ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

高血圧 ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼの効果は嘘?その効果についてのまとめ

更新日:

このページでは、健康増進効果があるといわれてる『ナットウキナーゼ』について書かれています。『ナットウキナーゼとはなにか?』『どんな効果がある?』『どんな人におすすめ?』『どうやって摂取するの?』といったことまでわかりやすくご説明いたします。

ナットウキナーゼとは?

納豆が健康に良い食品だということはだれもが知っています。納豆は人によって好き嫌いがある食べ物ですが、納豆のもつ健康促進効果について次々に解明されていて、納豆の成分の1つのナットウキナーゼは、納豆のネバネバした成分で、タンパク質分解酵素。大豆を発酵させるときにできる健康成分です。

ナットウキナーゼはいつから知られている?

ナットウキナーゼがこれほど有名になったのは最近のことです。でも、その存在自体は1920年代に発見されていたのです。成分の発見後、作用について研究されて、1980年代になってようやくナットウキナーゼと命名されました。

 

その存在が分かってから、60年も経過してようやく身体に良い成分であるとみんなに知られることになったのでした。納豆が健康に良い食べ物であることは以前から知られていましたから、成分のナットウキナーゼについて良く知らなくても日頃から納豆を常食していた人は多いでしょう。

 

しかし、納豆の持つ健康効果の中で、ナットウキナーゼが血のかたまりである血栓を溶かす作用を持っている酵素であるということを知っている人は、意外に少ないかも知れません。

ナットウキナーゼは現代人向き

納豆は大豆を発酵させた食品です。大豆は、もともと畑の牛肉といわれるほどの栄養素がギッシリ詰まった食品です。タンパク質、カルシウム、イソフラボン、レシチン、ビタミンEなどの栄養素が入っています。

 

そんな大豆に納豆菌を混ぜて発酵させ、吸収を良くしたのが納豆です。納豆菌には、ナットウキナーゼのほかに、機能成分であるビタミンK2やポリアミン、ポリグルタミン酸やジピコリン酸などが含まれています。

 

これらそのほかの成分も健康維持のために重要なはたらきを持っていますが、これほどナットウキナーゼが有名なのは、生活習慣病の予防に効果を発揮するからです。ナットウキナーゼの血液サラサラ効果は、ダイエットにも最適で、生活習慣病以外にも現代人が求める健康作用が詰まっているのです。

血液をサラサラにしたり、ダイエットの効果もあるなど健康効果の高いナットウキナーゼは非常にデリケートな存在です。
名前にナットウと入っているので、スーパーなどで売られている納豆を食べれば効果があると思われがちです。
しかし、普通に納豆を食べているだけではナットウキナーゼ本来の力はあまり発揮されません。

納豆を食べると血液がサラサラになるというのは嘘?

以前、テレビ番組で「納豆を食べると血栓が無くなる!」という話題が出て、その後納豆が品薄状態になるほど世間を騒がせました。
その後に「納豆にはそんな力がない」という節が浮上し、あっという間に納豆ブームは去ってしまいました。

 

でも、実は納豆に血液の状態を良くする力が無いわけではなく、摂取方法に問題があるのです。

 

血液をサラサラにしたり血栓を溶かすのは納豆に含まれている「ナットウキナーゼ」なので、これをしっかりと体に届けて上げれば健康効果が期待出来ます。

ナットウキナーゼを効率よく摂取するには

ナットウキナーゼは実は高温に非常に弱いという特性を持っています。
納豆のお味噌汁や炒飯などにしてしまうと、ナットウキナーゼはほとんど死滅してしまってせっかく食べてもあまり良い効果が現れないのです。

 

では納豆をそのまま食べればいいのか?というと実はそうではありません。
ナットウキナーゼは高温に加えて、胃酸にも弱いという致命的とも言える弱点を持っています。

 

納豆を生のまま食べても胃に到達したらナットウキナーゼがほとんど死んでしまうので、普通に納豆を食べるだけでは健康効果は期待出来ないのです。

 

そんなデリケートなナットウキナーゼをしっかりと体に届けるには、カプセルタイプのナットウキナーゼが豊富なサプリがオススメです。カプセルが胃酸からナットウキナーゼを守ってくれるので、胃酸で溶かされることなくしっかりと吸収されます。

 

