ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

カードローン

スマホカードローン☆キャッシング5社比較!融資NGはどんな人?

更新日:

スマートフォン・携帯電話などからも申込みをすることが可能なカードローンについて

今の時代というのは、日本だけではなく世界中でスマートフォンや携帯電話が浸透してきておりまして、もう完全に日常生活において無くてはならないものとして身の回りに存在しています。

こういうモバイル端末さえあれば、電話だけではなくメールやネットも使うことが出来ますし、本当に今のこの時代というのは色々と便利な世の中になってきています。

大手の消費者金融、また銀行系のカードローンにおいても、ちゃんとこの流れに乗っていまして、スマートフォンや携帯電話などのモバイル端末から融資の申込みをすることが出来るような仕組みになっています。

当然ながらパソコンからの申込みにも対応しておりますし、スマホ・携帯電話といった携帯端末からでもネットにさえ接続できるような環境であれば、24時間365日どこでも借り入れに対する申込みを行えますし、特に自分の家に固定電話がある必要性は特にありません。

それぞれの金融業者の専用ホームページに、アクセスしますとネット経由での申込み用のボタンが必ず設置されておりますので、そのボタンをクリックすることでとても分かり易く申込みの手続きを進める事ができるようになっているのです。

たいていの金融業者であれば、免許証や保険証・パスポートといった確認資料についてはスマホ・携帯電話で撮影したものをそのままデータとして送信することで、郵送する必要がないような仕組みが採用されていて、とても利便性が高いですし不要な手間を省く事もできるようになっているのです。

スマホカードローン※簡単キャッシングランキングはこちら

1024-cc-library010007621

年金を受給されている方のカードローン利用について

名前の知れ渡っている大手の消費者金融や銀行・信用金庫といった金融業者というのは、主に個人向けの小口商品としてキャッシングのサービスを展開そておりますが、これは基本的にある一定の安定した収入がある満20歳以上で成人されている方であれば融資審査の申込みをすることができ、またその審査をクリアすることでお金の借り入れを行うことが可能なのです。

ここでいう、一定の安定した収入についてですが、基本的に申込みをされる方自身が何らかの職に就いていて、継続した収入を得ているということを言っておりまして、企業の正社員だけではなく、派遣契約をしている方やアルバイター・パートタイマー、また自営業を営んでおられる方もその対象者として含まれています。

では、もしも年金を受給されている方がこういった金融業者から借り入れを行いたいと思って審査を受けるとどうなるのでしょうか?年金受給者というのは、ある一定額の収入を得ていることには変わりませんし、借り入れを行うことが出来るのではないか、という疑問についてということになります。

上記について、ちょっと調査をしてみたのですが、名前の通っている大手の消費者金融では難しいようなのですが、銀行系のカードローン商品においては年金受給者の方でも借り入れを行うことが出来る商品も存在しているようでして、審査に通過できればちゃんとお金を貸し付けてくれるようなのです。

ですが、年齢の制限が設定されておりまして、69歳までの方でないと借り入れをすることが出来ないとされている金融業者が多いですので、その点についてはご注意をしておいて頂きたい点となっております。

生活保護受給者のカードローン利用について

自分自身が仕事がしたくて仕方がないけど、働くことができないという方の為に、最低限の生活を保証する意味で支援されている制度がありまして、これを生活保護制度(正式名称:生活福祉資金制度)と呼び、実際にこの制度の恩恵を授かっている方の事を生活保護受給者と言います。

働きたいけれど、病気を患っていたりケガを負っていて満足に身体を動かせないといった障害をお持ちお方、あと様々な理由により仕事をすることが出来ないという方にしてみると、非常にこの制度というのは有り難いものとなっています。

ですが、近頃では働こうと思えば働けるのにも関わらずに、この生活保護制度を使ってお金を得ているような人というのも増加してしまっているような状況になっていまして、大阪の一部地域を中心に日本全国的な規模として大きな問題として挙げられています。

では、こういった生活保護制度を利用されている方というのは、消費者金融会社、また銀行系のカードローンなどからお金を借り入れることは可能なのでしょうか。

まず、基本的にですが金融業者というのは借り主に対する条件として、安定的な収入を得ている必要があるとしていますので、継続的にある一定額の収入がないのであれば融資の審査で必ず落とされることになります。

そして、生活保護制度を受けている人というのは、残念ながら得られているお金というのは収入という認識はされませんので、結果的に消費者金融、また銀行系のカードローンを利用して借り入れを行うことは出来ないということになります。

ブラックリストの方はカードローンでキャッシングすることができない?

