ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

更年期障害

これって更年期障害かも?今すぐ症状を確認しよう!

投稿日:

最近では、一般的に「更年期障害」という言葉が聞かれるようになってきましたが、一言に「更年期」と言っても、若い女性や男性にもその症状が表れることがあるようです。

 

誰でも経験する可能性のある「更年期障害」ですが、その症状に襲われると、どう対処していいのか分からなくなることもあるかもしれません。今回は、そんな更年期障害について、その原因と症状、その対処法まで詳しくご説明したいと思います。

更年期障害とは?

adobestock_66432094

自立神経失調症の一つ

更年期とは、妊娠可能な時期から不可能な時期に移行する期間のことで、一般的には40歳代後半から50歳代を指していると言われていますが、これには個人差があります。この時期は卵巣の分泌状態が、成熟期から老年期へ変わる閉経期でホルモンの分泌状態が変化し月経の異常が起こるようになります。

 

更年期障害とは、このホルモンバランスの乱れが原因となり、身体的、精神的不調が起こる自律神経失調症の1つです。その症状として、疲労感、頭痛、肩こり、のぼせ、冷え、不眠などの症状が表れることがあります。

更年期障害を経験した方の声

実際の体験者の声を聞いてみるとこんな声がありました。

 

「わたしは、わけもなく突然、悲しい気持ちに襲われて、泣き出し、頭がおかしくなってしまうのではと思いました。」

 

「朝、起きてみると、家の中が散らかっています。自分のものを見つけることも出来ません。これまで楽に出来てたことが、今ではとても難しく感じ、それがどうしてなのか分からないのです。」

 

この女性たちは病気ではなく、やはり更年期障害の症状で、年齢とともに生じる身体の変化によって生殖力がおとろえていくことによって身体や精神状態に支障が出てしまう状態にあるのです。原因や症状を前もって知っておくことで、上手に対処出来るようにしておきましょう。

更年期障害の原因

adobestock_53887396

更年期障害になるのは、閉経が大きく関係していると言われています。日本人の女性の閉経の平均は50歳前後であり、この閉経を挟んだ45歳~55歳の時期を「閉経期」と呼ばれています。

 

この時期は卵巣の働きが弱まり、卵巣から分泌される女性ホルモンの一つであるエストロゲンの量が減少します。こうした女性ホルモンの変化により起きるホルモンバランスの乱れが自律神経に影響してしまうことで更年期障害を引きおこされます。

 

また無理なダイエットや不規則な生活や食事によってホルモンバランスが乱れていること、環境の変化、加齢、ストレスなどが原因となっていることも考えられます。最近では、年齢に関係なく、自律神経の乱れなどから、若い女性にも更年期の症状が見られる場合も多く「若年性更年期障害」も広がりつつあります。

 

また女性だけに限らず男性にも「更年期障害」が表れることもあるようです。

更年期障害の症状

adobestock_81469574

「更年期障害」と一言に言っても、その症状は本当に様々です。人それぞれですが、身体の様々な部分で故障が起きてしまうことがあります。ここで身体の部位別の代表的な症状をまとめてみました。

全身の症状

代表的な症状は、顔のほてり、発汗などのホットフラッシュが見られます。身体は冷たいのに顔だけがとても暑くなり、汗が止まらなくなってしまうこともあるようです。

 

やはりこれも自立神経の乱れから、血管の収縮や拡張のコントロールが起きることが、原因とされているようです。

 

また、身体の倦怠感で身体のだるさも多く見られるようになり、身体のしびれが見られるようになったり疲れやすくなったりすることがあります。その他にも、頭痛やめまい、関節の痛み、耳鳴り、肌や目または口の乾燥、胸の痛みや脈の早まり、動悸が表れることもあります。

 

人によっては、大量の汗をかいてしまったり、肥満、むくみや抜け毛や薄毛なども見られることもあります。

精神的症状

更年期障害の動悸やホットフラッシュと合わせて知っておきたいのが精神的な症状です。主に感情的な症状として上げられるのは、不眠や止まらないイライラ過度の不安感などの症状が表れることです。

 

女性が更年期を迎える頃には、親の介護なども重なってしまうこともあり、心配事が一度に襲ってくるように感じてしまうこともあるようです。その為、焦燥感続くことが原因となり、通常なら軽く流せるようなちょっとしたことがきっかけで、イライラが止まらなくなってしてしまうことに気付くかもしれません。

 

また、更年期障害が重症化していくと、うつ病に発展してしまうこともあります。情緒不安定が原因で暴力的になってしまうケースもあるようです。

 

このような症状を防ぐためにも、更年期はしっかり治療することが大切です。

更年期障害の対処法

adobestock_82484471

規則正しい生活を送ること

どんな病気でも言えることかもしれませんが、セルフケアで様子を見るのも一つの対処法と言えるかもしれません。食生活や睡眠などの生活リズムが乱れてしまうと、自律神経も乱れやすくなってしまいます。

 

食生活を見直し栄養バランスのとれた食事をとることや早寝早起きを心掛けることで、自律神経を整え、身体や心の調子を調えやすくなるでしょう。また、ホルモンのバランスを整えるための亜鉛やビタミン、またエストロゲンと似た作用をもつ大豆イソフラボンを積極的に取り入れることも出来るでしょう。

 

また逆に、アルコールやカフェイン、スパイスの効いた食べ物や糖分の多い食物を制限することで、ほてりを引き起こすのを避けることが出来るかもしれません。色々な食べ物をバランスよく取り入れることも大切です。

適度な運動をすること

有酸素運動は自立神経の乱れを整え、更年期障害の症状を和らげるのに役立ちます。不眠や、気分の浮き沈みが少なくなり、また骨が強化され、全般的な健康が促進されます。

 

また、呼吸器系や循環器系にも良い影響を与えることが出来るでしょう。

生活を簡素化し気分を楽にする

毎日の生活を簡素にすることで、日々の不快な症状を軽減することが出来ます。例えば、喫煙している人の場合は、たばこをやめることで、ほてりなどの症状を軽減することが出来るでしょう。

 

また、友人と話すことや趣味を楽しむことなど、気分を楽にすることで、ストレスを軽減させることができ、自律神経の調子を調えることが出来るでしょう。また「更年期障害」は、なかなか他の人に理解されにくいという問題もあるかもしれませんが、自分の体調を包み隠さず素直に家族に話すことで、周りの理解を得ることが出来るでしょう。

市販薬やサプリメント

病院に行って治療を受け漢方薬などを服用してもらうことも出来ますが、なかなか病院に行く余裕がないという方や抵抗のある方も多くいらっしゃるかもしれません。そのような場合、ドラッグストアに売っている市販薬や、サプリメントを上手に取り入れることで、更年期障害に対処することが出来るかもしれません。

 

食事療法だけでは必要な栄養素を取り入れるのが難しいと思える場合に、サプリメントで補うことが出来ます。自分にあったサプリメントがすぐに見つかるわけではないかもしれませんが、すぐに諦めてしまうのではなく幾つかのサプリメントを試してみると効果を実感することが出来るかもしれません。

まとめ

adobestock_22948166

更年期障害についてお分かりいただけたでしょうか。更年期障害は、広く知られているものではありますが、本当に辛いもので、誰でも経験することがあり得ます。

 

その症状はすぐに克服出来るものではないかもしれませんが、様々な方法で、上手に対処していくことは可能です。原因と対処法を知っておくことで、過敏に反応することなく、うまくつきあっていくことが出来るでしょう。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-更年期障害
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.