ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

出産

産後に抜け毛が起きるのはなぜ?原因と対策を徹底解説!

更新日:

待望の赤ちゃんを抱いて幸せを味わっている女性の多くが、悩んでいるのが、産後の抜け毛です。これからも、まだまだ美しいお母さんであり続けたい女性にとっては、どうしても、解決しておきたい問題の一つではないでしょうか。

 

今回は、そんな産後の抜け毛につて、その原因と対策をお伝えしていきたいと思います。

産後の抜け毛

出産は人生の中でも最も大きい変化のおとずれかもしれません。赤ちゃんを産むことで社会的観点でお母さんになるという事、そして自分自身の心と身体にも大きな変化が起こります。

 

そういった環境の変化、内面の変化が大きなストレスの原因となることもあります。その中の一つが、産後の抜け毛です。

 

赤ちゃんの夜泣きや、鳴き声が時には大きなストレスとなり、育児に追われていく中で、ストレスを抱え、大量の抜け毛に悩むようになる女性は多いようです。あなただけでは、ありませんから、過度に心配しすぎることはありません。

 

しかし、抜け毛の原因はこれだけではありません。女性ホルモンが大きく関係しているのです。

 

この産後脱毛症は時間と共にたいていの場合回復しますが女性にとって髪が薄くなるというのは非常にショックな事です。そのストレスは、育児にも自分自身に良くも悪くも大きな影響を与えてしまします。

 

産後の身体に何が起きていて、どのように回復していくのか、またどうすれば少しでも早く、解決することが出来るのか、その対策をご紹介していきたいと思います。

産後の抜け毛の原因

産後の身体の中では何が起こっているの?

髪が抜けるというと男性ホルモンが強いイメージがあるかもしれません。しかし、男性ホルモンではなく、女性ホルモンの減少が関係しています。子供を産んで育てる時期に、女性は女性ホルモンを分泌しているはずですが、出産するとことによって減少するのです。

 

女性ホルモンは胎盤に蓄積され、出産が近づくと増加していきますが、出産により体外に排出されてしまうのです。つまり、これまで通常以上に体内に女性ホルモンが存在していたのが、出産により、急激に減少してしまうのです。

 

この女性ホルモンの変化が、抜け毛という形で、髪の毛に大きな影響を与えてしまいます。

女性ホルモンが髪の毛に与える影響

産前体内にある多量のエストロゲンは、髪を美しく保つための大切なエネルギーです。しかし、出産でエストロゲンが激減すると、それらの毛が一気に抜け落ちてしまうので、これによって、産後の抜け毛が生じてしますのです。

 

しかし、これは出産によって、髪の毛の通常の女性ホルモンのサイクルが一時的に狂っただけですから、時間と共にまた髪の毛は生えてきます。

どのくらいで回復するの?

一時的に抜け毛が増えたとしても、また発毛すれば通常の髪の毛を取り戻すことができます。約3か月を程度たった後、生えてきた髪が伸びるスピードは1日に平均0.4mmほどと言われていますので、脱毛の起こる時期は産後3か月程度が多く、半年~1年で元の髪の毛に戻るのが通常と言われています。

 

髪の毛に直接影響与えるエストロゲンも、月経の回復と共に妊娠前と同じような通常のバランスに戻ると言われています。

 

ただ、髪の毛の生え方は栄養状態や睡眠、ストレスなどが影響し、髪の成長スピードによって変わってきます。時間がたっても回復が見られない場合や脱毛状態がひどく地肌が見えてきてしまったといった症状が現れるなら、産後のホルモン変化の影響だけではない可能性がありますので、産婦人科や皮膚科に相談してみると良いでしょう。

回復のためのポイントは?

