ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

にきび

見た目もよくない鼻の下の吹き出物を改善するには?原因と対策は?

更新日:

一つできると気になってしまう吹き出物ですが、鼻の下にできた吹き出物はどうやって改善すればよいのでしょうか?他の人からの目も気になってしまう鼻の下の吹き出物の原因を知れば、事前に対策ができます。できてしまったあとの対策も紹介します。

鼻の下に吹き出物ができるのはなぜ?

額やあごのラインだけでなく、鼻の下に吹き出物ができてしまうのはどうしてなのでしょうか?その原因をチェックしておきましょう。

鼻の下は皮脂が多い場所

鼻の下は皮脂が多い場所です。鼻の下は乾燥しやすく、乾燥を防ぐために皮脂が多く分泌されるのです。多く分泌された皮脂が毛穴に詰まることで吹き出物になってしまうのです。また、鼻の下はつい手で触ってしまうことも多い場所です。髪・鼻周辺・あごを手で触るくせがあるという人もいるほどです。手はいろいろなものに触れるため、雑菌が多く繁殖しています。そのため雑菌の繁殖した不衛生な手で触ることで鼻の下に雑菌がつき、ニキビができたり悪化したりといったことが起こります。

内的な原因から起こる

十代の頃の思春期ニキビは皮脂の過剰分泌によって起こりますが、二十代以降のニキビは「吹き出物」と呼ばれ、さまざまな原因で起こります。中でも、ストレスや睡眠不足、栄養バランスの崩れなどでホルモンバランスが崩れることで吹き出物ができる事が多いのです。特に「黄体ホルモン(プロゲステロン)」が増えたり、男性ホルモンが優位な状態になってしまうと皮脂の分泌が増えるため、ニキビができやすいのです。

胃腸などの不調でもできる

胃腸の具合が悪いと肌荒れが起きやすいと言われています。腸内環境が悪化し、自律神経が乱れたり、ビタミン不足などがおきます。その結果、口内炎が出来るという人もいますし、吹き出物が出来るという人もいます。免疫細胞の多くは腸で作られますから、胃腸の調子が悪いと皮膚の常在菌が繁殖しやすくなってしまうのです。

花粉症の時期にもできやすい?

花粉症の時期に鼻の下に吹き出物ができた経験がある人もいるかもしれません。花粉症によって鼻をかむ回数が増えると、鼻の周辺が乾燥してかさかさしてきます。そのため、乾燥から肌を守ろうとして皮脂が多く分泌され、毛穴が詰まってニキビができるというメカニズムです。

鼻の下に吹き出物が出来やすくなる生活習慣とは

鼻の下に吹き出物が出来やすくなるような生活習慣があります。自分の生活習慣と比較してみましょう。

ストレス

ストレスは肌の健康に非常に大きな影響があります。女性ホルモンや成長ホルモンなどの分泌を司っている脳の視床下部はストレスに弱い器官です。ストレスを感じることで、視床下部からのホルモン分泌を促す信号が正常に出されず、ホルモンバランスが崩れてしまうのです。

疲労や睡眠不足

疲労がたまっていたり、睡眠不足だったりといったことも、吹き出物の原因になります。過度の疲労や睡眠不足によってホルモンバランスが崩れやすくなるのです。特に皮脂が多くなりがちなうえ、洗い忘れがちだったり、逆にごしごしこする刺激に弱い部位である鼻の下は影響が出やすくなります。

食生活の偏り

外食が多かったり、一人暮らしで栄養バランスが崩れたりすることでも吹き出物はできやすくなります。特に油っぽいものや甘いものをたくさん食べていたり、野菜や果物が不足するためにビタミン不足になると、吹き出物が出来やすくなります。

鼻の下の吹き出物を改善する方法は

鼻の下の吹き出物を改善する方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

生活習慣の改善

まずは生活習慣の改善から始めると良いでしょう。食事、疲労回復、ストレス解消などです。

バランスの取れた食事

外食中心の人は、出来るだけ自炊するようにしてみましょう。主食・主菜・副菜をキチンと揃えられると理想的ですが、時間がなくてなかなか自炊できないという人は、揚げ物など油が多く高カロリーなものを避け、野菜を1品加えるなど工夫をしてみましょう。ビタミンやミネラルが不足している場合はサプリメントの力を借りるというのも良いでしょう。

