ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

健康

老けて見える原因にも!?まぶたのたるみを解消する方法とは?

投稿日:

目元付近は皮膚が薄いことから、他の部位に比べてもシワやたるみができやすい部位です。でも、たるみは放っておけばどんどん進んで行く一方……。目は人の目にもつきやすい場所ですから、できるならたるみは阻止したいですよね。

 

そこで今回は、気になるまぶたのたるみを解消する方法についてご紹介していきたいと思います。

老けて見えるまぶたのたるみ

「お年寄りの絵を描いてください」と言われたら、おそらく多くの人が垂れた目やほうれい線を強調して描くのではないでしょうか?それだけ、まぶたのたるみというのは老化の代名詞とも言えると思います。

 

例え口角がキュッと上がってハリツヤのある肌だったとしても、まぶたがたるんでいるだけで「あれ?」と老けて見える原因になってしまいます。ふと鏡を見たときに目の輪郭が変わっていたら……驚いてしまいますよね。

 

ある程度の年齢を越えればたるみを完全に防ぐことは難しいかもしれませんが、いつまでもハリのある目元でいれば実年齢より下に見られるなんてこともあるかもしれません。

他にも悪影響を及ぼすかも

まぶたのたるみは老けて見えるだけでなく、以下のような悪影響をも及ぼすことがあります。

頭痛・肩こり

まぶたがたるむ、いわゆる眼瞼下垂が起きているときは、交感神経と密接に関わっているミュラー筋という筋肉に強い負担がかかっています。ミュラー筋の負担を少しでも減らそうと、目の周辺ではなく額を動かしてまぶたを上げようとすることによって、頭や肩のほうに負担がかかってしまいます。その結果として、頭痛や肩こりを引き起こすことがあるのです。

 

まぶたのたるみが体の不調をも引き起こしてしまうなんて、迷惑な話ですよね。

額にシワができる

先に述べたように、まぶたがたるむとそれをなんとか引き上げようと無意識のうちに額を動かすために、額に横ジワができやすくなります。「額の皮膚がたるんだから」ではないのです。

 

まぶたのたるみだけでなく額にシワまでできてしまったら、見た目はまさに老化まっしぐらですよね……。そうならないためには、額のシワをなんとかしようというよりはまぶたのたるみを解消するのが先決であると言えるでしょう。

目が小さく、見えにくくなる

上まぶたがたるむことで、本来アーモンド型の目の輪郭が変化し、必然的に目が小さく見えるようになってしまいます。

 

さらに、たるみが進行すると目に被さるような形になってしまいます。そうすると少なからず視界にまぶたが入ってしまうことになり、視界がせまく、物が見えづらくなってしまうといったことも考えられます。

まぶたのたるみの原因

まぶたのたるみには、以下のようなものが原因として考えられます。

 

・加齢

一番多いのはやはり加齢によるものです。年齢を重ねるたびにどうしても徐々に全体的に皮膚が垂れてしまうため、それに伴ってまぶたもたるみやすくなります。加齢の場合、まぶたのたるみ以外にも頬のたるみやほうれい線なども気になってくるようになります。

 

ある程度であればたるみを食い止めることも可能ですが、若いときの状態をずっと保つというのは難しいでしょう。

 

・筋肉の衰え

まぶたのたるみは、皮膚そのものではなくその下の筋肉の衰えが原因であることが多いです。目の周りの筋肉は眼輪筋といい、この眼輪筋は意識して使わないとすぐに衰えてしまいます。

 

日本人の場合は表情を大きくつくることが少ないので、自然と鍛えられることは少ないのです。

 

・乾燥

肌のハリを維持するためには、潤いが必要不可欠です。しかし普段十分に保湿ができていなかったり、紫外線によるダメージがあったりすると潤いが不足し、肌のハリツヤを維持できずにたるみやすくなってしまいます。

 

・目の疲労

現代では、パソコンやスマートフォンなどのデジタル機器が広く普及しています。それらの影響もあり、目に疲れがたまりやすい環境というのも少なくありません。目に疲れがたまると目の周辺の血行が悪くなり、それがまぶたのたるみへと繋がります。

下まぶたもたるむ?

