ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

美容

ノンシリコンシャンプーが髪にいいってホント?おすすめは?

更新日:

以前はシャンプーにシリコンが使われているものが主でしたが、最近ではノンシリコンシャンプーもたくさん展開されています。CMなどでも、「ノンシリコン」という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

 

でも、シリコンやノンシリコンと言われてもシャンプーに詳しくない限りよく分かりませんよね。そこで今回は、ノンシリコンシャンプーについて気になることを詳しくご紹介したいと思います! 興味のある方はぜひ参考にしてもらえればと思います。

ノンシリコンシャンプーとは

シャンプーやトリートメントに使われるシリコンは、髪の毛をコーティングしたり指通りをよくしたりする役割があります。これだけ聞くとシリコンは良い成分のように感じるかもしれませんが、逆に言えば髪をコーティングしている「だけ」なので、髪を洗うシャンプーとしてはあまり良いものではないとも言われているんです。

 

また、シリコンが入っているシャンプーには洗浄成分の強い「ラウリル硫酸Na」や「ラウレス硫酸Na」が配合されていることが多いです。シリコンが悪というよりも、これらの成分が髪や頭皮にダメージを与えることから避けるべきであるとも言われています。

 

ノンシリコンシャンプーの場合、当然シリコンは入っておらず髪や頭皮に対してもやさしいつくりになっています。ただしシリコンシャンプーと違ってコーティングする成分が入っていないため、人によっては髪のきしみを感じる場合もあります。

 

シャンプーにナチュラル感を求めている人にはぴったりのシャンプーと言えますね。

薬用シャンプーにもノンシリコンがある

薬用シャンプーと普通のシャンプーの違いをご存知でしょうか? 薬用シャンプーとは、いわゆる医薬部外品の一種です。フケやかゆみを防いだり、頭皮の状態を健康にする効果が期待されるものです。薬用シャンプーと謳っていないシャンプーの場合は、同様の効果があったとしてもそれを記載することはできないのです。

 

「シリコンは悪いもの」というわけではないのですが、頭皮にすすぎ残しがあると炎症を引き起こしたり、育毛を阻害する可能性があると言われています。この点を加味すると、薬用シャンプーで頭皮や髪の状態を改善したい人にとってはシリコンはなるべく避けたいと感じるかもしれません。

 

安心してほしいのは、「薬用ノンシリコンシャンプー」もきちんと存在するということです。医薬部外品としての効果をしっかりと得ながら、かつ頭皮や髪にも優しく使用できます。

ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリット

メリット

ノンシリコンシャンプーを使えば、頭皮の健康を維持することができます。シリコンシャンプーに比べると、洗い上がりがさっぱりしているのが特徴です。

 

また、頻繁にカラーやパーマをする方も多いと思いますが、ノンシリコンシャンプーには髪に付着するシリコンなどの成分が配合されていないため、カラーもパーマも長持ちしやすいというメリットがあります。

 

短期間でとれてしまう原因がシリコンシャンプーだったとしたら、ノンシリコンシャンプーに変えるだけでも持ちは格段に変わるはずですよ。

デメリット

ノンシリコンシャンプーを使うということは、髪へのコーティングがなくなるということです。ダメージは少なくなるように感じますが、すでに傷みが進行してしまっているような髪の場合は逆にさらに傷めてしまうことにもなりかねません。

 

また、シャンプー後に乾かす際にも同様です。シリコンはドライヤーの熱から髪を守る効果もありましたが、それがなくなるとなると熱は髪へ直撃。何もケアしないままに乾かそうとすると熱で乾燥したり枝毛になりやすくなったりします。

オーガニックシャンプーとの違いは?

オーガニックとは、農薬や人工の肥料を使わずに生産された材料のことを指します。つまりオーガニックシャンプーとは、そんな製法によってつくられた材料の成分を使った体にやさしいシャンプーのことです。

 

ただし、実はすべてのオーガニックシャンプーが体にやさしい成分のみを使っているというわけではありません。少しだけ配合されているだけでも「オーガニックシャンプー」として販売されていることもあるのです。

 

要約すると、ノンシリコンシャンプーはシリコンが配合されていないシャンプーで、オーガニックシャンプーはオーガニック農法でつくられた原材料が少しでも配合されているシャンプーということになるでしょうか。

 

どちらも体にやさしいという点では同じですが、厳密には違う意味であることが分かりますよね。

ノンシリコンシャンプーはきしみがある?