胃酸をクリアすれば体温ではナットウキナーゼは死なないので、本来の力を十分に発揮してくれることが期待出来ます。

▼おすすめのナットウキナーゼサプリ▼

ナットウキナーゼの効果

ナットウキナーゼといえば、血栓溶解作用が有名ですが、このほかにも身体に嬉しい効果があります。今回は、血栓溶解効果以外のナットウキナーゼの効能についてみていきましょう。

抗菌作用や整腸作用

最近、何かと腸内環境について話題になることが多いですが、人間の身体の腸内には何千種類もの細菌が住んでいるといわれています。腸内細菌は大きく分けると善玉菌と悪玉菌に分けられます。

 

善玉菌よりも悪玉菌が増えてしまうと、腸内のはたらきが悪化してしまいます。腸内環境が悪くなると、体内の老廃物が外に排出されにくくなって、有害物質が血管から全身に広がってしまうのです。

 

善玉菌が悪玉菌よりも増えるようにしてあげると、腸内環境は改善されていきます。ナットウキナーゼには、腸のはたらきを整える効果があり、またカルシウムの吸収を促進します。さらには抗菌作用や抗酸化作用も持っているのです。

 

腸内を健康に保つことで、女性の大敵である便秘も良くなり、老廃物も除去されるのでダイエットや美肌効果が期待できます。また、生活習慣病の予防にもなるのです。

免疫力の向上効果

腸内環境が悪化すると、免疫力も弱くなってアレルギーなどの症状が出やすくなります。ヨーグルトが腸内環境に良いといわれ流行っていますが、ヨーグルトの多くには動物性脂肪が入っています。

 

同じように腸内環境を整えて免疫力を向上させる効果のあるナットウキナーゼは、植物由来の酵素です。身体に余分な脂肪を取り入れないことで、脂肪を分解する負担もかからずに腸内に運ばれますから、効率良く免疫力をアップさせることができるのです。

 

腸内ではたらく有益な細菌が増加すると、いろいろな病気に罹りにくくなります。さらには、抗酸化作用を持つビタミンB群の増加にもつながり、細胞がダメージを受けにくくなるともいわれているのです。

 

ナットウキナーゼは、発がん性物質の原因になる細菌が増殖するのを抑える効果もありますので、積極的に摂取することをおすすめします。

ナットウキナーゼの血液サラサラ効果

ナットウキナーゼの有名な効能は、血液がサラサラになるというものでしょう。どのようにナットウキナーゼが血液をサラサラにしてくれるのか説明していきます。

血栓の成分に作用する

血栓は、血液の流れを止めてしまう可能性があります。傷ができたときに血液を止める作用があるので、一概に血栓が悪いとばかりはいえません。血栓を構成する重要な成分として、タンパク質からできたフィブリンがあります。血液中にたくさんあるフィブリンは、血栓を作らなければいけない状況になると、血液をゲルのように固めます。

 

このはたらきは血液を止めるためには必要不可欠ですが、血管の内膜で同じように血栓が生じてしまうと血液の循環を悪化させます。

 

ドロドロになった血液は、動脈硬化などを引き起こしてしまう可能性が高まるのです。ナットウキナーゼは、フィブリンに作用して溶解してしまうはたらきを持っているのです。

ナットウキナーゼは安全?

ナットウキナーゼの機能が血栓を作るフィブリンのはたらきの抑制ならば、止血しなければならないときに血液が止まらなくなってしまったら大変だと考える人もいるかもしれません。

 

しかし、通常の体質ならば、過剰にナットウキナーゼを摂らなければ何ら問題はないのです。納豆を毎日1パックから2パック食べるくらいなら、血液が止まらなくて困るような心配はありませんし、ナットウキナーゼのサプリメントの場合でも、摂取の目安量を守っていれば問題は起きません。

 

ですが、血液を凝固させるための薬を服用している人は、ナットウキナーゼは逆効果になってしまいます。血液を凝固させる薬を飲んでいる人は、主治医から納豆を食べないようにいわれているはずです。

 

ナットウキナーゼのサプリメントなどを摂取しようと思うときには、必ず主治医に相談してからにしてください。

管理人おすすめのナットウキナーゼサプリ

→ きなり

効率よく納豆を摂取するタイミング

AdobeStock_61300330

ナットウキナーゼは血栓溶解作用があることで有名ですが、納豆にはビタミンK2も含まれていて、ナットウキナーゼのはたらきとは反対の作用を持っています。ビタミンK2には血液が固まるのを促進する力があり、ナットウキナーゼは血液を固まらないようにさせるのです。

