美容や関節に効果が期待できる成分としてコラーゲンやヒアルロン酸などが知られていますが、プロテオグリカンについて知っているという人はどのくらいいるでしょうか。プロテオグリカンもコラーゲンなどと同様で美肌や関節の問題に効果があるとされている成分です。サプリメントやプロテオグリカンを謳った補助食品なども出されていて、目にしたことがある人もいるでしょう。今回はそんなプロテオグリカンについて、どのような成分なのかといったことや代表的な効果効能を紹介していきます。

プロテオグリカンとは

まずは、プロテオグリカンがどのようなものなのかについてみていきましょう。成分の概要について挙げていきます。

ハリや保湿に関わることで知られる

プロテオグリカンもコラーゲンと同様に美肌や関節に効果があると冒頭で述べましたが、多くは保湿力に関する宣伝が多いようです。プロテオグリカンと聞くと肌の保湿というイメージの人は多いのではないでしょうか。コラーゲンやヒアルロン酸と共同し、水分を留めるとされています。

 

関節の問題に対しては、コンドロイチンやグルコサミンといった成分がよく宣伝されていますね。これらの成分も、プロテオグリカンの1部ということです。もともと体内に存在する成分ではありますが、加齢などで減ってしまうとトラブルにつながりやすいということで、食事やサプリメントなどでの摂取が奨められているということです。

プロテオグリカンの種類

コンドロイチンやグルコサミンがプロテオグリカンの1部と述べたように、プロテオグリカンには種類があるとされています。プロテオグリカンとはたんぱく質に糖の鎖がくっついてできているものの総称で、糖の鎖の種類や構成によってプロテオグリカンにもいくつかの種類ができるということです。

 

身体のどこに存在しているかによって糖の鎖の種類や構成も変わり、それぞれに適したタイプになっていると言われています。これはコラーゲンやエラスチンなどの比率なども同様ですね。代表的なものは動物の軟骨由来の成分であるアグリカンで、他にヴァーシカンやパールカンなどといった種類があるようです。

 

サプリメントなどでは、サケの鼻の軟骨から抽出されるものが効率が良いため多く使われているとされています。それ以前は効率よく抽出できなかったため希少で、近年ようやく出回るようになってきたということです。あまりなじみがないのはこのためですね。

プロテオグリカンの効果効能①関節

ではここからは、プロテオグリカンの代表的な効果効能について挙げていきます。まずはよく知られている関節への効果効能です。

プロテオグリカンの体内でのはたらきとは

プロテオグリカンは私たちの関節軟骨の構成成分でもあります。軟骨とは骨の端で関節を構成している部分で、軟骨の滑動性や関節液によってスムーズに関節運動が行えるのです。関節の動きが良くない場合には軟骨のすり減りや関節液の減少などが挙げられ、油切れなどとよく表現されますね。

 

具体的には、軟骨は水分を吸収するスポンジの役割を果たしています。荷重など圧がかかると水分を出し、圧がなくなると再び水分を吸収するということです。この水分を蓄えるはたらきをしているのがプロテオグリカンで、うまく水分が蓄えられないことでショックの吸収などもスムーズにいかなくなるということですね。これに関しては、膝のトラブルでよく説明される話なのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

クッション性の回復を図ることで症状軽減

水分を蓄えたり排出したりすることがうまくいかなくなることで、関節の痛みや関節軟骨の摩耗、破壊につながるとされています。膝の場合は変形性膝関節症につながってしまうということですね。その他座り方や動き方の癖など、膝にかかる負担が原因になるので気を付けたいものです。

 

プロテオグリカンを摂取することで軟骨での水分の移動をスムーズにし、クッション性の回復を図ることで関節のトラブルに対する症状の軽減につながるということですね。クッションがはたらいて衝撃を吸収したり分散できれば、関節にかかる負担を減らせるということが理解できるでしょう。変形性膝関節症に対して、予防的に摂取するということも奨められているようです。

プロテオグリカンの効果効能②美容

プロテオグリカンの代表的な効果効能で次に挙げるのは、美容面での効果です。ハリや保湿に関わると先に少し触れましたが、美容面に関してもう少し詳しくみていきましょう。

高い保水力

プロテオグリカンと言えば保水力と述べましたが、ヒアルロン酸に比べておよそ1.3倍の保水力がプロテオグリカンにはあるとされています。水分量や皮脂の量のバランスを整えることで、お肌の状態を良くしてくれるということですね。乾燥肌の人は水分や皮脂の量のバランスが崩れていると言われているので、積極的に摂りたい成分でしょう。

 

また、プロテオグリカンにはヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促すはたらきもあるとされています。どちらも肌の構成や健康に関わる成分ですが、これらと共同してはたらくことでより効果が期待できるということですね。ハリや保湿の改善が期待できるということで、たるみやシワなどの解消にも良いとされています。

ターンオーバーの促進

プロテオグリカンの美容面でのはたらきとしては、肌のターンオーバーを促進するということも挙げられます。細胞はどんどん新しいものに変わっていき、古いものは角質となって剥がれていくということはよく知られていますね。このはたらきをターンオーバーと言いますが、正常に行われることで肌の健康が守られるということです。

 

具体的にはEGFという上皮細胞増殖成長因子と同じようなはたらきがあるとされ、細胞の再生機能を回復させるということです。加齢によってEGFは減少し、ターンオーバーが遅くなってしまうと言われています。ターンオーバーが遅くなるということは、古い細胞が新しい細胞に変わるのが遅くなるということで、老化につながるということですね。

 

EGFに似たはたらきをプロテオグリカンがすることで、ターンオーバーを促進できるとされているのです。

プロテオグリカンの効果効能③内科疾患

プロテオグリカンの代表的な効果効能としては、内科疾患への効果も挙げられます。内科疾患に対してはどのようにはたらいているのかみていきましょう。

炎症を抑える

プロテオグリカンには、炎症を抑える作用があるようです。炎症が起こっているときには、サイトカインというたんぱく質が身体から分泌され、炎症を治めるようにはたらきます。このサイトカインのはたらきを助ける作用がプロテオグリカンにはあるとされ、抗炎症作用があるとされているのですね。

 

また、プロテオグリカンには腸内環境を整えるはたらきもあるとされ、抗炎症作用と相まって特に大腸炎に対する効果が高いと言われています。腸内環境は免疫にも関連しているので、とてもうれしい効果ですね。

生活習慣病の予防

抗炎症作用や腸内環境の改善という点から、生活習慣病の予防にもプロテオグリカンは効果的とされています。活性酸素に対する抗酸化作用もあること、そして炎症が起こると活性酸素も増えてしまいますが、その炎症を抑えて活性酸素の発生も抑えるなどトータルで身体にとって良い方向にはたらいてくれるようです。

 

腸内環境が肥満や血管の不調などにつながるとも言われているので、その点からも効果的ということですね。プロテオグリカンを摂ることで、身体のはたらきそのものを良くしていきましょう。

まとめ

プロテオグリカンについて、どのような成分なのかといったことや代表的な効果効能を紹介してきましたがいかがでしたか?美容面での効果や関節に対する効果がよく知られていますが、身体のはたらきにとっても良いということでしたね。日々の食事と合わせて、サプリメントなどで摂取することで健康管理に活かしていきましょう。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。