ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ニキビケア

ニキビにいいジェルの選び方や使い方☆ニキビ対策しよう!

更新日:

ニキビにいいジェルの主な成分って?

ニキビに良いとされるジェルの成分というのは、実際には多くあります。

ニキビの炎症を抑える・肌のターンオーバーを活性化してくれる・美白・保湿・肌を守るなどといったニキビを予防する上で必要な成分があります。

その中でもニキビを治す上で、一番大切な成分が保湿と肌を守る事だと言われています。

ニキビというのは肌が乾燥している事から出来てしまいますので、肌に潤いを与えてあげないといけないのです。

この潤い成分がないとニキビを治す事は出来ないと言われています。

ニキビの保湿に必要な成分としては、セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸などがあります。

セラミドは潤いを細胞の隙間まで埋めてくれて、外的刺激からのバリア機能を高めてくれます。

このセラミド成分不足によってニキビが出来やすくなりますので、しっかりと成分を与えてあげましょう。

またビタミンC誘導体は、即効性が高く効果が長く続くVCエチルという成分に良い影響を与えて長い時間肌を守ってくれます。

またビタミンC誘導体にはニキビ予防や改善だけでなく肌を引き締める効果もあります。

あとは成分として肌に刺激を与えない植物成分の製品が多いと思います。

敏感肌や変わりやすい肌を持っている方には刺激が優しくて少ない植物成分で、ニキビを治してくれます。

自分で肌が弱いなと思う人は、肌に優しい成分が入っているかどうかを確かめてから購入をしないと、逆効果になってしまいますのでご注意して下さい。

また成分の効果が分からない人は、ネット検索にてどんな効果をもたらせてくれるのか調べてから判断をするようにしましょう。

 

 

化粧水はニキビにいいのか?

ニキビが出来てしまえば、人目に付いてしまいます。

ですので、どうしても気になってしまいますし嫌な気分になってしまうものです。

ニキビが出来ないように予防する為には、お手入れをしないといけないのです。

ニキビは乾燥が原因で出来てしまう場合もあるので、保湿が必要になっていきます。

化粧水というのは何の為に使用しているのはご存知でしょうか、ただただお風呂上りで肌が乾燥しているから化粧水を使用しているのではないのです。

洗顔した後に化粧水を使うのにはちゃんとした理由があります。

洗顔によって皮脂の量が減ってくるので、角質が薄くなってしまったお肌に潤いを与えてあげて肌荒れや乾燥肌を予防する為に化粧水を使っているのです。

またその後に乳液や美容液・クリームを使用するのは、より肌に浸透しやすくする為なのです。

乾燥肌を予防する事は、しいてはニキビを予防する為にも繋がってくるのです。

また化粧水の種類によっては、ニキビ予防にとって最適な成分も含まれていますので化粧水で肌に潤いを与えてあげてお肌を活性化させてあげましょう。

化粧水を使うのはいいのですが、過剰にも化粧水を与えすぎる悪影響にもなります。

また乳液など脂分を多く肌に与えすぎるのも、毛穴を詰まらせる原因に成りかねますので、化粧水なども適量を使う事でニキビ防止に繋がってくるので、しっかりとスキンケアをする事が大事となっていきます。

化粧水の量は種類によって違うので記載されている量を守ってお使いください。

ニキビにいいジェル@おすすめ人気ランキング

消えないニキビ跡を治すには?

