ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

病気

【骨粗鬆症】予備軍にならないために!知っておきたい原因・予防法

更新日:

3人に1人が骨粗鬆症

adobestock_16114802

骨粗鬆症が健康寿命を損なうとして注目され出してから久しいですが、高齢者だけの問題ではないことも知っておく必要がある疾患です。骨粗鬆症は女性に多く、閉経が絡んでホルモンバランスが乱れることも1つの原因です。実際に、50歳以上の女性では3人に1人が骨粗鬆症であると言われています。その予備軍も入れると潜在的にはかなり多くなります。

 

また、高齢者だけでの問題ではないと述べたように若年者でも予備軍になっている可能性があるということです。骨粗鬆症まではいかなくても、それに近い状態の人は増えているようです。1つには、加工食品やインスタント食品などの摂取が挙げられます。現代人は特に骨がもろくなっているとも言われており、食生活の変化に関する原因などがメディアで紹介されて知っているという人も多いでしょう。

 

予備軍に入っている人は高率で骨粗鬆症を起こすということは自明のことですが、そもそも骨粗鬆症とはどのような疾患なのでしょうか。

今回は骨粗鬆症について、その病態や治療と予防を紹介していきます。

 

骨粗鬆症とは

adobestock_33216647

骨粗鬆症とは、骨の密度が低下して中身がスカスカになり骨折しやすい状態のことです。骨粗鬆症の人の骨の中が写されたものを見たことがある人もいるでしょう。まずは、骨粗鬆症の原因や症状、種類について理解していきましょう。

 

骨粗鬆症の原因

骨粗鬆症の原因としてまず挙がるのは、冒頭でも述べたように閉経に関連してホルモンバランスが崩れることです。女性ホルモンの1つであるエストロゲンは骨の新陳代謝に関与しています。ホルモンバランスの乱れによって骨の新陳代謝がうまくいかなくなることで骨密度が低下してしまうということです。

 

また、思春期の女性に多いのは無理なダイエットによる骨密度の低下です。必要な量の栄養を摂取していないことで、骨の成長にも影響が出ます。強くて丈夫な骨がつくられる時期であるはずの成長期には、過度のダイエットによる食事制限は良くありません。

そしてどの年代や男女に関わらず言えることは、運動不足は骨密度に影響するということです。骨への衝撃などの負荷によって新陳代謝も活発になり、強くて丈夫な骨となっていきます。適度に負荷を加えることはカルシウムの摂取と同じくらい重要とされています。

 

これらに加えて、喫煙や飲酒も骨密度を下げるリスクとなるとされているので喫煙はできれば止めて、飲酒はほどほどにすることが推奨されています。

閉経に関すること以外は自身でコントロールできるものなので、注意していきたいですね。

 

骨粗鬆症の症状

骨粗鬆症は骨密度の低下する疾患と述べましたが、骨密度の低下は自覚症状を起こしません。骨粗鬆症が起こっていることが疑われる症状としては、背中が丸まっているなど姿勢を真っ直ぐ保つことが困難であったり、腰や背中に痛みを感じることが多くなったということです。

これに加えて、2cm以上の身長の縮みがあった場合には骨粗鬆症が疑われるとされています。骨密度が低下して変形しやすくなっているので、背中を丸めた姿勢に変形しやすいということです。また、重力の影響で背骨が上下から圧迫されると、弱い骨では耐えきれずに潰れる形になってしまいます。

 

このような状態で尻もちなど転倒すると、背骨が折れたり手首が折れたりということにつながってしまうということです。長期間なかなか治らない頑固な腰痛が、実は骨折だったというケースはよくみられるとされています。

 

骨粗鬆症の種類

骨粗鬆症には原発性と二次性の2つの種類があります。二次性は続発性とも呼ばれ、何らかの疾患があって起こる場合や薬剤・治療の影響によって起こる場合の骨粗鬆症です。甲状腺疾患などのホルモンが関連する疾患や、白血病などの骨髄疾患、栄養素の欠乏疾患や自己免疫疾患など様々な疾患が原因として挙げられます。