あくまで基本的なことなのですが、お金を貸したり借りたり、ということについてはまず信用がないと成立はしませんので、借り手側に信用がないと判断された場合は、借り入れをすることは出来ない、ということになります。

これは個人間では当然のことですが、消費者金融・銀行系のカードローンといった金融業者との貸し借りでも全く同じことが言えるわけでして、融資の段階で行われる審査において、ちゃんと借り入れに対する返済をすることができると判断されなければ、お金を借り入れることはできません。

過去の借り入れにおいて、返済に遅延してしまったりと金融事故を発生させたことがある方はブラックリストとして登録されてしまい、信用情報機関にそういった情報が記録しまいますと、信用されない人ということにより金融業者からの借り入れは不可能ということになってしまうのです。

例を挙げますと、「以前、自己破産をしたことがある」「いくつもの金融業者から借り入れを行っており多重債務状態となってしまっている」「現在、債務整理の手続きの最中である」といった方はブラックということになっているのです。

そういった、ブラックリストとして記録されている方に対して貸し付けを行ってくれるような消費者金融、銀行系のカードローンというのは存在するのでしょうか?

上述しておりますように、基本的にはお金の貸し借りについて信用がないと成立しませんし、融資の審査において100%不合格となってしまいます。

ですが、ブラックリストとしての記録というのは、その問題が収まってからある一定の期間が過ぎますと抹消されることいなっておりますので、長い目で見るとキャッシングできる可能性というのはあり得ます。

融資申し込みに借り入れることができる便利なカードローンについて

「まだ給料日まであと何日かあるのに、手元にはもうほとんどお金が残っていない…なので、あと5~10万円ほどだけなんとかお金を借り入れたいんだけど。」というような状況になられているかたも、少なく無いと思います。

例を挙げるとすると、「学生時代に仲の良かった友達から突然結婚式に招かれることになったので、御祝儀のお金が必要になってしまった」、「今月ちょっと携帯電話を使いすぎて通話料金の支払いが正直厳しい」というような場面で、どうにかしてその日のうちに数万円だけ現金を借りておきたいのであれば、大手の消費者金融会社、または銀行系のカードローンをご利用になられることをお勧め致します。

元々、クレジットカードに備えられているキャッシングの枠を利用するという手もあることはあるのですが、近頃ですとそういったキャッシング枠がないクレジットカードも存在していますし、新しくクレジットカードの契約をする場合でしたら、数日かかってしまうこともよくあります。

ですが、大手の消費者金融会社、また銀行系のカードローンを利用すれば、融資の申込みをすればすぐに審査が実施されますし、問題なく審査をパスできればその日のうちに借り入れをすることが可能です。

それぞれの金融業者によって借入額お枠というのは変わってはくるものですが、5~10万円ほどを借り入れるのであれば、安定的に収入を得られている方でしたら、全く問題などなくキャッシングをすることが可能だと思われます。

cc-library010010159

大手消費者金融のカードローン「アコム」について

恐らく、今日本におられる方であればどなたでもご存知だと考えられる大手の消費者金融会社「アコム」。今までの人生の中で一回もキャッシングをされたことがない、といった方であってもCMや電車のつり革広告、その他諸々の雑誌などでよく目にすることがあるかと思います。

今現在、国際的なブランドとしても有名なMasterCardと提携を行っており、「アコムマスターカード」という名前で、日本国内だけではなく世界各国でのショッピングに安心して利用することができるカードなのです。

