ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ダイエット

頑張りが水の泡…!ダイエット後リバウンドを繰り返す原因とは?

投稿日:

苦労して取り組んだダイエットがせっかく成功したのに、しばらく経つと「前より増えてる?!」なんて経験をしたことのある方も多いのではないでしょうか。これまでの頑張りが無駄になる上に、またきついダイエットを一からやらないといけないことを考えると、憂鬱になってしまいますよね。

 

どうせダイエットをするならリバウンドすることなく体型や体重をキープしたいところですが、まずリバウンドをする原因についてはご存知ですか?知らず知らずのうちにリバウンドの原因をつくりあげてしまわないように、なぜリバウンドをしてしまうのかをしっかり理解しておきましょう。

 

リバウンドとは

adobestock_102578928

ダイエットにおけるリバウンドとは、一定量落としたはずの体重や体脂肪がダイエット前と同等、またはそれ以上に増えてしまう現象のことを言います。初めてダイエットをした人や短期間でダイエットを成功させた人に多く、ダイエット経験者のうち2人に1人以上がリバウンドの経験があるとも言われています。

 

ちなみに、体重の減少とリバウンドを繰り返すことを、おもちゃのヨーヨーの動きに例えてヨーヨー現象と呼ばれています。

 

リバウンドは意志の弱さが招くものと思われがちですが実はそうではなく、体の様々な作用によって引き起こされる科学的なものなのです。リバウンドや体重の増減のメカニズムをしっかりと知っておかないと、いつの間にか逆に痩せにくい身体になってしまうおそれもあるので、リバウンドしないためのダイエット方法について理解しておくことが大切です。

 

リバウンドが起こる原因

adobestock_98994108

リバウンドが起こる主な原因をご紹介します。

 

満腹感の減少

脂肪を摂取するとレプチンというホルモンが分泌され、このレプチンが満腹中枢を刺激することにより満腹感を得るようになるという仕組みになっています。

 

しかしダイエット中は普段摂取していた量よりも脂肪量が減少するため、それに伴ってレプチンが分泌される量も少しずつ減少していきます。レプチンの正常な分泌量に体が慣れるまではおよそ1か月程度かかると言われており、レプチンの量が減っている状態でダイエットをやめてしまうと、本来感じるはずの満腹感をなかなか感じることなく、食べ過ぎてしまうということが考えられます。

 

自分では少な目に抑えているつもりが、レプチンの分泌の事情で実は食べ過ぎていた、という状態に陥る可能性もなくはないということですね。

 

ホメオスタシスによる停滞期

ダイエット経験者であれば、“停滞期”というものを実感したことのある方も多いと思います。停滞期とは、どれだけ頑張っても体重がなかなか落ちない時期のことです。この時期になると、努力が目に見えなくなることからダイエットを挫折してしまう人も多いと思います。

 

この停滞期はホメオスタシスという機能によるもので、ダイエッターにとってはとても厄介なものなんです。

 

ダイエットをするにあたって、まず考えるのは消費カロリーを摂取カロリーよりも多くすることだと思います。これは体重や体脂肪を減らすためには当然なことなのですが、この状態が長く続くとなんと体が危険信号を発し、消費カロリーを減らしてしまうのです。これが体重が減らなくなる理由です。

 

しかもその状態でダイエットをやめても、ホメオスタシスの機能は継続しています。したがって当たり前のように消費カロリーよりも摂取カロリーの方が多くなり、リバウンドに繋がりやすくなってしまうというわけです。

 

精神的ストレス

きつい食事制限をするダイエットの場合は特に、食べたいものを食べられないというストレスが非常に強くなっています。せっかく耐え抜いて体重や体脂肪を落とすことに成功したとしても、ダイエットをやめた途端に“食べたい欲求”が爆発し、食べ過ぎてしまうことでリバウンドが起こります。

 

食事制限ダイエットが成功した暁のご褒美として、食べたいものを食べることを目標にしていると、自分が思うように食欲を抑えきれなくなる可能性もあります。また「1日ぐらいなら」「明日までなら」と誘惑に負けてしまうと、取り返しのつかない状態になってしまうかもしれません。

 

運動してもリバウンドするのはなぜ?

adobestock_104227414

リバウンド対策で定期的に運動をしていたはずなのに、リバウンドしてしまった!という方もいらっしゃるかもしれません。せっかくの努力が水の泡になってしまうようで、悲しいですよね…。

 

実は、これにも考えられる理由があります。

運動していたのは、食前ですか?食後ですか?