自然に回復するとはいえ、女性ですし、産後でもいつでも美しくありたいという方は多いかもしれません。自然と生えてくるものであるとはいえ、気になる方も多いと思います。

 

なるべく早く髪の毛の生え方を回復したいならば、髪の成長スピードを促進するような生活習慣が大きなポイントとなります。また心のメンテナンスも大切です。髪の毛や子育てなどの、ストレスを少なくして、抜け毛にも対処していくための方法をいくつかお伝えしていきたいと思います。

十分な栄養を摂取すること

特に授乳中のお母さんは、摂取した栄養が赤ちゃんの栄養になります。しっかりと気を配っているかと思いますが、それでも、自分自身の健康状態よりも、お子様に与える健康状態を大切にしているかもしれません。赤ちゃんのことで精一杯で、自分自身は栄養不足になりやすく、疲れ切てしまい、きちんとした食事を用意する余裕がないのが、本当のところかもしれません。しかし、自分自身の健康状態を整えることは、大切です。

 

鉄、亜鉛、たんぱく質などを中心とした食生活で、抜け毛対策をしていくと良いでしょう。また、産後ダイエットを行っているお母さんも増えているようですが、特に産後6か月の間までは出産の影響が残っており、身体も疲れています。

 

健康な状態でも過酷なダイエットをすることで、脱毛を起こすと言われています。授乳中は、免疫力が落ちている場合がありますので、ダイエットによって、抜け毛を悪化させないように気を付けましょう。

成長ホルモンを味方につけて

夜泣きに追われ、生活が赤ちゃんのペースになるお母さんには難しい事ですが、発毛を促すためには、睡眠は欠かせません。規則正しい生活は難しいとしても、せめて限られた睡眠時に成長ホルモンを増加させるよう工夫をすることは大切です。

 

例えば、まず大切なのが、寝る直前に食べない事、つまり血糖値を上げない事です。食べると眠くなるので自然と赴くままに食べてしまうこともあるかもしれませんが、睡眠をとる時には、血糖値を下げておく必要があります。また、寝る少し前に体温を一気にあげて、睡眠をとる時には下がった状態にする事も効果があります。

 

寝る前のお風呂で身体を動かしたり、足湯などで血糖値を下げるようにしていきましょう。また、灯りをつけっぱなしにしたり、パソコン、携帯などの光で睡眠に必要なリラックス状態を妨げてしまう可能性もありますので、注意が必要です。

産後のストレスを避ける

産後のストレスは多くの方が抱える問題です。産後、1人で過ごす時間が長いと、どうしても育児に追われて一人で悩みを抱え込みがちです。

 

前述であった通り、産後は身体的なストレス、そして精神的なストレス、環境の変化といったストレス要素が重なります。これまで以上に工夫して、上手にストレスを解消していくようにしましょう。

血流を良くすること

産後の悩みの一つが骨盤の歪みですが、骨盤の歪みは、血流の流れを悪化させてしまいます。また、不規則な睡眠で自律神経が乱れる事も血行不良の原因になります。

 

その他子宮や卵巣機能の影響など、産後に血行が悪くなる要因はいくつかあります。それでも、抜け毛を改善したいと思う場合、頭皮と全身の良好な血行は絶対に欠かすことの出来ないものです。髪の毛を作る栄養は、血流の流れによって、左右されるからです。

 

前述で、栄養摂取をお勧めしましたが、この毛細血管の血流が悪ければ、せっかく摂取した栄養も十分に届けることはできません。頭皮マッサージや、全身の血行促進を努力して行うようにしていきましょう。

 

身体に負担のない方法や、無理の無い範囲での骨盤の矯正も有効です。また、自律神経を調整することも大切です。ストレスが多いと、交感神経のスイッチが切り替わりにくくなります。リラックスモードの副交感神経に上手く切り替える方法自分で見つけておくことも出来るでしょう。

病院での治療すること

前述であったように、時間が経っても、なかなか脱毛が改善しない場合は遠慮することなく病院を受診しましょう。出産の負担は女性の一生の健康に影響してしまうからです。後々のリスクを抱えることの無いよう、積極的に医師の助けを得ることが出来るでしょう。

まとめ

産後の抜け毛の対策方法についてお分かりいただけたでしょうか。出産という人生でも、大きな変化を経験する時、身体的にも精神的にも、身体が反応してしまうのは、当然のことです。過度に心配し過ぎることなく、身体が新しく切り替わっているんだ…くらいの気持ちで、思いにゆとりをもつようにしましょう。

 

あまりに気になる時には、遠慮なく病院を受診し、不安になりすぎないように注意していきましょう。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-出産
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.