ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

栄養

おいしいだけじゃない!みかんが持つ栄養や効果とは?

投稿日:

冬の風物詩とも言えるみかん。こたつで温まりながら食べるみかんの味は最高ですよね。でもみかんはおいしいだけではなく、様々な嬉しい効果があるってご存知でしたか?

 

今回はみかんが持つ栄養や効果について、詳しくご紹介していきたいと思います。

 

みかんに含まれている栄養素とは

adobestock_52629819

みかんには以下のようなたくさんの栄養素が含まれています。

 

ビタミンC

みかんと言えばビタミンC、と言っても過言ではないかもしれませんね。

 

ビタミンCには、美容に効果的な成分だけでなくアンチエイジング作用や免疫力を高める作用などがあります。ビタミンCが不足することにより生活習慣病のリスクが高まったりと様々な問題が生じやすくなりますが、みかんの場合は1日に2個程度食べるだけで1日に必要な摂取推奨量を満たすことができるとされています。

 

ヘスペリジン

ヘスペリジンは、みかんの袋や筋に豊富に含まれている成分です。ヘスペリジンには、ビタミンCの作用を安定化させたり中性脂肪を減らす作用があります。

 

食べるときについ取り除いてしまうという人もいるかもしれませんが、実はその取り除きがちな部分にたくさんの栄養がつまっているのです。

 

食物繊維

食物繊維は、便秘の解消などに必要不可欠ともされる栄養素です。キャベツなどの野菜に多く含まれる栄養素ですが、みかんであれば調理をする必要もなく手軽に摂取できるのがメリットではないでしょうか。

 

また食物繊維は、大腸がんの予防にも効果的とされています。

 

シネフィリン

シネフィリンは、みかんの中でも温州みかんのみに含まれる栄養素です。かぜの予防や改善に効果的とされ、特にのどに関係する風邪の場合には効果が高いとされています。

 

風邪を寄せ付けたくない場合には、温州みかんを選んで食べるようにすると良いかもしれませんね。

 

βクリプトキサンチン

βクリプトキサンチンは、みかんの色の色素成分です。特に温州みかんに多く含まれており、がんを予防する効果があることから広く注目されています。

 

皮への含有が多いので、新鮮なみかんであれば皮ごと食べることでβクリプトキサンチンをたくさん摂取することができます。

 

みかんを食べると手が黄色くなるのはなぜ?

adobestock_75950269

「みかんを食べすぎると手が黄色くなるよ!」と注意されてきた方も多いのではないでしょうか。実はそれは迷信ではなく、きちんと医学的な根拠のある話なのです。

 

まず一つに、みかんを食べるときには直接手で触りますよね。その際にみかんに含まれるβカロテンという成分が手に付着することにより、表面が黄色く見えるようになります。

 

そして、そのβカロテンはみかんの果実自体にも含まれている成分なので、たくさん食べすぎると内側から色が浸透し、皮膚が黄色くなります。これを柑皮症と言います。手にあらわれるイメージが大きいですが、足の裏や顔が黄色くなることもあります。

 

一度なってしまうと、なかなか治らないのでは…?と不安かもしれませんが、柑皮症は基本的にはすぐ治るものなので安心してください。黄色くなったのを実感すたらしばらくみかんの摂取を控えるようにすれば、徐々に黄色みは引いていきます。

 

みかんの健康効果

adobestock_85968623

みかんを食べられることで得られる健康効果をご紹介します。

 

風邪予防

みかんの果実や皮は、風邪の予防に非常に効果的とされています。ビタミンCやシネフィリンなどの栄養素が、体の免疫力を高めてくれます。

 

おいしいながらも風邪の予防もできるなんて、まさに一石二鳥ですよね。

 

疲労回復

みかんの酸っぱさの元でもあるクエン酸には、疲労回復の効果があります。ただ酸っぱいだけでなくみかんならではの甘さもあるので、おいしく疲れを癒すことができますよ。

 

がん予防

みかんには、がんを予防するという強いパワーも潜んでいます。その理由は主にみかんの皮に含まれるβクリプトキサンチン。1日に適量を食べれば、がんの予防にも効果的とされています。

 