 

少しお腹に食べ物を入れてから運動をする、という方も多いかもしれませんが、実は食後の運動はダイエット後の体型キープのためには向いていません体にある脂質よりも、食事でとりこんだ糖質を優先的に消費に使うことになってしまうためです。

 

そのため、ダイエットおよびリバウンド防止策としては、食後よりも食事をする前、つまり空腹時に運動をした方が脂肪を消費しやすく、痩せやすいということになります。

 

野菜摂取量を増やしてもリバウンドするのはなぜ?

adobestock_100170422

ダイエット後にも食事に気を使って野菜メインの食事にしているにも関わらず、リバウンドしてしまうということもあります。

 

糖質カットにもなるしヘルシーなのになぜ…?と疑問に思いますよね。実は野菜と一口に言っても、中には糖質が含まれているものがあります。イモやカボチャなどは糖質が多いので注意が必要な野菜なんです。

 

野菜だからなんでも大丈夫、と過信して何も気にせず食べていると、いつの間にかリバウンドしてしまうということも考えられます。体型をキープするためには、キャベツやレタスなどの葉物や食物繊維の多い野菜をチョイスすると良いでしょう。

 

リバウンドを防ぐためには?

adobestock_52629819

リバウンドを防ぐための対処法やダイエット方法をご紹介します。

 

体重減量は1か月に5%以内に抑える

1か月に5%以上体重を減量すると、ホメオスタシスの機能が最大に働き始めてしまいます。ホメオスタシスが働くと停滞期となり体重が減らなくなるだけでなく、その後のリバウンドが起こりやすくなってしまいますので、なるべくゆるやかな体重減少を心がけましょう。

 

無理な食事制限をしない

好きな食べ物でも「絶対に食べない」ような食事制限をしていては、自分ではあまり自覚がなくとも強いストレスとなり、その後のリバウンドに繋がりやすくなってしまいます。

 

ダイエットは辛い食事制限でしかできないものではありませんので、ほどよく食べる程度に留めておくのがおすすめです。もちろん、バランスの良い食事をすることが大切ですよ。

 

すぐに前の生活に戻さない

ダイエットが成功したからといってすぐにダイエット前の生活に戻しては、ホメオスタシスなどの影響によりすぐリバウンドしてしまいます。ダイエット後の体型を定着させるためにも、最低でも1か月以上はダイエット中の生活を維持するようにしましょう

 

筋トレをする

ダイエット中、食事制限や運動と一緒にぜひ行いたいのが筋トレです。筋肉をつければ基礎代謝がアップし、リバウンドしにくい身体にすることができます

 

また、ただ体重を減らすよりもほどよい筋肉をつけることを意識しながらダイエットすることで、引き締まったきれいな体になります。

 

まとめ

adobestock_104227539

いかがでしたでしょうか?多くのダイエッターが抱えているであろうリバウンドの悩みは、まずはそのメカニズムをしっかりと理解することで最小限に抑えることができます。せっかく成功したダイエットを無駄にしないためにも、まずはダイエットの方法、ダイエット後の生活を見直してみましょう。

 

減量とリバウンドに長年悩まされてきた方も、意外な原因に気づくことができるかもしれません。理想の体型をキープするために、ダイエットのやり方を少し工夫してみてくださいね。

The following two tabs change content below.
編集部:犬ドック

編集部:犬ドック

ふざけたペンネームですが、記事内容はいたって真面目です(笑)誰にでもわかりやすく、また参考になるような内容を心掛けて日々記事を投稿しています。

-ダイエット
-,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.