ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

プラセンタ

比較!プラセンタ注射とサプリメントの効果☆保険適用される治療は?

更新日:

プラセンタ治療

AdobeStock_76285868

医療でも注目されているプラセンタ

現在プラセンタの効果は幅広い分野で注目を集めており、特に医療業界では治療に使用されるまでになっています。

プラセンタに含まれる栄養成分は、アミノ酸を始めビタミンやミネラルといった生きるためには欠かせないものばかりですし、合わせて成長促進効果もありますから、医療で使用されるのも納得です。

医療面では、疲労回復効果が高いため体調の芳しくない方や、肝機能障害の治療などにも用いられているんですよ。

こういったプラセンタを治療目的で使用することをプラセンタ治療と呼びます。

プラセンタ治療が行われる病気の一部を紹介します。
まず美容関連では、皮膚疾患・肌トラブル・冷え性・生理不順・その他育毛促進なども含まれます。

次に健康面に注目してみますと、慢性疲労・睡眠不足・自律神経失調症・肩こりなどの生活での疲れを回復する効果が認められています。さて医療面ですが…脳卒中から来る様々な疾患・肝障害・アレルギー疾患などがあります。

これらに心当たりのある方は是非プラセンタの効果を実感してみたいと思いませんか?
この他にもたくさんの病気への効果があるんですよ。それはプラセンタに備わる免疫賦活作用によるところも大きく、その作用により未病対策にもなるんです。

医療機関での主なプラセンタの使用方法は以下の3種類です。

・プラセンタ注射
これはプラセンタエキスを直接体内へ注入する方法です。美容分野でもよく利用されていますが、医療機関によって使用方法が異なりますので、安易に注射だから効く!と思いこまずにしっかりと医師に相談されてから利用するようにしてください。
・点滴
注射と似ていますがこちらは点滴として徐々に体内に取り込む方法になります。多くの場合ビタミンも含んでおりますので、お肌への効果が大きいです。
・内服薬
注射や点滴とは違い、日々摂ることが口から摂取することが可能です。
上記2つに比べると気軽に始めることが出来るでしょう。プラセンタ注射と合わせて利用することで、その効果は相乗的にアップします。

プラセンタ治療の方法は、医療機関や病気の種類によって変わってきます。上記の3種類以外の使用方法を実践している機関もあるかもしれません。
もし治療でプラセンタを使用したいと思われるのでしたら、事前にしっかりとどのように使用するかを確認されるようにしましょう。

プラセンタ注射とサプリメントの違い

AdobeStock_84973693

プラセンタ注射とサプリメント?それぞれのメリットデメリット

美容成分として大変優れているプラセンタ。そのプラセンタの取り方はたくさんの方法がありますが、今回は直接体内で吸収する方法であるサプリメントとプラセンタ注射。

この二つの違いを利点難点をまとめて検証してみようと思います。

プラセンタ配合サプリメントの利点

ご自身の食生活や生活リズムに合わせて自由に摂取可能。医薬部外品の健康食品ですから購入はドラッグストアや通販でも可能です。
プラセンタ注射と比較するとお値段もかなりリーズナブルです。

プラセンタ注射の利点

直接体内に注入するものですから、即効性は抜群です。効果の体感速度もとても早く、数度の注射でお肌の質やそのほかプラセンタの効果を実感できます。

サプリメントの難点

プラセンタ注射ほどの即効性は感じられないので継続する必要があります。

プラセンタ注射の難点

注射が苦手な方には、向きません。プラセンタ注射は医療行為ですから、専門の医院への通院が必要です。効果も高いですがその分お値段も高いです。

まとめると…プラセンタ配合サプリメントは、お値段はリーズナブルで、ご自身の都合に合わせて摂取することが可能です。しかし即効性はやや乏しく継続摂取する必要があります。

プラセンタ注射は、専門医院で医療行為としてプラセンタを直接注入してもらう為、即効性は十分です。
しかしお値段はそれなりに割高で通院の必要を要しますので時間的制約もあります。金銭的な余裕で比較しても構わないですし、時間的制約を基準にしてもかまわないと思います。

長く健康食品の一つとして摂取する分にはサプリメントも続けやすく、ほかの健康面も改善しますのでおススメと言えるでしょう。その点においては、プラセンタ注射は一時的なものです。

しかしその効き目は目をみはるものがあると言えます。どちらにも良い点悪い点が存在しますから、ご自身のライフスタイルに合う方法を選択されるのが一番かと思います。

プラセンタの摂取・吸収方法にはほかに、スキンケア商品や栄養ドリンクなども存在しています。それらの方法の方がもしかしたらあなた自身にはピッタリかもしれませんので、プラセンタに興味をお持ちでしたらぜひ調べてみてくださいね。

プラセンタ注射とは

AdobeStock_31938471

プラセンタ注射とはどういったもの?