納豆よりも優れた作用を持つサプリメント

ナットウキナーゼが身体に良いなら、納豆を毎日摂取すればいいだろうと考える人は多いでしょう。きちんとバランスの良い食事をして、それでも足りない分をサプリメントで補うのが健康の基本です。

 

決してサプリメントを主食にするようなことはあってはなりませんが、サプリメントの方が食事よりも効率的に栄養素を摂れるようになっているものも多いです。納豆にはナットウキナーゼのほかにもたくさんの栄養素を含んでいて、ビタミンK2もそのうちのひとつです。ビタミンK2は血液を固まらせる効果があって、人間の身体には必要な成分です。

 

しかし、血液をサラサラにしたくて納豆を摂取している人にとっては、邪魔な成分ともいえるでしょう。せっかくナットウキナーゼを摂取しているのに、ビタミンK2の作用ではたらきが半減してしまうのではないかと心配することでしょう。

 

ナットウキナーゼを単体で摂ることで、ビタミンK2に効果を邪魔されることなく、血栓溶解作用を充分に期待することができるのです。

▼おすすめのナットウキナーゼサプリ▼

夕食後から就寝前までに摂取すると効果的

ナットウキナーゼを効果的に摂取するタイミングは、夕食後から就寝前までに摂るのが理想的といわれています。血栓は、深夜から早朝の時間帯にかけてできやすい特徴があるので、寝る前にナットウキナーゼを摂取するのが最良なのです。

 

納豆といえば朝食のおかずのイメージが強いですが、本来は夕食に食べた方が良いのです。ナットウキナーゼのサプリメントは就寝前に飲むのが良いでしょう。そして、きちんと睡眠を取ることが健康につながりますよ。

ナットウキナーゼの摂取目安量

AdobeStock_27578126

日本ナットウキナーゼ協会というものがあり、ナットウキナーゼの摂取を推奨しています。

 

これによると、ナットウキナーゼの1日の摂取量の目安は2000FUです。2000FUは、50グラム入りの納豆ならば1.25パックに相当します。これぐらいの量ならば、納豆好きならば苦になりませんね。

 

ナットウキナーゼは天然に存在する酵素ですから、過剰に摂りすぎても何ら健康に問題はないとされています。

新鮮な納豆を食べる

ナットウキナーゼを納豆から摂るときには、新鮮なうちに食べましょう。もともと納豆は発酵食品なので、ほかの食品に比べて日持ちがしますが、食べ頃の時期を見計らって出荷するため、賞味期限が近くなるほどに味は落ちるのです。味が落ちてきてしまうだけではなく、栄養効果も損なわれていくのです。ナットウキナーゼの栄養成分を効果的に摂りたいのなら、買ったその日のうちに納豆を食べてしまうようにしましょう。

 

また、今は納豆の種類が豊富にありますが、なかにはナットウキナーゼの成分が少ないものもあるのです。酵素量が少ない種類のものでも、頻繁に納豆を食べるように習慣づければいいので、あまり神経質にならずに気軽に食べ続けると良いでしょう。

加熱して食べるのはNG

納豆を積極的にアピールするために、納豆の生産者たちはいろいろな料理法を勧めています。納豆を唐揚げにしたり天ぷらに混ぜたり、食べると美味しいのですが、せっかくのナットウキナーゼの効果を失ってしまうことになります。

 

ナットウキナーゼは酵素ですから、熱に弱く、熱々のご飯の上に乗せただけでも壊れやすいといわれているのです。さらに、ナットウキナーゼは酸にも弱いので、胃酸が多くなる空腹時に食べるのも効果的ではありません。同じ理由で、酸味と合わせて調理するのも効果が半減してしまいます。

ナットウキナーゼの副作用

納豆だけに含まれる成分のナットウキナーゼは、酵素ですが、今までに副作用が報告されたことはありませんしかし、これは健康な人の場合で、特定の疾患に罹っている人やある種の薬を飲んでいる人では、ナットウキナーゼが逆効果になる場合があるので注意しなければいけません。

