ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

健康

徹底解剖!リステリンの効果的な使い方と注意したい使い方とは?

投稿日:

歯を磨いたあとにリステリンで口をゆすぐとすっきりしますが、より効果的な使い方を知っていますか?少しの工夫で効果が倍増する裏ワザがあるのです。さらに、リステリンの使いみちは口をゆすぐだけではないんですよ。さまざまな使いみちがあるのです。リステリンの効果的な使い方や注意したい使い方など、これを読めばリステリンの全てがわかります!

リステリンとは?

リステリンと言えばマウスウォッシュの代表格とも言える商品です。実はリステリンは、生まれてから実に100年以上もの歴史があるご長寿商品なのです。

1879年アメリカ生まれのリステリン

リステリンが生まれたきっかけは産業革命のころ。19世紀のイギリスでジョゼフ・リスター氏が消毒薬を開発したことが元になりました。当時のイギリスでは消毒薬というものがなく、手術後の感染症などで患者が死亡するケースが非常に多かったのです。リスター氏の尽力で「消毒」という行為が一般化したことで、新たな消毒薬が開発されることになりました。リステリンは19世紀後半の1879年、アメリカでローレンス博士と薬剤の専門家であるランバード氏という二人によって開発されました。

最初は消毒薬だった

アメリカで生まれたリステリンは、当初は消毒薬として開発されました。ローレンス博士とランパード氏は、リスター氏(LISTER)の名前を取って「リステリン(LISTERINE)」という名前をつけ、リスター氏にも名前を使用する了承を得て、消毒薬として販売されたのでした。

世界初のマウスウォッシュ

その後、リステリンの殺菌効果が口腔内でも効果があり、使用ができるということがわかり、口腔内用の消毒薬として発売されました。これが世界で初めてのマウスウォッシュです。1895年から歯科医院対象の商品として発売が開始され、その後1914年から一般向けにも発売が開始されました。

日本では1985年から販売開始

日本では1985年に静岡県でテスト販売が開始され、翌1986年には関東地方で発売が始まりました。全国で発売されたのは1991年からで、その前年に医薬部外品として認定されています。

世界ナンバーワンのマウスウォッシュブランド

アメリカ生まれのリステリンは、アメリカや日本だけでなく、世界中の50ヶ国以上で販売され、愛用されています。その売上はマウスウォッシュとしては世界一と言いますから、まさに世界ナンバーワンのマウスウォッシュブランドですね。

リステリンのラインナップは?

リステリンには味や用途などによって全部で7種類のラインナップがあります。

薬用リステリン オリジナル

リステリンの中で、最も強烈な味をしているのが「オリジナル」です。「刺激上級者向け」と言われるのがこのオリジナルです。カラメル色をしているのが特徴のオリジナルは、他のリステリンで感じる甘い後味を一切排除した、鮮烈な味が特徴です。歯を磨いたあとに甘い後味を感じるのが嫌だという人には最適な一本です。

薬用リステリン フレッシュミント

青い色の「フレッシュミント」はその名の通り、フレッシュな香りと味のする一本。辛すぎないのですっきりと使うことが出来ます。

薬用リステリン クールミント

緑色の「クールミント」はすっとしたクールな味の一本。ゆすぎ終わったあとのクールな感じが好きだという人も多いはずです。青いフレッシュミントと緑のクールミントは味と色が違うだけです。オリジナルのような鮮烈な辛さが無いので、初心者には程よい刺激でしょう。

薬用リステリン ナチュラルケア

アルコール不使用でピリピリしない「ナチュラルケア」。オリジナルやフレッシュミント、クールミントの刺激の強さがニガテだという人はナチュラルケアを使ってみると良いでしょう。茶エキスが配合されているので、すっきりとした後味の緑茶ミント味。

薬用リステリン ターターコントロール

薄い水色の「ターターコントロール」は、リステリンの基本となる4つの薬用成分はもちろんのこと、歯石の沈着を予防するための有効成分ジンククロライドを配合しています。歯石に悩んでいる人には最適な一本です。

