ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

洗顔

美肌は洗顔が命!肌質別の正しい洗顔方法とは?

更新日:

肌質をチェックする

AdobeStock_94036822

自分の肌質はなんだろうと考えたことはありますか?

確かに大きなトラブルは起きたことはないけれども、なんとなくベタつきが気になる、なんとなく乾燥が気になるなど、自分の肌質を勘違いされていたり、よくわからないという方も多いと思います。

自分の肌の状態をしっかり理解できていないと、ケアの仕方を間違っていたり、必要なものが摂取できていなかったりとトラブルの原因になってしまいます。

ここでは、肌質のチェック方法を簡単にまとめてみましたので、参考にしてみてください。

肌質チェックの仕方

肌質チェックには、洗顔後の状態を見るのが一番です。洗顔後、何もせずに15分ほど待ってみてください。その時の自身の肌を見て、以下のチェックをしてみましょう。

 

・Tゾーンにテカりがあるが、肌のツッパリは感じられない。
テカりがあるということは、皮脂の分泌量が多いということです。この場合は、脂性肌であると判断できます。

・Tゾーンにテカりがあり、頬にはツッパリを感じる。
Tゾーンの皮脂の分泌量は多いのに、頬は乾燥しているということになります。この場合は、混合肌であると判断できます。

・Tゾーンにテカりがなく、頬のツッパリも感じない。
テカりもツッパリ感もないということは、普通肌であると判断できます。

・Tゾーンにテカりはないが、頬のツッパリは感じる。
皮脂の分泌量が少ない為、乾燥肌であると判断できます。

 

肌の状態は、洗顔後の何もつけていない状態が一番よくわかります。そして、肌は体調や季節でも変化しますので、定期的にチェックしてみることをお勧めします。

間違った洗顔方法

洗顔を行う事はとても重要なことですが、間違った洗顔方法だと逆に肌のトラブルを増加させてしまいます。とにかく洗顔していれば大丈夫という訳ではなく、正しいやり方で洗顔をする必要があります。

意外と間違った方法で洗顔している人は多くいらっしゃいますので、どんな方法で洗顔すれば肌によく、より効果的に成果を得られるのか、ご紹介させていただきます。

 

・時間をかけての洗顔
もちもちの泡で優しく洗顔してあげる事はとても良い事ですが、それでも長時間になってしまうと肌に与える影響はとても大きいです。

必要以上の皮脂を奪ってしまうことで、余計に乾燥肌になったり、逆に皮脂の分泌量がもっと多くなって脂性になってしまったりします。洗顔にかける時間は30秒程度を意識してみてください。

・熱めのお湯で洗う
お湯で洗顔をするということは間違った事ではありません。温かいお湯で洗顔することで、毛穴が開く為、詰まった汚れや角栓が落ちやすくなります。

ところが、熱すぎるお湯で洗顔すると、必要な油分も洗い流してしまう可能性があります。お湯で洗うのであれば、35℃くらいのぬるま湯で洗い、最後に冷水で流してあげると開いた毛穴が引き締まるのでお勧めです。

・力いっぱい洗う
体を洗う時、スポンジなどでゴシゴシをこすりますよね。同じ要領で顔を洗うのはとても危険です。最近は、体の洗い方も見直されるようになりましたが、顔も泡立てた洗顔料で優しく洗ってあげるようにしましょう。

ゴシゴシする事で肌の表面には細かいができます。顔は常に外気にさらされている為、そこからばい菌が入って肌トラブルになる事も少なくありません。

洗顔方法(アトピー編)

AdobeStock_103319781

アトピーは、皮膚への刺激によって強いかゆみが表れ、赤いプツプツが出てしまったり、ひどい場合だとかきすぎて血が出てしまう病の一種です。

程度にはいろいろありますが、かゆみが非常に強いので、寝ている時などに掻いてしまい、他のトラブルが発生してしまう可能性もあります。

アトピー肌の洗顔方法

アトピーは、アレルギー皮膚の障害によって引き起こされます。肌には、肌を自分で守る力がありますが、それが弱まっているとアトピーになりやすくなります。

アトピーの方は、どのような洗顔石鹸を使用したらよいかまとめてみましたので、是非ご覧になってください。

洗顔石鹸の選び方

アトピーの人は、お肌の乾燥によってその症状が悪化してしまう場合があります。また、夏場でも常に乾燥気味になりますので、洗顔石鹸は保湿性が高いものを選びましょう。

また、皮膚のバリア機能が常に低下してしまっている傾向にありますので、刺激が強すぎるものは絶対に使用できません。低刺激性で、天然の成分で作られた石鹸をお勧めします。

アロエヒアルロン酸と呼ばれる成分は、保湿効果が高く低刺激の為、アトピーの方でも安心して使用できます。ただし、石鹸に含まれている成分の中に自分に合わないものがあったりしますので、他の成分表示も確認するようにしましょう。

洗顔の方法

洗顔の方法は、普通肌の方と変わりませんが、アトピーの人はとにかく肌に刺激を与えないように洗顔してください。泡はできるだけきめの細かい濃密なものを作り、顔に乗せるように洗っていきます。

