ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ビジネス

面接で緊張してしまう人必見!【過度の緊張を抑える方法】

投稿日:

面接で緊張してしまって、なかなか自分の考えを面接官に伝えることができず悩んでいるという方は少なくありません。大失敗をするとまではいかずとも、自分の本来の力が発揮できずに悔しい思いをした経験があるという方は多いのではないでしょうか。
緊張が原因でなかなか内定がもらえないんじゃ、先が思いやられてしまいますよね。そこで今回は、緊張せずに自分の考えをしっかり面接官に伝える術を伝授いたします!面接でどうしてもあがってしまうという方は、ぜひ参考にしてください。

そもそも緊張はするものと割り切る

adobestock_85106946
面接時に過剰に緊張してしまう人の特徴の一つに、緊張することを怖がっているということがあげられます。「緊張して上手くしゃべれなかったらどうしよう…」といったネガティブな思考を持ったまま面接に挑んでしまうんですね。

 

そもそも、「面接と言うのは緊張して当たり前」ということを念頭に入れておいてください。臆せず面接官に伝えたい事を伝えられる人もいますが、彼らも決して緊張をしていない訳ではありません。

 

心の中で、「多少の緊張は許容範囲内」と自分に言い聞かせましょう。そうすると、程よい緊張感を持って面接に挑むことができます。

 

どうすれば緊張せずに済むか?と考えてしまう気持ちはわかりますが、その考えはひとまず置いておいて、程よい緊張感を持って面接に挑もう!と開き直ってみてください。そうすると、体が一気に楽になり肩から無駄な力が抜けることがわかると思います。

自信が確固たるものになるまで練習する

シミュレーション不足は、本番直前で緊張を引き起こす大きな原因です。自分自身が練習不足を自覚しているがために、当然自信が持てず、結果過度に緊張してしまうというケースです。

 

本番直前で緊張を引き起こさないためにも、自信が確固たるものになるくらいシミュレーションをを入念に行っておきましょう。しっかり練習したら、「自分はやれることを全てやった」と強く自分に言い聞かせてください。

 

定番の質問内容はもちろん、その企業から聞かれそうなことをできる限り想定し、瞬時に答えが言える状態に仕上げておきましょう。自分が納得いくまで予習をしておくことで、本番でも臆せず自分の意志を伝えることができるでしょう。

 

くれぐれも、練習不足で不安を抱いたまま当日を迎えるということだけは避けましょう。友人や家族に面接シミュレーションをたっぷりしてもらってください。

想定外の質問をされたときは?

adobestock_124411278

早く答えようと焦らない

本番では、想定していた質問ばかりが飛んでくるとは限りません。当然ながら、まったく予想をしていなかった質問をされることもあります。また、少し難しい質問が飛んでくると、動揺してしまって自分の意見が伝えられないなんて方も多いのではないでしょうか。

 

人間と言うのは、そんなときほど「早く答えなければ!」と焦ってしまうものです。そこで一度焦ってしまうと、支離滅裂な回答になってしまったり、言葉を誤ってしまったりといったミスが起こります。

 

せっかくそれまで順調に受け答えできていたのに、もしその質問一つで台無しになってしまっては悔しいですよね。ここで重要なのは、絶対に焦らないことです。

 

自分に少しのシンキングタイムを与えましょう。とはいえじっくり考え込む時間なんてありません。ほんの3秒程度です。この3秒間、少し目線を斜め上にそらし、「考えをまとめている」という仕草を見せつつ、頭の中でざっくり意見をまとめます。

無理に難しい言葉を使わない

あとは、自分が普段から使っている言葉で考えを表現してください。ここも非常に重要なポイントです。

 

こういうときに限って、自分が本来使わないような難しい言葉をチョイスしがちなんですが、あくまで普段から使い慣れている言葉で伝えるようにしてください。

 