将来的にがんになる人が多い現在、普段から意識して食べるようにすると良いかもしれませんね。

 

便秘解消

みかんには食物繊維が豊富に含まれているため、便秘の解消だけでなく、腸を整えてくれる作用もあります。腸を普段から綺麗な状態に保てれば、美容にも効果があるので肌もきれいになります。

 

覚醒効果

みかんを含む柑橘系の果物は、さっぱりとした香りが特徴的ですよね。この香りには、覚醒作用があると言われています。集中したいときなどには、みかんを食べたり皮を剥いたりすることで眠気を覚ますことができます。

 

口臭予防

みかんを食べると、口臭の予防にもなります。さわやかな風味なので、においのきつい食べ物を食べた後やアルコールの後などに食べると口内をさっぱりとさせることができます。

 

効果的な食べ方

adobestock_81250413

みかんには豊富なビタミンCが含まれていますが、このビタミンCは実はお腹の空き具合で吸収率が変わるとされています。

 

吸収率が高いのは、ずばり食後。空腹のときよりも、食後にデザート感覚で食べるほうが吸収率が高いのです。ビタミンCの効果をよりたくさん得るためにも、食べるタイミングに気を使ってみましょう。

 

それから、食べるときには果実だけでなく袋や白い筋も一緒に食べることが大切です。みかんの栄養素は、果実だけでなく袋や筋にも豊富に含まれています。

 

食べやすさからつい剥いてしまいがちかもしれませんが、栄養素を最大限摂り入れるためにもなるべくそのまま食べるようにしましょう。可能であれば、βクリプトキサンチンが豊富に含まれている皮も食べるとより効果的ですよ。

 

なお、多数の栄養素が含まれているみかんではありますが、どんな食べ物でもほどほどが大切です。食べ過ぎは良くありません。1日の最も理想的な摂取量は2~3個ほどですので、いくらおいしいからといって10個や20個食べたりすることのないようにしましょう。

 

みかんはダイエットにも効果的!

adobestock_68192559

“みかんダイエット”をご存知でしょうか?そのやり方はいたって簡単で、毎食前にみかん1個、つまり1日3個のみかんを食べるだけです。過激な運動やきつい食事制限をする必要はないので、これまでダイエットがうまくいかなかったという人でも気軽に行うことができますよね。

 

前述で、みかんのビタミンCの吸収率を高めるには食後が良いとご紹介しましたが、みかんダイエットを行う場合には食前のタイミングがベストになります。食前に食べることで栄養の吸収を高めるだけでなく、適度にお腹を満たすことができるので食べ過ぎを防ぐ効果も期待できます。

 

みかんがダイエットに効果的な理由は、みかんに含まれる栄養素が持つデトックス効果や抗酸化作用などにあります。脂肪燃焼だけでなく、新陳代謝を上げ痩せやすい身体をつくることができます。

 

ダイエットのためにみかんを食べる場合は、白い筋や袋は取り除かずにそのまま食べるようにするとより効果が高いです。また、そのままの状態でもかまいませんが、焼くとさらにダイエット効果がアップします。焼きみかんにした場合は、皮ごと食べるとより効果的です。

 

栄養たっぷりのみかんですが、当然ながら甘みの元である果糖もたくさん含まれています。たくさん食べすぎるとせっかくのダイエット効果も台無しになってしまいます。

 

まとめ

adobestock_89364598

いかがでしたでしょうか?冬の風物詩ともいえるみかんは、おいしいだけでなく様々な栄養素を含んでいます。中でも、風邪予防に効果的だというのはご存知の方も多いと思います。

 

その他にも、美容効果や、意外にもダイエット効果などもあり、まさに万能フルーツといっても過言ではないかもしれません。

 

みかんが旬の時期には、ぜひ積極的にみかんを食べてみてくださいね。みかんが持つ様々な栄養素が、冬の寒さにも負けない体をつくってくれますよ。

The following two tabs change content below.
編集部:犬ドック

編集部:犬ドック

ふざけたペンネームですが、記事内容はいたって真面目です(笑)誰にでもわかりやすく、また参考になるような内容を心掛けて日々記事を投稿しています。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-栄養
-

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.