妊娠

妊娠中の薬の影響はいつからある?妊娠時期と飲んでもいい薬まとめ

更新日:

薬の影響はとても気になる

adobestock_33306244

妊娠中には薬を飲むことが躊躇されると思います。

治療のために処方されたものでも、本当に飲んでも良いものなのか不安を抱えながら飲んでいるという場合もあるでしょう。

妊娠していることをドクターに伝えてあるといっても、不安は拭いきれないという人が少なくないのではないでしょうか。

 

薬剤の影響によって胎児にどのような障害を起こるのかといったことは様々なところで触れる機会があると思います。

妊娠の周期と合わせて知っておくことで、より理解が深まるでしょう。

また、妊娠中はまったく薬が飲めないかというとそうではありません。

比較的安全とされる薬もあります。

今回は妊娠周期と薬剤の影響や妊娠中でも服用可能とされる抗生物質、そして薬の服用を避けるためにできることについて紹介していきます。

 

妊娠周期と薬剤の影響

まずは、妊娠周期と薬剤の影響についてみていきましょう。

妊娠周期は、最終月経の初日を0日として計算します。

これを知っていないとズレが出てきてしまうのでおさえておきましょう。

 

薬剤の影響は、どの時期に服用したかで変わるということです。

基本的には妊娠初期には特に注意が必要とされており、このことはご存知の方も多いでしょう。

周期についてもう少し詳しくみていきます。

 

妊娠4週未満

この時期は妊娠超初期とも言われますが、赤ちゃんの器官の形成は始まっていないため、奇形という意味では影響はないとされています。

ただし、受精卵に影響を及ぼす薬剤を服用した場合には、着床できなかったり着床しても早期に流産してしまうなどがあるようです。

 

中には流産にならず、完全に修復される場合もあるとされています。

妊娠初期には胎児の染色体異常によって流産になることがほとんどで、判別が難しいとも言われています。

薬によっては長期間にわたって影響が残るものもあるとされているので、妊娠を希望している場合は妊活中から注意しておくことが必要とされています。

 

 

妊娠4週?7週

この時期に入って、赤ちゃんの器官の形成が行われます。

まだ人の身体はしておらず、胎芽と呼ばれます。

奇形という点に関しては、身体や器官がつくられる時期なので最も影響を受ける時期です。

絶対過敏期とも言われます。

 

妊娠していることに気付いていない場合も少なくないとされ、リスクが高いようです。

サリドマイドによるアザラシ肢症はよく例に取り上げられますが、薬だけでなくビタミンAなどの特定の栄養素の過剰摂取もしくは欠乏が原因で起こることもあるとされています。

 

妊娠8週?15週

この時期には赤ちゃんの重要器官の形成は終わるとされ、人の形が認められることから胎児と呼ばれるようになります。

ただし、まったく心配がなくなるわけではなく、あくまで影響が少なくなるということを覚えておく必要があります。

相対過敏期とも言われます。

 

重要臓器は形成が終わっていてもまだまだ発育は続いているので注意が必要ということです。

この時期の赤ちゃんの頭からお尻までの長さによって出産予定日が計算されます。

誤差は1週間程度のようです。

 

 

妊娠16週?出産

この時期にはほとんど奇形という点での心配はなくなるとされています。

しかし、薬の成分は胎盤を通過して胎児に影響を及ぼすとされています。

母体には問題なくても胎児には量が多い場合が考えられます。

つまり、大人と子どもで処方量が変わるように、大人が通常服用する量では、胎児にかなり大きい影響を及ぼしているということですね。

 

これによって胎児の発育が止まってしまったり、機能が不全になってしまう、子宮内死亡、新生児死亡の原因となることが指摘されています。

新生児では、出産によって薬剤の影響が急になくなることによる離脱症状が起こることもあるようです。

禁断症状と置き換えてもらうとイメージしやすいかもしれません。

 

 

授乳期

出産が終わっても、授乳をしている間は注意が必要とされています。

胎盤を通して胎児に影響していたものが、今度は母乳から胎児に影響を及ぼします。

多くの薬剤が母乳に移行しているとされ、赤ちゃんの腸から吸収されるようです。

赤ちゃんに使用できる薬かどうかや、成長に影響を及ぼす薬かどうかなどが問題になるということです。

 

