ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

健康

【ローヤルゼリー】主な4つの成分の効果とは?アレルギーに注意

更新日:

ローヤルゼリーは特別なもの?

はちみつやプロポリス、ローヤルゼリーなど、ハチに関連する食品はいくつかありますが、それらを習慣的に摂取しているという人はどのくらいいるでしょうか。はちみつはパンケーキなやスイーツなどで摂る機会があるという人も多いでしょう。プロポリスやローヤルゼリーはサプリメントでの摂取になるかと思います。

 

そんなハチに関連する食品の中でも、ローヤルゼリーは特別なものとされています。なぜなら、女王バチのみが食べることができるからです。ご存知の方も多いかもしれませんが、本来ははたらきバチと女王バチに違いはないとされています。

 

ローヤルゼリーを食べることで身体も大きくなり、寿命が延びるなど女王バチとしての特徴を得ていくということです。その高い栄養価に注目が集まり、私たちも摂り入れるようになったということですね。実際にサプリメントを摂取しているという人も少なくないでしょう。

 

そんなローヤルゼリーについて、改めて効果や副作用をみていきましょう。

 

 

ローヤルゼリーの栄養成分と効果

まずは、ローヤルゼリーに含まれている栄養成分とその効果についてみていきましょう。同じハチからはたらきバチと女王バチのような差が出るほどの栄養とは、どのようなものなのでしょうか。主なものを挙げていきます。

 

アミノ酸

ローヤルゼリーに含まれている栄養成分でまず挙げられるのは、アミノ酸です。アミノ酸とはたんぱく質を分解したもので、近年ではサプリメントやプロテインなどでよく知られていますね。私たちの身体を構成している成分でもあり、なくてはならないものです。

 

アミノ酸には、体内で合成することができず食事などから摂取するしかない必須アミノ酸と体内で合成することができる非必須アミノ酸があります。必須アミノ酸は9種類、非必須アミノ酸は11種類とされており、私たちの身体は20種類のアミノ酸からできているということです。ちなみにアミノ酸自体は500種類ほどあるとされています。

 

ちなみに必須アミノ酸とは、バリン、ロイシン、イソロイシン、フェニルアラニン、メチオニン、リジン、スレオニン、トリプトファン、ヒスチジンの9つです。ローヤルゼリーはこの必須アミノ酸をすべて含む15種類ほどのアミノ酸を含んでいるとされており、効率的にアミノ酸を摂取することができます。成長期には発育を順調に促すためにたんぱく質、つまりアミノ酸の積極的な摂取が奨められていますが、女王バチのように大きくなるという点ではうってつけのタンパク源ということですね。

 

また、普段の疲れなどの回復にもアミノ酸は有効です。寝る前にアミノ酸を摂取することで眠りの質を向上させたり、身体の回復を早めるということはよく聞くと思います。アスリートなどでなくても、疲れが溜まっている場合には積極的に摂りたい成分です。構成要素を補給することで、修復を早めるというイメージですね。

 

さらにアミノ酸は、精神面の疲労などにも有効とされています。必須アミノ酸であるトリプトファンは神経伝達物質のもととなっており、精神の安定につながるようです。神経伝達物質ではセロトニンなどの他に、ドーパミンやカテコールアミンなどが知られていますね。

 

ビタミン

ローヤルゼリーに含まれている栄養成分で次に挙げられるのは、ビタミンです。ローヤルゼリーには10種類以上のビタミンが含まれているとされており、中でも多いのはビタミンB群とされています。ビタミンB群と言えば補酵素として知られています。

 

私たちの身体のはたらきは、すべて酵素に支えられています。たんぱく質や脂質、糖質などの栄養素を摂取してしっかりとエネルギーに変えるにも、酵素が必要ということです。さらには筋肉を収縮させて関節を動かしたり呼吸や心臓の拍動などの循環など、身体のはたらきのすべてです。

 

近年では酵素のサプリメントもよく出されていることからご存知の方も多いでしょう。歳を重ねるにつれて身体にある酵素は減ってしまうとされており、食物などでの摂取が重要とされています。酵素の減少が老化につながっているという見解もあるようです。

 

酵素と言ってわかりやすいのは消化酵素ですね。糖質を消化するための酵素やたんぱく質を消化するための酵素などそれぞれ特有の酵素があるということです。身体のはたらきの1つ1つにそれぞれ役割をもった酵素がはたらいています。

 

そしてこれらの酵素のはたらきを助けているのがビタミンB群で、それゆえに補酵素と言われているのです。パントテン酸は善玉コレステロールを増やすことで生活習慣病の予防につながったり、免疫のシステムに関わることでその機能を維持するはたらきがあるとされています。葉酸は妊婦や授乳婦に重要とされていることで知っている方も多いでしょう。

 

葉酸の不足により胎児の脳神経系に障害が起こる可能性があるということです。

 

ミネラル

ローヤルゼリーに含まれている栄養成分で3つ目に挙げられるのは、ミネラルです。ミネラルというと鉄やカルシウム、マグネシウム、カリウムなどが知られていますね。特にカルシウム、マグネシウム、カリウムは豊富なようです。

 

ミネラルのはたらきも私たちの身体になくてはならないものであり、カルシウムは骨の強さに関わるだけでなく筋肉の収縮や神経の伝達など様々なところではたらいています。マグネシウムにも補酵素としてのはたらきがあり、近年ではカルシウムよりもマグネシウムの方が骨の形成に重要という見解も出されています。カリウムは身体の水分の調節や、それによる血圧への関与などにはたらいています。

 

これらのミネラルのはたらきによって、疲労やストレスなどへの効果や美容など健康維持に期待されています。

 

デセン酸

ローヤルゼリーに含まれている栄養成分で最後に挙げるのは、デセン酸です。デセン酸はローヤルゼリーに特有の成分とされ、女王バチのフェロモンに似た物質とされています。このデセン酸には強い抗酸化作用があり、生活習慣病の予防や美肌などの美容効果、そしてアンチエイジングにはたらいているということです。

 

また、女性ホルモンと似たはたらきをすることから閉経間近の女性など、更年期障害などにも効果が期待できるようです。

 

デセン酸以外にもローヤルゼリー特有の成分はいくつかあるようですが、未だわかっていないことも多く、さらなる効果が将来明らかになるのかもしれません。

 

 

ローヤルゼリーの副作用

ローヤルゼリーの効果についてみてきましたが、その副作用についても併せて知っておきたいところです。ローヤルゼリーは薬ではないので、他の健康食品と同じく副作用はないとされています。ちなみに副作用は薬に対して使われる言葉です。

 

ローヤルゼリーの摂取で気を付けなければならないのは、アレルギーとされています。はちみつやプロポリス同様に、花粉や蜜などにアレルギーのある人は症状が起こる可能性があるということです。まれにアナフィラキシーショックを起こす場合もあるとされています。

 

ハチに関連する食品が得意でないという人は注意しておきましょう。

 

 

ローヤルゼリーを摂って健康に気を遣おう!

ローヤルゼリーの効果や副作用についてみてきましたがいかがでしたか?ローヤルゼリーの栄養成分を摂ることで、女王バチが強い身体を得るのと同じような効果が期待できるということですね。健康のために何かサプリメントを探しているという方や、ローヤルゼリーに興味をもったという方は一度試してみると良いでしょう。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

続きを見る

-健康
-

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.