ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

病気

子どもだけでなく大人もかかる中耳炎の原因と治し方

更新日:

幼児に多い中耳炎だが大人もかかる

AdobeStock_62173970

中耳炎とは主に細菌が耳の中に入ってしまうことで起こる疾患ですが、子どもに多いというイメージの人が多いのではないでしょうか。

自分が小さいときによくなっていたという人や、お子さんが中耳炎を起こしているという人もいるでしょう。実際に、中耳炎は大人に比較して子どもに多いとされています。

 

気付いていないだけで1歳までにほとんどの子が中耳炎になっていると言われていたり、小学校くらいまでの子では風邪を引くたびに中耳炎も起こしていると言われることもあるようです。中耳炎は治るまでに時間がかかったり、再発しやすい疾患とされています。この中耳炎は大人でもなる場合がある疾患です。

 

そんな中耳炎とは、どのような原因で起こるものなのでしょうか。そして中耳炎の治療はどのように進められるのでしょうか。中耳炎についてその病態や種類、そして治療方法を紹介していきます。

 

中耳炎の原因と症状

中耳とは耳の中の部位を指しますが、耳の穴の構造は鼓膜までを外耳、鼓膜から三半規管や耳石といった組織のある蝸牛までを中耳、蝸牛から内側を内耳と言います。

 

三半規管や耳石は平衡感覚に関連する組織です。中耳には鼓膜の振動を蝸牛に伝えるツチ骨・キヌタ骨・アブミ骨という小さな骨があり、これらを耳小骨と言います。耳小骨の中でもアブミ骨は人体で最小の骨です。

 

耳から入ってきた音は鼓膜を振動させ、耳小骨を介して蝸牛に伝えられます。そして蝸牛から内耳を走っている神経を介して脳に聴覚情報が伝えられるということですね。

 

中耳炎とは、その文字の示す通りこの中耳の部分での炎症ということです。中耳は耳管という管を通して鼻やのどとつながっています。鼻やのどから空気が入ることで鼓膜の聴力が保たれているのです。気圧の変化で耳に違和感が出るのはこのためです。

 

なぜ炎症が起こってしまうのかというと、風邪などによって細菌やウィルスが本来は空気の通り道である耳管を通して中耳に侵入することが原因とされています。特に子どもに起こりやすい理由としては、子どもは耳管の発達が十分ではないため構造が水平に近かったり長さが短いといったことが挙げられています。大人の耳管は垂直に近く、長さもあるため細菌やウィルスが侵入しにくいようです。

 

これは女性に膀胱炎が多くなりやすいことと同じですね。女性は男性に比して尿道が短いため、細菌が膀胱に達しやすいとされています。

 

これらの原因によって中耳に炎症が起こると、腫れ痛みが起こります。発熱する場合もあるようです。他に耳鳴りがしたり、耳が聞こえにくくなるといった症状が起こります。中耳炎の発症は急であり、突然腫れや痛みが起こってくるとされています。腫れや痛みは1週間、発熱は2~3日あれば引いていくようです。

 

しかし症状がこれらの治まっても中耳に炎症後の膿は残るとされています。この膿によって鼓膜の振動が起きにくくなり、聞こえにくいといった症状が残るようです。

膿が抜けていくのにも耳管を介するので、水平に近い子どもほど治りにくいということにもなります。

 

また鼻が詰まっていると排出が遅れるとも言われています。膿が完全に抜けるのに1ヶ月程度、長い場合は2~3ヶ月程度かかることもあるようです。痛みや腫れがなくなったからといって治っているわけではないというところに注意が必要とされています。

 

中耳炎の原因はおおまかに理解してもらえたでしょうか。次は中耳炎についてその種類をみていきましょう。

 

中耳炎の種類

AdobeStock_109795248

中耳炎は、まずは大まかに急性中耳炎と慢性中耳炎に分けられます。

急性中耳炎の症状が3ヶ月以上治らない場合に慢性中耳炎とされます。中耳炎にはもう1つ、滲出性中耳炎という分類があります。

 