抗血液凝固剤を飲んでいる人

ナットウキナーゼの効果として有名なものに血栓溶解作用があります。血液のかたまりである血栓の原因となるフィブリンのはたらきを抑制するので、血管内で血栓が作られるのを予防してくれるる効果がありますが、抗血液凝固剤を飲んでいる方などは注意が必要です。

 

抗血液凝固剤の代表的なものはワーファリンで、血栓塞栓症の治療をしている人が飲んでいる薬ですが、納豆に入っているビタミンK2とワーファリンを同時に摂取すると、薬の効果がなくなってしまうことがあります。治療になるどころか逆効果になることもありますので、ワーファリンなどの抗血液凝固剤を飲んでいる人は、主治医から納豆を食べないようにいわれているはずです。

 

ナットウキナーゼのサプリメントにはビタミンK2が必ず入っている訳ではありませんが、サプリメントを摂るときには薬と一緒に飲んで良いかどうか、医師や薬剤師に相談してからにしましょう。

ビタミンK2とナットウキナーゼの関係

納豆には、ナットウキナーゼとビタミンK2という栄養成分が入っています。この2つのほかにも、納豆菌に入っている機能成分はいくつかありますが、とくにナットウキナーゼとビタミンK2は相反する作用があるのです。

 

ナットウキナーゼが血栓溶解作用を持っているのに対し、ビタミンK2は血を固まらせる作用を持っているのです。

 

この相反する作用により、体内では絶妙なバランスで機能し、納豆を食べても血液がサラサラになりすぎることはないのです。出血しても血が止まらなくなったら大変です。特定の血液疾患の人でない限り、ナットウキナーゼを食べてもとくに副作用の心配をする必要はないのです。

エコノミークラス症候群の予防

高齢化社会といわれて久しいですが、日本は長寿大国でもあります。まだまだ元気なお年寄りが、旅行を楽しむ光景もたくさん見られます。そんな高齢者が旅行をするときなどに気をつけなければいけないのが、エコノミークラス症候群です。エコノミークラス症候群は、別名ロングフライト症候群ともいい、日帰りの旅行でも引き起こすことがあるのです。

 

もともとは長時間飛行機に乗っていて、身体を動かせない状態が続いたときに起きやすい症状です。血液中に血のかたまりである血栓ができやすい状態になり、死んでしまうケースもある恐ろしい疾患です。

エコノミークラス症候群はどこで起こる?

エコノミークラス症候群というからには、飛行機の中で起こることが多いのですが、ほかには自動車や電車の中でも起こることがあるのです。震災などの際には、避難所生活を強いられたお年寄りが、あまり身体を動かすことができずに発症することが多く、話題に上りました。

 

身体を動かさないでずっと同じ姿勢でいると、静脈の血流が悪くなり、すぐに血栓が生じてしまうのです。血栓ができても自分では気が付かないですから、知らないうちにドンドン血の巡りが悪くなって、心臓に血液が行き渡らなくなって死んでしまうこともあるというから怖いですね。

 

身体を動かしづらい状況でも、なるべく身体を動かすようにして足の血液を滞らせないようにしましょう。加圧ソックスなどをはいておくのも予防になります。

ナットウキナーゼで血液サラサラに

ナットウキナーゼには血液をサラサラにする効果がありますが、エコノミークラス症候群になりやすい状況でナットウキナーゼを飲んでも、薬のようにすぐに血流が回復するわけではありません。

 

でも、日頃から血行が悪くなりやすい人は、予防的にナットウキナーゼを継続して飲んでいると状況を改善することが可能です。その際は、品質の良いサプリメントなどを選択して、自分の身体に合ったものを飲むようにしましょう。

ナットウキナーゼで血栓症を予防

AdobeStock_20436159

血液がドロドロ状態だとさまざまな生活習慣病を引き起こしますので、日頃から血液サラサラになるように注意している人は多いでしょう。じつは血栓がドロドロ血液の原因です。

 

血管の中で血のかたまりである血栓ができると、血流が悪くなり、体中の臓器に血液が巡らなくなってしまいます。血液が巡ってこない状況では、臓器の細胞が死んでしまい、梗塞と呼ばれる状態になります。心臓に血液が行かなくなった状態が心筋梗塞で、脳に血液が届かなくなれば脳梗塞です。

 

