病気

ものもらいの症状と原因、治療法。ものもらいになったときの注意点

更新日:

突然目に違和感とともにあらわれる、ものもらい。ゴロゴロしたり痛みを伴ったり、本当に厄介ですよね。

今回は、ものもらいの原因や、治療法についてご紹介したいと思います。

 

ものもらいとは

stock_36752578

ものもらいとは、急性の化膿性炎症のことを指します。まぶたにある、汗や脂を出すための腺に細菌が感染することによって起こる炎症です。

すでになったことがある人はわかると思いますが、ものもらいになると、ゴロゴロとした違和感を抱いたり、痛痒くなり物が見えにくくなったりします。

大人だけでなく子供もできることがあるので、特に小さい子供がいる方は普段からよく観察して、異変を見逃さないようにすることが大切です。

 

なお、「ものもらい」という名前であるために人から人にうつるものだとイメージする人も多いと思いますが、実はものもらいは人にうつるものではありません

そのため、身近でものもらいになったという人がいても、避けたりする必要はないんです。

ただし、ものもらいに少し似たものに結膜炎があるのですが、ウイルス性の結膜炎、いわゆるはやり目”の場合には、接触をすることで高確率で感染してしまいます

ものもらいなのか結膜炎なのか、素人目には判断しづらいところもあると思いますので、異常を感じたらすぐに眼科で診察してもらうと良いでしょう。

ものもらいかと思っていたけど実は結膜炎だった、ということがあると、知らず知らずに身近な人にうつしてしまっているかもしれません。

 

ものもらいの種類と症状

adobestock_104227414

ものもらいには、大きく分けて2種類あります。それぞれの症状をご紹介します。

 

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)

麦粒腫は、細菌がまぶたの毛穴や腺に入り込み、膿が溜まったり化膿した状態のものを指します。

多くの人がなるものもらいは、この麦粒腫であると言われています。

初期症状としては、目に痛痒さを感じることが多いです。その後、目が充血したり、ゴロゴロとした異物感を感じるようになります。

 

霰粒腫(さんりゅうしゅ)

細菌に感染する麦粒腫とは異なり、霰粒腫は、まつげの生え際にあるマイボーム腺というところに脂肪が溜まってしまうことによって引き起こされます。

基本的には、細菌によるものではないため痛みを感じることは少ないのですが、霰粒腫がさらに細菌に感染してしまうと、化膿し痛みを引き起こすこともあります。

痛みがないからといって腫れを放っておくと、固いイボのようになってしまうことがあるので、気づいた時点ですぐに処置を施すようにするのが良いでしょう。

 

ものもらいの原因

adobestock_75950269

ものもらいは麦粒腫と霰粒腫の2つに分類されますが、それぞれの原因についてご紹介します。

 

麦粒腫

麦粒腫は、まぶたの毛穴や分泌腺などに細菌が感染することによって発症します。

具体的に言うと、目元をゴシゴシとこすったり、顔にかいた汗を長時間放置しておいたり、化粧をしっかりと落としきれていなかったりする場合に発症しやすくなります。

日常的に感染の可能性は潜んでいますので、目元に汚れを残さないように心がけましょう。

 

霰粒腫

霰粒腫も、麦粒腫と同じように目を不潔な環境にしていると発症しやすいと言われています。

また、食生活に偏りがある場合にも脂肪が詰まりやすくなります。

本来、マイボーム腺からは目を保護するために脂が分泌されるのですが、偏りのある食生活をしていると脂の流れも悪くなり、詰まりやすくなってしまうというわけです。

 

ものもらいの治療法

adobestock_16114852

実際にものもらいになってしまったら、どのように治療すればよいのでしょうか?