滲出性中耳炎とは、急性中耳炎の痛みや腫れなどの症状が治まったあとで膿などが残った状態のものを指します。炎症などが起こるとその周囲の組織から浸出液という液体が出ます。この浸出液や膿が残っている状態のものを滲出性中耳炎と呼ぶということです。

 

つまり滲出性中耳炎は急性中耳炎が治っている時期のものとも言えますね。

 

中耳炎ではときに合併症を引き起こすこともあるようです。ほとんどまれなようですが、中耳からさらに内耳にまで感染と炎症が拡がってしまう内耳炎や、脳や脊髄を包む膜である髄膜に感染や炎症が及ぶ髄膜炎が挙げられています。

 

また急性中耳炎の再発を繰り返していたり慢性中耳炎の状態になってしまうと、鼓膜に穴が開いて機能しにくくなる鼓膜穿孔になることもあるようです。鼓膜穿孔では鼓膜が正常に振動できなくなることから聴力が低下し、人の声が聞こえにくくなったりテレビを大音量にしないと聞こえないという状態になるとされています。

 

中耳炎の原因や症状、種類などから病態がだんだんつかめてきたでしょうか。

次は、中耳炎の治療がどのように進んでいくのかをみていきましょう。

 

中耳炎の治療方法

中耳炎の治療方法は分類によって変わりますが、内容は子どもと大人で大きくは異ならないとされています。

急性中耳炎の場合にはまずは炎症症状の緩和を行うようです。主に投薬治療が行われます。通常は鎮痛剤などで済むようですが、炎症がひどい場合には抗生物質が処方されることもあるようです。

 

自分でできることとしては耳の周囲を冷やして炎症を鎮めるよう図ったり、鼻の通りを良くしておくことで膿や浸出液の排出を促すということが挙げられます。

 

膿が中耳に溜まると自然に鼓膜に穴が開いて排出されることもあるようです。その場合は外に出てきた分だけを拭き取る程度にしてあまりいじりすぎないようにしましょう。耳の穴には耳垢などを自然に排出する機能があるので膿も排出されるということです。量が多いなどの場合には耳鼻科で吸引してもらいましょう。

 

 

滲出性中耳炎の場合には、大切なことは1つとされています。

 

それは、しっかりと完治させるということです。

 

痛みや腫れが引いたからといって膿が排出されないままにしておくと再発の原因や慢性化する原因になってしまいます。吸引に通っている場合にはドクターの指示に従って通うことと、完治と言われるまでは1週間に一度くらいは診察を受けることが奨められています。

 

痛みではなく、膿が完全に排出され耳の聞こえ具合がしっかりと元に戻ることを基準にしましょう。

 

 

慢性中耳炎の場合には、鼓膜に小さな穴を開けてチューブを入れることが勧められるようです。時間が経つにつれて膿や浸出液もサラサラしたものからドロドロした粘液性の高いものに変わっていくとされています。粘度が高いと自然排出が困難かつさらに時間がかかるので、何らかの処置が必要となるようです。

 

チューブによって外耳と中耳の間を連絡し、排出を促します。鼓膜は破れても再生するので聴力に影響はありません。あまり行われないようですが、膿が多い場合などは鼓膜切開といって、チューブの場合よりも大きく切ることで排出を促すこともあるようです。

 

根気よく治療を継続してしっかり治すこと

AdobeStock_39147740

中耳炎についてその病態や種類、そして治療方法を紹介してきましたがいかがでしたか?中耳炎の病態から、完治には時間がかかることがわかってもらえたと思います。痛みなどの症状がなくなると治療もやめてしまいがちですが、完治するまで根気よく治療を継続していきましょう。

子どもの場合には中耳炎になっても症状を訴えることが少ないとされているので、呼びかけへの反応やテレビの音量など日常生活で早めに気付いて治療を受けさせたいものですね。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。

-病気
-

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.