美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ランクラボ

スポーツ・アウトドア

鵞足炎って知ってる?動いて膝の内側が痛い人は鵞足炎かも

更新日:

スポーツなど動いているときもしくは動き終わった後に膝の内側が痛む場合は鵞足炎が考えられるかもしれません。

膝の内側に鈍い痛みが出ることが多く、膝の曲げ伸ばしをする動作によって誘発されます。

押さえると痛みを感じる圧痛も症状が進むと著明になってくるようです。

症状の進行の判断としては、軽度であればスポーツの後など動いた後に膝の内側に痛みを感じますが徐々に治まっていき、それ以外は問題ありません。

中等度ではスポーツをしている最中など動いている中でも痛みを感じるようになります。

この段階でも終われば徐々に治まっていくようです。

重度のものでは常時痛みを感じるようになり、日常生活に支障が出ます。

概ね中等度までのことが多く、無理できてしまうことから経過が長くなったり、せっかく治っても再発を繰り返したりといったことが多いようです。

ランニングなどで起こりやすいと言われている鵞足炎ですが、カッティングなどの切り替えしや膝の曲げ伸ばしが多いサッカー、バスケットボールなどのスポーツでも起こりやすいとされています。

スポーツをしている人であれば比較的どの年代にも起こり得るようです。

では次は、鵞足とはどのような意味なのかをみていきましょう。

 

鵞足に起こる炎症

鵞足炎とは、文字通り鵞足に起こる炎症です。

では鵞足とは膝の内側のどこを指すのでしょうか。

下腿を構成する骨である脛骨の内側に、複数の筋肉の腱が集まって付着している部位があります。

この部位に集まってくる筋肉の腱の形が鵞鳥の足のようにみえることから鵞足と呼ばれているようです。

具体的には、薄筋・縫工筋・半腱様筋の3つの筋肉が枝分かれするように鵞鳥の足のように脛骨などに付いているということです。

この3つの筋肉で構成される鵞足を浅鵞足と言い、もう一つ深鵞足と呼んで区別する場合もあります。

浅鵞足の3つの筋肉のうち半腱様筋は単独で5つほどに分かれて様々な部位に付着しており、深鵞足はこの半腱様筋の腱のみで構成されます。

この鵞足の部分には腱と骨もしくは皮膚や靭帯などとの摩擦を防ぐための組織があり、それを滑液包と言います。

膝の曲げ伸ばしや筋肉の収縮、腱の動きなどによって形を変えることでクッション材や潤滑油のはたらきをすることで滑らかな動きを可能にしているのです。

鵞足炎にはこの鵞足滑液包での炎症も含まれるということです。

鵞足炎が起こる原因としては、基本的には繰り返しの負荷が蓄積されていくことによるオーバーユースがほとんどとされています。

滑液包があるとはいえ繰り返し摩擦などの負荷が加わることで組織にダメージが蓄積されていきます。

その負荷が身体のもつ回復できる量を越えると症状が出てしまうということです。

これはどこにも問題がなくても起こりますし、O脚など膝や股関節、足首にアライメントの不良があればなおさら起こりやすくなります。

疲労状態やウォーミングアップの不足などコンディションの不良も鵞足炎を引き起こす一因となります。

 

鵞足炎の診断と治療

AdobeStock_67722990

鵞足炎はその特徴的な痛みの部位やスポーツ活動などの背景からおおまかな判断はつくようですが、鑑別しなければならない疾患としては脛骨の内側部分の骨折や骨腫瘍などがあります。

特に経過が長引いたり、安静にして痛みが引いてもスポーツなどで動くとすぐに痛みが再発する場合などは疲労骨折が疑われます。

疲労骨折はレントゲンに映らないことも多いので注意が必要です。

実際に受診した場合の流れとしては、まずは安静と内服薬や外用薬などで炎症を鎮めることからとされています。

炎症が続いてしまうと痛みや腫れなども続きますし、痛みで動かしにくいなど機能障害も続きます。

この状態が続くと少しの動作で痛みを感じるようになったり、動きに硬さが出てスムーズでなくなるなど悪循環にはまっていってしまいます。

まずは炎症を抑えることを重視しましょう。

内服薬や外用薬も利用して早期に炎症を抑えることが大切です。

また内服薬で処方される解熱鎮痛剤には胃に悪影響を及ぼすものもあります。

あまり薬に頼りすぎるのも良くないのでしっかり理解した上で服用しましょう。

これらに加えて、痛みなどで硬く縮こまってしまっている筋肉の緊張を緩めたり、負荷に耐えられるだけの筋力をつけるようなリハビリも行っていきます。

電気治療などの物理療法を行う場合も多いようです。

炎症を抑えることに加えて筋肉をフレッシュな状態に戻したり、負荷に耐えられる身体にしていくということですね。

このような治療で症状が軽快しない場合には、上記の骨折や骨腫瘍などの精査が行われます。

精査の方法としてはMRIが多いようです。

また変形性膝関節症に併せて鵞足炎が起こる場合も多くあるようです。

このような場合には膝への局所注射が行われる場合もあります。

スポーツなどでの鵞足炎で局所注射が選択されることはほとんどないとされています。

 

動き方を見直すこと

鵞足炎は上述のようにほとんどが中等度の損傷のことから無理できてしまうことが多く、それが原因で経過が長引いたり再発を繰り返してしまうとされています。

単純に疲労など繰り返しの負荷によることが原因であれば炎症を抑えて筋肉の状態を良くするという上記の処置でほとんど良くなります。

しかし中には繰り返して起こしてしまう人も多いのが実状です。

このような人は、一度自分の身体の使い方など動き方や姿勢などのアライメントを見直す必要があるということです。

変形性膝関節症に鵞足炎が併発しやすいと述べたように、構造的に問題があればやはり起こる可能性は高くなってしまいます。

また機能的にも負荷のかかる使い方をしていると一番負荷の多い場所で損傷が起こります。

鵞足炎の場合はそれが膝の内側ということです。

具体的には膝の曲げ伸ばしをするときに膝が内側にスライドするように動いてしまう場合や、足先が極端に外を向いてしまう場合などが挙げられます。

このような状態では膝の内側の筋肉は過剰にはたらくことになってしまいます。

過剰にはたらくことで立位など動作時のバランスをとったり膝の組織が損傷するのを防いでいるのです。

このような機能面での問題は、動いていないときには問題を示さないことも多くわかりづらいことから見逃されやすいです。

組織などの構造に問題もなく、安静にして痛みが引いたからといって復帰しても、この負担をかける動き自体が改善されない限りは必ずと言っていいほど再発してしまうのです。

 

病態を理解して再発防止を

AdobeStock_40822331

鵞足炎についてその病態や鵞足の構造、そして治療や治癒のために大切なことを紹介してきました。

鵞足炎については、他のスポーツ外傷などでも同じですがまずは炎症を抑えること、そして筋肉など組織の状態をしっかりフレッシュな状態に戻すことが重要とされています。

疲労などのコンディション不良で起こったものであればすぐに良くなりますが、中長引いたり再発を繰り返してしまう場合にはやはり動き方などの機能面のチェックも行いましょう。

自分ではなかなかチェックできない場合でも、整形外科や接骨院などでスポーツ外傷を多く取り扱っているところではしっかりみてくれると思います。

トレーナーがいればその人にみてもらうのも良いでしょう。

鵞足炎の病態や自身の場合の原因をしっかり理解することで再発防止や早期改善に努め、症状を気にすることなくスポーツを楽しみたいものですね。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。

-スポーツ・アウトドア
-,

Copyright© ランクラボ , 2018 All Rights Reserved.