名だたる消費者金融会社の中でも特にその名前が売れているアコムなのでしが、実際に融資を行ってもらう為に行われる審査の基準というのはどうなっているのでしょうか。

アコムというのは大手の消費者金融会社です。なので、頭のなかに思い描くイメージとしては、「審査におけるハードルは低くて誰でもクリアできるのでは」というようなものかもしれませんが、現実的にはそれほど容易いものではなく、厳正なる審査をクリアできないとキャッシングは行えないのです。

アコムに融資の申込みをしますと、その場ですぐに審査が実施されまして、勤務先・年収の総額・会社に入ってからの年数、そして今までの借り入れの実績といった情報を、個人信用情報機関と照合して確認を行います。

過去に返済の遅延などといった金融事故を発生させた経験があった場合は、ブラックリスト扱いとされてしまい審査に通過しないということも十分にあり得ます。

それに、たとえブラックリストとしての登録はなかった場合でも、いくつかの金融業者から借り入れをしているような状況ですと、返済に対する信頼性が下がりますので審査に通りにくくなってしまうということはご理解しておいて頂いた方が良いかと思います。

カードローンの三井住友銀行グループSMBCコンシューマーファイナンス「プロミス」について

銀行の中でも最大手である、三井住友銀行のグループである、SMBCコンシューマー・ファイナンスのプロミスですが、こちらは非常に安全度が高いですので利用客としても、非常に安心感を持ってお金を借り入れることが可能な大手の消費者金融会社です。アコム・レイクなどといった人気の金融業者と肩を並べて、人気度もとても高いです。

日本国内において、三井住友銀行系のグループであるということは本当に安心できますし、今までキャッシングを利用したことがないといった方でも不要な不安感を持つことはないかと思います。それに、女性の方の為にレディースコールも用意されておりますので、女性の方であってもとても安心してお金を借り入れることが可能となっているのです。

あと、このプロミスを利用するメリットとしましては、初回の申込みの際には30日間はキャッシングにおける利息がかからない(無利息)というサービスがありますので、賢くご利用になられれば、全く利息を支払うこと無くキャッシングをすることが可能ということになっているのです。

上述しておりますように、高いメリットがあるプロミスなのですが、カードローンを申し込む際の審査についてはどのような基準が設けられているのでしょうか?

あくまでもプロミスは消費者金融会社なので、なんとなく審査の基準は甘いというような印象をお持ちかもしれませんが、実際にはかなり厳しい審査がうらでは行われているのです。

ネット上の情報として、プロミスは他と比べて審査基準が低いからブラック対象者でも借り入れ可能、というようなものを見かけたことがあるのですが、そういった情報は個人信用情報機関に登録されていますし、当たり前ですがブラックリストと認識されている方については借り入れを行うことが出来ないとお考えになられた方が良いと思います。

三井住友銀行グループで非常に信頼度の高いカードローン「モビット」について

大手の消費者金融の中でも特に信頼度が高い銀行系のカードローンの中で、更に安心度も高いと言える、三井住友銀行系のモビットですがこちらは実際の店舗は持ってはおらず、アコムやレイクと同じくらいの人気度があると言われています。

モビットと聞いて真っ先に思い出すのが、超人気の俳優さんである竹中直人さんと桃井かおりさんだと思います。あのテレビコマーシャルというのは記憶に新しいですしとても強く印象に残っている方も多いのではないでし
ょうか。元々、キャッシングについて抵抗を持たれていた方でもとてもお金を借りやすくしてくれのは大きな功績だったと思います。

そんな、大手の消費者金融であるモビットでお金を借りるための審査というのは、ハードルは高いのでしょうか、それとも低いのでしょうか。

借り入れの申し込みをすれば誰でも通過できるというのであれば、当然有り難いのですが残念ながらそういったわけはなく、ちゃんと審査においてこの借り主さんはちゃんと返済をできるという判断がされない限りは終始審査に合格することはありません。

