ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ビジネス

仕事で失敗する人と成功する人の違い【失敗したときの対処法】

投稿日:

失敗したことはありますか?

あなたは、仕事で失敗をしたことはありますか?おそらくほとんどの方が「ある」と答えるでしょう。同時に、自分は他の人よりも失敗をする回数が多いんじゃないかと思っている方も少なくないでしょう。

 

よく人は、「自分だけが失敗しているんじゃなくて、皆同じように失敗をしているから大丈夫」なんて言いますが、実際に失敗の回数が多い人、少ない人それぞれいます。

 

では、仕事で失敗をする傾向の強い人はどんな人なのでしょうか?また失敗しない人はなぜ失敗しないのでしょうか?そして、失敗をしてしまったときはどうやって立ち直ればよいのでしょうか?

仕事で失敗をする傾向にある人の特徴

あまりにマイペース過ぎる

まず、新人を例に失敗しがちな人の特徴を紹介します。一番の大きな特徴として、マイペースで常にほわ~んとしている人は失敗をする傾向が強いです。何事にも動じず自分の世界に入ってまったり仕事をしている人ですね。

 

一見自分のモードに上手に入っているようにみえがちですが、楽天的すぎるあまりに「自分はまだ新人だし多少の失敗は許されるだろう」と心のどこかで思っている場合がいます。

 

真剣に人の話を聞いて仕事に打ち込んでいるか、たんにマイペースで楽天的なのかは、上司から一目で見抜かれてしまいます。自分が、どこか野暮ったい印象を周囲に与えていないか今一度これまでの行いを振り返ってみてください。

メモを取らない

メモを取らないで暗記で物事を覚えようとする人も、失敗の傾向が強いです。その時に話を聞いて覚えたつもりになっていても、いざそれを自分がやるとなると手順をすっかり忘れてしまっていたなんてことはありませんか?

 

自分自身を過信しているのか、仕事をあまく見ているのか、理由はその張本人にしかわかりませんが、先輩から「メモを取らなくて大丈夫なの?」等と声をかけられるまでは一切メモを取らないという人がいます。

 

忙しい合間を縫って自分を指導してくれている先輩の時間を無駄にしてはいけないというくらいの心持で、常に言われたことを一回でマスターするべくメモをきっちり取る習慣をつけましょう。そして、仕事が終わったらじっくりそのメモ書きを読んで復習しましょう。

 

また、メモを常に持参しておけば、万が一手順がわからなくなった時にカンペ代わりにそのメモを見て一人でチャレンジすることができますね。チャレンジした上での失敗であれば後に繋がります。

スピードを重視しるぎている

与えられた仕事を、いかに素早く終わらせるかということは大切です。ですが、スピードを重視するが故に成果物のクオリティが下がったり、見直しを怠ることでミスが出たりしては本末転倒です。

 

いくら素早く仕上げることができても、最後のケアレスミスで評価を落としてしまうなら非常にもったいないですよね。失敗を繰り返す人にある傾向として、スピード面を重視しすぎているということも挙げられます。

失敗してしまったときはどうすれば良い?

原因を突き止める

誰しも一度の失敗は経験するものですし、仕方がありません。その一度の失敗をくよくよ後悔していても仕方がありません。大切なのは、二度同じ失敗を繰り返さないためにどうすべきかを考えることです。

 

一度落ち込んで反省したのであれば、ずるずるそのことばかりを引きずらずに、スパっとそれを改善するための策を考えましょう。失敗点を振り返り、なぜ失敗に繋がったのか原因を洗い出し、自分に問題があるなら次の仕事で気を付けるようにする。ただそれだけです。

 

一つのことに落ち込んでばかりいると、他の仕事にも影響を及ぼすかもしれませんし、くよくよしている間は失敗脳から脱することはできません。

無理にでも気分転換をする

どうしても気持ちが切り替わらないというときは、無理やりにでもまったく違うことをしてみてください。ひたすら散歩をしたり、読書をしたり、友達とカラオケに行ったり、飲みに行ったり。とにかく仕事から離れてください。

 

失敗して落ち込んでいるときは、なんとかして自分なりに気持ちの整理をつけるためにいろいろ考えがちですが、これがなかなか終わりが見えないんですよね。

 

そんなとき、外に出て趣味に打ち込んだり、友達と話すことで、思いのほか簡単に気持ちが切り替えられたりするものです。一人でくよくよ悩んでいたのが馬鹿らしくなることもあります。

 

失敗をしてしまい気持ちが切り替わらないときは、仕事とは全く関係の無いことに没頭して、自分なりの切り替え方を見つけていきましょう。

先輩や同僚に相談してみる

失敗した原因がわからない場合は、先輩や上司、または同僚に相談してみてください。同じ職場であるが故に悩みが共有できるということもあるでしょう。

 

先輩や同僚の失敗談を聞いて、「失敗しているのは自分だけじゃないんだ」と勇気を貰えることもあるかもしれません。失敗ばかりしているときは、ついつい思考がネガティブになりがちなので、自分一人だけが失敗しているような孤独感を感じるものです。

 

そんなときに先輩や同僚の失敗話やアドバイスが聞けると一気に気分が楽になります。自分ひとりでは到底思いつかないような助言を貰えることもあるでしょう。また、人と会話をすることで視野が広くなり、自分のことを客観視しやすくなることで、失敗の数も少なくなるかもしれませんね。

日頃の行いを振り返ってみる

失敗について分析して、気持ちが切り替えれたなら、あとは普段の仕事ぶりをより良いものにするために、改善の余地があるところは改善していきましょう。

 

失敗したときというのは、基本に立ち返って自分の日ごろの行いや姿勢が本当に正しかったのか冷静に考える絶好のチャンスになります。ですので、必ずしも「失敗=ネガティブなもの」というわけではありません。

 

仕事に慣れが生じれば生じるほど、確認を怠ってしまったり、自分の都合に合わせたペースで作業を進行してしまうということがあります。今後の失敗を最小限に抑えるために、そういった普段の行いを再認識する必要があります。

 

少しでも改善の余地があるなと思った部分は見直して、今回の失敗を今後の糧として活かしていきましょう!

大切なのは失敗した後の行動


そもそも、仕事で失敗をするということは誰にでもあることです。どれだけ仕事をテキパキこなしているように見える人でも、実は何かしらのミスをしているものです。実は失敗をすること自体はそこまで重要なことではなく、大切なのはそのあとです。

 

失敗をした後にずるずる引きずってしまって、ネガティブになることでまた失敗を招いてしまうのか、ミスを反省したらスッキリ切り替えて立ち直るのか、当然ながら後者の方が良いですよね?

 

「失敗をした後にどんな行動をとるか」ということに重点を置いて、失敗そのものは恐れずに仕事に取り組んでみてください。そんな前向きな気持ちが、すべてを変えるきっかけになるはずです。

 

考え方を少し変えることで、今まで悩んでいた問題が一気に解決するかもしれません。人間というのは失敗することで成長していくものなので、「失敗してナンボ」というくらいの心持ちでいても構いません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?以上が仕事で失敗してしまう人の傾向と、失敗した後の対処法です。失敗後の行動がなにより一番重要だということをお分かり頂けましたでしょうか。失敗を繰り返してしまう自分に落ち込んでいるという方は、ぜひこれらの対処法を参考にして上手に切り替えてください。

The following two tabs change content below.
編集部:まちゃみ

編集部:まちゃみ

インターネットでの情報配信に興味を持ち始めてから、自分の知識を活かした様々な美容情報を投稿し続けています。私の記事がみんなにお役に立てれば幸いです。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

続きを見る

-ビジネス
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.