ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

病気

坐骨神経痛はどう対処する?原因や症状を理解してツボを押してみよう

投稿日:

坐骨神経と坐骨神経痛

adobestock_108254649

坐骨神経痛は、おそらく最もよく知られている神経痛ではないでしょうか。坐骨神経痛と聞けばほとんどの人が腰や下肢の痛み・しびれをイメージすると思います。実際に経験したという人も多いでしょう。

 

坐骨神経とは人体で最大の神経と言われ、腰椎の4番目と5番目、仙椎の1~3番目からの神経が集まっています。骨盤の部分でお尻のところに出てきて、身体の後面を下行していきます。親指ほどの太さがある神経です。

坐骨神経は膝裏に至るところで枝分れをして、脛骨神経と総腓骨神経に分かれます。脛骨神経は下腿の中央を通り内くるぶしのところに出てきてさらに枝分かれしていきます。総腓骨神経は下腿の外側を走行し、さらに浅腓骨神経や深腓骨神経などと枝分かれしていきます。

 

坐骨神経痛とは、これらの坐骨神経や坐骨神経から枝分かれした領域での症状を指して言われるようです。

そんな坐骨神経痛についてその症状や原因などの病態、そして治療法やツボについて紹介していきます。

 

坐骨神経痛の症状と原因

坐骨神経痛について、まずは症状や原因といった病態をみていきましょう。坐骨神経は上述のように人体で最大の神経で長さも最長とされています。その症状や原因も広い範囲となります。

 

坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛の主な症状としては、しびれ痛みです。神経の圧迫や神経を栄養する血管の圧迫によってこれらの症状が出るとされています。症状の範囲は腰から足の先までと幅広いですが、神経の走行や支配領域である程度の特定はできるようです。

 

腰や足を動かすことで痛みやしびれが出てくるといった場合や、ひどくなると安静にしていても症状が出るように、さらには寝ていても症状が出るようになるとされています。冷たい感じや反対に灼熱感を感じることもあるようです。症状が出ると立っていられなかったり、少しの距離でも休憩が必要になって続けて長く歩けなくなります。

常に皮膚に薄皮がついているような感覚になったり、足裏に分厚い靴下を履いている感覚になることもあるようです。

 

原因によっては筋力低下が起こったり、排尿や排便などの障害が起こることもあるとされています。

そんな坐骨神経痛の原因には主に2つ挙げられるのが一般的です。

 

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛で挙げられる原因のまず1つ目は腰椎椎間板ヘルニアです。坐骨神経痛の原因で頻繁にみられるのが腰椎椎間板ヘルニアで、腰椎と腰椎の間にある椎間板が押し出されることによって突出し神経に触れるというものです。腰に負荷のかかる仕事やスポーツ動作、腰を丸めた不良姿勢などによって起こるとされています。

腰椎椎間板ヘルニアは比較的年齢は若い傾向にあり、青年期から壮年期までの間に多いようです。高齢になると椎間板自体もフレッシュではなくなり、押し出されにくくなるとされています。通常は片側に症状が起こります。

 

坐骨神経痛の原因として一般的に挙げられる2つ目は腰部脊柱管狭窄症です。脊髄を通している脊柱管が腰の部分で変形し通り道が狭くなってしまうものです。多くは加齢によって変形が起こるとされ、高齢者に多くみられるとされています。腰部脊柱管狭窄症にも姿勢の影響は関連しているとされ、不良姿勢によって変形が助長されるようです。

脊髄から神経が枝分かれしてそれぞれの椎体の間から出ていきますが、枝分かれする前のおおもとの脊髄が圧迫されることによってそれより下の領域すべてに症状が出ます。つまり両側に症状が出るということです。

 

以上の2つが一般的に坐骨神経痛の原因とされていますが、坐骨神経領域に症状を出して坐骨神経痛と言われるものには他にもいくつかあります。まずは骨盤の部分で身体の後ろ側に出てくる部分での神経の絞扼で、梨状筋症候群とも言われます。梨状筋は足を外に開くようにはたらく筋肉ですが、この梨状筋のすぐ下を坐骨神経が通ります。人によっては梨状筋を貫通して坐骨神経が走行している場合もあるようです。

この部位で梨状筋によって坐骨神経が絞扼されることにより、しびれなどの症状が出ます。また梨状筋を含めてお尻周りの筋肉が硬くなることで腰などにも痛みが出るということです。

 

これ以外では膝の外側の腓骨頭の部分を坐骨神経がくるっと回るように走行していますが、その部分での刺激によるものや、足根管という内くるぶしの下の部分にある神経が通るトンネル部分での絞扼などが挙げられます。

同じく下腿にしびれが出る原因として、太ももの前側を支配する大腿神経が内ももの筋肉である内転筋のトンネル部分で絞扼されることによるハンター管(内転筋管)症候群があります。下肢のしびれということから坐骨神経痛と勘違いされやすいですが、こちらは大腿神経の絞扼障害です。

 

坐骨神経痛の治療方法とは

adobestock_105669053

坐骨神経痛の病態についてみてきたところで、次は治療についてです。

坐骨神経痛の治療としては、まずは今出ている症状を緩和することが図られます。痛みやしびれに対処するということですね。内服がメインになるようです。痛みが強い場合には神経ブロックの注射など必要に応じて行われます。

 

そして原因に対する根本的な対処もしていきます。腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などで手術の必要があれば手術を行います。梨状筋症候群や足根管症候群など神経が絞扼されている部位があればリハビリなどで筋肉の状態を改善したり、負担のかかる使い方を改善することで症状の軽減を図るということです。

 

リハビリでは柔軟性の獲得や筋力の向上、そして機能面の回復が行われます。負担を減らしていくことに加えて、負担に耐えられるもしくは負担がかかっても対処できる身体にしていくということですね。現在の症状や仕事、日常生活での負担などドクターとよく相談して治療方法を決定しましょう。

 

坐骨神経痛のツボを押してみよう

最後に坐骨神経痛の症状に効果的とされるツボを紹介していきます。

まず最初は坐骨点(ざこつてん)というツボです。坐骨点はお尻と脚の境目にあり、坐骨の出っ張りの外側にあります。ゴルフボールなどを置いてその上に座ったり、握りこぶしを当てるのも良いでしょう。坐骨点は即効性があるとも言われています。

 

次に挙げるのは委中(いちゅう)というツボです。委中は膝裏の真ん中、横筋のちょうど真ん中のところです。腰の痛みに対するツボとしても知られています。このツボはあまり強く押しすぎず、優しく痛すぎない範囲で押しましょう。

 

最後に挙げるのは勇泉(ゆうせん)のツボです。勇泉は足裏にあって土踏まずの上の方、シワで人の字ができる部分の窪みです。副腎の反射区としても知られています。血液循環が良くなり内臓機能も高まるようです。じんわりと勇泉の部分が温かくなってくるくらいまで押すと良いとされています。

 

長引くと悪循環に

adobestock_119339964

坐骨神経痛についてその症状や原因などの病態、そして治療法やツボについて紹介してきましたがいかがでしたか?坐骨神経痛の原因となるヘルニアや脊柱管狭窄症、梨状筋症候群などは姿勢の問題も大きいことは上述してきました。しかし、痛みや痺れなどがあると良い姿勢を保つのも苦しいものです。

 

症状が長引けば長引くほど姿勢も悪くなりがちなので、さらに症状が治まりにくくなるという悪循環に陥ってしまいます。初期のうちにしっかりとケアなどをして症状を早く改善させ、長引いて悪循環に陥るといったことのないようにしたいものですね。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-病気
-,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.