ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

脱毛

【フラッシュ脱毛の注意点】後悔しないための対策と基礎知識

更新日:

フラッシュ脱毛時の注意点とは何か?

フラッシュ脱毛器が家庭用の脱毛器として登場してから、多くの人に使用されるようになってきました。

レーザー脱毛器と比較して、フラッシュ脱毛器は肌にかかる負担が少ないので、より安心してむだ毛処理が可能ですが、やり方によっては肌トラブルを引き起こす可能性があるのです。それから、脱毛サロンでフラッシュ脱毛を受けるときにも注意点があります。

今回は、脱毛サロンでフラッシュ脱毛を受ける際の注意点をみていきましょう。

日焼けに注意する

フラッシュ脱毛器は、黒色だけに反応します。そうはいっても、肌に全然負担をかけないわけではないのです。

フラッシュにより、肌にかかる負担をかなり抑制してはいますが、それでもフラッシュをあてた後は肌がダメージを負った状態になります。

このため、フラッシュ脱毛をした後に、肌を直接日光にさらしてしまうと、肌トラブルが起きてシミソバカスの原因になる可能性が高いのです。また、日焼けした状態では、肌がダメージを負っていますから、日焼けした後にフラッシュ脱毛器を利用するのもいけません。

火傷の可能性

脱毛サロンは教育を受けたプロのスタッフが施術してくれるので、トラブルを引き起こすことはまれですが、それでもエステティシャンのスキル不足があれば火傷になることがあります。

脱毛サロンで利用するフラッシュ脱毛器は、家庭用のフラッシュ脱毛器よりも出力が強いですから、火傷を招く可能性があるのです。

火傷などのトラブルを避けるには、あらかじめリサーチして、エステティシャンのスキルが充分高い脱毛エステサロンを選択することが大切でしょう。

ピルを飲んでいるときでも脱毛サロンに通えるの?

脱毛サロンに通いたいと思う女性は増えていますから、中にはピルを飲んでいる人もいるでしょう。ピルを飲む人も以前より増えてきたようです。

生理のタイミングを調節することや避妊に利用するため、ピルは多くの人に使われています。脱毛サロンでは、生理中や妊娠中は施術ができません。ホルモンバランスが崩れていて、肌にかかる負担が大きくなってしまうためです。

生理中や妊娠中に脱毛サロンに通えないので、ピルを飲んでいる人も脱毛サロンで施術できないと考えている人も多いかも知れません。しかし、低用量のピルならば、脱毛サロンで施術することは可能なのです。

ピルを飲むと、身体は疑似妊娠の状態になります。そして排卵を抑制するのですが、身体の毛に変化があるわけではありません。

本当の妊娠時には、非妊娠時よりもホルモン分泌量が変化して、肌や体毛に影響があるのですが、ピルを飲んだだけではホルモンの分泌量は5分の1以下ですから、体毛に変化はみられないのです。

それに、定量量のピルにはホルモンバランスを改善する効果もあるのです。ですから、脱毛サロンに通って施術を受けることができるのです。

実際に、低量用のピルを飲んで脱毛サロンを利用している人はいますから、心配なら施術前のカウンセリングのときにスタッフに相談すると良いでしょう。ただし、脱毛施術を受けるにあたって注意しなければいけない点があります。

1.低量用ピルは飲み続けること
低量用ピルは飲み続けていないと、ホルモンバランスを乱す要因になります。脱毛サロンに通い続けている間は、忘れないでピルを飲み続けてください。

2.服用しはじめの頃は施術を受けない
ピルを飲み始めたばかりの頃は、ホルモンバランスがまだ整っていません。少なくても飲み始めてから3ヶ月以上経過してから脱毛を行うべきです。

脱毛施術後の火傷はすぐに処置しましょう

AdobeStock_81469574

脱毛エステサロンで施術してもらったときに起きる可能性のあるトラブルは火傷です。肌が弱っていたり、ジェルの塗布が薄かったり、脱毛マシンの出力が強過ぎたりした場合、火傷を起こしてしまうことがあります。

そうはいっても、大きな火傷ならともかく軽い火傷は意外に気付きにくいのです。火傷をそのままにしてしまうと、跡が残ってしまうことがありますから、すぐに火傷の処置をしなければいけません。

