ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

コレステロール

コレステロールと中性脂肪の違い。知っておきたい脂質代謝異常のこと

更新日:

コレステロールと中性脂肪の違い

健康診断や定期健診などで血液検査を行って、要注意や再検査とされた人は少なくないのではないでしょうか。コレステロール値や中性脂肪などでひっかかってしまう人は増えているようです。このコレステロールと中性脂肪を脂質といいますが、数値が高いもしくは低い場合に脂質代謝の異常とされます。コレステロールや中性脂肪は脂質といわれていることから余分なものというイメージをもっている人もいると思います。しかし、これらの脂質は私たちが生きていく上で不可欠なものでもあるのです。細胞の構成成分となったり、ホルモンの材料となったりします。そして何より大切なエネルギー源でもあるのです。

そんなコレステロールや中性脂肪について、それぞれの概要をみたあとで脂質代謝の異常と改善方法について紹介していきます。

 

コレステロールの基準

コレステロールは血液検査でいうところの総コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロールという項目で測られます。HDLコレステロールは善玉コレステロール、LDLコレステロールは悪玉コレステロールとよくいわれています。これらを足したものが総コレステロール値になります。善玉と悪玉とついていると、善玉を多くして悪玉を少なくすると解釈されやすいです。間違ってはいませんが、本質はそうではありません。悪玉コレステロール脂質を末梢に運ぶ役割を担っていて、各組織にエネルギー源を届けています。そして善玉コレステロール余った脂質を回収するという表裏の関係になっているのです。これらの関係がバランス良くはたらいていることで脂質代謝が正常に行われます。つまり悪玉といっても身体に必要なものであり、無くなってしまっては困るということです。総善玉と言われるHDLコレステロールは40~70、悪玉と言われるLDLコレステロールは70~139が基準とされ、総コレステロールは120~220が基準値です。

 

中性脂肪の基準

中性脂肪は血液検査の項目ではTGで表記されています。トリグリセリドの頭文字をとったもので、余ったエネルギーは中性脂肪として蓄えられ、身体の脂肪のもとになるとともに貯蔵庫でもあります。中性脂肪は肝臓で合成され、食事などで糖質や脂質の摂取が多いと血液中の濃度も高くなります。中性脂肪は内臓脂肪のもとになりやすいだけでなく、糖質が多いとインスリンのはたらきによりさらに中性脂肪が合成されてしまい、どんどん増えていってしまうのです。中性脂肪の基準値は50~149とされています。

 

脂質代謝異常の原因と問題

AdobeStock_85968623

脂質であるコレステロールと中性脂肪をそれぞれみてきましたが、実際にひっかかるケースとして多いのはLDLコレステロールと中性脂肪が多い場合HDLコレステロールが低い場合のようです。LDLコレステロールや中性脂肪が多いということは末梢に脂質がたくさんあるということになります。このような状態では余分な脂質は血管の壁に溜まるようになり炎症を起こすとされています。脂質が溜まったり炎症によって血管の内側が分厚くなっていったり、柔軟性を失ってもろく硬くなっていってしまうようです。このような機序で動脈硬化など血管系の問題が起こるとされています。またHDLコレステロールが低いという場合も同様で、末梢の余った脂質をしっかり回収しきれないことから脂質が溜まってしまいます。原因となるコレステロールは違いますが、機序は同じということです。これらの原因としてはほとんどが栄養の偏りや運動不足などの生活習慣にあるとされています。脂質や糖質が多く、食物繊維やビタミンなどが少ないとコレステロールや中性脂肪は溜まりやすくなってしまいます。中には遺伝性のものもあり、家族性高コレステロール血症といってもともと家族性にコレステロール値が高いという人もいるようです。割りと頻度は高く、軽いものであれば500人に1人はいるとされています。100万人に1人と言われていますが、人工透析が必要なほど重症の場合もあるようです。

また、中性脂肪や総コレステロールが低い場合も問題となります。エネルギー源となるなど本来はなくてはならないものと上述したように、脂質が足りなくなることで様々な弊害が出てしまいます。エネルギー源が少ないことから疲れやすくなったり、動悸や息切れなどが起こりやすくなるようです。またホルモンなどの材料も乏しくなり、脂肪は体温保持にも関わっていることから低体温になりやすくなります。これらの結果として免疫力が低下するなどが引き起こされてしまいます。甲状腺の疾患や肝臓の疾患で起こりやすいとされていますが、女性に多い過度なダイエットが原因のこともあるようです。この脂質が低いという場合も遺伝的にもともと低いという場合があるようです。

 

脂質代謝異常を食事で改善するには

脂質や脂質代謝異常についてここまでみてきましたが、これらの異常を改善するために食事で気をつけたいことを紹介していきます。まずは脂質や糖質の摂りすぎに気をつけるということです。血液検査の結果が良くなく、肥満を伴っている場合は摂取カロリーを気にしてみましょう。単純に摂取カロリーが消費カロリーより多ければその分蓄積されることになります。根本的に多い場合はいくら気をつけても解消されないので、摂取と消費のバランスを整えましょう。

食事内容で気をつけたい点としてまず挙げられるのは、動物性の脂肪を避けるということです。動物性の脂肪とは肉や乳製品に含まれる脂肪で、飽和脂肪酸と呼ばれます。飽和脂肪酸はコレステロールなどの数値を上昇させます。脂と表記されるバターやラードなども動物性の脂肪です。これに対して、植物性の脂肪とされるオリーブオイルやゴマ油などの油と表記されるものは不飽和脂肪酸を含んでいます。この不飽和脂肪酸はコレステロール値の上昇にはたらかないだけでなく身体に溜まりにくい特徴があるとされています。青魚などに多く含まれるEPA・DHAなどが有名になった時期がありましたが、このEPA・DHAも不飽和脂肪酸です。厳密に言うと脂と油は常温で固体か液体かの差ですが、便宜上は脂よりも油の方が身体に良いと覚えても大丈夫だと思います。

食事内容で気をつけたい点として他には、ビタミンや食物繊維も多く摂るようにしたいものです。特にビタミンB群はエネルギーの代謝に関わっており、食事で得た糖質や脂質・たんぱく質からエネルギーを作り出すはたらきを担っています。ビタミンBが足りなくなると脂質が身体に溜まりやすくなってしまうとのことです。食物繊維はコレステロールを外に出すはたらきがあり、腸の作用も整うことで代謝が向上します。カロリーもほとんどないことからダイエットをしている人には重宝されていますが、脂質代謝という根本からの改善にも効果的ということです。

 

良質な油を摂ろう!

AdobeStock_104536549

コレステロールや中性脂肪といった脂質について、それぞれの概要や脂質代謝異常と改善方法をみてきましたがいかがでしたか?

上述したように脂質は本来身体になくてはならないもので、食事などで毎日摂取する必要があるものです。必ず摂取するのであれば、飽和脂肪酸ではなく不飽和脂肪酸を摂ることで身体に溜まることは避けたいですよね。肉から魚に換え、脂から油に換えることで脂質代謝を改善し、健康な身体を手に入れましょう。まずは自分の食生活を見直し、脂を控えたり野菜を1品足すなど少しずつ始めていくのが良いと思います。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。

-コレステロール
-,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.