疲労回復

忙しさのあまりシャワーだけで済ませてしまうという人もいると思いますが、お湯に浸かることで疲労回復をしてみましょう。ぬるめのお湯にゆっくり浸かると副交感神経が優位になってリラックスできます。また、睡眠時間はしっかりとキープ出来るようにしましょう。夜ふかしをするとその分疲労は抜けにくくなります。また、女性ホルモンや成長ホルモンがもっとも分泌しやすいと言われている時間は午後10時から午前2時の間です。その時間にしっかりと体を休めておきましょう。

ストレス解消

仕事や人間関係などでストレスが溜まることも多いと思いますが、しっかりと解消できるようにしましょう。趣味にうちこんだり、人と話をしたりするのでも良いでしょう。適度に体を動かすと疲労回復にもストレス解消にも効果があります。散歩やストレッチ、ヨガなどのような激しくない運動も良いですよ。

やさしく洗顔

正しいやり方で洗顔することで、肌の乾燥を防ぐとともに不要な角質やホコリなどの汚れも落とすことができ、毛穴のつまりを防ぐことができます。洗顔料はしっかり泡立てて使うこと、ごしごしとこすらずに泡を転がすように洗うこと、すすぎをしっかりすることが大切です。すすぐときは熱いお湯を使うと肌に必要な皮脂まで落としてしまうため、35度前後のぬるめのお湯にするとよいでしょう。洗い終わったらタオルでゴシゴシ拭くのではなく、やさしく押し当てるようにして水分を取りましょう。

しっかり保湿

洗顔後はしっかり保湿して肌を良い状態に保つようにしましょう。たっぷりと化粧水をつけてうるおいを与えたら、美容液などを使って肌に栄養を与え、乳液をつけてフタをしてしまいましょう。十分に保湿することで皮脂の過剰分泌を防ぐことができますし、外部からの刺激に対する肌のバリア機能も正常に働きます。

鼻の下の吹き出物にやってはいけないこと

鼻の下に吹き出物ができてしまった場合、やってはいけないことがあります。注意しておけば十分にケアができますので、心得ておきましょう。

手でさわるのはNG

赤く炎症を起こしてしまっている赤ニキビの場合、特に手で触るのはNGです。手には雑菌が多いため、吹き出物が悪化してしまう可能性があります。炎症や化膿が悪化していくとダメージが真皮にまで達してしまい、ニキビ跡がクレーター状に残ってしまうこともあるのです。

早く治したい場合は皮膚科へ

赤く炎症を起こしてしまってる場合には、皮膚科を受診するというのも早く治す方法の一つです。最近ではドラッグストアなどで吹き出物の芯を取り出す「面皰圧子」という器具が売られていますが、炎症を起こす前であれば問題ありませんが、炎症を起こしたり化膿しているニキビでは、雑菌が入りやすくなるため、治りにくくなります。専門家の診察を受けた方がよいでしょう。

化粧品は刺激の少ないものを

ニキビには化粧品による刺激でも影響があります。化粧品はアルコールフリーのものなど、低刺激なものを使いましょう。化粧の落とし忘れもニキビが悪化する原因になりますので、しっかりと落とすようにしましょう。クレンジング剤も刺激が少ないものを選んで使うようにしましょう。

鼻の下の吹き出物は日々のケアが大切!

鼻の下に吹き出物が出来ると、隠したくなったり、誰にも会いたくないという気持ちになったりしてしまいますね。日頃から吹き出物ができないような生活習慣を心がけ、しっかりと洗顔、保湿を行うことで吹き出物を避けることができます。鼻の下は洗い残しも多い場所ですから、泡でやさしく洗うことを意識しましょう。吹き出物ができてしまっても落ち着いてケアをし、場合によっては早めに皮膚科を受診するようにしましょう。

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。

-にきび
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.