ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

恋愛

キュンキュンしたいなら学園恋愛漫画!一癖も二癖もある学園恋愛漫画3選

更新日:

学生時代の思い出と言えば恋愛ですよね。青くて甘酸っぱい恋愛をした記憶がある人も、そうでない人も、学生時代の恋には憧れるものです。学園恋愛漫画はそんなあなたをキュンキュンさせる不思議な力があるのです。今日はそんな学園恋愛漫画の中でも、ちょっと不思議な作品を3つ厳選してご紹介します!

学園漫画は恋愛漫画の王道!

学園漫画は恋愛漫画の中では王道と呼べるジャンルです。「タッチ」のようなスポーツに絡めた恋愛ものもあれば、「うる星やつら」のようなラブコメものもありますし、連続ドラマとして映像化されたものもあります。やはり学生時代の青春時代と絡めた恋愛は誰の心をも打つんですね。

一途に思い続けるパターン

恋愛漫画には、相手のことを一途に思い続けてついに両思いになった、というパターンがあります。お互いに好きなのに素直になれないという場合や、ひたすら片思いを続け、最終的に思いが通じるといったパターンです。

多くの登場人物に振り回されるパターン

最近の学園恋愛漫画には、「主人公が多くの異性から想いを寄せられる」というパターンや「三角関係・四角関係などが多く存在するパターン」などがあります。主人公が誰とくっつくのか、ということや主人公が好きな子と両思いになって終わるのか、または読み手のお気に入りのキャラクターがちゃんと希望通りの恋愛ができるのかなど、さまざまな視点で読むことができます。

ちょっとクセのある漫画を紹介

今日は単純なラブストーリーではなく、ちょっとクセのある学園恋愛漫画をご紹介します。どれもくすりと笑ってしまったり、ほんわかしたり、ハラハラしたりと楽しめることうけあいです。

好きな子にちょっかいを出したくなる恋心!「からかい上手の高木さん」

好きな人にちょっかいを出したくなる気持ちというのはよくありますよね。特に小中学生のころ、男の子が好きな女の子についついいたずらをしてしまうというのはよく目にします。したことがある、されたことがあるという人もいるでしょう。そんないたずらめいた恋心を描いて人気を博しているのが「からかい上手の高木さん」です。

ちょっかいを出すのは女の子!

たいてい好きな子にちょっかいを出すのは男の子であることが多いのですが、この作品では主人公の高木さんが、好きな西方くんに対してひたすらからかい、西方くんは高木さんに翻弄されるというパターンで話が進んでいきます。そのからかい方も中学生ならではのかわいらしさがあり、西方くんも徐々に高木さんに惹かれていってしまう…と思いきや、いいようにからかわれることの悔しさの方が立ってしまいます。なんとかやり返そうとするのですが、高木さんから返り討ちにあってしまう西方くん。二人のやり取りがほほえましくて、読み始めると止まらなくなってしまいます。

「クリティカルこわいなぁ」

よく考え込まれた高木さんのいたずらですが、高木さんのアイデアの瞬発力の良さから、相手の西方くんは為す術もありません。毎日いっしょに帰る仲の二人なので、にくからず思っているのは明らかなのですが、好意をかなりオープンにしている高木さんに対して、まだ自分の恋心に気付いていない西方くんという対照的な二人の姿が魅力的です。時に西方くんの方からナチュラルに高木さんをやり込めるような発言も!やりこめられた高木さんが普段の冷静な姿を崩して赤面し、「クリティカルこわいなぁ」とこっそりつぶやく姿にやられる読者も多いはずですよ。

高木さんと西方くんの今後は?

