健康

親知らずを抜くメリットとデメリット!抜かないほうがいいかも?

更新日:

ある程度年齢を重ねると、多くの人が悩まされる親知らず。

抜くべきなのか、抜かなくても良いのかはぜひ知っておきたいところですよね。

そこで今回は、親知らず抜歯について詳しくご紹介したいと思います。

 

 

親知らずとは

adobestock_6126289

親知らずは、奥歯の中でも最も奥に生えてくる歯のことを指します。

中には生えない人もいるのですが、一般的には18歳前後で生えることが多いと言われています。

親知らずは、真っ直ぐに生える分には何の問題もないのですが、現代の日本人には顎の小さい人が多く、歯の生えるためのスペースが足りずに横向きに生えてしまう場合が多いです。

そのため、虫歯になりやすくなったり、生える途中に痛みを感じたりといった問題点があります。

では抜歯すべきかどうかについてですが、抜くべきケースと抜かなくてもいいケースに分けてそれぞれご説明します。

 

抜いたほうがいいケース

親知らずを抜いたほうがいいケースとしては、親知らずが横向きや斜め向きに生えてしまっている場合です。

これを放置してしまうと、虫歯になりやすかったり、歯茎が炎症を起こしたりしてしまいます。

なお、すでに周辺の歯が虫歯になっていたり、歯周病になりかけている場合にはただちに抜くことをおすすめします。

 

抜かなくてもいいケース

親知らずがきちんとまっすぐ生えていたり、4本の親知らずがしっかりと噛み合わせられている場合には抜く必要はないでしょう。

基準については、歯医者でレントゲンを撮ってもらうことで医者からも詳しく説明を受けることができます。

 

親知らずを抜くことによるメリット

adobestock_55072723

親知らずの抜歯には、いくつかメリットがあります。

すでに生えかけている人、まだ生えていない人も、メリットについてよく理解しておくと良いかもしれません。

 

歯並びを悪くしない

横向きに生えてしまっている親知らずを放置していると、その圧力が他の歯にかかり全体の歯並びが崩れてしまう、というのはよくある話です。

特に、矯正治療の経験がある人の場合は、骨が固まっていないために後戻りが起こりやすいことから、歯並びが崩れるリスクは高いです。

親知らずを抜いてしまえば、歯並びが悪くなる心配もありません。

 

痛みがなくなる

親知らずが正常に生えていない場合は、歯茎が炎症を起こしたり、頬の内側がえぐられて傷がついたりする可能性があります。

一度治ったとしてもこれらの炎症は繰り返すおそれがありますが、抜いてしまえば痛みはさっぱりなくなります。

 

隣の歯の虫歯・歯周病リスクが減る

横向きの親知らずが生えていると、隣り合った歯の間のスペースが磨きづらかったりして、どうしても虫歯になりやすくなります。

また、歯ブラシが届きづらかったり痛みが発生しているとなかなか歯茎周辺を磨くことができず、歯周病にもなりやすくなります。

周りの歯や歯茎に悪影響を及ぼさないようにするためにも、横向き親知らずは抜いたほうが賢明ですね。

 

小顔になる

これは絶対とは言えないのですが、実際に親知らずを抜歯したことにより顔が小さくなったと感じた人は多いようです。

抜歯することにより、それを支えていた骨が少なからず痩せるためと言われています。

親知らず抜歯は怖いですが、特に女性にとっては奮い立たせてくれるようなメリットの一つではないでしょうか?

 

口臭の心配が減る

親知らずが生えていると、特に横向きに生えている場合には食べ物のカスが詰まりやすく、口の一番奥なので非常に磨きにくいために、口臭が発生してしまう可能性があります。

親知らずを抜けば、気になる口臭の心配も格段に減るでしょう。

今現在口臭に悩んでいる人は、実は親知らずが原因かもしれませんよ。

 

 

親知らず抜歯の主な手順

adobestock_103094533

親知らずがまっすぐ生えている場合には、普通の歯医者で抜くこともできますが、斜めや横向きに生えていたり、歯茎に完全に埋まっている場合には、口腔外科でいわゆる手術として抜歯をしてもらう必要があります。