施術をしているエステティシャンがもちろんすぐに発見してくれるはずですが、自分自身のことですから、自ら火傷の可能性を知っておくことは重要ですね。

今回は、火傷を発見するにはどうすれば良いのかについてご紹介します。

ほかの部位よりも熱く感じる

脱毛の施術を受けると、その部分はほてった感じがするので、全体的に身体が温かくなっている感じを受けるでしょう。そんな中でも、長時間熱いと感じる部位があれば、その箇所が火傷をしているかも知れません。

ほかの部位よりも熱く感じる場所があれば、施術してくれたスタッフに告げてみましょう。

施術中にバチッと音がした場合

脱毛施術中にバチッと音がするときがあります。音がなったときには火傷をした可能性があるのですが、音に対しては担当のエステティシャンも分かりやすいので、何らかの処置をしてくれるはずです。

万が一、何らかの処置をしてくれなかったときには、自分でも音に対する指摘をしてみて確認した方が良いでしょう。

冷却後もまだ熱く感じる

脱毛施術後はきちんと冷却してくれるのですが、冷却後でも熱く感じるのなら、火傷をしているかも知れません。脱毛した箇所が熱いのならば、すぐに担当のスタッフに告げて確認をとってみてください。

以上、火傷を自分でも発見するにはどうすれば良いのかについてみてきましたが、現在では多くの脱毛エステサロンがクリニックなどの医療機関と提携しているので、火傷をしてしまったときにもすぐに対策をしてもらえます。

キレイになるために脱毛しているのに、そのせいで肌トラブルを招いてしまったら何にもなりませんから、そのままにせずに即治療してもらうことが重要なのです。

女性のヒゲ脱毛について

AdobeStock_37960557

至近距離で顔をみられる場合、顔の産毛の剃り残し、とくにヒゲに気付かれないかと緊張してしまうことがありますね。もちろん化粧の乱れや毛穴なども気になるでしょうが、ヒゲが生えているととても恥ずかしいものです。

顔の産毛のケアは結構大変ですが、男性は女性はヒゲがないと思っている人も多いようです。男性と同じに女性にも産毛に近いヒゲは生えて当然なのですが、なくて当たり前という認識だと余計に入念にお手入れする必要がありますね。

しかし、ヒゲが生えている場所の皮膚はデリケートで傷つきやすいですから、正しい脱毛をしないと肌トラブルを招いてしまう結果にもなりかねません。

今回は、脱毛サロンでのヒゲ脱毛に関するお話です。

ヒゲが気にならない場合はわざわざ施術しない

口と鼻の間の部分は火傷しやすいので、脱毛サロンでも慎重になる部位です。

ヘルペスができやすい場所でもあり、以前出来ていた場所に照射してしまうと、またヘルペスが再発してしまう可能性があるので、無理に脱毛することはないでしょう。

ヘルペスなどがなくても、それほどヒゲが気にならないのならば、わざわざ施術しなくても良い部位でもありますね。

顔用のヘッドを使用する

ヒゲがある鼻の下部分はとても狭いスペースです。顔用のヘッドを使用しないと間違った部位に照射してしまう結果となり、失敗すれば肌トラブルを招いてしまう可能性も高いです。

顔用のヘッドを使えば、ヒゲが生えている箇所にきちんと照射しやすく、的確な脱毛ができるのです。

脱毛サロンによっては、はじめから顔用に作られたヘッドがなかったり、用意されていても顔用のヘッドを使わないでフラッシュ脱毛をしようとする場合があるかも知れません。

もし、サロンで顔用のヘッドを使わないことがあったら、納得のいくまで説明を受けましょう。説明を受けてもまだ不安に感じるときには、そのサロンで脱毛するのは止めた方が良いでしょう。

顔は一番目立つ部位ですし、肌もデリケートで傷つきやすいです。ほかの部位を脱毛するときも同様ですが、なかでも顔などを施術するときには事前の説明を充分に受けておく必要があります。

自分できちんと確認せずに、サロン任せにしてしまって後悔したのでは取り返しがつきません。自分で納得して脱毛施術することが重要なのです。

 

脱毛・全身脱毛を検討してる人は、こちらで詳しく解説しています。
↓↓↓↓↓↓↓

脱毛サロンの選び方と人気のサロン5選

 

 

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

続きを見る

-脱毛
-, , , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.