ダイエット

ダイエット中OKのお菓子まとめ。食べてもいいお菓子と食べるときの注意点

更新日:

ダイエット中の人にとって、お菓子は敵であると言っても過言ではありません!

 

せっかく食事制限をして頑張っていても、少しの気の緩みでお菓子を食べただけでそれまでの頑張りが水の泡になってしまうことだってあります。

とはいえ、大好きなものを食べられないというのはストレスの元…。

ストレスもダイエットの敵です(汗

 

「たまには息抜きにお菓子を食べたい!」と思うことだってありますよね。

そんな方のために今回は、

ダイエット中にお菓子を食べるときの注意点

ダイエット中に食べてもいいお菓子

をご紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

ダイエット中にお菓子を食べるときの注意点

ダイエット中のお菓子は控えるのが一番です。

しかし、どうしても我慢できなくなったときは、ストレスになるなら、食べたほうがいいです。

 

ダイエット中にお菓子を食べるときの4つの注意点をご紹介します。

この4つのポイントをしっかり守ればダイエット中のお菓子もOKです!

お菓子は寝る直前には食べない

お菓子だけではありませんが、夜は体を動かすことが少なくエネルギーの消費も少ない時間帯です。

特に、寝る前に何かを食べてしまうとそれがそのまま脂肪に変わってしまいます。

 

夕食後のリラックスタイムに甘いお菓子やお酒のおつまみが欲しくなる気持ちもわかります。

ですが、ダイエット中であれば心を鬼にして、我慢しましょう。

 

また、代謝を高めるためには質の良い睡眠も重要です。

寝る前にお菓子を食べると寝ている間も消化のために体が休まらず、浅い眠りになってしまいます。

最低でも、寝る時間の3時間前までにお菓子は終わらせておきましょう。

お菓子は食べすぎない

お菓子の中は、中毒性があるものもあります(そうおもいません?)

チョコレートなんかは特にそんな気がします

※本来は中毒性はないとされています。

 

おわかりとは思いますが、ダイエット中は、食べすぎないということが重要です。

そのため、ついつい食べてしまうような大好きなお菓子はそもそも買わないようにしましょう。

 

普通の食事でもお菓子でも、食べ過ぎてしまってはダイエットに繋がりません。

また、食事の量を抑えたとしても残りの空腹分をお菓子で埋めるようなことをしてしまっては台無しです。

 

お菓子を食べる時は、少しの量で満足できるようなのを食べるようにしましょう。

(のちほどおすすめのお菓子をご紹介します。)

GI値の高いものは食べない

GI値とは、その食べ物を食べたときの血糖値の上がりやすさを表した数字です。

つい食べたくなってしまうようなお菓子はGI値の高いものが多いです。

 

血糖値が上昇するとその分、栄養として吸収してると思っても間違いではありません。

そのため、ダイエット中のお菓子は、なるべくGI値の低いものを選んで食べるようにしましょう。

お菓子は温かい飲み物と一緒に食べる

お菓子だけを食べたり、冷たい飲み物とお菓子を食べるのはNGです。

この組み合わせは、ついつい食べ過ぎてしまいます。

 

お菓子は、温かい飲み物を飲みながらたべると高い満足感を感じることができます。

紅茶やコーヒーなど、砂糖をいれずないようにして、お菓子と一緒に食べれば満足感も高くなりますのでおすすめです。

※量はできるだけ少なめに!

ダイエット中でもOKのおすすめのお菓子

ゼリー

ゼリーと一口に言っても、おすすめなのは0カロリーのゼリーです。

今やスーパーやコンビニでも、たくさんの0カロリーゼリーが並んでいますよね。

 

カロリー0ではあれどもいろいろな味がありますし、甘みも感じられるのでちょっとした息抜きに食べるのにも最適です。

ヨーグルト

ヨーグルトは、空腹感を抑えられるだけでなく整腸作用がある食品なので、美容にも効果があります。

低脂肪や脂肪0が売りの商品もたくさんあるので、ダイエット中であればそのような商品を積極的に選ぶようにすると良いでしょう。

 

味がついているものよりはプレーンのものがおすすめです。

あたりめ

お菓子というよりはおつまみのイメージが強いかもしれませんね。

あたりめ自体は塩分もあるためたくさん食べればもちろん高カロリーになってしまいます

半面、噛み応えがあるため少しの量でも満足しやすいというメリットがあります。

ナッツ類

アーモンドやカシューナッツなど、様々なナッツが入った商品がおつまみとして売られていることも多いですよね。

ただし、ダイエット中におすすめしたいのはこのようなおつまみ用の濃い味のナッツではなく、塩分を極力控えてつくられたナッツです。

 

