女性であればほぼ月に1回やってくる生理ですが、生理前になるといつも眠いという人は少なくないと思います。眠いのに加えて寒さやだるいといった症状、そして頭痛や吐き気などを伴う場合もあるでしょう。これらの症状は、いったいなぜ起こるのでしょうか。何らかの疾患を関連しているのでしょうか。今回は生理前に眠いということについて、生理前に眠いというのは身体で何が起こっているのか、そして関連する疾患や対処について紹介していきます。

生理前に眠いのは?

まずは、生理前に眠いというのは身体で何が起こっているのかについてみていきましょう。生理についてのおさらいから挙げていきます。

生理周期のおさらい

女性であればほとんどの人は理解しているかと思いますが生理には周期があり、卵胞期を経て排卵があり、黄体期にうつっていきます。卵胞期は低温期、黄体期は高温期とも呼ばれます。経験的にわかっている人も多いのではないでしょうか。

 

排卵の少し前から、黄体期に向けて黄体ホルモンの分泌が増えます。黄体ホルモンはプロゲステロンとも呼ばれていますね。そして妊娠が成立しなければ生理がくるということです。

 

生理が始まる少し前からは卵胞期に向けて卵胞ホルモンの分泌が多くなります。卵胞ホルモンはエストロゲンです。これらのホルモンによって女性の周期は移り変わっているということですね。

 

そして、婦人科系の疾患の多くはこれらのホルモンのバランスが崩れることによって起こっているということです。ホルモンはもともとごく微量ではたらきますが、そのバランスはさらに微妙なところで成り立っていると言われています。

ホルモンが関係

生理についてみてきたのは、生理前の眠いということについてホルモンが関係しているからです。排卵の少し前からは黄体ホルモン、つまりプロゲステロンの分泌が多くなると述べました。プロゲステロンの分泌が多い時期は高温期とも呼ぶということでしたね。

 

この基礎体温がホルモンによって高くなるということが、眠いということにつながるとされています。体温が高いところから低くなっていくと私たちは眠くなります。これは聞いたことがある人もいるでしょう。

 

しかし高温期には、プロゲステロンのはたらきによって体温が下がりにくくなります。つまり、なかなか眠りづらくなったり、寝ているつもりでも十分に睡眠がとれていないということが起こるということです。これによって生理前に眠いということが起きているということですね。また、プロゲステロン自体に眠気を誘発する作用もあるようです。

生理前に眠いのと疾患の関係①PMS

では次は、生理前に眠いということと疾患との関係についてみていきましょう。まずはじめに挙げるのは、PMSです。

PMSとは

PMSとは月経前症候群と言い、Premenstrual Syndromeの頭文字をとったものです。PMSと言うと、イライラや精神的な落ち込み、集中力の低下などがよく知られていますね。また、怒りやすくなったり暴力的になったりする人もいるようです。

 

精神的な症状だけでなく、身体的な症状もPMSではみられます。腹痛がメインとなりますが、他に腹痛に関連するところでは下痢や便秘、吐き気などの消化器症状が挙げられます。頭痛やむくみ、肌荒れ、肩こりや腰痛なども言われていますね。

 

これらの症状が、人によって程度の差こそあれ出てくるということですね。もちろん生理の周期は自然なことなので、多少の変化は自覚の有る無しに関わらず起こっているとのことです。

眠いということも同様

生理前に眠いということはホルモンバランスによって起こると先にみてきましたが、それがひどい場合にはPMSとして治療を受けることが必要にもなるでしょう。プロゲステロンの分泌が過剰になっていたり、エストロゲンの分泌が減少するなとで双方のバランスが崩れているということですね。PMSの症状として、眠いということが強く出ているのかもしれません。

 

PMSの治療でまず考えられるのは、ホルモンバランスです。ホルモンバランスは疲労やストレスなどでも崩れるので、生活習慣の見直しからはじめましょう。睡眠や運動、そして栄養のバランスですね。

 

軽いものであれば生活習慣の改善でよくなっていくようです。そして必要な場合は薬物療法なども行われます。

生理前に眠いのと疾患の関係②月経関連過眠症

生理前に眠いということと疾患との関連で次に挙げるのは、月経関連過眠症です。病態などについて挙げていきます。

PMSの症状でもある

月経関連過眠症とは、文字の表す通り月経に関連して起こる過眠症状のことです。周期など月経に関連して睡眠が左右されることは女性に特有で、過眠症状と不眠症状の両方が起こり得るということです。眠いと言うと不眠のイメージがありますが、過眠の方かもしれないということですね。

 

PMSではおよそ半数の人に睡眠の変化があるとされており、眠いということが不眠ではなく過眠症状であるというデータも多いようです。上述したように体温が平均して高くなることで波が少なくなり、睡眠の質が下がって眠いと感じることが多くなる場合や、プロゲステロン自体のもつ睡眠を誘発する効果が影響しているということですね。

 

月経に関連したところで言うと、閉経時不眠症というものもあるようです。

対応もPMSと同じ

月経関連過眠症の場合も、基本的にはPMSと同じように対処されるということです。月経と睡眠との関連が明らかな場合や疑わしい場合は、生活習慣を見直して睡眠の質を上げることが大切です。自律神経のバランスやホルモンのバランスが整ってくれば症状は軽減していくでしょう。

 

PMSのところでも触れた薬物療法では、主に使われるのがいわゆるピルですね。眠いということを始めとしたPMSもしくはそれに関連する症状が、日常生活に支障をきたしている場合に選択されます。ピルに関しては服用を止めるとすぐに症状が再発する場合や、別の問題が起こる可能性もあります。

 

服用なども含めて、ドクターとよく相談して治療を行っていきましょう。

生理前に眠いのはどう対処する?

最後に、生理前に眠いということに対してできることを挙げていきます。ここまでで既に述べてきていますが、改めて整理していきます。

自然なことでもある

生理前に眠いということは、先にも述べたようにホルモンのバランスの変化によるものなので自然なことでもあります。私たちは不調になったとたんに身体のあちこちが気になって調子が悪いと心配になることが多いですね。しかし、常に絶好調という人がいないように、常に調子には波があり、良いときと良くない時があります。

 

例えば痛みは、身体の調子が悪いと敏感に感じることが言われています。同じような痛みに対しても、自身の体調によって感じ方が違うということですね。これが月経に伴う症状にも言えるということです。生理の周期に伴って起きているということを理解し、体調には波があるということに気付くだけでも気は楽になるでしょう。

ホルモンバランスや身体の調子を整える

調子には波があると述べましたが、その波が大きくなっていくと症状も強くなるでしょう。まずはその波を小さくするために、睡眠や運動などの生活習慣を見直すということですね。調子が良い状態で生理前になるのと、調子が悪い状態で生理前になるのとでは感じ方が違うので、調子の小さくして良いところで保ちたいものです。

 

そして、波が大きくて日常生活に支障をきたすような状態では、ピルなど薬物療法を考えるということでした。ピルの服用については専門家でも意見が別れる部分もあるので、婦人科ならどこでも良いということでもないようです。ピルについての考えを明らかにしているドクターを受診すると良いでしょう。

まとめ

生理前に眠いということについて、生理前に眠いというのは身体で何が起こっているのか、そして関連する疾患や対処について紹介してきましたがいかがでしたか?自然なことでもあるということを理解し、生活習慣を見直すだけでもだいぶ変わるとされています。そして、必要なときだけ服薬による治療を受けるようにしていきましょう。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。