11-27-3ニキビの種類によっては、ニキビ跡が残るものと残らないものとがあります。

でもニキビ跡が残ってしまう場合、どうしかして改善させたいと考えるものです。

その消えないニキビ跡を消すには、普通のニキビケアだけの商品では消えない場合も多いです。

そんな時にはニキビ跡専用の化粧水があるので、そちらの方がより高い効果があります。

なぜニキビ跡が消えないのかというと、ニキビケアにおいて安い商品では肌の奥までの浸透力が弱くて届いていないからニキビが完全に治っていない場合が多いのです。

ニキビ跡専用の化粧水は値段が高めで高浸透型の美容液や化粧水がありますが、効果は絶大です。

使ってみるとすぐに分かるのですが、ニキビができる数も減っていき急に肌質を変えてくれてキレイになっていくのです。

ニキビ跡が残ってしまう方には、ニキビ跡専用の化粧水をオススメします。

また凸凹なニキビ跡の方もいます、これにはナノコラーゲンやナノヒアルロン酸といった細かい粒子の成分が効果があります。

分子が細かい他の成分としてプラセンタ・セラミド・コラーゲンといったものが肌のハリを元に戻してくれます。

他には赤みを帯びたニキビ跡が残る場合もあります、これにはニキビ炎症での色素が残ってしまっているので高浸透の美白成分が効果的になります。

ダーマホワイト・ビタミンC誘導体がケアしてくれます。

炎症は治っているので色素が沈着しているだけなのです。

ニキビ跡は嫌ですが、しっかり治さないでいるといつまでもそのままで残ってしまうのできちんとケアをしてあげましょう。

 

 

ニキビクリームの選び方

ニキビ肌には様々なタイプの商品があります、クリーム・ジェル・ピーリング・化粧水・洗顔料・ローション・乳液・石鹸などがあります。

その中でも脂分が多いクリームでは肌がベタベタとしてしまうので好まないという方もいます。

でもこの脂は別にニキビとは関係のないものなのです。

クリームの役割としては、スキンケアで美容液や化粧水の成分を肌に浸透させてから、クリームを塗ると肌にしっかりと栄養ある成分を閉じ込めてくれる働きをしてくれているのです。

ニキビ改善してくれるクリーム選びには、保湿成分がしっかりと配合されているクリームがオススメとなります。

ヒアルロン酸は、水分を蓄えてくれる保水力が高くて、乾燥している肌に潤いを与えてくれて予防・改善をしてくれます。

コラーゲンは有名ですが、保湿力がとても高くて体の新陳代謝を促してくれる働きをしてくれます。

またエイジング効果・美白効果でも使われる成分で女性には嬉しい成分となります。

セラミドは保湿効果もありますが、肌を外的刺激から守ってくれるバリア機能も持っています。

細胞に含まれる脂質の主成分となっているので他の保湿成分の効果も発揮してくれるのです。

クリームはニキビに刺激を与えてしまうので使うのを避けている人もいますが、それは皮脂分泌が乾燥しているからベタつきを特に感じているのかも知れないのです。

潤いをきちんと与えてくれるので、脂のことは気にせず保湿を与えてスキンケアを行いニキビ予防をしましょう。

生理前にニキビはなぜ出来るのか?

様々な体調の変化により、ニキビが出てしまいます。

生理前にもニキビが出来てしまったりします。

生理はホルモンが深く関係しており黄体ホルモンと卵胞ホルモンの分泌により生理が起こります。

特に生理前は、この黄体ホルモンの分泌量が増えている時期になり、この時に女性は体調を崩しやすくなってしまいます。

肌あれ・頭痛・肩凝り・むくみなどに悩まさせてしまいます。

黄体ホルモンは皮脂の分泌を盛んにさせる働きを持っており、生理前にニキビが出来やすい人は黄体ホルモンから分泌された皮脂が毛穴に詰まってしまうので、ニキビが発症するという現象を引き起こします。