薬用リステリン トータルケア

紫色のリステリン、「トータルケア」。何と「歯垢の沈着予防」「歯肉炎の予防」「口臭の予防」「歯石の沈着予防」「口中の浄化」「白い歯にする」という6つもの効果が1本に入っているため、歯の健康をトータルにケアすることが出来ます。このトータルケアをリステリンのラインナップの中で最も好きな1本に挙げる人も多いです。なお、他のラインナップは「口腔洗浄液」ですが、トータルケアとトータルケアゼロについては「液体ハミガキ」という位置づけになっています。そのため、トータルケアで口を濯いだあとに歯ブラシをするという順番になります。ただし、トータルケアを他の製品と同様、歯磨き後の洗浄に使うという人もいるようです。

薬用リステリン トータルケア ゼロ

「トータルケアゼロ」アルコール不使用のトータルケア。トータルケアを使いたいけれど、ピリピリした刺激がちょっと・・・という人にとっては最適な一本です。効果はトータルケアと同じですので、安心して使うことができますね。

各商品の内容量は

基本的にはどの商品も1000mlか500mlの2種類のボトルが用意されています。ただしクールミントは1000ml、500mlだけでなく職場などに置いておくのに便利な250mlと、持ち運びに便利な100mlがあります。トータルケアにも100mlボトルがあります。

お得に購入するには?

リステリンはコンビニ、スーパー、ドラッグストアなど、どこでも購入することができます。ただしオープン価格のため、よりお得に購入できる方法を探したいですよね。最もお得に購入できるのはAmazonなどのネット通販サイトです。1000mlのボトルがクールミントで600円弱(参考価格1,021円)、トータルケアで700円強(参考価格1,188円)で購入できます。また、ホームセンターやディスカウントストアなどではセット価格でお得に購入できる場合や、小さいサイズのボトルが特典でついてくるということもあります。

リステリンの成分と基本的な使い方は?

リステリンを使うと口の中がすっきりするだけでなく、殺菌成分によって虫歯や歯周病を防ぐことができます。果たしてどのような成分がふくまれているのでしょうか?また、実は知らない人も多い正しい使い方を知っておきましょう。

リステリンの4つの有効成分

リステリンには「1,8-シオネール」「サリチル酸メチル」「チモール」「l-メントール」という4つの有効成分が配合されています。

1,8-シオネール

「1.8-シオネール」はユーカリに含まれている成分です。主にユーカリの精油に含まれている香り成分として知られています。殺菌・防臭作用があることで知られています。実は鎮咳作用や副鼻腔炎の治療に使われることもある薬理成分なのです。

サリチル酸メチル

ガムやアイスクリームなどにも用いられる爽やかな香りを持つサリチル酸メチルは、消炎・鎮痛作用があるとして知られています。歯肉炎の予防のための消炎作用が期待されている成分です。

チモール

チモールはタイムなどの植物から抽出される香り成分です。殺菌効果があるとして歯科治療などで使われています。刺激的な味が特徴です。

l-メントール

メントールはガムやハミガキなどでおなじみの香料です。すっきりとした香りで清涼感があります。実は消炎効果があることでも知られているのです。

ターターコントロールとトータルケア系のみの成分

ターターコントロールとトータルケア、トータルケアゼロには歯石の沈着を予防するために塩化亜鉛(ジンククロライド)が配合されています。

ハミガキだけでは口腔内の25%のケアしかできない!

「ハミガキをしっかりしているし、リステリンはいらないんじゃない?」と考えている人も多いかもしれません。実はハミガキだけでは歯の表面しかケアができません。歯の表面は口腔内の25%程度。舌、歯茎、粘膜などがケアできていないのです。ですから、ハミガキだけでなく、しっかりとリステリンで洗浄、消毒をすることが必要なのです。

 

逆にリステリンでの口腔内の洗浄のみで、ブラッシングをしないというのもNGです。ブラッシングはリステリンでは取り切れない食べ物のカスや歯垢などをしっかりと取ってくれるのです。どちらもしっかり欠かさずに行いましょう。

リステリンの効果的な使い方は?