妊娠中でも服用可能とされる抗生物質

adobestock_22785386

妊娠中には、解熱鎮痛剤や消炎鎮痛剤などをはじめ、血圧や血液関連の薬や生殖器に関する薬、ホルモンに関する薬の多くで使えない薬があります。

その一方で、風邪薬など一般的な市販薬はそれほど問題ないと言われる場合もたります。

ただし問題ないということは保証はされていません。

 

このような中で、細菌感染など多くのケースで処方されやすいものに抗生物質が挙げられます。

 

抗生物質とは

抗生物質とは細菌の増殖を防ぐ作用を主にもつ薬で、よく知られているペニシリンは最初の抗生物質です。

抗生物質は細菌の増殖を防ぐと述べたように、直接的に細菌を除去するわけではないということは誤解されやすいところです。

 

原因となっている細菌に効果的な抗生物質が処方される場合や、身体の免疫が低下している場合は他の細菌にも感染しやすいのでそれを防ぐために抗生物質が処方される場合などがあります。

そんな抗生物質について妊娠中に使えるものを挙げていきます。

 

妊娠中に使える抗生物質とは

妊娠中でも服用が可能とされているのは、ペニシリン系、セフェム系、マクロライド系の抗生物質です。

 

ペニシリン系とは、上述のように最初の抗生物質で、これによって梅毒は劇的に減少しました。

妊婦においても処方されやすいとされ、胎盤通過性はありますが、細胞への影響はほとんどないとされています。

ビクシリンなどがあります。

セフェム系とはセファロスポリン系とも言われる抗生物質で、ケフラールやフロモックスなどがあります。

ラットでは不妊の問題が起こるようですが、ヒトでは認められないようです。

マクロライド系とはエリスロシンやエリスロマイシンなどに代表される抗生物質です。

母体の腸で大部分が吸収されるため、胎児への影響は低いとされています。

 

薬の服用を避けるために

薬の服用を避けるためにできることとして、重要かつ最も簡単なものとして生活習慣の改善が挙げられます。

妊娠初期ではつわりによって食欲が低下してしまいますが、栄養バランスが偏ったり不足することは避けたいところです。

 

また、できる限り睡眠(休養)と軽い運動などもバランスを整えることが大切です。

これらのバランスが崩れると免疫力が低下してしまい体調が悪くなるなどが起こります。

感染症などのリスクも高まるでしょう。

このようなケースでの服用を避けられるということです。

 

またつわりの影響で歯磨きができない場合には虫歯のリスクが高くなるとされています。

その他には、妊娠中は膀胱炎などのリスクも高くなるとされています。

これらの感染症で抗生物質を服用しなくても済むように、リスクとなることを知っておくことも重要です。

 

かかりつけ医の指示を仰ぐこと

adobestock_69797847

妊娠周期と薬剤の影響や妊娠中でも服用可能とされる抗生物質、そして薬の服用を避けるためにできることについて紹介してきましたがいかがでしたか?

妊娠していようといまいと基本的には薬は飲まない方が良いという結論は変わらないですが、もし飲む場合でも理解していれば不安も減ると思います。

また、ドクターによって多少の見解の違いはあります。

他科を受診すると考え方が違うドクターの場合は薬の種類が違うこともあるので、かかりつけ医や産婦人科専門医の指示に従って正しく飲むようにしましょう。

飲まないに越したことはないですが、もし飲む場合でも不安が少ない状態で服用したいものですね。

よく読まれてる人気記事

【妊活に効果ある?!】ミトコア300mgを実際に使った私の口コミ!

妊活に効果のあるサプリとして噂のミトコア300mg! 不妊症に悩む方に評判の高いサプリメントとして、雑誌やネットでよく取 ...

高血圧を下げるサプリランキングヘッダー画像
【ガッツリ効く!】高血圧を下げるサプリメント口コミランキングBEST7

このページでは、『高血圧サプリメント』を検討してる方に向けたページです。高血圧を下げる効果のあるサプリメントはどんなものがあるか?また、どんな成分が高血圧を下げる効果があるのか?サプリメント以外で高血圧を下げるにはどうしたらいいか?など、高血圧の予防・対策をしたい方へわかりやすくまとめたページです。

【メンズ向け】モテる男は匂わない!おすすめ人気ボディソープランキング

最近では、メンズ専用のボディソープが多く売られていますが、 「ボディソープっていっても結局はどれも一緒でしょ?」 と思う ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-妊娠
-,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2018 All Rights Reserved.