ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ポケットwifi

ポケットwi-fiでdocomoを選ばなかった5つの理由

更新日:

ポケットWiFiをすでにお持ちの方は、どこの通信会社の機種でしょうか?docomoの機種でない場合は、docomoを選ばなかった理由というのはいったいどういったものでしたか?

さらに、まだポケットWiFiを選んでいる段階の方で、すでにdocomoを選択肢から外しているという方は、どういった理由でしたか?今回は、docomoのポケットWiFiを購入しなかった理由として挙げられる理由としてありがちなものを5つ挙げていこうと思います。

理由1.知名度がソフトバンクなどに劣る

これはAUと同じような理由なのですが、比較的早くポケットWiFiに参入したソフトバンクや、広告を頻繁に行っているYモバイルほど知名度がなく、「docomo=携帯電話やスマートフォン」というイメージのみが一般的になり、ポケットWiFiの存在感があまりないのがまず理由として挙げられます

また、ネット上で探してみてもdocomoのポケットWiFiはヒットしにくい傾向が見受けられ、「すぐに見つかりにくい=見逃されやすい」ということから、せっかくネットで探している人がいても見つかりそうで見つからないという惜しい結果になりやすいと考えられます。

また、実際にdocomoのホームページを見てみても、ポケットWiFiは「データ通信製品」という欄を選択しないと出てこず、大々的にポケットWiFiの存在をアピールしていないので、結局ホームページまで見てもすぐに見つけにくいという状態になっています。

理由2.月ごとのデータ通信量が独特で、迷いやすい

どの通信会社を見渡しても、ほとんどの場合が7GBと無制限、つまりは使い放題を設定しており、プラスアルファで10GB前後使えるプランも設けているという状況です。

しかしながらdocomoはどうかというと、2GB、5GB、10GB、さらには10、15、20、30GBなどなど、かなり種類が多く、他社とは違いを感じます。バリエーションが多いと言え、かつ選択肢の幅が多いともいえるので、とても人気になりそうに見えますよね。

しかし、どの通信量が自分に合うかということを考えるとなると迷いやすくなってしまう上に、それを解決すべく説明を受けるとなると多少複雑な話になりやすいために、ポケットWiFiに関して知識が少ない人ほど頭の中があやふやになって、結局どれがいいのかわからなくなりやすいと考えられます。

なので、この独特さはポケットWiFiの知識がある程度備わっている人向きであるために、知識面で自信のない人々には敬遠されやすいわけです。

また、ホームページを見る限りは使い放題の機種がなく、その代わりなのかよほどのヘビーユーザー(ネットの使用時間が長い人)でない限りは実質使い放題に近い100GBのプランがあり、普通の使い放題を利用したいという方々としては最初にさっそく選択肢から外れてしまう状況にあります。

理由3.月額料金が高い

もしかすると、これが選ばなかった理由として一番挙げられるものかもしれません。docomoは標準とされる「データMパック」というのがあるのですが、使える通信量は5GBと他社の通信制限付きのプランに比べて明らかに少なくなっています

しかし、本当の問題はその月額料金です。月5GBで料金は定額で5000円。他社の機種で5000円となると、一切通信制限のない使い放題のプランが4300円前後が多いので、お世辞にもコストパフォーマンスが良いとは言えません。

なので、よほどdocomoのファンだったり、何かしらこだわってdocomoを選ぶ理由でもない限りは他社と比べた際にdocomoを選ぶ人はほとんどと言っていいほどいないと思います。

また、5GBだと少ないと感じる人が多いと思いますが、当然ながらより容量の多いプランを選ぶとさらに料金は跳ね上がるので、どちらにせよdocomoはお金持ち向けであるような印象が感じられやすいです。

理由4.機種の質は良いが、どれも高性能で妥協策があまりない

機種一覧を見てみると、一番通信速度が遅いものでも262Mbpsで、2017年3月に発売予定のものに関してはなんと682Mbpsという、通信速度についての知識がある人であれば誰しもが驚くような速さを誇る機種も発売されます。

他の機種を見ても、300Mbpsを当たり前のように超えています。実際のところ通信速度にあまりこだわりを持たない方であれば、少しでも数値が上の機種を選ぶようなことなどせず、むしろ「普通に使えればいいから、200Mbpsを切るぐらいのものでも構わない」などと考えるはずです。

その考えで機種を選ぼうとすると、通信速度が高く高性能な機種ではなく妥協してもっと性能の低い機種を選ぶわけですが、docomoであればどの機種も高性能なので妥協していきつく先がありません。というわけで、この点をみるとdocomoは「少しでも通信速度が高い機種を!」という人向きの通信会社であり、そうでない人には向いていないと言えます。

理由5.キャンペーンや割引が家族向けのものが多い

docomoはdocomoでキャンペーンや割引は色々とあって、うまく活用すれば料金を安く済ませられるのは確かです。しかしながら、その恩恵を受けられるのは家族で契約した場合のみに限られる場合が多く、一人で契約して使おうという人に向けたキャンペーンや割引はあまり多くないという状況になっています。

また、キャンペーンと割引の一覧を見てみると、「○○割」と見やすく表示されている一方で、「元々いくらだったものがいくらになるのか」というような情報が少なく、人々の目に留まりにくくなっているように見受けられます

他社の多くの場合がキャンペーンの名前よりも、そのキャンペーンの結果として安くなった金額を大きく表示するので、多くの人がその表示方法に見慣れた今、不利なのではないかという印象が感じられます。というわけで、キャンペーンや割引の対象があまり広くないことと、安くなった結果いくらになるのかが少しわかりにくい点も、選ばれない理由として挙げられます。

まとめ

いかがだったでしょうか。ちょっと調べればすぐに見つかるようなものから、細かい点を他社と比べることでわかるものまで、色々と理由をご紹介しました。

しかし、月額料金が他社よりも明らかに高くなっているので、これがdocomoを選ばなかった理由のうちほとんどの割合を占めるのではないかと筆者は推測しています。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-ポケットwifi
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.