この時期にニキビが出来やすくなってしまう人は、生理の2週間まえになれば脂分が多い食事をなるべく控え、ビタミン類での食事を摂るようになれば改善が出来ます。

また睡眠時間をたっぷりと取ることも大事になり、洗顔もぬるま湯で水温は30度くらいで洗い、肌をしっかりと保湿してあげる事が大切なのです。

生理前に起こるニキビでは、生理期間が終わるとそのニキビは治ってしまうのがほとんどになります。

あまり長引くようであれば、専門の医師に診察を受けるようにしましょう。

また生理前でのニキビでは肌の水分量が失われてしまうので、どうしても乾燥してしまいます。

乾燥すれば角質が固くなってしまい毛穴が詰まりやすくなりニキビが出来やすくなってしまいますのでスキンケアしてあげる事が大事になります。

理由が分かればスキンケアや食事も改善出来ると思いますので、生理周期に合わせてうまく対処するようにしましょう。

ニキビにならない食生活

ニキビになる原因には様々な要因がありますし、勿論食生活もニキビに影響があります。

今の現代社会ではどうしても肉食ばかりになってしまって、栄養バランスが崩れたままで過ごしてしまっているのが実状だと言えます。

ですのでいつ体調が悪くなったり、ニキビや肌荒れが起こってもおかしくない状況にあります。

だからこそ、少しでもニキビを予防・抑制する為には、今までの栄養バランスが悪くなっている食事を改善しなければいけないのです。

主には、糖質や脂質が多くなっている・タンパク質不足・必須脂肪酸やビタミン不足といったものが挙げられます。

まずは、糖質や脂質が多くなってしまうのを控える事です。

糖質や脂質の摂り過ぎでは皮脂の分泌を増やしてしまいニキビや生活習慣病を引き起こす原因となります。

またタンパク質は人間にとって皮膚や毛髪・内臓・筋肉・爪などを形成する上で重要な栄養素となります。

タンパク質が不足していると、新しく出てくる皮膚が出てこなくなり、古い角質が残ってしまうことで毛穴をふさいでしまいニキビが出来やすくなります。

またビタミンは肌の健康に必要な成分ですので、不足すれば新陳代謝が出来なくなって体調を崩し、肌も弱くさせてしまいます。

必須脂肪酸が不足すれば肌を再生する力がなくなってしまい、保湿力も低くなって乾燥していきニキビが出来やすくなってしまいます。

また血糖値もニキビに関係してきており、炭水化物を多く摂りすぎると血糖値が上がってしまいます。

また皆が飲んでいるコーヒーや紅茶のカフェインも摂りすぎると肌の再生に影響してきますし、アルコールの過剰摂取も肌を刺激して過剰なる分泌を促してしまいます。

ニキビが出来にくくするには、いつも健康体でいる事が大事になります。

鼻の中に出来るニキビの対処

ニキビは顔の周りだけでなく、あらゆる場所に出来るものです。

よく鼻の中にポツッと膨れたニキビが出来る時があると思います。

何か違和感があって触ると痛みを伴っています。

他の所にニキビが出来るのは分かりますが、なぜ鼻の中にニキビが出来るのでしょうか?

鼻の中で出来るニキビでは、鼻の中が菌によって感染し、炎症を起こしてしまっている場合が多いようです。

この場合の対処としては、抗生物質入りの軟膏を塗って治療をしなければいけないのです。

この原因としては、鼻の中が気になって鼻をほじったり、鼻毛が伸びてきてムズムズと鼻の中が気になるので長い鼻毛を抜いてしまったり、といったものが挙げられるようです。

また長い鼻毛を伸ばしたままにしていても、ニキビが出来やすいようです。

要は鼻の中にニキビを出来にくくするには、鼻の中を触る際には手指を清潔にしておくようにするのが大事ということになります。

また頻繁に鼻毛を抜いたり、鼻を過剰にほじったりしない事です。

ムズムズしたりするかも知れませんが、その時は鼻をかむか鼻毛を毛抜きなどで抜くようにした方がいいでしょう。

切るのも難しいですが、あまり無理に鼻毛は切らないようにしていた方がいいようです。

どうしても鼻の中で出来るニキビが気になるようであれば、悪化する前に耳鼻科や皮膚科で受診して手当てを受ける事が大切です。

炎症の具合もひどくなれば、湿疹やヘルペスなどになってしまう可能性もあるので自分では判断しないで医師の指示に従って下さい。

思春期ニキビの治し方

11-27-4ニキビには思春期ニキビ・大人ニキビと2種類のニキビがあります。

思春期にできるニキビは、中学生や高校生が気になるニキビとなります。

10代の成長期になる思春期に男子女子問わないで発生するニキビです。

特に成長期になると、皮脂の分泌が過剰になってしまってニキビが出来てしまうのです。

また思春期ニキビと大人ニキビでは出来る場所が異なってきます。

思春期ニキビの出来る部分は、皮脂の分泌で主な原因になるので鼻やひたいなどの皮脂分泌が多い所となる、Tゾーンから頬にかけ幅広い範囲に発生します。

一方大人ニキビの出来る場所は、フェイスライン・あご・首筋などのUゾーンに発生しやすいのです。

思春期ニキビと大人ニキビでは改善の方法も異なってきます。

思春期ニキビの場合には、皮脂分泌が原因が主なので皮脂量と水分量を適度に保ってあげる事が大事になり、大人ニキビではストレスや生活習慣を見直す健康的な食生活を見直す事が大事となります。