リステリンの効果を最大にする方法を確認しておきましょう。オリジナル、クールミント、フレッシュミント、ターターコントロール、ナチュラルケアの5点を使う場合は、以下のような順序で使用すると良いでしょう。

  1. まずは通常通りブラッシングを行う
  2. 約20ml程度を口に含み、30秒間しっかりと口をゆすぐ。1000mlのボトルの場合はキャップ半分が目安。
  3. 朝晩の1日2回使用するようにしましょう。

リステリンで口をゆすいだ後に飲み物を飲んでもいいの?

リステリンを使用して口をゆすいだ後は、水で口をゆすぎ直したり、飲み物を飲んだりするのを極力避けるようにしましょう。歯や口腔内をコーティングしてくれている有効成分が流れ落ちてしまいます。リステリンを使用した後、30分程度は飲食を避けましょう

 トータルケア系はブラッシング前に使う

トータルケアとトータルケアゼロの場合は、他のリステリンと使用方法が異なります。この2種類は「液体歯磨き」ですので、リステリンで口をゆすいだ後にブラッシングを行います。最後に口をゆすいで終了です。

リステリンの裏技!お酢を混ぜると足の角質が除去できる!

リステリンは口腔内の洗浄に使うだけではありません。非常にさまざまな使い方があるのです。その中でも特に「裏技」と呼べるのが、足の角質を除去する方法です。口の中の洗浄と殺菌を行うリステリンを足に使うというのはイメージがわかないかもしれませんが、固くなった足の角質を柔らかくすることができるのです。

 動画でチェック!固くなったかかとの角質を柔らかくするリステリン活用術

You Tubeでもリステリンを使ったかかとの角質を柔らかくする方法を見ることができます。全て英語ですが、映像を見ているだけでもビフォー・アフターがわかりますよ。

材料(片足分)

  • リステリン:60ml(1000mlのキャップで1杯半)
  • 酢:60ml(計量カップで1/4カップ)
  • お湯:120ml(計量カップで1/2カップ)

方法

  1. 材料を混ぜ、足が入る程度の大きさの容器(バットやタッパー、洗面器など)に入れる。
  2. 足をつけて足をつけておく。時間がない場合は10分、理想的な時間は30分。
  3. 足を拭いて終了。

足に塗りこむ方法もある

混合液に足を漬け込む方法以外に、足に塗り込む方法もあります。こちらの方が時間がかからずに終わりますので、時間がないときや早く効果を出したい時にはおすすめです。イメージとしては、スクラブのように肌の上で転がすようにしましょう。なお、事前に足をきれいにしておくことがポイントです。

材料

  • リステリン:15ml(大さじ1)
  • 酢:15ml(大さじ1)
  • 砂糖:1/2カップ(120g程度)

方法

  1. 材料を全て混ぜる。
  2. かかとの角質が固くなっている場所に塗り、擦り込む。
  3. 適当なところで洗い流す。

さらに効果を上げるための方法は

どちらの方法も、終わった後はしっかり拭き取りましょう。また、クリームなどを使って保湿をしっかりしておくと、さらに効果が高まってお肌がしっとりします。

リステリンは口内炎に効く!

リステリンは口内炎の予防に効果があります。口内炎になってしまった後の消毒としても活用ができ、リステリンで口内炎が治った!という口コミやブログなどもいくつも見つけられます。

口内炎とは?

口内炎とは、噛んでしまったなどが原因で口の中に出来た傷に雑菌が感染して起こります。また、ストレスや疲労、ビタミン不足などが原因になって起こることもあります。触ると痛みを伴うのが特徴です。

リステリンはなぜ口内炎に効く?

口内炎を治すにはビタミン摂取や消毒などといった方法があります。また、炎症を防ぐことも大切です。リステリンに含まれている1,8-シネオールやチモールには殺菌作用がありますし、サリチル酸メチルやl-メントールには消炎効果があります。殺菌だけでなく炎症を抑えることもできるため、リステリンは口内炎に効果的なのです。

口内炎のできる原因をしっかり取り除いておこう

出来た口内炎に対処しても、口内炎ができる原因がそのままだと再び口内炎が出来てしまう可能性があります。以下のような対策をして、口内炎ができにくい口内環境を整えましょう。

  • 栄養バランスの良い食事を心がける。特にビタミンB群、ビタミンC、鉄などを摂取し、食事で不足している場合はサプリメントを活用。
  • ストレスを解消しておく
  • 疲労を貯めないようにしっかりと休息を取る
  • 口の中を清潔にしておく

リステリンを使って除菌・消臭しよう!