 

まっすぐの場合には専用の器具を使用して抜歯をするだけなので、当然一番すんなりと抜くことができます。

 

やっかいなのは横向きに生えていたり歯茎に埋まっている場合です。

この場合には、歯茎を切開し、骨を削ったり歯を砕いたりする必要があります。

こう聞くととても恐ろしいもののように感じますが、手術の際にはきちんと麻酔をかけてもらえるため、手術中の痛みはほとんど感じません。

ただし、強靭な親知らずの場合には歯医者さんの力が必要になるので、顎が強く押されたり、骨をけずる音が頭に強く響いたりします。

不安になるかもしれませんが、歯医者さんの腕を信じて耐えれば、案外あっという間に抜歯は完了します。

抜いたあとには、歯茎を切開した場合縫合をし、ガーゼを噛んで止血をします。

 

もちろん、親知らずの生え方や程度によって多少の違いはありますが、以上が抜歯の一般的な流れになります。

 

抜歯後の注意点

adobestock_49117276

親知らず抜歯後、一番不安なのは痛みですよね。

数日間は辛い思いをするかもしれませんが、抜歯後の治りを少しでも早めるためにも、気を付けたい注意点がいくつかありますのでご紹介します。

 

うがいしすぎない

抜歯後は、血が気になったり、抜歯後の違和感などでつい何度もうがいをしがちかもしれませんが、ドライソケットになってしまう可能性があるので、頻繁なうがいは控えるようにしましょう。

ドライソケットとは、簡単に言うと抜歯後の骨がむき出しになって空気に触れてしまうような状態のことです。

基本的に、抜歯後の部分には血が固まったかさぶたのようなものができ、徐々に治っていくのですが、うがいのしすぎによりこのかさぶたができなかったりはがれてしまうことによって、ドライソケットになってしまうのです。

 

歯磨きは優しく

抜歯後の歯茎周辺は、とてもデリケートになっており、出血がしやすくなっています。

また、糸で縫合されている場合などは特に、ゴシゴシを激しく磨いてしまうと、傷つきやすいだけでなく糸も取れてしまう可能性があります。

少しでも早く傷跡を治癒させるためにも、周辺への刺激はなるべく与えないようにしましょう。

 

抜歯後すぐに食事をしない

抜歯するときには麻酔をされるわけですから、抜歯後にもしばらく麻酔は効いている状態になっています。

「痛くないから今のうちに…」と食事をしたくなるかもしれませんが、口の感覚が麻痺している状態で食事をしてしまえば、口を噛んでしまったりする可能性があります。

麻酔が切れてから、親知らず部分の痛みと自分で噛んだ痛み、両方を味わいたくはないですよね?

そのため、食事はしっかりと口の感覚が元に戻ってからするようにしましょう。

 

出された抗生物質は全て飲むこと

抜歯後数日経って、痛みがなくなったからといって歯医者から出された抗生物質を飲まないのは危険です。

なぜなら、異常な出血を経て傷ついている口内は非常に細菌感染しやすいためです。

感染してまた辛い思いをしないように、出された抗生物質は必ず全て飲み切るようにしましょう。

 

冷やしすぎない

抜歯後、痛みや腫れが治まらないからといって冷やし続けてしまうと、血行が悪くなって傷の治りが遅くなる可能性があります。

抜歯当日に少し冷やす程度なら問題ありませんが、腫れている間常に冷やし続けたりするのはやめたほうが良いでしょう。

 

 

まとめ

adobestock_104227539

いかがでしたでしょうか?

親知らずを抜いたほうがいいケースや、抜くことによるメリット、抜歯の詳細や抜いた後の注意点についてご紹介させていただきました。

親知らずは誰もが悩むことがあるであろう存在ですが、その正しい処置方法は実際に歯医者さんで診察をしてもらわないと分かりません。

不安であれば、まずは自分の親知らずがどうなっているのか、レントゲンを撮って確認してもらうことをおすすめします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-健康
-, ,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2018 All Rights Reserved.