いろいろな味が入っていれば飽きることもありませんし、一粒一粒をゆっくり噛み締めながら食べれば満腹感を感じやすくなります。

ドライフルーツ

ドライフルーツは、生のフルーツよりもたくさんの栄養素が凝縮されていると言われています。

食物繊維が豊富で腹持ちも良いので、ダイエットには最適なお菓子です。

 

一度食べてみれば、その独特のおいしさについはまってしまうかもしれませんよ。

お菓子を食べたい気持ちを我慢するには?

ガムを噛む

ガムを噛んでいると、自然と満腹中枢が刺激されお菓子を食べたいという気持ちを抑えることができます。

ガム自体糖分の少ないものを選べばカロリーの心配もいりません。

口さみしくてどうしてもお菓子に手が伸びてしまう…という人はガムを常備してみてはいかがですか?

周りにお菓子を置かない

目に届くところにお菓子があると、どうしても食べたい気持ちに負けてしまいます。

そうであれば、視界に入れないのが一番の解決法。取り出すのが面倒くさいところに置いたり、そもそも買い物に行ってもお菓子を買わないようにするのがベストです。

水分をたくさんとる

小腹がすいたな、と思ったらその都度水を飲んでみましょう。

食べ物ではなくても、水を飲むだけでも意外とお腹は膨れるものです。

 

なお、冷たい水は体を冷やしてしまうので、常温や白湯にして飲むのがおすすめです。

意識してたくさんの水を飲むことで老廃物も流すことができるので、ダイエットにも効果的なんですよ。

他のことに気持ちを向ける

暇だったり手が空いたときなどについついお菓子に手が伸びてしまうという人も多いのではないでしょうか?

 

手持ち無沙汰になるたびにお菓子を食べてしまうようでは、せっかくのダイエットも成功させることは難しくなってしまうでしょう。

 

お菓子に気が向かないようにするためには、その他のことに気持ちを向けるようにすることも効果的です。

やらなければいけないことを事前に決めておいたり、時間ができたときにやることを用意しておくと良いと思います。

 

番外編 お菓子を食べてダイエット?

私たちの胃袋を掴んで離さない、おいしいお菓子。そんなお菓子をたくさん食べているのに痩せるなんて、にわかに信じられない話ですよね。

 

でも巷では、「お菓子ダイエット」なんてダイエット方法があるのをご存知ですか?

その名の通りお菓子だけを食べるダイエットなのですが、油分や糖分たっぷりのお菓子ばかりを食べたら太るに決まってる!

ときっとおそらく多くの人は思うでしょう。

 

お菓子ダイエットで痩せる秘密は、ずばり「お菓子が持つ栄養分」にあります。

いや、「お菓子の栄養分のなさ」とも言えるかもしれません。

 

お菓子ダイエットで体重が減ったと思っても、それは健康的に脂肪が落ちているというわけでは決してなく、簡単に言えば栄養失調になっているのです。

 

最近では栄養素をたくさん含んだお菓子なども販売されていますが、所詮お菓子はお菓子。

ご飯や野菜、肉などのバランスの良い食事に比べてみれば、食事の代わりには到底ならないものです。

その結果、栄養失調という状態をもたらします。

 

ただし、これはお菓子「だけ」を食べた場合の話です。

食事制限や運動などでダイエットをしているときにお菓子を食べるのとは話が別。

お菓子以外の他の食事を食べながらもお菓子を食べるというのは、栄養失調どころかカロリーオーバーを避けられません。

 

食事制限をしつつ、何も考えずにお菓子も食べているようでは制限の意味もなくなってしまいます。

 

覚えておきたいのは、基本的にダイエット中にお菓子を食べるというのはダイエットの妨げになる可能性が高くなります。

反対にお菓子ばかりを口にしていれば栄養が足りずに体調を壊してしまうということです。

最後に

ダイエット中には、食べちゃいけない…と思いつつもついついお菓子を口にしたくなってしまいますよね。

そんなとき我慢できればもちろん一番ですが、ダイエット中でも食べられるお菓子もあります

 

無理をしない程度に少しだけお菓子を取り入れるようにするのも良いかと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-ダイエット
-, ,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2019 All Rights Reserved.