ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

健康

耳毛の処理ってどうすればいいの?おすすめの処理方法について

投稿日:

人体には外敵から身を守るために様々な部位に毛が生えますが、中でもムダ毛としてあまり認知されていないのは「耳毛」ではないでしょうか。「そもそも耳に毛って生えるの?!」とびっくりする人もいるかもしれませんね。

 

今回は、耳毛や耳毛の処理方法などについて詳しくご紹介します。

処理を忘れがちな耳毛

体でいえば腕や脚、顔でいえば顎や鼻など、毛は身体中たくさんの箇所に生えています。特に女性にとっては、全身のムダ毛の処理には気が抜けませんよね。

 

でも、普段自分ではあまり見えない箇所にも生えていることがあるんです……。それがずばり「耳毛」。女性や若い人には滅多に生えないものなのですが、ふと鏡でじっくり見てみるといつの間にやら耳毛が!なんて経験をしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

耳毛は自分ではあまり見ることができずつい処理も忘れがちなのですが、長髪で耳を隠してでもいない限り周りからは丸見えの場所です。自分では処理をしているつもりだったり耳毛なんて生えていない、と思っていても、人から指摘されるということもあるかもしれません。これはなるべく避けたいですよね……。

 

いくら服などのおしゃれに気を使っていても、耳毛が出ていたらそれだけで台無しと言っても過言ではありません。「きちんとしている人」「清潔感のある人」に見られるようにするためにも、普段忘れがちな耳毛の処理も怠らないようにしましょう。

耳毛はなぜ生える?

先にも述べましたが、耳毛は女性や若い人にはほとんど生えません。耳毛が生えている人というと、きっと多くの人が「おじいさん」をイメージするのではないでしょうか?

 

実は耳毛というのは、男性ホルモンが関係しているという節が有力なようです。若い頃にはつるつるだったとしても、年をとるにつれて毛が生える毛周期が次第に長くなっていくことにより、耳にまで毛が生えるのではないかと言われています。

 

そのため、今の時点で全く生えていないからといって油断はできません。ある程度年齢を重ねたとき、ある日突然生え始めることもあるのです。それに気づかなければ一度生えた毛はどんどん伸び、立派な耳毛に成長してしまうかもしれないのです!

 

そうなる前に日頃からこまめにチェックして、いつ誰に見られても恥ずかしくない綺麗な耳をキープしておきたいところですね。

自分でできる耳毛の処理方法

耳毛も他のムダ毛と同じように、自分で処理することができます。方法はいくつかありますので、自分に合った方法で処理してみましょう。ちなみにどの方法で処理をする場合でも、事前にできるだけ耳の中を掃除して綺麗にしておくのがポイントです。

耳毛カッター

要領は「鼻毛カッター」などと同じです。電源を入れて耳の中に入れるだけで、耳毛をカットしていくことができます。刃を細かく振動させることによってカットするので、正しく使えば怪我の心配もいりません。

 

ただし、耳の中は自分では見づらいだけでなく複雑な形状になっているため、無理に奥まで入れようとすると耳の中や鼓膜を傷つけてしまう恐れがあります。処理をするにしても、入り口付近のみに留めておきましょう。

 

処理をしたあとは細かい毛が落ちているはずなので、耳の中に残さないようしっかり拭き取ったら完了です。

 

ちなみに、耳毛だけでなく、アタッチメントを変えることにより鼻毛や眉毛なども処理できるカッターもあります。「耳毛の処理だけにわざわざ買うのはちょっと…」という方は多様な使い方ができる商品を選んでみてはいかがでしょうか?

はさみで切る

わざわざ高いお金でカッターを買うのは気が引ける、という方は、はさみでカットするという方法もあります。当然ですが、工作用のはさみではいけませんよ!