リステリンは殺菌効果があります。この殺菌効果は口腔内に限ったものではありません。リステリンはもともと外科手術等での殺菌に使われていたという歴史があります。除菌や、雑菌の繁殖に伴う悪臭を消す目的でリステリンを活用することができるのです。

爪水虫対策

爪の内側まで水虫菌に感染してしまっている、やっかいな爪水虫にもリステリンは効果があります。足が入るような容器にリステリンを入れ、15〜30分程度浸します。その後洗い流してきれいに拭いてから薬を塗るようにしましょう。

足の臭い対策

足の臭いの原因は雑菌によるものがほとんどです。靴の中で通気性が悪い状態で汗をかき、雑菌が繁殖することで臭いが発生します。そのため、リステリンで除菌をすれば臭いを消すことができるのです。リステリンを直接ふりかけるか、キッチンペーパーや布などに染み込ませて拭くという方法が簡単で良いですね。スプレーボトルに入れて足にスプレーしても良いでしょう。

わきの臭い対策

わきの臭いは汗と皮脂が混ざりあったものを皮膚の常在菌が分解することで起こります。リステリンの殺菌作用によって細菌の繁殖を防ぐことでわきの臭いを防ぐことができるのです。コットンや布などにリステリンを染み込ませてわきを拭きましょう。ごしごしとこすりすぎないようにしてくださいね。

トイレの消臭

気になるトイレの臭いを消すのにもリステリンを利用できます。トイレの臭いのもとはアンモニアです。アンモニア臭は尿石を雑菌が分解するときに出ますので、リステリンで殺菌してしまえば臭いの元を抑えることができます。カップ1杯程度のリステリンをトイレにかけて流すだけという簡単な臭い対策になります。また、用を足した後にスプレーボトルに入れたリステリンをシュッとワンプッシュすれば、日々の臭い予防になりますよ。リステリンはミントの香りがしますので、芳香剤がわりにも使えます。

ゴミの臭い対策

ゴミの臭いも台所での悩みの種ですね。ゴミの臭いのもとも雑菌なのです。特に夏には雑菌も繁殖しやすく、ゴミの収集日が来ることを待ち遠しく思うこともあるほどです。そんなとき、ゴミ袋やゴミ箱にリステリンをふりかけると殺菌効果によって悪臭を消すことができます。スプレーボトルに入れたリステリンをゴミ箱の近くに常備しておくと良いでしょう。

歯ブラシの除菌

使用後の歯ブラシは雑菌が非常に多いことで有名です。ブラッシング後に濡れたまま放置しておく歯ブラシは、雑菌の温床と言えるでしょう。コップなどの容器にリステリンを入れ、使用し終わったあとの歯ブラシをブラシが下になるようにしてリステリンにひたしておきましょう。歯ブラシを使用するときにリステリンを交換するようにすると良いですね。ブラシ部分がリステリンに浸るくらいの量で大丈夫です。

加湿器やアロマディフューザーに入れてもOK!

アロマディフューザーや加湿器などはなかなか掃除する機会がなかったり、そのまま水を足してしまったりと、気がついたら汚れてしまっていることが多いようです。雑菌が繁殖してしまって、室内に雑菌やカビを撒き散らしてしまっているかもしれません。その場合、水を入れるところにリステリンを入れておけば殺菌することができますし、リステリンのミントの香りですっきりとした空気になります。水とリステリンを1:1の割合で使用すると良いでしょう。

ピアスを開けた後の消毒に

ピアスを開けたあとはピアスホールが安定するまで、消毒が欠かせません。消毒液が無い!という場合にはリステリンを活用することができます。綿棒にリステリンを染み込ませてピアスホールを消毒しましょう。

洗濯機内部の除菌に

洗濯機の内部は見えないところにカビが生えていたりします。定期的に洗濯槽の除菌をするとよいですね。水を張った洗濯機にカップ一杯分のリステリンを入れてよく混ぜましょう。30分程度置いたあとに通常コースで回しましょう。また、洗濯の際にリステリンをカップ1杯分入れて洗濯すると、洗濯物の臭いが消え、室内干しでも臭いません。