これまで長年シリコンシャンプーを使用してきた人が突然ノンシリコンシャンプーを使い始めると、髪を濡らしたときに今まで感じなかったようなきしみを感じるのはよくあることです。これは、シリコンによるコーティングがなくなったことによるものです。

 

しかし、シリコンシャンプーからノンシリコンシャンプーに変えただけで必ずきしむということでもありません。髪がきしむのは、髪が傷んでいる証拠です。シリコンシャンプーのコーティング能力に頼ってダメージを隠してきたのが、ノンシリコンシャンプーに切り替えたことによってコーティングが剥がれおちて本来の髪が露出しているようなイメージです。

 

逆に言えば、これまでずっとシリコンシャンプーを使っていたとしても髪本来にダメージがなければノンシリコンシャンプーできしむこともありません。

 

ただし、ノンシリコンシャンプーを使っている間はずっときしんでいるというわけではないのです。ノンシリコンシャンプーを使い続けていると、シリコンシャンプーを使っているときのように頻繁に髪のキューティクルが剥がれることがないので、徐々に髪の状態がよくなっていきます。

 

使い始めたうちはきしみに悩むこともあるかもしれませんが、しばらく使えば髪の変化を実感することができるはずです。もちろん、ドライヤーで乾かす前に熱予防のオイルを使ったり髪の扱い方に気をつけたりする必要はありますが、すぐに「きしみがひどいからやっぱりノンシリコンシャンプーはやめよう」と決断するのはちょっと待ってみましょう。

 

ノンシリコンシャンプーの使用を考え直すべきなのは、いくら頑張ってケアしても髪の状態が悪くなるばかりであるときです。

ノンシリコンシャンプーが合わない人もいる

ノンシリコンシャンプーは確かに体にやさしいシャンプーですが、誰にでも合うわけではありません。ノンシリコンシャンプーが合うのは、以下のような人です。

 

・髪が細い

・髪にボリュームがない

・髪の傷みが少ない

・ヘアアイロンなどの使用が少ない

 

このような人の場合、ノンシリコンシャンプーにシフトしてもとうに違和感を抱くことなく使用できるでしょう。

 

上記とは真逆の人の場合、ノンシリコンシャンプーを使うと正直思うような効果は得られないことが多いです。頭皮や髪にやさしく使えると思っても、すでに傷んでいる髪、太くて量が多い髪に対してはあまり変化がないどころか、ダメージを増加させてしまいかねません。

 

そのため、ノンシリコンシャンプーはすべての人におすすめできるものではなく、髪質によってはシリコンシャンプーを使ったほうが良いと言えます。ノンシリコンシャンプーを信じてとりあえず使ってみよう、ではなく、自分の髪質や髪の状態とよく向き合ってから使用するシャンプーを決めるようにしましょう。

 

必ずしもシリコン=悪ではないということを覚えておいてください。

おすすめのノンシリコンシャンプー

・ディアボーテ HIMAWARI

ひまわりエキスを使用し、髪のゆがみを改善することを目的としたシャンプーです。ドラッグストアなどでも購入できる安価なシャンプーなので、ノンシリコンシャンプーデビューの方にもおすすめです。

・ボタニスト

一度は聞いたことがある、見たことがある人も多いのではないでしょうか? ボタニストは、世界中に愛用者が多いノンシリコンシャンプーです。さらっとした仕上がりになるのが特徴です。

・haru

多くの製品がシャンプーとトリートメントに分かれている中、このharuはトリートメントが不要のシャンプーです。「トリートメントしなくて大丈夫なの?」と不安な方もいると思いますが、そんな心配は一切いらないほどの潤いを実感できます。

最後に

世間で話題のノンシリコンシャンプーですが、どういうものなのかよく知らない人も多いと思います。髪や頭皮に優しいシャンプーであることは間違いないですが、使用に関しては人によって合う合わないがあるのも事実です。

 

「ノンシリコンシャンプーなら間違いない!」と思いこんでとりあえずノンシリコンシャンプーを選ぶのではなく、自分の髪とよく向き合って自分に合ったシャンプーを使うことをおすすめします。

The following two tabs change content below.
編集部:犬ドック

編集部:犬ドック

ふざけたペンネームですが、記事内容はいたって真面目です(笑)誰にでもわかりやすく、また参考になるような内容を心掛けて日々記事を投稿しています。

-美容
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.