思春期ニキビの改善方法としては洗顔が大事なのですが、汗をかいた後にほおっておくとニキビが出来やすくなります。

あまり洗顔をしすぎても大事な皮脂が洗い流されてしまうので、保湿成分が入った洗顔料を利用する事が必要となってきます。

また生活習慣も大切で睡眠不足は特に大敵となります。

寝不足だと間違いなくニキビが出やすくなるので気を付けて下さい。

ですので、可能な限り早寝早起きするように心がけて頂きたいのです。

若いからといって不健康な生活はやめましょう。

ニキビの色の種類とは

最近では大人ニキビが出来る人が多くなってきたと言われています。

そのニキビには色々な種類があるのをご存知でしたでしょうか、白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ・黄色ニキビという種類があり、この色がニキビの状態を表わせているのです。

ニキビは毛穴が詰まることによって出てくる事によっておこります。

ホルモンの影響や体内の新陳代謝が低くなってくると肌の表面自体が固くなってしまい、毛穴付近の新しい皮膚の生まれ変わりであるターンオーバーが出来なくなってしまって毛穴が詰まります。

過剰な肌の刺激にもより、肌が硬くなり詰まる事もあります。

毛穴が詰まれば毛穴が出てくる皮脂が塊となってしまいます。

小さな盛り上がりを見せて指で触ると固まりが出来ている程度で、白くポツンと出来る状態が白ニキビと言われています。

症状が進み肌内部に溜まっている皮脂が外で出てきて先が黒くなれば黒ニキビとなります。

白・黒ニキビはまだ炎症をおこしてしない状態で、ここで塊だけを押し出せば痕は残りにくいのです。

白・黒ニキビをそのまま放置しておくと炎症を起こしていき、赤くなってしまう赤ニキビと変わっていきます。

この状態から治そうとすると抗生物質が必要になります。

ここでは炎症を抑えるのが先で、指で押しつぶさないようにしましょう。

さらに炎症がひどくなると肌内部に膿をもち黄色ニキビになります。

ニキビは進行状況が分かりやすいので、早めに手当てをすればニキビ跡が残らないようになりますので早急に治療をしましょう。

 

 

ニキビを治すスキンケア

ニキビにはすぐ治る場合と、しつこいニキビとなる場合があります。

特にニキビが出来た時はニキビ跡が残らないようにスキンケアをする事が大事なのです。

お肌をケアするには、2つのタイプがあります。

1つ目は保湿や洗顔などの化粧品を使っていくタイプになります。

肌の表面から直接働きかけてあげるケアになります。

2つ目は肌の内側からケアしていくタイプになります。

身体の中から肌に働きかけてあげるケアになります。

肌に栄養を与えてあげたり、睡眠をとって肌に影響を与えないようにしていきます。

最近では肌の内側からケアする化粧品などが多くなっています。

その理由として生活習慣病などが多くなってきたからだとも言われています。

肌は思っているよりも、デリケートで少しのストレスや体調が悪い時、不規則な食事、偏った食事、運動不足、睡眠不足といった肌には直接関係のないような事でも実際に影響をもたらせてしまいます。

ニキビ跡をケアするには、まず洗顔が第一になります。

洗顔する事で溜まっている皮脂やメイクでの汚れ、古い角質などを洗い肌に清潔を保つ事に繋がっていくのです。

洗顔によりターンオーバーを促しますので、良い効果が期待できる肌ケアとなります。

保湿してあげる事もニキビ跡のケアには必要で、新しい皮膚を作り上げるのに重要になります。

肌に潤いを持たせて新陳代謝をよくし、ニキビ跡を改善させていくのです。

洗顔と保湿は当たり前のような行動かも知れませんが、それらがニキビ跡を治すとてもよい効果をもたらしてくれますので、毎日かかさずに洗顔と保湿をしてあげましょう。

ニキビにいいジェル@おすすめ人気ランキング

The following two tabs change content below.
編集部:SAYAKA

編集部:SAYAKA

美容と健康が大好きな32歳のライターです。いつまでも若々しくいるために日々いろんな美容方法を頑張ってます♪体験談を踏まえた様々な記事を投稿しているので参考にしてみてください。

おすすめランキング

-ニキビケア
-,

Copyright© ランクラボ , 2018 All Rights Reserved.