通常、泡でくるくるしながら洗顔しますが、その動きもアトピーの場合は刺激につながりますので、最低限で大丈夫です。その後、ぬるま湯で十分に洗い流してください。

またアトピーの方は、洗顔後にタオルでふき取る際も注意が必要で、タオルはポンポンと押すように乾かして、絶対にゴシゴシ拭いてはいけません。

洗顔方法(ニキビ肌編)

ニキビは、体質に関係がある事が多いようですが、大人になってからできるニキビは、食生活ストレスお肌の手入れ方法を変える事によって改善できるものと言われています。

敏感肌や脂性の方はとてもニキビができやすく、やっと治ったら次がまたできているという負の連鎖に陥りやすいと言われています。

お肌のお手入れを変えるだけで、ニキビは減らす事が可能なので、洗顔石鹸の選び方、洗顔方法をご紹介させていただきます。

ニキビ肌の洗顔

そもそもニキビは何でできてしまうのでしょうか。

ニキビは、アクネ菌ブドウ球菌の刺激によってできてしまいますので、これらを排除することでキレイに治す事ができます。

洗顔石鹸の選び方

ニキビができると、皮脂の量が増えます。かといって、皮脂を根こそぎとってしまうと、肌はもっと皮脂を分泌しようとして結果ニキビは悪化してしまいます。

ニキビができてしまったら、洗浄力が強い洗顔石鹸は控えるようにしましょう。最近では、ニキビ肌用の洗顔石鹸も販売されていますので、試してみるのも良いかもしれません。

洗顔の仕方

皮脂の取りすぎは絶対にダメです。ニキビは皮脂の過多によって引き起こされますが、ではそれをすべて取り去って良いかというとそうではありません。

皮膚は、肌を守る為に皮脂を出していますので、最低限の皮脂量は守りつつ、保湿もしっかり行ってください。ニキビが気になると、とにかく清潔を保とうとして1日に何度も洗顔してしまう人がいますが、これも絶対にしてはいけません。

洗顔は肌への刺激となりますので、これが原因でニキビを悪化させてしまう可能性もあります。そのため、洗顔は朝晩の2回をめどに、しっかり泡立てた石鹸で優しく洗うことを心がけましょう。

洗顔方法(乾燥肌編)AdobeStock_49695762

日本人にはとても多いと言われている乾燥肌ですが、冬の時期などは外気も乾燥するため、肌の乾燥も余計に起こりやすくなります。

肌が乾燥してくると、肌は自分を守る為に皮脂をたくさん分泌しますので、乾燥肌の方は同時にTゾーン小鼻だけ皮脂が多く、テカってしまうという悩みを抱えた方も多いです。ですから、乾燥肌の人は肌を保湿してあげることで肌の水分量を増やし、乾燥から改善させます。

乾燥肌の人の洗顔方法

燥肌乾の方は保湿が命ですが、保湿しすぎてしまうと、今度は肌が皮脂を出すことを忘れてしまいますので、適度な保湿が確実にできる方法を取らなければなりません。

洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸は、保湿力が高く低刺激性のものを選んでください。乾燥が進むと肌はバリア機能が低下し、バリア機能が低下すると、石鹸の成分に反応して肌荒れを起こしてしまう場合があるからです。天然のオリーブオイルホホバオイルシアバターなどは肌に優しい上に保湿力が高いのでお勧めです。(参考:ホホバオイルって何?

洗顔の仕方

お湯の温度が高すぎると、必要な皮脂まですべて洗い流してしまいますので、お湯の温度は体温より少し低いくらいに留めましょう。

また、摩擦によって肌を傷つけてしまうと、重要なトラブルを起こしてしまう可能性がありますので、ゴシゴシと摩擦を起こすような洗顔方法は避けてください。

できれば、小鼻Tゾーンなどの皮脂の多い部分から洗顔を初め、洗顔後はとにかくすぐに保湿をしてくださいね。

洗顔方法(混合肌編)

混合肌は、ある部分は脂っぽく感じてある部分は乾燥がひどいという、両方を持ち合わせてしまっている肌質です。

特に乾燥が進む冬には混合肌の方が増えますので、正しいケアを行わないとトラブルの原因ともなります。是非ご自分に合った洗顔石鹸を使うようにしてください。

また、混合肌は脂性、乾燥肌と区別がつきにくいのも特徴です。

混合肌の洗顔方法

混合肌の方は、乾燥している部分はとても乾燥し、脂っぽい部分はとても皮脂量が多いので、洗顔もその後のケアもとても難しいと言われています。

ですので、自分の肌の状態をよく観察するようにしましょう。

洗顔石鹸の選び方

混合肌の人は洗顔石鹸がとても選びにくいです。基本的に、などは乾燥が目立つ為、洗浄力が高い洗顔石鹸はおすすめできません。ただし、Tゾーンはとても脂っぽいので保湿力の高い石鹸を使うと皮脂が落としきれない可能性があります。

混合肌には、皮脂を落とし過ぎず、適度な保湿効果のある石鹸がおすすめです。そう言うと、とても難しく感じますが、ヘーゼルナッツオイルオリーブオイルは、その両方を満たしている成分です。ですから、これらが含まれている洗顔石鹸を使うのがおすすめです。