 

薬剤の影響ではステロイド薬などが影響を及ぼすとされ、治療では骨折の固定期間が長すぎて起こる場合や胃を切除した後に起こる場合などがあるようです。

これらの二次性の骨粗鬆症はそれほど多くなく、女性では1割ほど、男性では半分ほどとされています。

つまり、女性の9割はこれから述べる原発性の骨粗鬆症とされています。原発性の骨粗鬆症には高回転型と低回転型とに分けられています。

 

高回転型の骨粗鬆症とは、上述したエストロゲンが関わるタイプです。エストロゲンが骨の新陳代謝に関わっていると述べましたが、骨の形成と吸収が普段はバランスよく行われているため骨は強度を保っています。しかし、エストロゲンが不足することで骨の吸収が多くなって形成が追いつかず、骨密度の低下を招いてしまうということです。

 

一方で低回転型とは、加齢などによってそもそも骨の新陳代謝が低下するということとされています。新陳代謝自体は起こっていますが、その量が足りないために古くてもろい骨になってしまうということです。

では次は、骨粗鬆症の治療や予防方法についてみていきましょう。

 

骨粗鬆症の治療と予防

adobestock_68197003

骨粗鬆症が疑われた場合には、その症状や骨密度の検査、血液検査などをもとに総合的に判断されるということです。治療や予防についてそれぞれみていきましょう。

 

骨粗鬆症の治療

骨粗鬆症の治療は、食事療法、運動療法、薬物療法の3つが行われます。

食事療法ではバランスを整えるとともに、カルシウムやマグネシウム、ビタミンDやビタミンKなど骨に必要な栄養素やそれらの栄養素の吸収を助ける栄養素を積極的に摂取することが推奨されます。牛乳や小魚、きのこ類、納豆や緑黄色野菜です。

また、冒頭で触れた加工食品やインスタント食品にはリンが多く含まれており、骨密度の低下リスクとなるので注意しましょう。

 

運動療法では骨に適度な刺激を与えることが目的として行われます。片足立ちやスクワットなどの運動の他、ウォーキングや可能であればジョギングなどです。ウォーキングなどで日光に当たると身体の中でビタミンDが活性化されると言われています。ずっと自宅にいるとビタミンDが活性されずに骨粗鬆症のリスクとなってしまうので、外に出る習慣も重要です。

 

薬物療法では、上記のタイプごとに骨吸収を防ぐ薬や骨形成を促す薬が処方されます。これらの薬は人によって違うので、処方された量をきちんと飲むようにしましょう。自己判断で中止しないことも重要です。

 

骨粗鬆症の予防

骨粗鬆症の予防方法としては、治療のところで述べた食事や運動によるものが最も簡単かつ効果の高いものとなります。必要な栄養はしっかりと摂取し、骨に適度な刺激を与えることで新陳代謝を維持しましょう。

定期的に骨密度を測るようにし、自身の骨密度を把握しておくことも大切です。病院では簡単に検査してもらうことができるので、一度受診してみましょう。

 

 

骨粗鬆症を予防して健康寿命を延ばそう!

adobestock_68307447

骨粗鬆症について、その病態や治療と予防を紹介してきましたがいかがでしたか?認知症や生活習慣病と並んで、寝たきりのリスクを増やす要因の1つとされているのが骨粗鬆症です。女性だけでなく男性でもなる場合があるので注意しましょう。

骨粗鬆症を予防することで、不意の転倒から寝たきりになってしまうというようなケースは減らすことができます。健康寿命を延ばすことで、自身だけでなく周囲の負担を減らすことができ、かつ自立して生活していくことができます。食事や運動に気を付け、まだ若いからといって放置しておくことのないようにしていきましょう。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。

-病気
-

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.