生花を長持ちさせることも

切り花を行けておくと、段々としおれていってしまいます。実は水の中に含まれる雑菌が、生花が早くしおれる原因の一つでもあるのです。活けるときに1杯分程度のリステリンを入れた水に活けてみましょう。普段より元気な姿が長持ちしてくれますよ。

ニキビや頭のフケ・かゆみにも

ニキビやつぶれたマメ、頭のフケ・かゆみと言った症状にも、リステリンの殺菌効果を活用することができます。できてしまったニキビやつぶれたマメに綿棒やコットンなどにリステリンを染み込ませ、患部に塗るだけという手軽さです。その際、手で患部を触れないようにしましょう。頭にはカップ一杯分のリステリンをふりかけてよくなじませ、その後水で洗い流しましょう。

リステリンはかゆみ止めにもなる!

何とリステリンはかゆみ止めとしても使えるのです。多くのかゆみ止めは殺菌成分とl-メントールが配合されています。リステリンの主成分も殺菌成分とl-メントールなので、かゆみ止めとしても使えるのです。

虫よけとしても使える

リステリンは虫よけとしても使えます。リステリンにはミントの香りが含まれていますが、ミントは虫よけとしても使われる植物です。また、リステリンに含まれる1,8-シオネールはユーカリの香り成分。ユーカリも虫除けに使われることがある植物なのです。体に塗ったり、スプレーをして使うことができます。

リステリンの注意したい使い方とは

リステリンを使う上で注意したいことはあるのでしょうか。気になる点をまとめておきましょう。

リステリンを使えば歯磨きしなくても大丈夫?

歯磨きの表面積は口の中の25%。とはいえ、歯磨きをしなくても良いということではありません。ブラッシングをすることで、リステリンでは取り除くことの出来ない食べかすや歯垢などを物理的に取り除くことができます。必ずブラッシングをしてから使うようにしましょう。トータルケアは使ったあとに必ずブラッシングをしてください。

アルコールが入っている

リステリンにはアルコールが含まれています。そのため、アルコールのアレルギーがある場合には使用を控えるか、アルコールの入っていない「ナチュラルケア」か「トータルケア・ゼロ」を使用するようにしましょう。

使いすぎによる副作用は?

リステリンは1日に朝晩の2回使うのが望ましいとされています。ただし、歯磨きのたびに使用しても問題は無いようです。また、長期間の使用についても、アメリカ歯科医師会のガイドラインにそって、6ヶ月間に渡る長期的な比較臨床試験を行い、口内細菌のバランスに悪影響が無いということ、味覚異常・歯石形成なども無いということを確認済みだということです。安心して使うことができるようですね。

口内炎や歯肉炎等がある場合は?

口内炎や歯肉炎等がある場合、使用していると強い刺激を感じる事があると思います。口内炎のケアにリステリンを使うことができるので、使用していても問題はないようですが、心配な場合は使用を止めるようにしましょう。口内炎や歯肉炎の治療に関しては市販の薬品を使用するか、歯科医に相談するようにしてください。

「トータルケア」で歯が染まる?

ネットでの口コミなどを見ていると、「トータルケア」「トータルケア・ゼロ」を使っている人の中に「歯が染まる」という声がありました。メーカーから公式にこのような注意喚起はされていませんが、人によっては歯が染まってしまうというケースがあるようです。使用中に異変を感じた場合は、使用を取りやめるようにしてください。なお、このケースが全ての人に出るわけではないようです。

リステリンを活用して、生活の質をあげよう!

28本ある私達の歯ですが、現在では70歳になると平均15本までしか残らない、というデータがあるそうです。歳をとっても健康な歯を多く残せるようにするには、毎日のケアが大切。歯ブラシによるブラッシングだけでなく、リステリンを活用してしっかりと歯のケアを行いましょう。リステリンは口をゆすぐ以外にも便利な使いみちがたくさんありますので、うまく活用して生活の質を上げて行きましょう!

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。

-健康
-, , , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.