 

耳毛のカットに使えるはさみは、鼻毛用などに使える小さめのはさみで、先が丸くなっているとより安全に使用できます。「耳毛用はさみ」として販売されていることもあります。

 

はさみだと角度などの調節が少し難しいかもしれません。耳毛カッターに比べると少々危険も伴うので、三面鏡などを用意して耳の中がしっかり見える環境をつくることが大切になります。

 

耳毛カッター同様、耳の奥まで入れてしまわないように気をつけましょう。

毛抜きで抜く

耳毛を一本ずつ確実に処理したいのであれば、根こそぎ抜いてしまうのも一つの手段ですね。現在では耳毛用の毛抜きも販売されています。

 

どのムダ毛もそうですが、抜くのはどうしても痛みを伴います。しかし根元から丸ごと処理することができるため、仕上がりが綺麗で、なおかつ処理の頻度が少なくて済むのがメリットと言えるでしょうか。

 

痛みに強い方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

専門店でも耳毛処理ができる

自分での処理には自信がない、という人は、美容クリニックなどの専門店で処理してもらうこともできます。特に、耳毛そのものを生えてこないようにしたいという人には永久脱毛がおすすめです。

永久脱毛

永久脱毛と聞くと、女性のムダ毛処理をイメージされる方も多いかもしれませんね。店舗にもよりますが、実は耳毛の処理に対応しているところもあるんです。

 

永久脱毛は、毛根や毛を生やすための細胞を直接破壊することにより、毛を生やさないようにする処置のことです。毛というのは抜けば生えてこなくなるわけではなく、細胞を壊さない限り何度でも生えてくるのです。

 

種類としては、ニードル脱毛レーザー脱毛光脱毛などがあります。ニードル脱毛・レーザー脱毛は、効果は確かにありますが光脱毛に比べると正直痛みは強いです。耳の中という狭い範囲なのでそこまで長時間痛みに耐えなければいけないというわけではありませんが、痛みに弱い方は少し覚悟しておいたほうがいいかもしれません。

 

またレーザー脱毛や光脱毛の場合は、何回か繰り返し処置をするというのが一般的です。数回照射を繰り返すことにより、徐々に毛根の働きを弱まらせていくのです。そのため1回でなるべく終わらせたい、というのであればニードル脱毛が良いでしょう。

ワックス脱毛

ワックス脱毛は、永久脱毛に比べると断然安価な処理方法です。永久脱毛のような継続的な効果はありませんが、すぐに処理することができるのが特徴です。

 

方法としては、ガムテープですね毛を抜くのと同じようなイメージです。溶かしたワックスを耳に入れ、固まったら一気に引き抜くという方法です。

 

このワックス脱毛はクリニックなどでもやってもらうことができますが、市販のワックスを買えば自分で処理することも可能です。不安であればまずはクリニックで処理してもらって、慣れてきたら自分でやってみるというのも良いかもしれませんね。

処理後のケアも忘れずに

処理方法が何にせよ、耳毛を処理したあとは耳の状態はとてもデリケートになっています。処理しっぱなしの状態では、痒みや炎症を引き起こしてしまうこともあるかもしれません。

 

面倒かもしれませんが、耳毛処理後はきちんと耳のケアまでしてあげましょう。クリーム化粧水などを軽くつけるだけでも構いません。特に根本から引き抜いた場合は、表面が傷ついている状態なのであまり刺激を与えないように優しく扱いましょう。

 

間違っても、痒いからといって耳の中を掻きむしったりしてはいけませんよ!

まとめ

耳毛は、年齢を重ねた男性に特に生えやすいものです。今まで生えていなくても、いつの間にか生える可能性の高い耳毛。放置していては、お世辞にも清潔感があるとは言えません。

 

耳毛カッターや毛抜き、美容クリニックでの永久脱毛など、耳毛の処理方法はたくさんありますので、自分に合った方法で適切に処理してみましょう!

The following two tabs change content below.
編集部:犬ドック

編集部:犬ドック

ふざけたペンネームですが、記事内容はいたって真面目です(笑)誰にでもわかりやすく、また参考になるような内容を心掛けて日々記事を投稿しています。

-健康
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.