ですので、融資審査におけるハードルは決して低くはなく、銀行系のカードローン、またフリーローンと同様で厳正なる審査が実施されている、ということが出来ます。

違う消費者金融(プロミス・アイフルなど)で審査に通過できなかったので、今度はモビットでチャレンジしてみよう、と思われているのでしょうけど、原則的に基本となる審査の基準というのはたいていの大手消費者金融では同じくらいのレベルで実施されますので一旦他の金融業者でクリアできなかったのであれば、モビットの審査でも不合格となってしまう可能性が高いとお考えになられる方が良いかと思います。

新生銀行カードローンレイクとして融資業務を行っているレイクについて

一昔前に、大手の消費者金融のひとつとして業務を運営しておりました「レイク」。今現在では、新生銀行と業務提携を行い「新生銀行カードローンレイク」として融資などの貸付業務運営を行っていますので、アイフルやプロミスとは別の銀行系のカードローンということになります。

ということですので、総量規制は適用されませんし、金利についても消費者金融と比較すると低めで借り入れる事が大きな利点となります。ただそうなると気になる点として審査は厳しくないのかどうか、というのが挙げられるかと思います。

正直言いまして、レイクの融資審査というのは全く緩くはなくむしろ厳しい審査基準となっているのです。当然ながら、この審査をクリアしない限りはキャッシングカードを受け取る事は出来ません。

これはレイクだけのことだけではなく、レイク以外の大手の消費者金融会社、また銀行系のカードローンも同様でそれほど甘い基準の審査をしているような金融業者というのは存在しません。

勿論、審査に合格すれば融資申し込み当日でもキャッシングを行うことができるという高い利便性はあるのですが、この厳正なる審査に通過しない限りは借入は行ってもらえません。

その審査においては、今現在どういった金融業者からどの程度の借り入れをしているのか、過去どのような借り入れをしてきたか、という情報の照合が行われます。当然ながら、申告した内容について全てが明らかとなるわけですので、嘘の記述をしたところで100%知られてしまいますので、正直に記載するよう注意して頂ければと思います。

大手消費者金融カードローン「アイフル」での融資審査基準について

今、日本国内において多くの消費者金融が存在しておりまして、その中でも大手と呼ばれているものにはアコム・プロミスなどがありますが、本記事においてご紹介をさせて頂きます「アイフル」もそのうちのひとつということになります。

このアイフルに対して、融資の申し込み依頼をしますと、業務時間内であればすぐさま審査が実施されまして、その厳正なる審査において返済能力に問題がないという判断がされましたら、融資を申し込んだその日のうちにお金を借り入れる事ができますので、なんとか今日中に現金の準備をしないと、という場面で大変ありがたい存在という事が出来るのです。

銀行系のカードローンとは違いますので、残念ながら年収総額の1/3までの借り入れしか行えません(このことを総量規制と言います)。ですが、即日でのキャッシングが行えるということは大変利便性が高いという事ができます。

では、そんな利便性の高いアイフルの融資審査は甘いのでしょうか、それとも辛いのでしょうか。

ネット上でお金の借り入れについて調べてみると、消費者金融系からお金を借り入れる際の審査は甘めだから過去に多少の金融事故を起こしていても問題ない、というような記載があるのを見たことがあるのですが、残念ながらそんなことはありません。

アイフルのような大手の消費者金融ではかなり厳しい目線で審査が執り行われる事になっていますので、返済遅滞などの金融事故の発生経験などがあると審査に通過しないことは当然のようにあり得ます。

 

スマホカードローンでよく読まれてる記事

スマホカードローン※簡単キャッシングランキング
今やスマホの時代で、スマホからでもカードローンの申し込みが出来るようになっています。 スマホからで申込みをすれば、家族には知られる事なくカードローンでも申込みが出来ますのでおすすめです。今では専用のアプリもあるので簡単にカードローンの申し込み...
The following two tabs change content below.
編集部:SAYAKA

編集部:SAYAKA

美容と健康が大好きな32歳のライターです。いつまでも若々しくいるために日々いろんな美容方法を頑張ってます♪体験談を踏まえた様々な記事を投稿しているので参考にしてみてください。

-カードローン
-,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.