世界中をあげての健康ブームです。健康に良い食べ物や運動が紹介され、皆がこぞって買い集めるとき、喫煙家は肩身が狭い思いをしているのではないでしょうか。喫煙コーナーは次々に撤去され、タバコ税も増加が止まりません。

「今度こそ禁煙を成功させたい!」という人のために、禁煙のコツや方法を紹介します。

どうしてタバコを吸ってはいけないの?

 

 

 

 

 

 

 

タバコの値上げが止まらない!

私は20歳の頃から10年近くタバコを吸っていました。確かタバコを吸い始めた頃は1箱平均で270円前後、最終的には400円まで値上がりしたのを機に「もう限界、買えない」と感じて禁煙をしました。

今現在ですと、1箱で460円前後でしょうか。「タバコを1箱1,000円にしよう」といった声も聞こえる中、喫煙家は端へ端へと追いやられています。禁煙を決意した人の多くも「お金がもったいない」といった考えから挑戦しているようです。

スモーカーズフェイスで顔が…!

女性の喫煙者であれば、一度はインターネットで「スモーカーズフェイス」を検索してみることをお勧めします。タバコはお肌に大切なビタミンCが奪ってしまいます。そのため肌の老化が進み、「えっ、これで同い年?」と言いたくなるほどシワが目立って、顔色がくすんだように見えてしまいます。女性にとって肌の老化はなるべくなら避けたい事態ですよね。

禁煙はビタミンCの破壊を止め、スモーカーズフェイスの脱却にもつながります。

化学物質でがんの可能性も

タバコには発がん性物質が非常に多く含まれています。タバコに含まれる4,000種以上の化学物質の中に、有害と分かっているものだけでも200種以上にも上ります。

がん以外でも脳卒中や心筋梗塞、動脈硬化など、命に関わる病気になる可能性も非常に高いと言われ、禁煙することで病気の危険性が少しずつ下がっていきます。健康に毎日を暮らすためには、禁煙がとても大切になります。

 タバコがないときのイライラ

タバコがなくて吸えない、というときのイライラや不安感は、喫煙者でなければ分からないことですよね。大雨でもタバコのためにコンビニに走ったことを思い出します。

タバコを吸わない人からすると信じられない行動ですが、ニコチン依存症に陥っている人には、よくある行動です。

禁煙をするとどんなメリットがあるの?

 

 

 

 

 

 

 

お金が貯められる

毎日1箱吸っている人が、一ヶ月禁煙をしたとすれば、13,500円。1年間で計算すれば?

タバコを吸っているときは何とも思わなくとも、止めてしばらく経つと「何であんなに高いものにお金をかけていたんだ!」」と、きっと感じるはずです。

 タバコのにおいがしないので、体臭が減る

これも禁煙をしてから分かることですが、「タバコのにおいって、結構キツイ!」ということを実感します。「禁煙をした人ほど嫌煙家になる」といった話を聞きますが、さもありなん。タバコを吸った直後の人とすれ違うと、すぐに分かる位においが付着しています。

「タバコくさい!」と子どもに言われた経験がある人、これを機に禁煙を始めてみませんか?

 がんや脳卒中のリスクが軽減される

喫煙のリスクでも紹介しましたが、禁煙をすることで重大な病気を発症する危険性が減少します。これは喫煙年数に関係なく、禁煙をした期間によってリスクは減少するそうです。「どうせ今さら止めても…」と投げやりになっている人も、自身の健康を守るために、禁煙を始めましょう。

うつ病などの精神疾患のリスクが軽減される

喫煙とうつ病。関係ないように思うかもしれません。しかし喫煙をすることでうつ病にかかる危険性は、吸わない人の約3倍もなるといった報告もされています。

現在うつ病などの精神疾患を持っていて、禁煙をしたいという人は、禁煙を始める前にかかりつけ医に相談することをお勧めします。

食べ物がおいしく感じられる

禁煙をすることで唯一生じる問題が、「太る」ということかもしれません。

喫煙をすると、ニコチンが心臓に影響を与えます。そのため多少の心拍数上昇があり、若干体の代謝が良くなるのだそうです。

そのため禁煙をすると、代謝量が減り体重が増加することがあるのだと考えられています。では心臓に負担をかけてまでタバコを吸う?イヤですよね。

また禁煙によって味覚が元の状態に戻り、食べ物がやたらと美味しく感じられることから、太ってしまうのかもしれません。

 

さあ、禁煙にチャレンジしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

禁煙を始める前に

「どうせ無理だろうけれど」「多分今回もダメだろう」などといったことを考えていませんか?