心筋梗塞も脳梗塞も、死の危険と隣り合わせになる非常に危険な状態ですから、血栓予防がいかに大切か分かるでしょう。

日本人の死因の30%は血栓症

日頃から血行が悪くて悩んでいても、血栓症などという大げさな病気ではないと思い込んでいる人もいるかもしれません。でも、30代も中頃になれば、血栓症に注意しなければいけません。

 

現代人は、昔よりもストレスにさらされることが多くなり、生活習慣が乱れたり食事のバランスが悪い人が増えています。血栓ができやすい環境にいることを忘れないでください。

 

心疾患は日本人の死因の第2位で、脳血管疾患は第3位。血栓症を原因にして、多くの人が亡くなっているという事実があります。血栓はいきなりできてしまうのではなくて、日々の生活の中で少しずつ成長して徐々に血管を詰まらせるようになります。

 

血栓はそれだけでは自覚症状がありませんから、生活習慣の乱れなどを自覚している人は、規則正しい生活や食事をするように心掛けましょう。

血栓症は夏場に多い

近年は異常気象で猛暑が続くことが多いので、夏場は毎日のように熱中症を発症した人のニュースが流れますね。健康な人でも夏場は血栓症に注意してください。

 

熱中症かと思ったら、同じような症状で血栓症だったというケースも多く、分からぬままに亡くなってしまう人もいるのです。血栓症で倒れると、命に別状はなくても、大きな障害が残ってしまう場合も多いですから、なるべく血栓ができにくいように健やかに過ごすようにしたいものです。

ナットウキナーゼで肩こりを解消

肩こりは血液循環が悪くなって起こる症状の1つですから、ナットウキナーゼで血流を良くすれば肩こりが改善するのです。ナットウキナーゼは慢性的な肩こりにも効果があるスグレモノなのです。

ナットウキナーゼの効果は短い

ナットウキナーゼには血栓溶解作用があります。つまりドロドロの血液をサラサラの血液にしてくれます。血液サラサラは、すべての健康の源になります。

 

肩こりは、同じ姿勢で長時間作業することにより血液循環が悪くなって起こる症状の1つですから、ナットウキナーゼを日頃から摂ることで改善するのです。毎日納豆を食べることで、身体のコリに悩まされることはなくなるかも知れません。でも、納豆菌の効果は、摂取してから効果が持続する時間に限りがあります。

 

短くて4時間くらい、長くて半日程度しか効果が持続しません。納豆を毎日食べている人もたくさんいるでしょう。健康に良くて値段も経済的ですから、毎食のように食べている人もいるかもしれませんね。

 

もしかすると、昔の人は知らず知らずのうちに納豆菌の効果の短さを感じていて、常食するようになったのでしょうか。ナットウキナーゼのサプリメントを飲むときにも、続けて飲むことが大切だと知っておいてください。

ナットウキナーゼは冷え性にも効果がある

冷え性は身体の血液循環が悪くなることで起こります。冷えは万病の元ですね。低体温の女性が増えていますが、冷えが原因で起こるむくみや便秘などで悩んでいるかたは、血液循環を促進するためにナットウキナーゼに注目しても良いでしょう。納豆を毎日食べたり、サプリメントで補うことで、つらい冷え性を改善することができるでしょう。

ナットウキナーゼサプリの人気No1

きなり

kinari1

健康関連のアイテムを手がける企業・さくらの森による高血圧に効くサプリメントとして知られるのが「きなり」です。健康成分DHA・EPA、アスタキサンチンを持つクリルオイル、血液浄化機能のナットウキナーゼ、がバランスよく配合されている人気商品です。

「きなり」は、日本人の体質に相性の良い和の伝統食が持つ強みを生かして開発されているのが特徴です。DHA・EPA といえば、青魚に多く含まれる成分ですが、サプリメントにしてあるので、無理なく臭みを抑えつつ毎日栄養素を吸収できるのもうれしいポイント。

「きなり」は利用者全体のうち、リピート注文は92.3パーセントと多くの人がその能力を認めています。血液浄化、血圧改善を真剣に考えている方におすすめです。

きなり 仕様・価格

きなりは、1日4粒の服用でおよそ1ヶ月分の内容量。初回時に解約可能な定期コースなら67パーセントオフの割引が適用され、通常価格6,151円 が1,980円で入手可能です。

全国送料無料特典も、支払い手数料についても無料で、よりお手軽に申し込み頂けます。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-高血圧, ナットウキナーゼ
-, , , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.