まぶたのたるみというと上まぶたをイメージする人が多いと思いますが、上と同じように下まぶたもたるむことがあります。下まぶたのたるみの主な原因は加齢によるものです。

 

下まぶたがたるむとクマができたときなどに特に強調されてしまうので、さらに老けて見える原因になりかねません。上も下も同時にたるんでしまったら……なんて想像もしたくないですよね。

まぶたのたるみを改善する方法

・エクササイズ

まぶたのたるみを改善するには、目の周辺の筋肉である眼輪筋を鍛えるエクササイズが効果的です。やり方はいたって簡単!

 

・ギュッとつぶってパッと開く
・ぐるぐると回す(8の字がおすすめ)
・寄り目にする

 

たったこれだけでも眼輪筋は鍛えることができます。もちろん、一度やるだけではなく継続することが大切です。それぞれを1日に何セットかを決めて、定期的に行ってみましょう。

 

・アイクリーム

アイクリームは、乾燥しがちな目元に潤いを与えるのに効果的です。スキンケア用のクリームではなく目元のケア専用のクリームがあるので、ぜひ使ってみましょう。

 

塗るだけでなく、軽くマッサージしたりエクササイズと併用したりするのがおすすめです。

 

・イオン導入器

イオン導入器とは、化粧水やクリームなどを肌に浸透させやすくするために効果的な器械のことです。ただ塗るだけに比べると浸透力は圧倒的に高いので、乾燥を解消したいならぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

 

・美容整形手術

最終的な手段かもしれませんが、美容整形手術をすればほぼ確実にまぶたのたるみは解消することができます。加齢によるたるみだとしても、若々しい見た目の目元にすることは可能です。

 

ただし整形をしたとしても、老化を止められるわけではありません。手術を受けたそのときや向こう数年はハリのある目元をキープできますが、数年経てばまたたるんでくることが考えられます。

予防方法は?

目をこすらない

目をごしごしこすってしまうと、シワや乾燥の原因になってしまいます。それがまぶたのたるみに繋がることも少なくないので、普段から目はこすらないように気をつけましょう。

 

特に、無意識のうちにこすりがちなのがメイクを落とすときです。クレンジング剤を使いつつも、メイクをしっかり落とそうと意識するあまりにごしごしとこするように洗ってしまうという人も多いと思います。

 

なるべくこする必要のないようメイクを薄めにしたりすると良いかもしれません。

紫外線対策をする

紫外線を浴びると日焼けやシミの原因になるだけでなく、肌にダメージとなり乾燥を引き起こすこともあります。

 

紫外線は夏だけでなく、一年中降り注いでいます。外に出るときはなるべく日焼け止めを塗ったり、帽子を被ったりして対策をしておきましょう。

目に負担をかけすぎない

スマホやパソコンなどを見つめ続けたりしていると、目にはどんどん疲労がたまっていきます。それがたるみの原因にもなるので、ブルーライトを見る時間をなるべく減らしたりこまめに休憩を取るなどして、過度に使いすぎないように心がけましょう。

ツボ押しマッサージも効果的

眉の下部分にある「魚腰」、目尻のおよそ1cm外側にある「瞳子りょう」というツボがまぶたのたるみ改善に効果があります。グッと押したり、揉むようにマッサージすると解消が期待できますよ。

 

即効性はありませんが、手の空いたときなどに都度マッサージすれば徐々にまぶたのハリを取り戻せる可能性は十分にあります。

まとめ

まぶたのたるみは老けて見える原因にもなる厄介なものです。たるみの原因としては、加齢や乾燥、筋肉の衰えなどが主です。

 

たるみを100%改善する、というのは年齢が年齢であれば難しいかもしれませんが、エクササイズやツボ押しマッサージなどで少しずつ改善することは可能です。それと併せて、たるみを悪化させないようにするためには日常でも目に負担をかけないように気をつけましょう。

The following two tabs change content below.
編集部:犬ドック

編集部:犬ドック

ふざけたペンネームですが、記事内容はいたって真面目です(笑)誰にでもわかりやすく、また参考になるような内容を心掛けて日々記事を投稿しています。

-健康
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.