洗顔の仕方

熱いお湯だと皮脂を必要以上に流してしまい乾燥も進みますので、洗顔にはぬるめのお湯を使い、泡はきめの細かい泡をたっぷり作って、皮脂の気になる部分から洗ってあげてください。乾燥の気になる部分は、時間をかける必要はありません。

洗顔後のスキンケアでは、保湿力の高いものを選んであげるとよいでしょう。

洗顔方法(脂性肌編)

AdobeStock_76794767

脂性肌の人は、ニキビ吹き出物など、肌トラブルが起こりやすいと言われています。皮脂の分泌量が多い為、それが毛穴に詰まってトラブルになってしまうことが多いのです。その為、洗顔によって十分にケアしてあげる必要があります。

脂性肌の洗顔方法

脂性肌の方は、皮脂が気になって1日に何度も洗顔してしまう事があるのではないでしょうか。

ですが、洗顔によって一時的に皮脂は流れますが、水分量が減った肌はまた皮脂を分泌して肌を守ろうとします。するとまた洗顔してしまうという、負の連鎖に陥ってしまうのです。

洗顔石鹸の選び方

脂性肌の人は、とにかく洗浄力に拘ろうとしてしまいます。皮脂量が多い為わからなくはないのですが、そもそも皮脂はどうして多くでてしまうのでしょうか。

皮脂は本来、水分量が減った肌を守るために分泌されます。つまり、洗顔によって水分量が減ると、頑張って皮脂を出そうとしてしまうのです。

脂性肌の人には、パーム油ヤシ油の入った洗顔石鹸がおすすめです。洗浄力の程度がちょうどよく、保湿もされ、肌にかかる負担が少ないからです。脂性肌でお困りの方は、洗顔後のケアも入念に行ってみてください。

洗顔の仕方

脂性肌の人は、何とかしてその皮脂を洗い流そうとします。そこで、必要以上にゴシゴシと洗ってしまいがちなのですが、これはとても逆効果です。石鹸は十分に泡立てて、優しく洗ってあげるようにしましょう。

洗顔方法(敏感肌)

敏感肌の人は、刺激にとても弱く、洗顔石鹸も化粧品もきちんと自分に合ったものを選ばないと肌トラブルを起こしてしまいます。どんな成分とは相性が悪く、どんな成分とは相性が良いのか、探しておく必要があるでしょう。

さらに、なるべく無添加無鉱物油のものを選んであげるとトラブルを起こしにくいです。

敏感肌の洗顔方法

敏感肌の人は、慎重に洗顔石鹸を選んでください。自分が合わない成分を知っておくことが重要です。

洗顔石鹸の選び方

敏感肌の方は、無香料、無着色、無添加、無鉱物油と呼ばれる、体に良くない成分が入っていないものを選ぶようにしましょう。

また、アルコール類に反応してしまう方も多いので、エタノールなどにも注意が必要です。さらに、天然の成分でも反応してしまったり、自分に合わないものがあったりしますので、慎重に選ぶようにしてください。

天然成分であれば、植物性の油脂に反応してしまう方が多いと言われています。洗顔石鹸も化粧品も、予めパッチテストを行って大丈夫かどうか確認してから使用してください。

洗顔の仕方

肌に刺激が加わると肌荒れを起こしてしまいますので、洗顔時もきめの細かい泡をたくさん作り、優しくなでるように洗ってください。石鹸は長時間肌に塗布しておかず、すぐに洗い流すようにしましょう。

また、25度程度の、少し冷たいかなと感じるくらいの温度で洗顔してあげるとよいです。洗顔後のケアも、なるべく低刺激性のものを選ぶようにしてください。

洗顔方法(普通肌編)

普通肌は、皮膚の水分量と皮脂の分泌量のバランスが良い肌を言います。比較的肌トラブルは起こしにくく、肌は強い方だと思われている方が多いと思いますが、洗顔一つとっても、やり方を間違えるとトラブルの原因となります。

普通肌の洗顔方法

洗顔石鹸の選び方

普通肌の方は、特にこれという内容に特価したものを選ぶ必要はありませんが、できるだけ無添加で肌に優しいものを選ぶようにしましょう。トラブルの少ない普通肌の方は意外と珍しいのです。

ただし、肌は日々変化していきますし、季節によってもかわってきますので、今のバランスを維持できるようにケアしていくようにしましょう。

洗顔の仕方

洗顔をする時は、自分の体温くらいの温度のぬるま湯で、しっかりと泡立ててから行ってください。普通肌の方は、今まで大きなトラブルを起こした経験がないため、洗顔に対してそんなに敏感になっていない人が多いです。

肌は季節によっても年齢によっても変化し続けていますので、今の状態を維持できるように、今のうちからよく研究しておくことが必要です。

また、自分の肌が強いからこそいろいろ試してしまいがちですが、あまり頻繁に石鹸を変えることもおすすめできません。なんとなく違うと感じたら、どんなものが良いのか、どんな目的で使いたいのか、よく考えてから購入するようにしましょう。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-洗顔
-, , , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.