今でこそプラセンタ注射は、プラセンタを使用した治療には欠かせないものとなっています。美容のみならず健康のためにと摂取吸収される方も増えているのが現状です。
プラセンタ注射はプラセンタエキスを注射器を用いて直接体内に注入する方法です。

この方法が国内で認められるまでにはそれなりの年月がかかっているのはご存知でしょうか。そしてそれ以前はどのようなプラセンタ吸収方法が取られていたかも見てみたいと思います。
まずプラセンタ注射が認められるまでのプラセンタ治療は、手術により皮膚を切り取りそこにプラセンタエキスを注入するという方法でした。

これは大々的な手術で費用もさることながら治療自体にも時間がかかり、また施術を受ける本人への負担も大変大きなものでした。しかしそうまでしてプラセンタを体内に得たいと思っていた方もいたことが判る事実です。

現代プラセンタ治療は注射が主となっておりその経緯についてもお話ししておきましょう。
・1956年 今より50年以上昔、胎盤製剤メルスモンが厚生省の認可がおりました。
・1959年 続いてヒト胎盤から抽出されるラエンネックの認可がおります。
・2001年 BSE問題により牛由来の胎盤抽出を厚生労働省は認めませんでした。

まずプラセンタエキスにも含まれる上記2点の成分が認められることになり、プラセンタ注射の安全性は大きく上がりました。

そのあと2000年のBSE問題の要因である牛を使ったエキス抽出が認められなかったため、プラセンタの安全性はさらに向上したと言えます。そういった経緯で、現在のプラセンタ注射の信頼性は守られたと言えるでしょう。

以前の手術に比べ、プラセンタ注射は比較的安価で手軽に受けることのできる治療法となっています。そしてその即効性は、市販されているサプリメントや美容ドリンクの比にならないほどの効果を持っています。
ですから、美容クリニックを始め、数々の医療機関でのプラセンタ注射の使用が増えている現状なのです。

プラセンタ注射の費用は特に定められていないため、各医院によって異なります。またその成分や内容量によっても違ってきますが、平均で2000円前後が一般価格のようです。

こんなにも効果的で即効性があるプラセンタ注射ですが、やはり問題はあるのです。
それはアレルギー反応です。
これは個人のアレルギー体質と関係していますからどうしても防ぎようがありません。
アレルギーを持っている人がプラセンタ注射をした時の症状は、主にかゆみや湿疹といったものです。そういった反応は出ますが人体には影響がないと言われています。

もしあなたがアレルギー体質で、でもプラセンタ注射を試してみたいと思われるのでしたら、必ず専門医に相談するようにされてくださいね。

プラセンタ注射とは2

プラセンタ注射について

プラセンタ注射はもともと「肝機能障害」の治療の一環として医療現場で使用されていた、厚生労働省の認可を受けた治療方法です。近年このプラセンタ注射は、医療というよりは美容業界で人気を博しており、その効果の高さから美容、健康増進にも使用されるようになってきています。

プラセンタ注射と一口にいっても使用用途により成分や内容量に差があり、たくさんの種類があるのはご存知でしょうか?
医療現場だけを見ても、皮膚科や歯科、内科でも使用されているものですから、もし使用してみたいと思った場合はきちんとご自身の使用目的やその時の体の調子を専門医に伝え、相談してから利用されるようにしてくださいね。

プラセンタ注射を利用した際の効果は…

名前の通り注射ですから体内に直接注入することになるのがプラセンタ注射の特徴です。またそのエキスを高濃度なまま吸収することになりますので、即効性が高く、効果を実感する方も多くいる方法といえるでしょう。

美容面においてのプラセンタ注射の効果は、しわやシミ、お肌の老化を予防改善する作用が高いと言われており、サプリメントなどの健康食品に比べると段違いに実感しやすいものになっています。
プラセンタサプリメントやスキンケア商品との併用で相乗効果を発揮することも人気の一つと言えます。

プラセンタ自体の効果として、細胞を活性化させるという作用があり、疲労回復といった面でも注目されています。

ビタミンやミネラルといった、人に必要な栄養成分も含んでいますから健康面でも効果を発揮するのがプラセンタなのです。それを直接体内に注入しますので、すぐにでも効果を感じたい方には手放せない治療方法となっているのは間違いありません。

プラセンタの保険適用範囲

保険が適用されるプラセンタ治療とは

現在治療の一端としてプラセンタ注射を実施する病院などが増えてきています。
実際保険範囲に入るプラセンタ治療にはどういうものがあるか調べてみました。

保険適用される治療

肝硬変・肝炎・肝機能障害
更年期障害
乳汁分泌不全

この3種の症状の場合は健康保険が適応可能です。
主にプラセンタ注射を製造している会社は2社あり、肝機能障害などの肝臓の病気の場合は「ラエンネック」が使用され、更年期障害や乳汁分泌不全などのホルモンバランスを整えるためには「メルスモン」が使用されます。

ラエンネックは1974年7月から販売使用されているプラセンタ注射です。
またメルスモンは1956年10月から販売使用されており2種類とも長く医療機関で使用されている安心できる製剤と言えるでしょう。

販売後2種とも特に重大な副作用もなく現在も使用されています。
軽度の副作用としては、注射部位を中心に倦怠感やだるさといったものは報告されています。これらの症状は数時間から数日で解消されるとされていますので、健康面に直接的に害があるものはありません。

美容界で使用されるものと違いこれらはヒト由来のプラセンタエキスが使用されていますから、万が一アレルギー反応を起こしてしまう可能性もあります。
治療に使用する場合は医師の指示に従うようにされてくださいね。

また保険適用外でのプラセンタ治療も数々ありますのでご紹介しておきますね。
適用外のものは自由診療という位置づけで医療機関で使用されているものになります。

したがって、取り扱う医療機関や美容クリニックによって費用も変わってきますから、もし以下の症状でプラセンタを使用しようと思うのでしたら、その点も考慮するようにされてくださいね。

保険適用外の治療

疲労・倦怠感の改善
うつ病・自律神経失調症
美肌・シワシミの改善・アトピー治療
花粉症
腰痛・肩こり

他にもまだまだありますが、上記のような場合は保険適用外となります。

プラセンタを使用した治療では、先にもあげたように特に大きな副作用はないとされていますが、不安に感じる場合もあるでしょう。
そういった時には必ず治療前に医師に不安点を述べて確認されるようにしてくださいね。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-プラセンタ
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.