絶対に今回で止める」と固く決意しましょう。

また、禁煙は最初の3日間がつらいので、イライラしても他のことでストレスが発散できるよう、できれば連休前から始めると成功しやすくなります。吸いたくなったり口寂しくなったりした時のために、ガムやアメなどを用意しておきましょう。

最近は禁煙外来も人気

禁煙をすることで起こる禁断症状は個人差が大きく、3日で治まる人もいれば1ヶ月以上もかかったという人までいます。

禁断症状がつらくて禁煙を失敗したという人には、禁煙外来をお勧めします。禁煙外来では、ニコチン依存症と診断された人に健康保険が適用されるので、比較的安価(8〜12週間で13,000〜20,000円)に禁煙をすることができます。

また治療方法も、禁煙補助薬を使用しながら少しずつ禁煙に向けて治療していきますので、禁断症状も多少は抑えられるという特徴があります。

成功するまではタバコがある環境を避ける

禁煙をする際、ある意味一番の敵となるのが「喫煙仲間」です。タバコを吸っている人同士は結束が固いので、禁煙するというと「続かないよ、また吸いたくなるよ」といった誘惑の声をかけてきます。

できれば禁煙を始める前には宣言をせずに、しばらくは喫煙の誘いをかけられても「風邪をひいたから」と言ってごまかし、できるだけ喫煙所を避けるようにして下さい。

また、酒が入る席ではどうしてもタバコが欲しくなりますので、禁煙を始めた直後は居酒屋などもできるだけ行かないように気をつけて下さい。

肩の力を抜いて「今日一日だけ」

禁煙を始めたすぐは「タバコなしがずっと続くのか…」とウンザリしてしまう人もいるでしょう。また「絶対に禁煙してやる!」と力が入っている人もいるでしょう。

決意は固く持つことが大切ですが、あまり力を入れすぎれば息切れしてしまいます。また先々のことまで考えてしまうのも、挫折につながります。

とりあえず今日一日だけ止めてみよう」といった気持ちで臨んで下さい。一日止めることができれば、翌日も止めることができます。また翌日…と気づけば、タバコがなくても平気でいられる日がきっと来ます。

あまり力を入れず、かといってげんなりせず、自分のペースで禁煙に臨みましょう。

禁煙中にお勧めしたいグッズ紹介

 

 

 

 

 

 

 

禁煙ガム

禁煙を補助するグッズも多く販売されています。「ニコレット」を始めとする禁煙ガムは、最初に数回噛んで、頬と歯茎の間に1分間ほど挟んでおき、また数回噛んで挟む、を繰り返します。

ガムを噛むことでニコチンが出るので、吸いたいときのイライラを抑える効果が期待できます。

アイコス

現在大人気の喫煙グッズといえば、アイコス(IQOS)ではないでしょうか。火を使わずにおいも少ない、灰も出ないという画期的な加熱式タバコで、あまりの人気の高さに欠品が相次いでいます。

有害物質を90%もカットするので副流煙も気にならず、寝たばこによる火災も防ぐことができます。

若干重いので持ち運びやくわえタバコには適していませんが、「どうしてもタバコが止められない!」という人には良い商品ですね。

離煙パイプ

最近ではアイコスの人気に押されていますが、離煙パイプも禁煙にもってこいの商品です。普段吸っているタバコにパイプを取り付けるだけで、ニコチン量をコントロールします。パイプは1日ごとに付け替えて、徐々にニコチン量を減らしていきます。31日目には95%ニコチンをカットして、楽に禁煙ができるという商品です。

つらい禁断症状で禁煙を挫折した経験がある人も、こういった商品で禁煙をサポートしてはいかがでしょうか。

まとめ

 

 

 

 

 

 

 

禁煙を成功させるコツやサポートグッズなどを紹介しました。禁煙は成功できれば健康的になってお金も貯まり、吸えないときのイライラからも解消できて良いことずくめです。

 

どうか今度こそ禁煙に成功しますように。

The following two tabs change content below.
編集部:チカりん

編集部:チカりん

5年ほど前から自分のブログで美容関連記事を配信していました。脱毛やサプリメントに関する記事が得意です。美容以外も書いているので是非読んでみてください。