麦粒腫と霰粒腫、それぞれの場合についてご紹介します。

 

麦粒腫

麦粒腫の場合は、発症の原因となった細菌を殺すために、抗菌作用のある点眼薬軟膏を処方されることがほとんどです。場合によっては、飲み薬を処方されることもあります。

きちんと効果があらわれれば、7~10日ほどで治ることが多いようです。

比較的回復は早いので、なるべく早い段階で気づき早めに処置するのが良いでしょう。

 

霰粒腫

霰粒腫の場合は、医療機関を受診しなくてもしこりが消えることがあり、治癒を早めるには温湿布が効果的だと言われています。

毎日数回温湿布を貼って温めることで、血行を良くし、詰まりの解消に繋がるのです。

もしもしこりが一向になくならず目を圧迫してしまうような場合には、手術で取り除くか、副腎皮質ホルモンの注射で吸収を促進させる必要があります。

 

ものもらいができたら気を付けること

adobestock_79164395

ものもらいができたら、可能であれば専門的な治療をするとともに、気を付けたいポイントがいくつかあります。

 

アイメイクをしない

ものもらいの原因としてはまぶた周辺のメイクやメイクの落とし残しも挙げられるため、ものもらいになったらアイメイクは控えたほうが良いでしょう。

表面の汚れだけでなく、メイクの際にものもらい自体を刺激してしまう可能性もあります。

 

眼帯をしない

ものもらいになると眼帯をするというイメージのある人も多いと思いますが、眼帯をするのはものもらいの治療に効果的とは言えません

ただ単に見た目の問題で隠したい、という気持ちも分かりますが、眼帯をしてしまうと、湿気により目に雑菌が繁殖しやすくなってしまいますので、ものもらいになっても眼帯はしないようにしましょう。

 

コンタクトレンズの使用を控える

炎症を起こしている時にコンタクトレンズを使用すると、少なからず目元を触ることにより炎症が悪化しやすくなります。

また、手が汚れていた場合にも細菌が感染しやすくなってしまいますので、ものもらいになっているときのコンタクトレンズの使用はなるべく控えるようにしましょう。

 

アルコール・刺激物を避ける

アルコールや刺激物が炎症に良くない、というのはなんとなく分かりますよね。

少しでも早く治癒させるためにも、ものもらいに刺激を与えてしまうような食べ物は避けるのが賢明です。

 

ものもらいの予防法

adobestock_76229363

ものもらいは、日常生活に気を付けることで予防することができます。

効果的な予防法についてご紹介します。

 

前髪が目にかからないようにする

目にかかる長さの前髪だと、細菌が髪を媒体として目に感染してしまう可能性があります。

ちくちく目に刺さったり視界を遮ったりすることのないよう、適切な長さに切ったり、留めておくようにするのもものもらい予防になります。

 

アイメイクに気を付ける

化粧といえば欠かせないのはアイメイクですが、メイクの仕方によってはものもらいの原因になってしまう場合があります。

あまりに濃すぎるメイクは避け、就寝時などはメイクが顔に残っていることのないよう、しっかりと落とすように心がけましょう。

 

湯船にしっかりとつかる

現在ではお風呂はシャワーのみで済ませてしまう、という人も多いかもしれませんが、湯船にしっかりとつかって体を温めることで、まぶたも温められ、マイボーム腺に脂肪が詰まるのを防ぐことができます。

 

目の周辺を清潔にしておく

目の周りが不潔な状態だと、ものもらいになりやすくなってしまいます。

汗や汚れはこまめに拭ったり、汚れた手で触ったりしないよう注意しましょう。

 

まとめ

adobestock_111671755

いかがでしたでしょうか?

ものもらいは、誰もが成りうる厄介な病気ですが、正しい治療法や注意点を把握しておくことで、早い段階で治癒させることは可能です。

放っておくと症状がどんどん悪化したり、手術で取り除かなければならなくなったりする場合もありますので、そうなる前に対処したいですよね。

結膜炎など似た病気である可能性もありますので、異常や不安を感じたらすぐに眼科に行って診断を受けることをおすすめします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-病気
-, ,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2018 All Rights Reserved.