ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ビジネス

仕事で失敗して怒られたときの対処法【なぜ常に怒られるのか?】

投稿日:

誰しも仕事で失敗をして上司に怒られたことはあると思います。失敗をすればそれについて咎められることは当たり前のことですが、こんなことが日々続くとすれば嫌になりますよね。上司に叱られることで恐怖心を植え込まれてしまい、どんどん自分のパフォーマンスが発揮しづらくなっていくものです。

 

これってすごく悪循環ですよね。怒られるのが辛くて会社を辞めてしまいたいと考えている人も少なくないのではないでしょうか。そこで今回は、仕事で失敗をして上司に怒られた際の対処法についてお話したいと思います。怒られることで自分を卑下してしまっている人、自信を無くしてしまっている人はぜひ参考にしてください。

まずは自分の言動を見つめなおそう

adobestock_81353103
まず、自分ばかりが執拗に怒られていると感じている人は、自分がこんなことをしてしまっていないか振り返ってみてください。

 

・すぐに反論をしてしまう
・人にミスをなすりつけている
・ミスをしているのにごまかしている
・ギリギリまで報告をしない
・期限や約束が守れていない
・似たようなミスを繰り返している

 

いかがでしたでしょうか?自分が怒られない人になるには、これらのことを無くしていく必要があります。現状なぜ自分ばかり怒られているのかわからないと感じている人ほど、こういった特徴に複数当てはまるケースが多いです。今一度自分の言動を見つめなおしてみてください。

似たようなミスを繰り返している人

adobestock_38191891
さて、上記の項目の中で唯一悪気のないミスがあります。そうです、「似たようなミスを繰り返している」という項目ですね。

 

ミスを繰り返そうと思って仕事をする人はいないので、当然悪気はありません。ですが、上司に怒られる理由の中で最も多いのがこれなんです。

 

ただし、同時に最も克服が簡単な項目でもあります。やることは簡単です。仕事の種類、上司の指令とは無関係に常にメモを用意しておきましょう。少しでもわからない点があれば、すぐにメモ帳に記しておきます。はっきり言って、これさえできればミスを繰り返すということは絶対にありません。

絶対にメモを取る

メモを取らないと、ただたんに「怒られて辛かった」で終わってしまいます。これでは同じ過ちを何度も繰り返してしまうでしょう。メモが残っていれば、家に帰ってからわからなかった部分の手順を振り返ってイメージトレーニングをすることができます。このイメトレがとても重要です。

 

メモを取る際は、「なにを」、「いつまでに」、「どのうように」等話の核となる部分を押さえることを意識して、しっかり相手の話を聞きましょう。

日ごろから元気よく挨拶をする

adobestock_16093833
元気よく大きな声ではきはき話す。当たり前のことですが、これが出来ていない人は多いです。普段から大きな声で「おはようございます!」「お疲れ様です!」とあいさつをしている人は、男女問わず周りから可愛がられます。

 

単純に、元気が良い子は見ているだけ気分が良いですよね?自分が先輩の立場で、後輩に「今日は頑張ってるね!」等と声をかけた際に、「ありがとうございます!」と笑顔で返事されると「ああこの子は良い子だな」と思いますよね?人間と言うのは単純なものなんです。

日頃の行いが良い誰かがサポートしてくれる

毎日の挨拶の声が小さい、実際に話してみても覇気がない、笑顔でもなければ目線も合わせない、その上ミスもする。となってきたときに、いったい誰がサポートしてくれるでしょうか。

 

とってもシンプルなことなので、まずは大きな声であいさつをすることを習慣づけてください。自ら一日をマイナススタートで切るというのはとても勿体無いことです。

 

普段からやる気が伝わっているか伝わっていないかで、ミスをしてしまったときの上司や周囲の対応の違いは雲泥の差があります。

物事を客観的に見る

「自分はなぜ毎回毎回怒られているのか」「入社して2ヶ月、仕事を覚えるために毎日必死になれているか」自分を客観的に見て、自問自答してみてください。怒られているという事実ばかりを気にして、自分を客観的に見れていないという人は案外多いです。

 

そんな人は、まずそういったところを改善していく必要があります。自ずと自分が怒られる理由が見えてくるかもしれません。そして、心当たりのある部分があれば徹底的に改善していきましょう。

 

毎回怒られ過ぎて、上司のことが嫌いになってしまうなんて人も多いかもしれませんが、今時ガツンと叱ってくれる上司は実はなかなかいないものです。仕事は仕事で厳しく怒るけど、プライベートではざっくばらんに部下と話題を共有できるなんて人もいます。

ひょっとすると、意図的にメリハリをつけて仕事では強く当たっているのかもしれません。一度物事を客観的に見てみてください。

理不尽に怒られたときは?

adobestock_92423307
時に理不尽に怒られることもあるでしょう。怒られることに納得ができないけど、かと言って反論をすることができず悔しい思いをしたという経験は誰にでもあるかと思います。中にはすぐに感情的になる上司もいるかもしれません。

 

ですが、如何なるときでもこちらは感情的になってはいけません。感情的に、それも不本意に怒られると、ついついこちらも感情的に反論したくなってしまいますが、ここはぐっと堪えてください。

感情的にならない

理不尽に感情的になる上司を相手に自分まで感情的になってしまうと、その上司と同じレベルになってしまいます。大きな声で罵声を浴びせられることがあっても、その挑発に乗っかってはいけません。

 

もちろん自身に落ち度があって説教を受けているなら仕方がありませんが、そうでない場合は軽く聞き流す程度で構えていても構いません。間違っても、支離滅裂に怒られたことで、自信を無くしてしまうといったことだけは避けたいですね。

理不尽な場合は反論してもよい?

感情的にならなければ反論をしても問題ないのか?ということですが、あまりに理不尽だなと感じる場合はしっかり自分の意思を伝えるべきでしょう。

 

ですが、こういった状況において、反論をすることで状況が好転するということは基本的にありません。

 

ここでは大人の対応で一先ず話を聞いて、上司の対応を見かねた周囲からの批判の集中によるペナルティを待つというのが最も無難でしょう。

環境を変える

adobestock_91798836
仮に今現在仕事で怒られる日々が続いているとしても、そんな日々が永久的に続くわけではありません。奮起して頑張っていれば、いずれ光が見えてくるものですし、環境を変えて新しい場所で光を手に入れることだってできます。

 

あくまで物事を選択する権利は自分にあります。自分の手で自分の人生をコントロールすることができるんです。ただただ怒られる日々に疲れているという人は、いっそのこと転職してしまうというのも一つの考え方です。

 

新たな場所で自分の居場所を確立させて、生き生きと過ごせるようになるならそれにこしたことはありません。

 

絶対にこの環境で我慢しながら仕事をしなければいけないと囚われてしまっている方は、ちょっと違う角度から物事を見つめなおしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

以上が、仕事で失敗して怒られたときの対処法です。どうすれば怒られずに済むか、また怒られたときはどう対処すべきか、あなたなりの解決策、きっかけが見つかれば幸いです。とにかく、一番シンプルですぐにできるのは、大きな声で挨拶、発言をするということです。
また最後にも触れたとおり、現在の職場が全てというわけではないので、思い切って転職をする考えもあるということを常に頭の中に入れておいてください。

The following two tabs change content below.
編集部:まちゃみ

編集部:まちゃみ

インターネットでの情報配信に興味を持ち始めてから、自分の知識を活かした様々な美容情報を投稿し続けています。私の記事がみんなにお役に立てれば幸いです。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

続きを見る

-ビジネス
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.