結果的にそれが最も真意に伝わりやすく、印象も良いです。ですので、想定外の質問をされたときは、意識的にまず3秒程シンキングタイムを取り、普段使い慣れている言葉を用いてそれを表現する。ということを念頭に入れておきましょう。

精神を落ち着かせよう

adobestock_34024437
緊張しているときは、脈拍、呼吸が早くなり、肩に力がはいっています。そして、それを自分で感じることによって、さらに緊張を高めてしまうという悪循環に陥ります。

 

気持ちが興奮状態にあるときは、どうしても仕方がない部分はありますが、意識的に神経を安定させる工夫をすれば、それらを落ち着かせることは可能です。

 

面接に入る前に、まずは大きく深呼吸をしましょう。呼吸が乱れる場合はその乱れが整うまで行ってください。深呼吸をしながら目を閉じ、自分が面接でうまくいっている姿をイメージしましょう。だんだん自信が湧いてきます。

勢いに身を任せてはダメ

くれぐれも勢いに身を任せるということだけは避けてください。そうした場合、一時的に吹っ切れたような気持になり、良い入りができるかもしれませんが、予期せぬシチュエーションになったときにぼろが出ることがあります。

 

心を落ち着かせましょう。その状態で、精神を安定させるツボがある手のひらの下の部分を親指で押したり、肩をぐるぐる回してください。

 

気持ちを穏やかにし、神経を安定させることのみに集中します。これを本番直前の待ち時間等に行って、完全にリラックスした状態で本番に挑みましょう。

緊張しているのは自分だけじゃないと考える

adobestock_16093833
先ほどもお話した通り、面接で緊張をするというのは至極自然なことです。とはいえ、なんだか自分だけが過度に緊張しているように感じてしまうんですよね。周りの人が堂々としているように見えたり…。

 

ですが、当然ながら緊張しているのは自分ひとりだけではありません。その日その時間に集まったライバルたち、皆が同じように緊張しています。それをできるだけ表に出さないように努めているだけです。

 

そう考えると、本来は皆ライバルなはずだけど、この一日に限っては仲間のように思えて、すこし気分が楽になりませんか?皆同じように緊張しているということを忘れず、その緊張感をある程度受け入れるという体制が大事になってきます。

俯瞰で自分を見てみる

客観的に自分を見てみるというのも効果的です。天井に着いてある監視カメラから自分の姿を覗いているような感覚を持ってみてください。第三者目線で自分を俯瞰で見ることで少し落ち着きます。ぜひ試してみてください。

 

また、緊張しているという事実を隠して、「自分は緊張していない」と思いこもうとすると、より一層パニックになることがあるので、あくまで多少の緊張感は受け入れてください。

答えを完璧に言えるようにしておく

予測できる範囲の質問に対する答えは、絶対に用意しておきましょう。それこそ、「何故わが社を選んだのですか?」といった定番の質問に対する答えは、完璧なものである必要があります。

 

事前に何度もシミュレーションをし、表現方法から言葉使いまで完全に下準備をしておきましょう。最大限の準備をしておくことが、面接時に緊張が緩和される大きな要因となります。

 

最後に、学生言葉を面接で使用してしまう人がいますが、これはNGです。普段の会話から、敬語に慣れておくということも大切ですね。

 

また、「あのー」や「えーっと」等といった癖がでることもあるかと思いますが、面接本番でそういった言葉が極力出ないように、発言することは明確にしておきましょう。

まとめ

以上が、面接時の過度の緊張を抑える方法です。緊張すること自体は仕方がないことなので、それを受け入れたうえでなるべく精神を落ち着かせましょう。そして、事前にシミュレーションを積んでゆるぎない自信をつけておきましょう!

The following two tabs change content below.
編集部:まちゃみ

編集部:まちゃみ

インターネットでの情報配信に興味を持ち始めてから、自分の知識を活かした様々な美容情報を投稿し続けています。私の記事がみんなにお役に立てれば幸いです。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-ビジネス
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.