実はコミックス第5巻で、高木さんと西方くんの10年後が描かれています。高木さんは大好きな西方くんと両思いになれるのか、西方くんは自分の淡い恋心に気がつくのか、それは読んだ人にしかわかりません!「次に来るマンガ大賞」にもノミネートされ、「全国書店員が選んだおすすめコミック2017」ではなんと第1位を獲得!今後も期待できる作品です。

181cmの女の子と160cmの男の子の凸凹純愛!「富士山さんは思春期」

オジロマコトさん作の「富士山さんは思春期」は、181cmと長身の女の子「富士山さん」と、幼馴染で小柄な男の子「上場(カンバ)くん」が、ひょんなことから恋人同士になり、初々しくも純なおつきあいをしていく姿がさわやかな作品です。

勢いで付き合いだした幼馴染同士

もともと幼馴染同士の富士山さんと上場くん。お互いに好き同士、ということではなかったはずなのに、ひょんなことから勢いでつきあうことになってしまいます。だんだんとお互いの優しさや新たな一面に気付いていき、どんどん仲良くなっていく二人。周りにはナイショのままお付き合いは続いていきます。

中学生の純な恋愛とちょっとの男らしさ

中学生らしい、とても健全な二人の交際ですが、話を読み進めていくうちに上場くんの男らしさが光っていきます。もともと180cmと大柄でバレー部のエースでもある富士山さんの方が男らしく、小柄な上場くんはただのやんちゃな中学生男子、という印象の二人。そんな中、上場くんは富士山さんに対して細やかな気遣いを見せたり、「周りのやつらに付き合ってることをバラそう」と堂々と付き合っていることを宣言しようとしたりと、「こんなにしっかりした、男らしいキャラだっけ?」と驚いてしまうほどにどんどん成長していきます。しっかりした上場くんに引っ張られるように、もともと豪快な印象の富士山さんも、弱いところやかわいいところを見せるように。二人の純な恋愛と、精神的に成長していく様子に夢中になること間違いなしです。全8巻で完結していますが、読み始めたら一気に読んでしまうかもしれません。

普通の先生がなぜモテる?「お前ら全員めんどくさい!」

学生時代を思い返すと、ちょっと気になる異性の先生がいたりすることもありますよね。「お前ら全員めんどくさい!」は、高校教師である先生が、教え子の女性と3人に思いを寄せられるというラブコメディです。

普通の先生がやけにモテる?

主人公のクニヒコ先生は、ごく普通の高校の国語教師。クラスに友達がおらず、自称「コミュ障」の一宮さんから「友だちになってください」と言われ、お嬢様生徒の栗原さんから「先生の恋人になりたい」と言われ、学級委員長の榎本さんからも思いを寄せられ、人生最大のモテ期を迎えます。ですがクニヒコ先生は教師、そして3人は生徒。この禁断の恋の行方やいかに?そして3人の関係性は?気になってどんどん先を見たくなってしまう作品です。

生徒たちと先生との恋愛の行方は?そして先生同士は?

三人の生徒たちはクニヒコ先生のいる国語教員室で交流を深めていきます。無下にすることもできずに悩むクニヒコ先生。登場人物の中で、一番「思春期の悩める男子」なのがクニヒコ先生かもしれません。そんなクニヒコ先生は生徒たちから「チョロい」と言われつつも、なつかれる日々を送っています。「生徒とつきあうつもりは無い」というスタンスのクニヒコ先生、そしクニヒコ先生を取り巻く状況を見守る同僚の女教師・小雪先生にも注目です。

学園恋愛漫画を読んで、青春時代の甘酸っぱい恋を思い出そう!

学園恋愛漫画を読むと、かつて学生だった自分の経験を思い出したり、「こんな恋をしてみたかった」という願望が呼び起こされたりします。心がキュンキュンするような体験は、いつまでも気持ちを若くさせることに役立ちますよ。実際の体験ではなく、マンガを読んでの追体験でもみずみずしい感性や若々しい心を保つことができます。何よりも、マンガを読んで楽しい!と感じられることが一番ですね。ぜひ学園恋愛漫画を読んで、甘酸っぱいあの時代を思い出してみてくださいね。

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-恋愛
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.