることができないいびきの実態を簡単に録音して聞くことができます。

 

いびき対策まとめ

いびきの原因にはいくつかのタイプがあって、対策にもその原因に適うものが必要です。自分がいびきをかくとわかったら、まず自分のいびきがどのタイプなのかを自己診断し、必要な対策を実践してください。とくに、睡眠時無呼吸症候群の可能性がある場合、放置することは危険です。「あの時に手を打っておけば…。」と後悔することがないよう、早めの対策実践をお勧めします。

The following two tabs change content below.
編集部:チカりん

編集部:チカりん

5年ほど前から自分のブログで美容関連記事を配信していました。脱毛やサプリメントに関する記事が得意です。美容以外も書いているので是非読んでみてください。

-睡眠
-, , , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.